return_to_forever

Flat Panel TV and Display World-2....液晶・業界・動向

液晶・有機EL・プラズマ、FPD業界・パネルメーカー・関連企業情報を掲載。当ブログで激しい市場動向に追随!--Since Nov.2004

B_BOE

1 Mar

BOE、内側と外側の両方向に折りたためるディスプレイパネルを開発

中国BOEが、内側と外側の両方向に折りたためるディスプレイパネルを開発したようです。

両方向に折りたたみ可能 折りたたみスマートフォンは通常、一方向のみに折りたたむことが可能ですが、BOEが開発した折りたためるディスプレイパネルを搭載すれば、内側と外側の両方向に折りたためるスマートフォンが実現できるようです。
Sparrows NewsのYouTubeチャンネルで公開された動画には、両方向に折りたためるスマートフォンが映っており、これに搭載されているディスプレイパネルは、BOEが開発したもののようです。





続きを読む »
25 Feb

BOE、iPhone13向けOLEDディスプレイの主要サプライヤーに昇格?

中国BOEが、今年発売見込みのiPhone13(iPhone12sとも)向けに有機EL(OLED)ディスプレイを供給する主要サプライヤーになると、台湾メディア経済日報が報じています。

経済日報によると、BOEはタッチパネルを製造するHon Hai Group傘下のGeneral Interface Solution (GIS)と協力、iPhone向けOLEDパネルの開発に当たっているとのことです。

BOEは、当初iPhone12シリーズ向けに相当数のOLEDディスプレイを供給する予定でしたが、Appleが求める品質基準を達成できなかったため、実際に供給を開始したのは昨年末だとされています。ただし経済日報によれば、BOEの供給量は少ないままです。





続きを読む »
24 Feb

BOE、iPhone13向けOLEDディスプレイの主要サプライヤーに昇格?

中国BOEが、今年発売見込みのiPhone13(iPhone12sとも)向けに有機EL(OLED)ディスプレイを供給する主要サプライヤーになると、台湾メディア経済日報が報じています。

経済日報によると、BOEはタッチパネルを製造するHon Hai Group傘下のGeneral Interface Solution (GIS)と協力、iPhone向けOLEDパネルの開発に当たっているとのことです。

BOEは、当初iPhone12シリーズ向けに相当数のOLEDディスプレイを供給する予定でしたが、Appleが求める品質基準を達成できなかったため、実際に供給を開始したのは昨年末だとされています。ただし経済日報によれば、BOEの供給量は少ないままです。





続きを読む »
15 Feb

BOEが2021年下半期に、マイクロOLEDパネルの供給開始か

韓国メディアThe Elecが、中国BOEが2021年下半期(7月〜12月)に、マイクロ有機EL(OLED)パネルの供給を開始すると報じました。

The Elecによれば、BOEは雲南省との合弁会社である昆明BOE Display Technologyで、2018年からマイクロOLEDパネルを開発してきたようです。





続きを読む »
21 Jan

BOE’s 2nd Gen 10.5 LCD factory to reach full capacity in 1st half

BOE_2207_2515_4337Chinese display panel giant will secure 20 billion yuan in funds to expand its Chongqing display line, known as B12, which produces OLED panels for smartphones, according to local media Yicai.

The funds will also be used to secure additional shares of Wuhan BOE Optoelectronics __ its Gen 10.5 liquid crystal display (LCD) panel factorythat produces display panels over 32-inches.

BOE said the Wuhan factory will begin to produce in full capacity in the first half of 2021. The factory is the company’s second after its Gen 10.5 LCD factory at Anhui.

Wuhan factory started operation in 2019 and BOE initially aimed to expand production last year but this was delayed due to the pandemic. Production temporary halted in the first half of 2020 due to the outbreak. Both Gen 10.5 factories has a production capacity of 120,000 substrates per month.





続きを読む »
29 Dec

iPhone12用6.1インチOLEDディスプレイパネル1万枚をBOEが出荷か

Appleによる有機EL(OLED)ディスプレイパネルの品質評価試験に合格したことで、今月からiPhone12シリーズ向けに出荷を開始すると伝えられていた中国BOEが、iPhone12用6.1インチOLEDディスプレイパネル1万枚を出荷したとGizmochinaが報じています。

Gizmochinaによれば、BOEは先週、iPhone12用6.1インチOLEDディスプレイパネルの初回分として1万枚を出荷したようです。





続きを読む »
27 Dec

iPhone12用OLEDを、中国BOEが今月から出荷開始か〜品質評価に合格の模様

中国メディアCnBetaが、中国BOEは2020年12月からiPhone12シリーズ用有機EL(OLED)の供給を開始したと報じています。BOEはこれまで、AppleによるOLEDディスプレイパネルの品質評価試験に合格することが出来なかったと伝えられていました。

調査会社Luotu Technologyによれば、BOEはAppleによる品質評価試験に合格したことで、iPhone12シリーズ向けにOLEDディスプレイパネルの供給を開始したようです。





続きを読む »
25 Nov

中国BOE、液晶首位へ再編 韓国LGDを逆転へ

lcd share 2020FFE001-PB1-2中国の液晶パネル2強が工場買収を競っている。政府の補助金政策の転換を受けて新規投資はやめ、再編を通じた規模拡大に移行した。韓国勢が有機ELなどにシフトすることもあって、中国製のシェアは近く7割まで高まる見通しで、寡占による「残存者利益」を得る段階に入りつつある。

液晶パネル中国最大手の京東方科技集団(BOE)は中国国有の電機大手、中国電子信息産業集団(CEC)グループが保有する液晶パネル工場2カ所を1900億円で買収する方針だ。生産能力は2~3割増える見通しだ。

BOEは「パネル業界で世界をリードするという成長目標にそぐうものだ」と狙いを説明する。主にテレビに使う大型液晶の市場シェアは2019年時点で世界2位だったが、近く韓国LGディスプレー(LGD)を抜いて首位に浮上する可能性が高い。





続きを読む »
21 Nov

【韓国報道】iPhone13用OLEDはSamsungとLGが供給〜BOEがまた要求品質に達せず

韓国の電子部品業界に詳しいメディアTHE ELECが、iPhone13用有機EL(OLED)ディスプレイパネルは、SamsungとLGが供給すると報じています。iPhone13用として採用されると噂された中国BOE製OLEDディスプレイパネルは、今年2回目の品質テストでもAppleの要求品質に達しなかったようです。

THE ELECが、BOEは四川省成都にあるOLEDディスプレイパネルの製造ライン、「B7ライン」での品質確認試験において、Appleの要求品質を満たすことが出来なかったようだと報告しています。

同メディアによれば、BOEは四川省の別の工場の製造ライン、「B11ライン」で年初に行われた品質確認試験でも約20%と低い歩留まりが問題視され、合格できなかったとのことです。





続きを読む »
2 Nov

中国BOE、純利益34%増 1~9月 パネル価格上昇

BOE 8-11中国パネル大手の京東方科技集団(BOE)が29日発表した2020年1~9月期決算は、純利益が前年同期比34%増の24億元(約370億円)だった。売上高は1016億元と19%増えた。競合する海外企業の工場稼働率の低下などでパネル価格が上昇した。

7~9月期の売上高は33%増の408億元、純利益は13億元と約7倍になった。スマートフォン向けのほか、タブレットやノートパソコン、テレビ向けの出荷が堅調だった。金融や自動車、医療向けの情報システムなども伸びたもようだ。





続きを読む »
13 Oct

BOE reportedly supplies OLED screens to Apple for iPhone 12 models

BOE, one of the leading display maker in China, has been trying to enter the list of suppliers for Apple for some time, and now it seems that the company has finally been able to do so with the upcoming iPhone 12 models.

As per the latest report, BOE has supplied flexible OLED panels for the iPhone 12 models to Apple. However, the order is said to be of limited quantity only as LG Display is still the tech giant’s second choice for display suppliers and Samsung Display being the primary supplier for the display panel.

Earlier, it was reported that the BOE, which is already a display supplier for MacBook and iPad, will be supplying OLED screens for the upcoming iPhones as Apple tries to reduce dependence on Samsung. But some reports indicated that the Chinese firm didn’t meet Apple’s standard but could enter the supply chain later.





続きを読む »
29 Sep

OE、2024年までにフレシキブルOLEDパネル市場シェア40%獲得を目指す

中国BOEが、2024年までにフレシキブル有機EL(OLED)ディスプレイパネル市場で、40%のマーケットシェアを獲得すべく投資を拡大しています。同社はiPhone13(仮称:2021年モデル)用OLEDパネルの専用生産ラインを整備しているという情報もあります。

BOEが、中国四川省で開催されたイベントで今後のOLEDパネル開発計画を明らかにしました。

同社は現在、フレシキブルOLEDパネル市場の約20%を獲得していると分析しており、今後もこの分野に積極的に投資し、2024年には市場シェアを40%まで高めることを目指しています。





続きを読む »
26 Aug

arrows 5Gの画面は中国BOE製。低コストなパネルで超音波式指紋認証が増えそう

富士通コネクテッドテクノロジーズ(以下FCNT)が7月より販売を開始したarrows 5Gには、パンチホール採用のWQHD+と高精細な有機ELディスプレイが搭載されていますが、そのディスプレイパネルが実は中国BOE製であることが判明しました。  

FCCで公開された内部写真を拡大したものです。中央のフレキシブルケーブルに型番が印字されており、最初の文字は『BF067』と読み取れます。arrows-5g-BF067





続きを読む »
22 Jul

BOE、500ppi、NTSC比114%のQLEDパネル製造でSamsungに対抗か

BOEが現地時間2020年7月17日、500ppi、NTSC比114%の色域を持つQLEDパネルの製造に成功したことを、ITHomeが報じています。QLEDパネルはSamsungが液晶ディスプレイ(LCD)に変わる主力製品として注力している分野です。

量子ドット発光ダイオード(QLED:Quantum Dot Light-Emitting Diode)パネルは、輝度、色純度、省電力、設計の柔軟性という点で、LCD、プラズマディスプレイおよび有機EL(OLED)よりも優れていると評価されています。





続きを読む »
13 Jul

BOEが重要部品まで自給?…素材・部品・設備で台頭する中国

BOE -405d-a462-5c8257fbfdb4(ケース1)液晶ディスプレー(LCD)で韓国を抜き、世界首位に浮上した中国最大のディスプレー企業、京東方科技集団(BOEテクノロジーグループ)は最近、クアルコムの指紋センサーを採用した有機発光ダイオード(OLED)ディスプレーを生産すると発表した。まだ道のりは遠いが、BOEはOLEDでも韓国に追い付き、そこに搭載される全てのセンサーも自給することを目標に掲げている。

 その中心には中国政府の大規模な支援を受けている子会社、北京京東方伝感器がある。既にBOEの液晶パネルに使われるセンサーの大部分を納入しており、OLED関連技術の準備を急いでいる。中国版の素材・部品・設備育成戦略である「工業強基」事業「一条竜」プロジェクトの模範育成対象に昨年指定された。  

(ケース2)米中対立の長期化を受け、中国では最近、聚光科技という半導体検査設備業者が頭角を現している。先端設備の供給が途絶える懸念が高まり、同社が保有している気体レーザーなどを活用した検測設備を半導体生産に活用することを目指している。





続きを読む »
12 Jun

iPhone12シリーズに中国BOEのOLEDが搭載されない可能性が浮上

Samsung Electronicsは、自社のスマートフォンへの中国BOE製有機EL(OLED)ディスプレイ搭載を取りやめるかも知れない、と報じられています。

品質テストに不合格
韓国メディアDDailyによると、BOE製のOLEDはSamsungの品質テストを通過することができませんでした。一般に、品質テストに合格しないと量産テストには進めないため、BOEは最初の段階でつまずいたことになります。

関係者によると、BOEは今年後半に発売予定の、AppleのiPhone12向けディスプレイの初期発注分も出荷できていないようです。





続きを読む »
20 May

中国京東方(BOE)、テレビ液晶ディスプレイ出荷量 韓国LGを抜いて世界1位へ

中国ディスプレイ製造大手「BOE(京東方科技集団)」が、2020年第1四半期にテレビLCD(液晶ディスプレイ)パネルを1133万台(面積にして710万平方メートル)出荷し、出荷台数と出荷面積の両方で世界トップに輝いた。同社は昨年、出荷面積で初めて韓国大手のLGディスプレイを抜いて世界一になったばかりだ。

中国市場調査会社Sigmaintell(群智諮詢)のレポートによると、2020年第1四半期、全世界のテレビLCDパネル出荷台数は前年比10.6%減の6303万台(面積にして前年比3.2%減の3743万8000平方メートル)で、このうち55%が中国本土メーカーだという。





11 May

中国BOE、TV用大型有機ELパネル出荷

中国ディスプレイメーカーBOEは中国TVメーカーを対象に大型有機ELパネルの供給を打診している。
供給される有機ELパネルは55インチ以上で早ければ今年下半期にも出荷される模様。
現状テレビ用有機ELパネルは韓国LGディスプレイが独占しており、今後BOEの参入で価格競争が加速すると見られる







※記事の出典元はツイッターで確認できます⇒コチラ
7 May

アップル、今秋発売の5G対応iPhoneに中国BOE製OLEDを採用か

米アップルのiPhoneはここ3年間主にサムスンの有機ELディスプレイ(OLED)を採用しているが、2020年はそこに新たなメンバーが加わるかもしれない。

技術系メディア「Techweb」が4月28日に伝えた報道では、アナリストの話として秋に発売されるとみられる5G対応の新型iPhoneのうち、5.4インチ版モデルに中国ディスプレイ製造大手「京東方(BOE)」のOLEDが使われる可能性を伝えている。





続きを読む »
4 May

サムスン・LGの液晶パネル破った中国BOE、今度は有機EL市場まで狙う

BOE 220738サムスンディスプレーとLGディスプレーは年末から液晶パネル(LCD)から撤収するための構造調整の真っ最中だ。BOEをはじめとする中国の液晶パネルメーカーが低価格物量攻勢を掲げて主導した「チキンゲーム」に完敗したためだ。韓国企業が撤収する液晶パネル市場では特にBOEが生産量と技術力で名実ともに1位に浮上した。そんなBOEが最近積極的な投資で韓国企業の次世代収益源である有機EL市場まで狙い始めた。

「液晶パネル投資は中断し有機ELとミニLED、マイクロLEDにもっと多くの投資をする」。BOEの陳炎順最高経営責任者(CEO)が昨年末に中国メディアとのインタビューでした話だ。BOEの次の目標がどこなのか明確にしたのだ。BOEは実際に最近英文社名(Beijing Orient Electronics・北京東方電子)の頭文字を取って「地球上で最高(Best On Earth)」というスローガンを掲げた。次世代ディスプレー市場で王座を狙うという考えを公然と示しているのだ。





続きを読む »
30 Apr

噂:Galaxy S21、中国BOE製の有機EL搭載か。自社製ではなく

galaxy-s10-reviewSamsungのGalaxy Sシリーズは、長らく自社製のパネルを使い続けてきました。液晶が主流であった時代からいち早くスマートフォンにAMOLEDディスプレイを搭載してきた、有機ELの先駆者です。

しかしSamsungが2021年発売の次世代Galaxy Sに、中国産の有機ELパネルの搭載を検討していると、ZDNet Koreaが報じました。

 それによると市場調査会社DSCCは、Samsungが2021年に発売するGalaxy S21(仮称)において、「BOE Technology Group(京東方科技集団)」の6.67インチOLEDパネルを搭載するとレポート。背景として、Huawei、Appleなどの競合他社がBOEからOLEDパネルを調達する計画で、パネルの単価とコストからSamsungも検討しているのだといいます。さらにGalaxy A91にFHD+解像度の6.67インチパネルを搭載するとも。





続きを読む »
16 Apr

有機ELに超音波指紋センサー統合、クアルコムと中国BOEが提携

boe 1hMWFjYWMzZTFiM超音波式の指紋センサーを統合した有機ELディスプレイの開発で、米半導体大手クアルコムと中国のディスプレイ大手BOEが提携しました。搭載デバイスの出荷は2020年後半を予定します。

この提携を巡っては、クアルコムが有機ELディスプレイに埋め込める超音波式指紋センサー「3D Sonic」をすでに商用化し、サムスンのGalaxyシリーズ上位モデルに採用されています。





続きを読む »
27 Feb

中国BOE、iPhone向けOLEDサプライヤーとなるべく生産工場に新たな投資

Samsung、LG Displayに続き、iPhone向け有機EL(OLED)サプライヤーとなるべく、中国BOEが有機EL(OLED)生産工場に新たな投資を行ったことがわかりました。韓国メディアET Newsが報じています。

同メディアが関係筋から得た情報によると、BOEはApple専用のOLEDモジュール生産ラインを設置するために投資を行い、四川省に位置する同社の「B11 OLED」工場内に、新たに10のモジュールラインを建設する計画とのことです。





続きを読む »
12 Feb

【中国報道】19年世界液晶パネル番付、BOEが初めて首位に

中国の市場調査会社、群智諮詢(Sigmaintell)が5日に発表したリポートによると、2019年のテレビ向け液晶パネルの世界出荷枚数は、前年比0.2%減の2億8300万枚と小幅減だった。出荷面積は6.3%増の1億6000万平方メートルとなった。世界ランキングでは、京東方科技集団(BOE)が出荷面積で初めて韓国のLGディスプレーを抜き、出荷枚数、出荷面積共に首位に輝いた。中国証券報が伝えた。

中国大陸のメーカーをみると、BOEが世界初の10.5世代工場のフル稼働を実現。テレビ向け液晶パネルの生産能力を前年比20%以上伸ばした。19年の出荷枚数は1.8%減の5330万枚と小幅減だったが、生産能力の構造調整がサイズ展開の改善につながり、65インチと75インチの出荷枚数は共に世界首位に躍進、出荷面積は24.6%増の2912万平方メートルに達し、LGディスプレーの順位を追い抜いた。





続きを読む »
6 Dec

BOE AMOLED production to rise by 200% reaching 70 million units in 2020

In recent years, AMOLED and OLED displays have seen their popularity increase tremendously. Most high-end smartphones in various brands now feature these types of displays over IPS LCD panels. Now, BOE is planning on increasing its production capacityby 200% which will see the shipments rise to 70 million units to meet the rising demands.

BOE is one of the major suppliers of the AMOLED panels. Currently, there is a booming surge of demand for this type of display. A number of smartphone manufacturers have also started including AMOLED displays in their mid-range handsets offerings as well. Hence, the rise of production capacity from BOE. Additionally, the company will also not be investing LCD displays in the near future.





続きを読む »
22 Aug

アップル、iPhoneに中国製有機ELパネル採用へ

米アップルはスマートフォン「iPhone」の性能を左右する中核部品、有機ELパネルで中国パネル最大手製の採用へ最終調整に入った。現行機種で使う韓国サムスン電子製に比べ2割程度安く調達できる見通し。コスト削減を加速して低下するシェア回復をめざす。液晶に続き有機ELでも中国勢が台頭し、世界のスマホ部品業界の勢力図にも影響を与えそうだ。

アップルが新たに調達を検討しているのは中国パネル最大手、京東方科技集団(BOE)。2020年に世界で販売するiPhoneへの採用に向けて性能面などのテストを始めた。年末までに最終判断する見込みだ。



続きを読む »
29 Jul

BOE、綿陽でフレキシブル有機EL量産開始

中国FPD(Flat Panel Display)最大手のBOE(京東方科技集団)は7月5日、四川省綿陽市の第6世代(6G=1500×1850mm)工場「B11」から中小型フレキシブル有機ELディスプレーの出荷を開始したと発表した。まず6.47インチのスマートフォン用ディスプレーを量産し、今後はフォルダブルスマホやタブレットなどにも供給を拡大していく方針だ。

 綿陽B11は、17年初頭に綿陽国家高新技術産業開発区の敷地80万㎡に工場の建設を開始し、18年4~6月期から製造装置の搬入を本格化した。総投資額は465億元(約7700億円)で、フル稼働時には月間4.8万枚の生産能力を備える見込みだ。

 BOEは四川省成都市で6G有機EL工場「B7」をすでに稼働しており、綿陽B11は同社にとって2つ目の6Gフレキシブル有機EL工場となる。これにより両工場で月間9.6万枚分の生産能力を備えたことになる。ちなみに、フレキシブル有機ELの量産で先行している韓国のサムスンディスプレーは、韓国のA3工場に6Gガラスで月産13.5万枚の量産体制を有している。



続きを読む »
21 Jul

スマホ向け有機ELパネル、ファーウェイの後押しで中国BOEが急浮上しAppleからの受注も視野に

mate-20-pro10_mスマホ向け有機ELパネルといえばSamsungの独壇場でしたが、今後は大きく状況が変わってくることになりそうです。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道(1、2)によると、中国のパネルメーカー・BOEが2019年第1四半期にスマホ向け有機ELパネルで市場シェア2位を獲得したそうです。

これはHuaweiがフラッグシップスマホ「Mate 20 Pro」などに同社のパネルを積極的に採用し続けたことによるもの。

Samsungが9割以上のシェアを占めるとされるモバイル向け中小型有機ELパネルですが、2番手であったはずのLGディスプレイをBOEが追い抜いたことになります。



続きを読む »
27 Mar

京東方(BOE)の18年本決算は5割減益、値下げ響く

北京市に本拠を構える液晶パネル中国最大手の京東方科技集団(BOE)が25日発表した2018年12月期本決算は、純利益が前年比54.6%減の34億3,510万元(約563億円)だった。
価格競争の激化に伴う液晶パネル製品の値下げにより、前年の増益(302.0%増)から減益に転じた。

Source: 陸面板龍頭 京東方2018年淨利驟降逾五成 (中国文)



20 Feb

18年の液晶パネル出荷量、京東方が世界首位

ディスプレー市場調査会社の北京群智営銷諮詢(群智諮詢、シグマインテル)によると、2018年の世界の液晶パネル出荷量は、北京市に本拠を構える業界大手の京東方科技集団(BOE)が首位となった。出荷量は3,730万枚で、2位の韓国LGディスプレー(3,450万枚)を上回った。

15日付北京商報などが伝えた。出荷面積ベースでは京東方は世界3位。1位のLGディスプレー、2位の韓国サムスン電子に及ばなかった。京東方によると、出荷量は前年比で24%、出荷面積は45%それぞれ増加した。



続きを読む »
30 Nov

サムスン有機EL技術、中国に流出か 韓国検察11人起訴

韓国検察当局は29日、同国のサムスングループで有機ELパネル世界最大手、サムスンディスプレーの生産技術を中国パネル最大手の京東方科技集団(BOE)などに流出させたとして、サムスンの取引先の幹部ら計11人を起訴したと発表した。検察によると、最新のスマートフォン(スマホ)のパネルに使う先端技術が中国側に流出した。

サムスンはスマホ向けの中小型の有機ELパネルで9割以上の世界シェアを握る。サムスンディスプレーはサムスン電子の連結子会社。技術流出が事実ならば、有機ELパネルを半導体やスマホに次ぐ主力事業に育成中のサムスン電子の経営に大きな痛手となる。

ソウル郊外の水原(スウォン)地方検察庁によると、流出したのはサムスンが約1500億ウォン(約150億円)を投じて開発した、パネルをカバーガラスの局面に正しく貼り付ける技術。BOEなど4社に流出した疑いがある。ほかの3社には中国のパネル2位である華星光電(CSOT)が含まれているもようだ。



続きを読む »
20 Sep

BOEの「iPhone」有機EL供給、歩留まり・品質で望み薄 DIGITIMES調査

調査会社DIGITIMES Researchの陳柏蓁アナリストは9月17日付で、米アップル(Apple)のスマートフォン「iPhone」に、フレキシブル有機EL(OLED)供給を目指す中国BOE(OLED)の動向を紹介するレポートを公開、生産歩留まりに目に見える改善がないことから、受注は当面難しいとの見方を示した。

9 Sep

ついに2つ折り? 中国BOEが折りたたみディスプレイのデモを公開

中国ディスプレイパネルメーカーのBOEは、折りたたみスマートフォンにも使用可能な「折りたたみディスプレイ」のデモを公開しています。年末から来年にかけて登場予定の折りたたみスマートフォンは、このような姿になるのかもしれません。
時期的にベルリンのIFA 2018にて撮影されたと思われる動画では、BOEが展示した5.99インチ/FHD+解像度の折りたたみディスプレイのデモが動作している様子が確認できます。 一応、ディスプレイであってスマートフォンではない点は注意したいところ。
View this post on Instagram

Foldable phones are coming! 👏 This is BOE foldable display demo (5.99" FHD+)

B E N G E S K I Nさん(@venyageskin1)がシェアした投稿 -



続きを読む »
8 May

BOEとサムスン提携か、台湾パネル業界は警戒

BOE 投資 FE001-PN1-2韓国設備メーカーの情報によると、中国・京東方科技集団(BOEテクノロジーグループ)と韓国・サムスン電子が、サムスンがBOEからテレビ用液晶パネルを調達し、BOE10.5世代工場の歩留まり向上に協力する提携に合意したもようだ。事実であれば台湾液晶パネル大手への影響が懸念される。6日付経済日報などが報じた。

 サムスンは、BOEが10.5世代工場で生産したテレビ用液晶パネルを、ミドル~ローエンド製品用として調達。サムスンはこの見返りとしてBOE10.5世代の歩留まり向上に向けて技術支援を行うとされる。BOEは中国政府による政策的支援によって、液晶パネルの生産コストを業界水準よりも6割以上低減しており、サムスンへのオファー価格を大幅に割り引くもようだ。歩留まり向上は1~2四半期での実現が目標だ。



続きを読む »
13 Apr

「中国BOEが7850億円投じ6G有機ELパネル工場建設」の衝撃

数年前に中国BOEの幹部とお酒を酌み交わすチャンスに恵まれた。その折に「中国勢は3兆円を投じて15の新工場を立ち上げ、韓国勢、台湾勢をキャッチアップする」という強気の見通しを聞かされ、それはいくら何でも……との思いも持ったものだ。ところが、である。まったくBOEが言った通りの展開となり、下手をすれば2020年以降に中国勢は韓国、台湾の液晶産業を叩き潰すかもしれないとの観測すら出てきた。やはり恐るべし中国なのである。
 17年のFPD製造装置を見まわした時に驚くべきなのは、売上高が前年比30%増の24.7億ドルと過去最高を記録したことだ。このうち有機ELは15.5億ドルを占めて63%を構成しており、液晶向けは9.2億ドルで37%となっている。これでお分かりであろう、2~3年後の電子ディスプレーは圧倒的に有機ELが占めるということになるのだ。


続きを読む »
30 Mar

中国BOE、10.5世代液晶と有機ELで攻めの投資

中国BOE Technology Group(京東方科技集団)は2018年3月9日、深圳証券取引所のファイリングにおいて、第10.5世代液晶パネル工場および第6世代有機ELパネル工場の投資計画を開示した。その主な内容は以下の通りである。
 まず、合肥工場(B9)に続く2拠点目の第10.5世代液晶パネル工場「B17」(ガラス基板寸法は2940mm×3370mm)を武漢に建設する。総投資額は460億元(約7750億円)を予定し、内訳は出資がBOEによる60億元と武漢市政府による200億元、残りは負債調達の予定である。生産能力はガラス基板投入ベースで12万枚/月とし、主にテレビ向けに65型/75型の4K/8Kパネルを生産予定。稼働開始は24カ月後の2020年上期を目指す。


続きを読む »
11 Mar

中国BOE、1.6兆円投資 有機EL・大型パネル工場 質重視へ政府が資金

BOE 投資 FE001-PN1-2中国国有のパネル最大手、京東方科技集団(BOE)は8日、重慶市に有機ELパネル、湖北省武漢市に大型液晶パネルの新工場などを建設すると発表した。総投資額は965億元(約1兆6千億円)。BOEよりも地元政府の方が多額の資金を投じる仕組み。経済成長の「量から質への転換」をめざす中国政府の方針を追い風に新鋭工場の稼働で韓国勢を追う。

  重慶市に建設するのは、スマートフォン(スマホ)など向けの有機ELパネルの生産拠点。「第6世代」(1500ミリメートル×1850ミリ)と呼ばれる基板を採用する計画で、月産能力は4万8千枚。工期は2年4カ月で、2020年末までの稼働をめざす。国内で4カ所目の有機ELパネル工場となる見通し。

[参考] 中国-液晶・有機EL工場+ガラス工場、投資・計画状況一覧



続きを読む »
19 Jan

京東方(BOE)に63億元の債務免除、福州市政府

北京市に本拠を置く液晶パネル中国最大手、京東方科技集団(京東方、BOE)は、福建省福州市の第8.5世代液晶パネル工場の建設で生じた債務63億元(約1,080億円)の返済免除が決まったと発表した。福州市政府が補助金として、債務を肩代わりする。

[元記事] 京東方63億人民幣貸款 獲政府豁免
 
27 Dec

ChipbondとBOE、合肥にCOF拠点で調印

IC封止・測定(パッケージング・テスティング)の台湾Chipbond(頎邦)、中国安徽省合肥の政府系ファンド、パネル大手の中国BOE(京東方)傘下のファンド北京芯運能投資基金、中国ESWIN(北京奕斯偉科技)は2017年12月21日、合肥市にディスプレイドライバIC封止・測定の拠点とChip On Film(COF)基板合弁工場を設立することで、正式に調印した。

26 Dec

中国BOE、最新鋭液晶工場を稼働 世界初 8K対応

中国国有パネル最大手の京東方科技集団(BOE)は、安徽省合肥市でガラス基板の大きさから「10.5世代」と呼ばれる最新鋭の液晶パネル工場を稼働したと発表した。
10.5世代の工場は韓国LGディスプレーなどが建設を進めているが稼働は世界初。高精細の「8K」映像に対応しており、新工場の稼働をテコに世界トップをめざす。



続きを読む »
16 Dec

チップボンド蘇州工場、BOEの過半出資受け入れ

液晶ディスプレイ(LCD)ドライバICのパッケージング・テスティング(封止・検査)大手、頎邦科技(チップボンド・テクノロジー)は14日、中国の液晶パネル最大手、京東方科技集団(BOEテクノロジーグループ)傘下の北京芯動能投資基金などに対し、チップボンド蘇州子会社の株式53.69%を売却すると発表した。売却額は1億6,600万米ドルで、来年第2四半期に取引完了予定だ。中国がドライバICを含む半導体の自給率を急速に引き上げる中、中国市場シェア首位のチップボンドは、BOEとの合弁により、BOEからの受注を確実にできる。15日付経済日報などが報じた。

 チップボンドは、頎中科技(蘇州)の株式を合肥地方政府基金に、BOE傘下の北京芯動能投資基金と北京奕斯偉科技に売却し、チップボンドの出資比率は85.54%から31.85%に下がる。売却益は6,307万5,000米ドルを見込む。



続きを読む »
30 Nov

China’s BOE offers iPhone-exclusive OLED production lines as it seeks to take business from Samsung

China’s largest display manufacturer, BOE, is reported to be making a serious bid to win OLED orders for future iPhones. It’s said to have offered to construct not just one but two large-scale OLED production lines which would be used exclusively for Apple orders.


Apple is currently dependent on Samsung for all its OLED panels for the iPhone X, a position the company almost certainly wants to change …


Read full article




21 Nov

BOE合肥10.5世代8K液晶ライン、前倒しで17年内稼働

パネル大手、中国BOE(京東方)の王東昇・董事長は2017年11月14日、中国湖北省武漢で同社が開いたイベントで、安徽省合肥の第10.5世代液晶(TFT-LCD)生産ラインについて、18年を予定していた本格稼働を17年12月に前倒しすると表明。
「同ラインの稼働で、世界は8K新時代に入る」と述べた。

12 Nov

[更新] BOE Technology Group (京東方): 事業概要・生産ライン・技術

qq图片20160727144223保存[2017/11/11更新] 主に工場一覧の更新を行いました。


1.事業概要

BOE Technology Groupで生産された液晶パネル(有機ELパネル)は、携帯電話、タブレット、ノートブック、モニター、テレビ、車両ディスプレイ、デジタル情報ディスプレイ、ウェアラブル機器といった幅広いアプリケーションに使用されています。

スマートフォン向けの世界シェアは2014年に20%、タブレット端末向けでは同31%と、それぞれ世界トップになり、また2015年にTV向けでは世界第4位となりました。

その後も生産増強を進め、2017年1月の大型液晶パネル出荷枚数で初めて世界首位となりました。これまで首位だった韓国LGディスプレーを初めて追い抜きました。

売上高の7~8%を研究開発に継続的に投資し特許の獲得にも力を入れています。2013年は4200件以上、2014年は5000件以上の特許を新たに申請しています。使用可能な累計特許総数は3万件以上あるとしています。

車載向けパネルとしてはタッチパネルメーカーのVaritronixを子会社化し同社でモジュール化しTier-1に供給するサプライチェーン強化を進めている。(2017/11/11)


2. 生産ラインの状況


液晶・有機ELの生産工場として稼動中の生産ラインを一覧にまとめます。
また下表には建設中の工場を示します。



保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存続きを読む »
10 Nov

BOE、JDIへの出資実現なら18年からiPhoneへ有機EL供給も

液晶パネル(TFT-LCD)中国最大手BOE(京東方)の王東升・董事長がテレビ東京との単独インタビュー(2017年11月7日)で、経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)の支援に意欲を見せたことを、BOE、JDIの競合であるシャープ(Sharp)を傘下に収めるフォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)の地元台湾のメディアも大きく報じた。

9 Nov

中国液晶パネル最大手BOE ジャパンディスプレイ支援に意欲

20171107_wb_nl01_b2e51d9871cad384_9中国の液晶パネル最大手BOE=京東方科技集団のトップ、王東升(おうとうしょう)董事長は経営再建中のジャパンディスプレイの支援に意欲を示しました。
テレビ東京の単独インタビューに答えたもので、有力な支援者と見られてきたBOEのトップ自ら、支援に前向きな姿勢を見せました。
ジャパンディスプレイは、スマホ向け有機ELパネルの量産に必要な2,000億円以上を出資する企業を探しています。
 

続きを読む »
8 Nov

BOE董事長「技術革新で生き残る」 世界経営者会議

中国の液晶パネル最大手、京東方科技集団(BOE)の王東升董事長は7日、第19回日経フォーラム「世界経営者会議」で講演し、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」で激変するIT(情報技術)市場で生き残るには「技術革新が唯一の道」と指摘した。その中で王氏は「ディスプレー技術を基盤とし、センサーやビッグデータ技術を徐々に積み上げていく」と戦略を語った。

 BOEはスマートフォン(スマホ)やパソコン向けのディスプレー出荷数量で世界一となり、さらに中国国内で大型工場を相次ぎ建設中だ。王氏は「人類は第4次産業革命を迎えている。IoT時代は企業側にとって大きなチャンス」と語りディスプレーの用途が広がるとみる。



続きを読む »
5 Nov

BOE、iPhoneの有機EL受注へドライバIC強化 Chipbond子会社の持株増やす

パネル中国最大手のBOE(京東方)が、有機EL(OLED)パネル用ドライバIC分野のさらなる強化に向け、液晶(LCD)ドライバIC封止・測定(パッケージング・テスティング)大手、台湾Chipbond(頎邦)の中国子会社Chipmore Technology(頎中科技)の株式をさらに買い増したとの観測が台湾市場に浮上している模様だ。

24 Oct

BOE、6世代フレキシブルAMOLED量産を17年10月開始へ

台湾の金融情報サイト『理財網』(2017年10月19日付)によると、パネル大手の中国BOE(京東方)はこのほど、四川省成都に新設した第6世代フレキシブル・アクティブマトリクス式有機EL(AMOLED)生産ラインが17年10月に量産に入ることを明らかにした。

6 Oct

BOE、スマホ用フルディスプレイ5タイプ量産化

パネル大手大手の中国BOE(京東方)の劉洪峰・董事会秘書は2017年9月26日、スマートフォン用のフルディスプレイを同社が既に5タイプ量産化しており、Huawei(ファーウェイ=華為)、OPPO(欧珀)、VIVO(歩歩高)等の中国系スマホ大手に供給していることを明らかにした。


当サイト特集カテゴリー
1.液晶の歩んできた道(第一部)
液晶の黎明期から実用化を果たすまでの過程をわかりやすく解説することを目指して書きました。

2.液晶の歩んできた道(第二部)
液晶が当面の最終目標だった大型テレビに採用され夢の平面テレビが実現した過程を解説していく予定です。(開始時期未定)

3.用語辞典(技術・ビジネス・企業)
管理人特選の最新技術用語やビジネス用語・関連企業を解説しています。時間の許す限りのアップ、今後充実を目指します。
掲載年月から記事を探す



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人へのメッセージ


[FPD関連本] ・フラットパネル資料館


電子ディスプレーメーカー計画総覧(2018年度版)


















カテゴリーごと記事
記事掲載の写真
  • グローバルの眼/「チャイナ・プラスワン」で優位なベトナム
  • 機能性フィルムの表面ひずみを高い精度で定量計測
  • [更新] 液晶パネル価格トレンド (LCD Panel Price Trend)
  • [更新] 液晶パネル価格トレンド (LCD Panel Price Trend)
  • ジャパンディスプレイ、脈波測定向け薄型生体センサー 読み取り速度4倍超
  • 今や2刀流は当たり前? 液晶ディスプレイ活況、テレワークやゲーム需要で
  • ソニーの有機ELマスターモニターがエミー賞受賞
  • ジャパンディスプレイ スマホ向け事業不振で229億円の赤字
  • 家電大手TCLがローラブルディスプレイを披露 2024年に量産化を計画
  • ガーミン、アクセサリーのような女性向けスマートウォッチ「Lily」シリーズ
  • 旧三洋、日の丸液晶JDI…再建請負人が自問する「再生」
  • ヘッドマウントディスプレー キヤノン、45%軽量化 2月発売
  • サムスンディスプレイがOLED新ロゴ。日本含む27カ国でブランド力強化
  • シャープ「AQUOS」の歩んだ20年- 成熟のAQUOS、新時代は「テレビの次」へ
  • BOE’s 2nd Gen 10.5 LCD factory to reach full capacity in 1st half
  • CES 2021で目立ってたウェアラブルまとめ #CES2021
  • DSCC、2021年のディスプレイ産業10大予測を発表
  • サムスン、「ギャラクシーS」最新機種発表 リモートワーク想定
  • コニカミノルタ、60%時短の分光測色計 色と光沢を同時測定
  • 有機ELに4Kサポートも?「Nintendo Switch Pro」のウワサ
  • Mercedes-Benz Unveils 56-Inch Hyperscreen OLED Infotainment Display For EQS EV
  • 有機ELシフト進む 有機EL・液晶パネル業界早わかり-業界地図2021年
  • Foxconnと中国のBYTON、電気SUVの生産で提携--2022年に出荷へ
  • HISTORY OF NOKIA PHONES FROM 1982 TILL 2020
  • LG、「液晶よりはるかに優れる」ミニLED搭載「QNED Mini LED TV」CESで紹介
  • 韓国経済にも大打撃か…サムスン電子が「巨大な不安」を抱えていると言えるワケ
  • LG Display、最新の透明有機ELディスプレイをCES 2021で発表。透明度40%
  • LG will announce move to QNED for premium LCD TVS
  • 【独占】元従業員からの不正会計の告発。ジャパンディプレイ・菊岡社長は何を思った?
  • コロナを「99.99%」不活化 殺菌用LEDを量産へ
コメントありがとう