コロナ特需の後遺症で大幅な前年割れに苦しむテレビ市場だが、有機ELテレビは踏ん張っている。8月の前年同月比が販売台数で108.3%、販売金額でも100.1%と、4カ月ぶりにそろって前年を上回った。全国の家電量販店やネットショップなど約2300店舗の実売データを集計するBCNランキングで明らかになった。

 液晶テレビと有機ELテレビを合わせたテレビ市場全体では4月以降、台数、金額ともに前年を下回っている。特に5月以降は、いずれも2桁割れの大きなマイナスが続いている。液晶テレビに比較して好調を維持していた有機ELテレビも、6月、7月と連続して大きなマイナスを記録。テレビ市場の総崩れが危惧されていた。しかし8月、有機ELテレビの販売が持ち直しの動きを見せ、なんとか一服。下がり続けていた平均単価も、20万円台を回復した。





このところ市場を動かしているのは、地デジ化前後に購入されたテレビの買い替え需要。新調するにするにあたって、より大型のテレビが受け皿になってきた。とはいえ、住宅事情を考えれば大型化にも限度がある。そこでもう一つの受け皿として機能しているのが高画質の有機ELテレビだ。

現在はすべて42型以上の製品が占めている。8月現在、42型以上のテレビ全体に占める有機ELテレビの販売台数構成比は18.1%、販売金額で30.7%。平均単価は有機ELが約20万円に対し液晶は約10万円。2倍の価格差があるにもかかわらず、有機ELテレビはジリジリと売り上げを伸ばしている。