return_to_forever

Flat Panel TV and Display World-2....液晶・業界・動向

液晶・有機EL・プラズマ、FPD業界・パネルメーカー・関連企業情報を掲載。当ブログで激しい市場動向に追随!--Since Nov.2004

S_Smart Glass

2 Jul

Google、眼鏡型端末の開発会社を買収

chi-google-glass-wearing-woman米グーグルは30日、眼鏡型端末の開発を手がけるカナダのスタートアップ企業、ノース(オンタリオ州)を買収したと発表した。グーグルは2013年に眼鏡型端末「グーグルグラス」を発売しており、ノースの人材や技術を取り込んで成長が見込まれる拡張現実(AR)の製品を強化するとみられる。

買収金額は明らかにしていないが、カナダのグローブ・アンド・メールは1億8000万ドル(約190億円)と報じている。米メディアなどによると、ノースは現在までに米インテル系のベンチャーキャピタル(VC)などから2億ドル近い資金を集めた。買収金額はこれを下回る形になる。

グーグルは13年にグーグルグラスを限定発売し、スマートグラスなどと呼ぶ眼鏡型端末が注目を浴びるきっかけとなった。ただ、価格が1500ドルと高かったことに加えてプライバシー侵害との指摘が相次いだこともあり、15年に販売を中断した。





続きを読む »
22 Apr

スマートグラスで注目集めるマイクロディスプレー

リモートワークの増加で、遠隔作業支援が可能なスマートグラスやヘッドマウントディスプレー(HMD)がにわかに注目を集めているが、そこに搭載される主要デバイスである画面サイズ1インチ前後の「マイクロディスプレー」では近年、技術開発競争が激しさを増している。当初は、主に液晶プロジェクターに使われた高温ポリシリコンTFT(HTPS)や、液晶技術にシリコン製の駆動回路(シリコンバックプレーン)を組み合わせたLCOS(Liquid Crystal On Silicon)などが多用されたが、近年はバックライトが不要で薄型化・小型化が可能な有機ELの採用が進み、直近では新たな対抗技術としてマイクロLEDが登場している。メーカー各社の取り組みから、そのトレンドを紐解いていく。

電子デバイス産業新聞の調べでは、マイクロ有機ディスプレーは現在、日本のソニーとセイコーエプソン、米国のeMaginとKopin、フランスのMICROOLED、中国のYunnan OLiGHTEK Optoelectronic TechnologyとLakeside Optoelectronic Technologyが参入している。





続きを読む »
12 Dec

メガネスーパーの有機ELスマートグラス「b.g.」、'19年4月から企業向けに納品

004_sメガネスーパーなどを展開するビジョナリーホールディングス子会社のエンハンラボは、メガネ型ウェアラブル端末「b.g.(ビージー)」を2019年4月から企業向けに納品する。1/2インチの有機ELパネル×2枚を左右に搭載。ノンシースルー型のディスプレイとして使用できる。医療、物流、教育、エンターテイメント分野などでの活用を想定している。

有機ELパネルの解像度は1,280×720ドットで、アスペクト比は16:9。1mの距離に、約19型の画面があるように見えるという。入力インターフェイスはHDMI Type Aで、720/60pの入力が可能。HDCPには非対応。IP65準拠の防塵・防水性を実現する予定。給電はUSBケーブルを通じ、モバイルバッテリーを活用する構成。



続きを読む »
27 Jan

スマートグラス、実用化はまだ先か

スマートグラスは、AR(拡張現実)を具現化する製品として期待されるが、実用化は5~10年先になる見通しだ。一方、5G(第5世代移動通信)の実用化は、スマートグラスより早いと思われる。ただし、5G技術は、かつての携帯電話機のような巨大な消費をもたらすことはないだろう。

 この2つの新興市場への期待は、2018年1月15~18日に米国カリフォルニア州で開催された「Industry Strategy Summit(ISS) 2018」で示された見解によっていささか揺らいだ。 Oculusで半導体、ディスプレイ、センサーの研究を手掛けるJoe O'Keeffe氏は、「スマートグラスは、スマートフォンに代わる次世代コンピューティングプラットフォームになると予想される。しかし、その実現には、半導体技術におけるたくさんの重要なブレークスルーが必要だ」と語った。
なお、Oculusは、Facebookが2014年に買収したVR(仮想現実)ヘッドセットメーカーである。



続きを読む »
14 May

Inspired by Glass: Transparent Displays for Retail Applications



Corning is helping redefine the shopping experience through transparent display technology. By teaming up with MemoMi on its MemoryMirror™, a digital mirror utilizing Corning® Gorilla® Glass, shoppers can get an instant 360-degree view of their outfit and much more.



続きを読む »
24 Feb

エプソン、有機EL採用のスマートグラス新MOVERIO「BT-300」。20%軽量化

セイコーエプソンは、メガネ型のシースルーモバイルビューワー「MOVERIO」の第3世代モデル「BT-300」を開発したと発表した。製品化は'16年秋を予定しており、スペイン・バルセロナで25日(現地時間)まで開催中の「Mobile World Congress 2016」で参考展示している。

 2011年11月に「世界初のスタンドアローン型スマートグラス」として発売した初代MOVERIO「BT-100」と、'14年6月に製品化した第2 世代の「BT-200」、'15年9月の業務用スマートヘッドセットMOVERIO Pro「BT-2000」に続く、第3世代のプラットフォームを開発。これを採用したモデルが「BT-300」となる。

 



続きを読む »
3 Feb

グーグルが「グラス」失敗認める、将来見据えた投資は継続へ

インターネット検索大手の米グーグル<GOOGL.O>は29日発表した第4・四半期決算の席で、眼鏡型端末「グーグル・グラス」の失敗を公の場で初めて認めた。ただ、未来を担う製品への投資は継続する方針だ。
グーグルは決算説明で、グーグル・グラスに重大な問題があるとの認識を示したうえで、今はいったん立ち止まり、戦略を立て直す時だと言及した。同社の共同創業者であるセルゲイ・ブリン氏が長年擁護してきたグーグル・グラスだけに、このパトリック・ピシェット最高財務責任者(CFO)の説明が意味するところは大きい。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
19 Dec

ソニー、小型軽量の片眼用OLEDディスプレイモジュールを開発

ソニーは12月17日、小型軽量の片眼用有機EL(OLED)ディスプレイモジュールを開発したと発表した。独自のOLED技術と半導体技術による世界最小クラスの0.23型超小型高精細カラーOLEDディスプレイを搭載。解像度は640×400画素。
コントラストは1万:1以上と高く、黒をより深く表現できる他、sRGB色域を100%カバーするメリハリのある色彩豊かな美しい映像を表示する。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
19 Nov

もう「Google Glass」には誰も関心を寄せない?

グーグルが2012年に発表し、今も様々な議論を起こしている眼鏡型ウエアラブル端末「グーグル・グラス(Google Glass)」は、急速に開発者の支持を失いつつあり、この状況が続けば消費者市場で成功できない恐れがあると、英ロイター通信や米ウォールストリート・ジャーナルなどが伝えている。
主に以下の3つの理由による。
 (1)いまだ価格が1500ドル(約17万円)と高額であること
 (2)プライバシー侵害への懸念から社会に受け入れられていないこと
 (3)この2つが要因となって、消費者のユーザーがあまりいないこと
 また米IDCのアナリストは、これらに加え、「おたく」のような雰囲気がグーグル・グラスをニッチなものにしていると指摘している。
Move to full article
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


20 Sep

ソニー、メガネ型端末「SmartEyeglass」を'14年度内に発売

sony glass pcソニーは透過式メガネ型端末「SmartEyeglass(スマートアイグラス)」を開発し、19日に開発試作機を国内で初披露した。
開発者に向けて、ソフトウェア開発キット(SDK)を9月19日より提供し、SmartEyeglass本体を2014年度内に開発者向けに発売する。
価格は未定だが「他社のメガネ型ディスプレイに比べ大きく違う価格帯ではない」(同社)としている。一般向けの発売も予定しているが、時期は未定。

Move to full article
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村



当サイト特集カテゴリー
1.液晶の歩んできた道(第一部)
液晶の黎明期から実用化を果たすまでの過程をわかりやすく解説することを目指して書きました。

2.液晶の歩んできた道(第二部)
液晶が当面の最終目標だった大型テレビに採用され夢の平面テレビが実現した過程を解説していく予定です。(開始時期未定)

3.用語辞典(技術・ビジネス・企業)
管理人特選の最新技術用語やビジネス用語・関連企業を解説しています。時間の許す限りのアップ、今後充実を目指します。
掲載年月から記事を探す



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人へのメッセージ


[FPD関連本] ・フラットパネル資料館


電子ディスプレーメーカー計画総覧(2018年度版)
















カテゴリーごと記事
記事掲載の写真
  • Apple、次期iPhone全機種に有機EL 脱・液晶加速
  • 液晶パネル反転上昇 TV販売、給付金で欧米など復調
  • シャープの戴正呉会長「ダイナブック年内上場も」
  • 中国家電「TCL」日本のJOLEDに300億投資の勝算
  • JDI、ヘルスケア参入も「いつか来た道」の懸念
  • JOLED、2021年に10~32インチOLEDパネルを量産開始か?
  • Google、眼鏡型端末の開発会社を買収
  • シャープ株主総会、野村社長体制へ--大人気マスクは「当選倍率100倍以上」
  • ジャパンディスプレイ、脱「スマホ依存」のため医療関連に照準
  • LG化学、液晶用偏光板事業を中国企業に売却
  • JDI、純損失1014億円 スマホ用液晶不振―20年3月期
  • サムスン、世界スマホ市場1位奪還が確実...ファーウェイは「2カ月天下」
  • サムスン、世界スマホ市場1位奪還が確実...ファーウェイは「2カ月天下」
  • 脱「組み立て工場」狙うフォックスコン、5GやAIの研究を強化
  • 日本は強国だった! 国土は小さいと思ってたが「海に目を向けてみたら・・・」=中国
  • 三星未来技術研究組織のトップにAIの世界的権威を内定
  • Samsung、49型で5,120×1,440ドットのQLED曲面ゲーミング液晶
  • 「郭氏後」の鴻海、EVに種まき
  • ベトナムでサムスンの採用試験、6千人が応募
  • JOLED、サムスンを提訴 有機ELの特許巡り
  • Apple、パソコンに自社開発半導体 インテルから変更
  • 日本流の終身雇用は「これからもずっとそう」 東レ社長
  • 【経済産業省】「一般照明用フレキシブル有機ELパネルの性能要求」に関する国際規格案の検討が始まります
  • Galaxy M41発売が中止か【サムスン初の社外製OLED採用予定機】
  • JOLED、中国TCL CSOTと資本業務提携。印刷方式のTV向け大型有機EL開発へ
  • 「サムスン電子、中国のディスプレイ設備の大半を今年ベトナムに移転」=外信報道
  • 九州ナノテックの技術がトヨタ新型車に採用
  • 中国のファーウェイ、4月のスマホ世界市場シェアで1位 初めて韓国のサムスン電子抜く
  • 文政権「社会主義化」で韓国経済はどん底へ 財閥潰しに躍起で業績ガタ落ち、失業者急増
  • LG Display is looking for a turnaround in solutions business
コメントありがとう