return_to_forever

Flat Panel TV and Display World-2....液晶・業界・動向

液晶・有機EL・プラズマ、FPD業界・パネルメーカー・関連企業情報を掲載。当ブログで激しい市場動向に追随!--Since Nov.2004

F フレキシブル

21 Oct

サムスンは発火したけれど・・化学各社、フレキシブル有機EL向け部材へ参入相次ぐ

化学大手各社は折り曲げ可能なフレキシブル型有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)パネル向け部材分野へ参入する。
三菱ガス化学は耐熱性と透過率で業界トップ級の基板用ポリイミドワニスを開発。
東ソーは水などの透過を防ぐガスバリアー(遮断)材料のサンプル出荷を始めた。2017年以降に次世代有機EL搭載のスマートフォンが市場投入される見通し。日本の素材産業は液晶部材での高シェアを維持すべく、次世代領域でも商品開発を急ぐ。

 三菱ガス化学は耐熱性が約490度Cで透過率も90%と高い基板用透明ポリイミドワニスのサンプル出荷を始めた。顧客となる液晶パネルメーカーの既存製造設備を有機ELへ転用する場合は、製造工程上で基板にも高い耐熱性が求められる。



続きを読む »
19 Oct

フレキシブルリチウムイオン電池

スマートフォン向けの次世代技術として、フォルダブル(折りたためる)タイプのフレキシブルディスプレイが注目されている。
フォルダブルディスプレイはOLEDパネルを中心に開発が進められているが、封止性能や折曲げ耐性などOLEDパネル自体の性能向上に加え、タッチパネルや光学フィルム、カバーレンズなど周辺部材の開発が求められている。
フォルダブルタイプのスマートフォンの実現には、ディスプレイだけでなく、バッテリーの進化が必要となる。スマートフォン向けの電池は、ラミネート型と呼ばれる薄型リチウムイオン電池の採用が拡大しているが、これからはフレキシブル電池の劣化防止など信頼性の向上を重点においた開発が進められる見通しである。



4 Oct

中国Royole、深センに第6世代フレキシブル有機EL工場 17年量産

中国Royole(柔宇科技)は2016年9月23日、広東省深センで開催した新製品発表会で、16年7月から深センに第6世代のフレキシブルアクティブマトリクス式有機EL(AMOLED)ディスプレイ生産ラインの建設を始めていると表明した。17年中の量産開始を予定するという。
16 Sep

凸版印刷、32インチのフレキシブルカラー電子ペーパーを開発

toppan flex paper 001凸版印刷は9月14日、台湾のE Ink Holdings(E Ink)と共同で32インチのフレキシブルカラー電子ペーパーの試作品開発に成功したと発表した。
電子ペーパーは外からの光を反射して表示しているため、明るい所でも見やすく、消費電力が少ない反面、カラーフィルタを用いてカラー化すると、バックライトで照らす液晶ディスプレイと比較して画面が暗くなるという課題があった。



続きを読む »
14 Sep

海外から多数参加、フレキシブル/印刷エレ最大の国際会議 ICFPE2016報告

flexible hybrid electronics z3_900
フレキシブルおよびプリンテッドエレクトロニクスに関する国際会議「International Conference on Flexible and Printed Electronics(ICFPE)」が2016年9月6~8日、山形県米沢市の山形大学工学部で開催された。ICFPEは2009年に韓国で始まり、2010年に台湾、2012年に東京、2013年に韓国、2014年に北京、2015年に台湾で開催された。この分野の会議としては最大規模を誇る。
基調講演には、ベルギーのHolst CenterのDirector、imecのFellow、KU Leuven(ルーヴェン・カトリック大学)のProfessorを務めるPaul Heremans氏が登壇した。同氏はフレキシブルなアモルファスIGZO TFTとそのICの応用について、“Flexible a-IGZO thin-film transistors and applications in thin-film integrated circuits”と題して講演した。同氏はimecのLarge Area Electronics部門長でもある。


続きを読む »
23 Aug

[台湾報道] フレキシブル有機EL、官民で産業クラスター形成へ

台湾経済部は16日、フレキシブルアクティブマトリックス式有機EL(AMOLED)やパッシブマトリックス式有機EL(PMOLED)パネルの産業クラスター形成を推進すると表明した。友達光電(AUO)など官民で投資額1,000億台湾元(約3,200億円)を見込む。ディスプレイの次の主流と目されるAMOLEDパネルは、サムスン電子が世界市場で9割以上のシェアを占める。台湾調達率を100%に引き上げることで、AMOLEDパネル不足のリスクを低減し、電子業界の競争力を強化する。17日付経済日報などが報じた。
経済部は同日、フレキシブルAMOLED産業の宣誓大会を開催した。▽AUO▽?宝科技(RITディスプレイ)▽宏達国際電子(HTC)▽工業技術研究院(工研院)──や、日本のリンテック、アルバック、イスラエルのオルボテックなど、材料、部品、生産設備、最終製品ブランドの関連企業20社以上が出席した。工研院は、フレキシブルディスプレイ関連の特許を多数保有している。



続きを読む »
7 Aug

LG Display、約2兆ウォンを投じてフレキシブル有機ELの新工場を建設

LG Display flexible 011l韓国LG Displayは約2兆ウォン(約1800億円)を投じてスマートフォン向け中小型有機EL(AMOLED)パネルの生産ライン(P9-E6)を同社坡州(Paju)工場に新たに設置すると7月末に発表した。2018年央に本格稼働の予定のこの新ラインは、第6世代と呼ばれる1500mm×1850mmサイズの基板を用いて月産1万5000枚のパネル生産を計画している。また、基板には従来のガラスではなく折り曲げ可能なプラスティックを用いるという。

同社は、もともと液晶パネル製造の本拠地だった亀尾(Kumi)工場にも、2017年前半の稼働を目指して中小型有機EL専用ラインを増設する計画を掲げ、現在、装置搬入の準備を進めている段階にあり、今回の新ラインと合わせて月産3万枚の規模となる。なお、坡州工場には, 今後のフレキシブル有機ELパネルの需要増加に応じて、P9-E6ラインの第2期および第3期として、各生産能力1万5000枚クラスのフレキシブル有機EL生産ラインを増設する中期計画もあるというが、まだ具体化はしていない。



続きを読む »
31 Jul

主戦場「フレキシブル」で液晶が有機ELに挑戦状

開発が過熱しているのが、樹脂フィルムを基板に用いた中小型のフレキシブルディスプレーである。  先行しているのが有機ELディスプレーだ。Appleとともにスマホ市場を牽引してきた、「Galaxy」を展開する韓国Samsung Electronics(サムスン電子)が積極的に動いている。2015年の「Galaxy S6 edge」に続き、2016年も側面が曲面になっている端末「Galaxy S7 edge」を発売。S6 edgeにはなかったmicroSDカードスロットや防水機能が搭載されたこともあり、ヒット商品になりつつある。ディスプレーは、子会社の韓国Samsung Displayが製造している。
ディスプレー分野で世界最大の学会「SID(Society for Information Display)」(2016年5月22日~27日、米国サンフランシスコ)の基調講演に登壇した同社執行役員の大島弘之氏(シニアフェロー(技術・渉外担当))は、曲げたり折りたたんだりできるモバイル機器用のフレキシブルディスプレーについて、「有機ELがベストの技術」と語った。現在の有機EL技術には解像度や信頼性など解決しなければならない課題は多いが、改善が進むことで、2018年には液晶技術との差が縮まる。


続きを読む »
23 Jun

有機ELはフレキシブルの代名詞ではない

「フレキシブルディスプレーといえば有機EL」という認識が世の中の多数を占める中で、この5月に開催されたディスプレー分野で最大の学会「SID 2016」(2016年5月22日~5月27日、米国サンフランシスコ)では、フレキシブル液晶の発表が目立った。ここでは、日本と台湾を代表する2社の講演内容を紹介する。


続きを読む »
3 Jun

サムスン、「折り畳み可能な有機ELディスプレイ」の実動作デモを実施

SamMobileは、SID2016にて韓国サムスンによって実施された「折り畳み可能な有機ELディスプレイ」の実動作デモの様子を収めた映像が、新たに公開されたことを伝えています。

 



続きを読む »
3 Jun

フレキシブルOLED市場、新たな用途で成長加速へ

mm160601_amoled1英国の市場調査会社であるIDTechEx Researchが発表した最新レポート「OLED Display Forecasts 2016-2026: The Rise of Plastic and Flexible Displays(2016~2026年の有機ELディスプレイ市場予測:プラスチック/フレキシブル有機ELディスプレイの台頭)」によると、2016年の同市場規模は約20億米ドルに達し、2020年には180億米ドル規模に拡大する見込みだという。

 有機ELディスプレイの2大主要メーカーであるSamsung DisplayとLG Displayは、いずれも生産能力を拡大するための大規模な投資を発表している。Samsung Displayは、2015~2017年の間に30億米ドルを投じて、新しい製造ラインを建設する予定だという。また、ライバル企業であるLG Displayは、90億米ドルを投入して新しい製造工場を2カ所に建設することにより、業界をリードしていきたい考えだ。



続きを読む »
11 May

フレキシブルOLEDへの投資状況、iPhoneのOLED 化に対応

韓国・日本液晶メーカーがフレキシブルOLEDへの投資を進めている。
iPhoneのOLED採用それもフレキシブル構造採用とみられる動きに対応している。

Samsung Display はA3(現在15K/月)を最低120Kまで対応するように断続的に投資する。
対抗するLG Display は現状でG4.5のE5ラインでフレキシブルOLED生産設備(能力14K/M)を持つが、Gumi(E5、7.5K/M)での投資は当社にとって初のG6でのフレキシブルOLED設備となり、当社の技術力が問われる。
E5の後は、Pajuで更にG6ラインへ投資を行うと考えられ、iPhone8向け(18年3Q量産前提)とすると、投資決定は16年4Q頃までに行う必要がある。



続きを読む »
21 Apr

3次元曲面への電子回路印刷

山形大学有機エレクトロニクス研究所は、凹凸のあるプラスチックや曲面ガラスの表面に電子回路を形成する技術を開発した。
新技術は、産業用ロボットのアーム先端に印刷用のインクジェット装置を取り付け、通電するインクを10マイクロメートルの精度で制御して印刷集積回路を作成する。非常に柔らかく肉厚なロール状ゴムの開発が、本研究の成功のポイントになっている。



続きを読む »
18 Apr

肌がディスプレイになる? 皮膚に貼れる薄くて超柔軟な有機LED - 東大が開発

todai 006l
東京大学(東大)は4月16日、皮膚のような複雑な曲面に貼り付けることができる超柔軟で極薄の有機LEDを作製し、大気中で安定に動作させることに成功したと発表した。
今回、同研究グループは、高性能な有機LEDを極薄の高分子フィルム上に作製し、水や酸素の透過率が低い保護膜を高分子基板上に形成することによって、くしゃくしゃに曲げられる超柔軟性を維持したまま、大気中で安定に動作させることに成功した。


続きを読む »
6 Jan

くるくる巻けるフレキシブル有機ELディスプレイをLGがCES 2016で公開

CES+2016_18+inch+Rollable+OLEDLG Display が、新聞紙のようにクルッと巻いて筒状にもできるフレキシブルな有機ELパネルを発表しました。12月に The Korea Times が報じていたとおり、1月6日より米ラスベガスで開催の家電見本市 CES 2016 で公開します。
   
LG Display が発表したフレキシブルな有機 EL パネルはそのサイズが18インチ。解像度は1200 x 800px で、直径 3cm 程度にまで細く巻いても正常に映像を表示可能とのこと。18インチなら雑誌ほどの大きさですが、紙のような薄さでしかも巻いておけるとなると、具体的な用途としてはまさにデジタル新聞紙などといった使い方が直観的で想像しやすいかもしれません。



続きを読む »
1 May

韓国が自在に曲がるOLEDディスプレイを開発、8万回以上曲げても問題なし

韓国YTNニュースによると、韓国の研究グループが、曲がる透明ディスプレイの核心部分でもある高性能OLED透明電極を作ることに成功たとのことです。ディスプレイを強く曲げて折りたたんだり、くるくる巻くような次世代ウェアラブル機器の開発を早める見込みとのことです。
Move to full article
22 Jan

Flexible Display, 蓄積されたノウハウ、量産化への糸口が見えるか?

フレキシブル・ディスプレイの可能性追求はEPD(e-paper display:電子ペーパー)が先行した。
曲面で、軽くて割れないディスプレイの可能性が検証され、2000年代に入ってからは少量ながら量産を続け成果を出した。一方で、この10年間に、従来とは違う新しい性能のディスプレイ技術の難しさと需要市場開拓の難しさを経験した。
モバイル産業はスマートフォン登場以降、フルカラーと高解像度、反応の速さが求められるようになり、電子ペーパー技術のメリットは薄れ始めた。
しかし、フレキシブル・ディスプレイそのものへの関心は高まった。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »

当サイト特集カテゴリー
1.液晶の歩んできた道(第一部)
液晶の黎明期から実用化を果たすまでの過程をわかりやすく解説することを目指して書きました。

2.液晶の歩んできた道(第二部)
液晶が当面の最終目標だった大型テレビに採用され夢の平面テレビが実現した過程を解説していく予定です。(開始時期未定)

3.用語辞典(技術・ビジネス・企業)
管理人特選の最新技術用語やビジネス用語・関連企業を解説しています。時間の許す限りのアップ、今後充実を目指します。
掲載年月から記事を探す



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人へのメッセージ


[FPD関連本]

フラットパネル資料館

電子ディスプレーメーカー計画総覧(2018年度版)
















カテゴリーごと記事
記事掲載の写真
  • アップルショック、アイフォーン不振疑念拡大で
  • 関西テレビ放送に4K HDR映像制作対応, 31型のHDR対応マスターモニター『BVM-HX310』導入
  • ASUS、USB Type-C接続に対応した厚さ8mmの15.6型モバイルディスプレイ
  • スマホから自動車に移る主戦場、先陣切ったサムスン
  • 有機EL時代には「ダークモード」を積極採用すべき──Googleが開発者に呼びかけ
  •  国内最大級のメガソーラー稼働、岡山 8万世帯分
  • 「QLED 8KとOLED TVの画質比較はもはや無意味」
  • [更新] 有機EL(OLED)量産工場・投資予定一覧 (OLED Production Plant Investment Summary)
  • [更新] 有機EL(OLED)量産工場・投資予定一覧 (OLED Production Plant Investment Summary)
  • NHKなどが8K/60p/22.2chのライブストリーミング配信システムを開発
  • サムスン、画面を折りたためるスマホを開発
  • 船井電機、液晶TV生産で中国代替体制 米中摩擦対応
  • [世界初] 柔軟性あるディスプレイ搭載の折りたたみスマホ「FlexPai」、中国メーカーが発表
  • [世界初] 柔軟性あるディスプレイ搭載の折りたたみスマホ「FlexPai」、中国メーカーが発表
  • [世界初] 柔軟性あるディスプレイ搭載の折りたたみスマホ「FlexPai」、中国メーカーが発表
  • ユニクロ・柳井氏進言「BツーBではパナソニックブランドは輝かない」 パナソニック100周年で講演
  • Nubia、前面に液晶、背面にOLEDを搭載した2画面スマホ
  • 台湾AUOが有機ELインクジェット装置を購入
  • アップルが新型「iPad」、サイズそのまま画面広く
  • ワコム、31.5型4K液晶ペンタブレット「Cintiq Pro 32」を11月2日発売
  • AQUOS zeroで初採用、国産有機ELディスプレイの裏側──シャープに聞く
  •  LGディスプレー、有機EL初の黒字化 7~9月営業 液晶苦境で全体は76%減益
  • LG、「Nano IPS」技術採用のDisplayHDR 600対応4K液晶など
  • シャープ、売上高予想を下方修正 4~9月期
  • Square、クレカやモバイル決済に対応する“オールインワン”端末「Terminal」を発表
  • 東エレク、有機ELディスプレー製造装置 インクジェット式採用
  • EIZO、AIで表示品質を向上させたプロ向け27型WQHD液晶「ColorEdge CG279X」
  • 深層断面/スマホ“有機EL時代”へ シャープ、自社製パネル端末投入
  • 深層断面/スマホ“有機EL時代”へ シャープ、自社製パネル端末投入
  • 8Kテレビは買いなのか 第一印象はまるで「裸眼3D」だが…
コメントありがとう