return_to_forever

Flat Panel TV and Display World-2....液晶・業界・動向

液晶・有機EL・プラズマ、FPD業界・パネルメーカー・関連企業情報を掲載。当ブログで激しい市場動向に追随!--Since Nov.2004

M_Monitor PC

7 Jun

COMPUTEX TAIPEI, フルHD液晶2枚分。32:9の49型ウルトラワイド液晶一体型PC

ultra wide 2_o 中国Colorfulは、COMPUTEX TAIPEI 2018に出展し、同社が展開しているビデオカード、SSD、そして一体型PCといった製品を展示した。  同社のビデオカードとSSDは、日本国内ではリンクスインターナショナルが取り扱っており、とくにSSDが非常に安価であることから、自作PCユーザーのあいだでは一定の認知度を得ている。

もちろんブースではそういった製品も展示しているが、なかでも興味深かったのは、同社が中国市場向けに展開している一体型PCだ。

今回の展示の目玉の1つが、「S49」という型番の一体型PC。最大の特徴は、3,840×1,080ドットという32:9のウルトラワイド49型液晶を搭載している点。これはフルHD液晶2枚分の解像度と横幅に相当するサイズとなる。



続きを読む »
1 Jun

ASUS、応答速度1msの27型ゲーミング液晶ディスプレイ

asus gaming 27 01_o ASUSは、応答速度1msの27型ゲーミング液晶ディスプレイ「VP278H」を6月1日に発売する。価格はオープンプライス。  TNパネルを採用した非光沢のフルHD(1,920×1,080ドット)解像度の液晶ディスプレイで、中間色で1msの高速応答に対応。画面のチラツキを抑制するフリッカーフリー機能や、ブルーライト軽減機能も搭載。

 独自のコントラスト拡張技術「ASCR(ASUS Smart Contrast Ratio)」をサポートしており、映像をリアルタイムに解析・処理することで、液晶パネルの使用を超える明暗差の実現をうたう。



続きを読む »
11 May

PHILIPS、日本初「DisplayHDR 1000」対応4K液晶を披露

MMD Singapore Pte Ltdは9日、日本市場初の「DisplayHDR 1000」対応となる、PHILIPSの42.5型4K液晶ディスプレイ「436M6VBPAB/11」をメディア向けに披露した。5月25日発売で、価格はオープンプライス。店頭予想価格は119,000円前後。DisplayHDR 400対応の「436M6VBRAB/11」も89,000円前後で同日発売。
 クラス毎の違いとして、HDR 1000では最高輝度1,000cd/m2、全画面最低輝度600cd/m2で、色域はBT.709 99%以上と定められている。HDR 400は最高輝度400cd/m2、全画面最低輝度320cd/m2、BT.709 95%以上と規定。映像処理は10bit以上が必須となる。


続きを読む »
25 Apr

Philips、国内初DisplayHDR 1000対応の42.5型4K液晶

philips hdr 01_lMMD Singaporeは、国内に投入される製品として初めてDisplayHDR 1000規格に準拠するPhilips製42.5型4K液晶ディスプレイ「436M6VBPAB/11」を発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は119,000円前後。  

VESAが規定するHDR規格である「DisplayHDR」には、製品の最大輝度に応じてDisplayHDR 400/600/1000の3レベルがあり、それぞれ色域も規定されている。

 Philipsの436M6VBPAB/11は、最高レベルであるDisplayHDR 1000に準拠し、ピーク時の輝度は1,000cd/平方m(標準720cd/平方m)、色域はBT.709カバー率100%、DCI-P3カバー率97.6%以上となる。また、ハリウッドの映画会社が規格化する「Ultra HDプレミアム」認証も取得している。



続きを読む »
6 Apr

EIZO、AIで安定表示する31.1型4K/HDR液晶「CG319X」。PQ/HLG対応、耐震スタンド

 EIZOは、映像制作向けのHDR対応31.1型4K液晶ディスプレイ「ColorEdge CG319X」を5月23日に発売する。価格はオープン価格で、直販価格は594,000円(税込)。  

デジタルシネマ規格のDCI 4K解像度(4,096×2,160)に対応した31.1型4Kハイエンドモデルで、'15年に発売した「CG318-4K」の後継。新たにHDRのPQ方式とHLG(Hybrid Log Gamma)方式に対応するなど、表示性能と使いやすさを向上させた。映像制作、写真、デザイン、印刷などの法人用途を想定している。パネルはIPSでノングレア。



続きを読む »
18 Mar

ASUS、直下型エリア駆動で4K/HDR、キャリブレーションツールも付属する32型液晶

asus 01_oASUS JAPANは、4K HDRに対応し、キャリブレーションツールも付属する32型の液晶ディスプレイ「PA32UC-K」を3月22日に発売する。価格はビックカメラ.comでは¥348,624。

32型、解像度3,840×2,160ドットのIPSパネルを採用したモデル。直下型バックライトを採用し、エリア駆動分割数は384。ピーク時の輝度は1,000cd/m2。UHDアライアンスによる、Ultra HD Premium認証も取得。ASUS LED駆動技術により、優れたHDR性能と最適化されたコントラストを実現するという。  
応答速度は5ms(グレー to グレー)。走査周波数は水平142KHz、垂直40~60Hz。



続きを読む »
9 Mar

【CP+】EIZOブース「ディスプレイ技術講座」レポート

EIZO株式会社のブースは、カラーマネージメント対応液晶ディスプレイ「ColorEdge」の展示と、カラーマッチングプリントの体験コーナーを設置していたほか、セミナースペースも用意しており、写真家による撮り方講座や、色合わせツール「Quick Color Match」の使い方講座などを実施していた。
セミナースペースでは、CP+における同社初の試みとして、EIZO社員によるディスプレイの技術講座を初日(木)と2日目(金)に実施した。
テーマは2つで、「液晶画面が色を表示する仕組み」と「EIZOモニターの画質はどのように作られているか」について解説していた。


続きを読む »
6 Mar

米液晶ディスプレイメーカーViewSonicが日本市場再参入!

1987年にカリフォルニアで設立され、昨年(2017年)に創立30周年を迎えた米国のディスプレイメーカー、ViewSonic。日本市場にはCRTモニター時代に参入したが、その後撤退。しかし、2015年より再参入を果たし、2017年からは幅広い製品ラインナップを揃え、新体制で再スタートを切っている。  そこで、ViewSonicの日本市場への取り組みや、製品の特徴などを聞いてきた。あわせて、同社が日本市場に投入する製品も紹介する。
また、世界で初めて3DプロジェクタやフルHDレーザープロジェクタを発売するなど、優れた開発技術も備えている。実際に海外では、さまざまな賞を受賞し、顧客満足度No.1の評価も得ており、米国では高品質ディスプレイメーカーとして認知されている。
今回は、ViewSonic日本法人である、ビューソニックインターナショナルのディレクター、Jerry Peng氏に話を聞いた。


続きを読む »
25 Jan

LG、4K/HDR+ハードウェアキャリブレーション対応の27型液晶「27UK850-W」

lg1_s 27 hdrLGエレクトロニクス・ジャパンは、4K HDR対応で、ハードウェアキャリブレーション機能も備えた液晶ディスプレイ「27UK850-W」を2月14日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は82,000円前後。
27型/3,840×2,160ドットのIPS液晶パネルを採用した4Kディスプレイで、HDRに対応。輝度は350cd/m2、コントラストは最大500万:1(通常1,000:1)、視野角は178度(上下/左右)。応答速度は5ms。sRGBカバー率は99%以上。

 26日に発売する「27UK650-W」の上位モデルで、ハードウェアキャリブレーション機能やMaxxAudio対応の5W×2chステレオスピーカー、USB Type-C端子などを追加している。



続きを読む »
16 Jan

【麻倉怜士のCES2018】JOLEDの有機ELディスプレイをASUSのモニター試作機に見た

 有機ELは現在、蒸着プロセスで製造されているが、生産性を上げる鍵といわれる、印刷方式の有機ELパネルが、昨年末に開発会社JOLED(ジェイオーレッド)にて量産が開始された。その21.6型の4K中型有機ELの最初の納入先はソニーの医療用モニターだった。
第2弾が注目されていたが、それは台湾の大手パソコンメーカー、ASUS。製品はプロフェッショナルモニター「ASUS ProArt PQ22UC」だ。



続きを読む »
6 Jan

JOLEDの印刷方式21.6型4K有機ELパネル、ASUSがCESで発表するプロ用モニターに採用

joled_asus monitorJOLEDは、ASUSTeK Computer Inc.(ASUS)へ、21.6型の4K印刷方式有機ELディスプレイパネルのサンプル提供を開始した。
 JOLEDの有機ELディスプレイパネルは、ASUSがCES 2018で発表するプロフェッショナルモニター「ASUS ProArt PQ22UC」に使用される。ASUSはプレスリリースの中で、「ピュアRGBストライプを備えた最先端の有機ELテクノロジーは高い色純度を保証し、PQ22UCは、DCI-P3カバー率99%の高彩度による、忠実な色再現性を実現しています。真の10ビット色深度を備え、暗い黒と明るい白のコントラスト比は1,000,000:1。最速0.1msの高速応答性は、動きの速いビデオやアニメーションコンテンツの表示において卓越したパフォーマンスを実現します」と述べている。



続きを読む »
22 Dec

LG announces '5K ultrawide' HDR monitor

34_inch_UltraWide_monitorLG has just announced some impressive-sounding monitors that it’ll be bringing to CES in a couple of weeks. First up is the 32UK950, a 32-inch 4K monitor with HDR support, Thunderbolt 3 connectivity, 98-percent P3 color gamut coverage, and similar Nano IPS technology to LG’s LED TVs. LG isn’t going into details about supported HDR formats, however. The press release mentions “HDR600,” which could just be the company’s own term for a monitor with 600 nits peak brightness, but may refer to the new DisplayHDR certification that does include a “DisplayHDR 600” tier.

Move to full article
 

20 Dec

Samsungの49型ゲーミングディスプレイが、業界初のDisplayHDR 600認定

ss game pc 01_lSamsungは18日(米国時間)、6月に発表した49型ウルトラワイド曲面液晶ディスプレイ「CHG90」が、業界で初めてDisplayHDR 600準拠の認定を受けたと発表した。DisplayHDRは、VESAが策定するオープンなHDR規格。輝度やコントラスト比などを厳密に規定している。



続きを読む »
15 Dec

VESA,HDR対応液晶ディスプレイの標準規格「DisplayHDR」を発表。対応製品は早ければ2018年に登場か

北米時間2017年12月11日,映像技術の標準化団体であるVESA(Video Electronics Standards Association)は,HDR表示が可能なディスプレイの規格である「VESA High-Performance Monitor and Display Compliance Test Specification」(別称:DisplayHDR,以下 別称表記)のVersion 1.0を発表した。



続きを読む »
29 Nov

フィリップス、HDR 10対応モデルなど液晶ディスプレイ4モデル

philips 001MMD Singapore Pteは11月28日、フィリップスブランドの液晶ディスプレイ4モデルを発表した。12月中旬より順次発売する。価格はオープン。
 
「356M6QJAB/11」は、34.6型フルHD(1,920×1,080ドット)ディスプレイ。液晶パネルに、非光沢(ノングレア)IPSを採用する。店頭予想価格は37,800円前後(税別)。

 表示するコンテンツを解析し、イメージにあわせて放射する光の色と明るさを継続的に調節する「Ambiglow」を搭載。没入型の視聴体験が可能で、映画 / スポーツ / ゲームなどに最適としている。



続きを読む »
9 Oct

I spent 2 hours with Samsung's insanely wide monitor — here's what it's like

its-amazing-for-playing-video-gamesYou might look at pictures of Samsung's insanely wide CHG90 monitor and think: "Who on earth needs a monitor this wide?"

I'll bet a lot of people said the same thing when square 4:3 TVs and monitors were still the standard, back in the early 2000s, and "widescreen" 16:9 TVs and monitors hadn't yet become mainstream. Now, 16:9 widescreen is the standard monitor aspect ratio.

But why stop at 16:9? Well, the industry didn't stop there — in 2015, it started producing "ultrawide" 21:9 monitors, which offered more screen real estate for work and gave PC gamers that extra layer of immersion.

It's now 2017, and Samsung thinks you need even more screen, so it made the "super-ultrawide" CHG90 monitor, which has an aspect ratio of 32:9. That's two 16:9 widescreen monitors in one.

continue...  



17 Sep

EIZO、コントラスト100万:1の4K/HDR液晶「CG3145」は12月18日発売。直販285万円

EIZOは、輝度1,000cdm2、コントラスト100万:1の映像制作市場向け31.1型 4K/HDR液晶ディスプレイ「ColorEdge PROMINENCE(プロミネンス) CG3145」の発売日を12月18日に決定した。価格はオープンプライスで、直販価格は285万円。11月15日~17日に幕張メッセで開催される「Inter BEE 2017」にも展示される。



続きを読む »
8 Sep

10点のタッチ対応 EIZOが液晶モニター発売へ

EIZO(白山市)は、専用のペンを使って画面に入力できるタッチパネル液晶モニターを2機種発売する。クリニックの診察やオフィス向けなどの需要を見込む。
 従来モニターは5点まで対応した同時タッチについて、新機種は10点まで対応し、より多くの人が同時に画面に書き込むことができる。17型の「Dura Vision(デュラ・ヴィジョン) FDS1782T」を14日、23型ワイドの「Dura Vision FDF2382WT」を10月30日に発売する。いずれもオープン価格となる。
13 Jul

LG初のHDR対応31.5型4K液晶ディスプレイ。HDR10サポートで114,000円

32UD99-W 01_sLGエレクトロニクス・ジャパンは、同社初のHDR対応PCモニターとして、31.5型のIPS 4K液晶ディスプレイ「32UD99-W」を28日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は114,000円前後。
 4K/3,840×2,160ドットで31.5型の広視野角なIPSパネルを搭載。標準輝度は350cd/m2で、コントラスト比は最大500万:1(通常1,300:1)、視野角は上下/左右各178度。応答速度は5ms(G to G)。



続きを読む »
25 May

デル、世界初となる8K液晶搭載の31.5型ワイド液晶ディスプレイ

dell 8k 001デルは5月24日、7,680×4,320ドット(8K)解像度の31.5型液晶ディスプレイ「UP3218K 31.5 インチ 8K モニタ」を、日本国内で発売することをアナウンスした。2017年夏ごろに発売する予定。価格は未定だが、米国での参考価格は4,999.99米ドル前後となっている。この製品は、2017年初頭に米ラスベガス開催の、CES 2017でも披露されていたものだ。続きを読む »
14 May

デル、8K液晶や27型液タブに触れられる発売前先行体験イベントを5月24日/25日に品川駅にて開催

デル株式会社は、31.5型8K液晶ディスプレイ「UP3218K」およびクリエイター向けデバイス「Canvas」と、ワークステーションを体験できるイベント「世界初! デル8Kモニタ&Canvas先行展示・体験会」を、5月24日と25日にJR品川駅構内にて開催する。
 イベントでは、品川駅構内の特設展示ブースにて、ビジネスマンやクリエイターをはじめとした来場者向けに、両製品について説明が行われ、発売前にいち早く試すことができるとしている。



続きを読む »
14 Apr

Dell、有機ELパネル採用の30型4Kディスプレイを発売

dell olede monitor 01米Dellは、30型有機ELディスプレイ「UP3017Q」を発売開始した。米国の直販価格は3,499.99ドル。

 CES 2016にて発表されていた製品で(Dell、有機EL採用の30型4Kディスプレイ「UltraSharp 30」)、同社初の4K有機ELディスプレイとなる。

  有機ELのため、液晶パネルと異なりバックライトが不要で、黒の再現性に優れる(最小輝度は0.0005cd/平方m)。コントラスト比は100万:1で、既存のどのパネルとも違う現実的な表示を謳う。



保存保存続きを読む »
28 Mar

Dell、世界初の32型8K液晶ディスプレイを発売

dell 32 8K米Dellは、32型液晶ディスプレイ「UP3218K」を発売した。直販価格は4,999.99ドル。

UP3218Kは、世界初となる31.5型8K(7,680×4,320ドット)パネルを搭載したディスプレイ。

1月の「CES 2017」にて披露された(Dell、世界初の32型8K液晶)製品で、パネル駆動方式はIPS。

リフレッシュレートは60Hz。  色域カバー率はAdobe RGB 100%、sRGB 100%、DCI-P3 98%、Rec.709 100%を謳う。ハードウェアキャリブレーションにも対応する。


保存続きを読む »
26 Jan

JDI、ニンテンドースイッチのパネル独占供給=関係者

中小型液晶パネル大手ジャパンディスプレイ(JDI)は、任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」のタッチスクリーンパネルを独占供給する。事情に詳しい関係者が明らかにした。
 関係者によると、この契約のJDIの売り上げへの影響は比較的小規模にとどまるもようだが、JDIの製品の中核市場であるスマートフォン事業の不安定性を和らげるには役立つ可能性が高い。



続きを読む »
1 Nov

マイクロソフトの新製品発表に見る、次世代テクノロジ「複合現実=MR」への戦略



Microsoftのかけ声は、もはや「Developers! Developers! Developers! 」(開発者!開発者!開発者!)ではなくなった。同社が今呼びかけている相手は、「クリエイター」である。言い換えると、あらゆるユーザーだ。  米国時間10月26日にニューヨークで開催した2時間のイベントで、Microsoftは「Windows 10」の新バージョンである「Creator Update」、アップデートされた「Surface Book」、そして「Surface Studio」と呼ばれる巨大なオールインワンPCを披露した。

しかし、それらの発表に通底する重要なテーマは、ホログラムと仮想世界、3Dの絵文字という未来的な要素を組み合わせた複合現実(MR)への大きな賭けに出たということだ。Microsoftの最高経営責任者(CEO)であるSatya Nadella氏はそれを新たなメディアの誕生と呼んだ。そして、それを具現化するためにユーザーの協力を求めている。  「芸術家、音楽家、設計者、学生、ゲーマー、さまざまなものを作る人、製作者、つまり創作活動をするあらゆる人、すべての人に、このMRメディアを具現化する取り組みに力を貸してほしい」(Nadella氏)



保存続きを読む »
20 Nov

韓国情報:LG電子,19型のテレビ兼用液晶モニターを出荷

テレビ受信チューナー内蔵の19型液晶モニターを出荷した。新製品は,PIP(picture in picture)機能を採用し,テレビとインターネットの画面の分割表示が可能である。 スピーカーは本体一体型である。  
新製品は,セットトップ・ボックスと連結し,HD級デジタル放送(解像度1280×1024)が受信できる。応答速度は12msで,動画像表示やゲームに最適化している。また,PCのアナログ信号だけでなく,デジタル信号の受信も可能とし,鮮明な映像を実現する。
パソコン向けモニターは,インターネット検索や業務のための単純なディスプレイではなく,総合的なコンテンツを提供するものへ進化しており,多様なアプリケーションが可能なモニターに人気が集まっているという。(加瀬談士=韓国ソウル発,詳細はhttp://www.devicetimes.com/を参照)

当サイト特集カテゴリー
1.液晶の歩んできた道(第一部)
液晶の黎明期から実用化を果たすまでの過程をわかりやすく解説することを目指して書きました。

2.液晶の歩んできた道(第二部)
液晶が当面の最終目標だった大型テレビに採用され夢の平面テレビが実現した過程を解説していく予定です。(開始時期未定)

3.用語辞典(技術・ビジネス・企業)
管理人特選の最新技術用語やビジネス用語・関連企業を解説しています。時間の許す限りのアップ、今後充実を目指します。
掲載年月から記事を探す



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人へのメッセージ


[FPD関連本]

フラットパネル資料館

日本の電機産業 失敗の教訓












カテゴリーごと記事
記事掲載の写真
  • 鴻海・シャープの米国液晶工場「1兆円投資」は凍結か
  • アナリストが語るFPD――市場全体と大型液晶パネル
  • メルセデス・ベンツSクラスクーペ/カブリオレ、片側33枚の有機ELパネルをコンビネーションランプ
  • メルセデス・ベンツSクラスクーペ/カブリオレ、片側33枚の有機ELパネルをコンビネーションランプ
  •  JDI新社長が語る「脱スマホ依存」の行く末 カギは中国向け車載パネルの育成
  •   iPad Proも手帳スマホもOK! おすすめ車載ホルダー
  • au INFOBARに3年ぶり新モデル「xv」登場 初代を洗練し復刻
  • JDI社長 「スマホ以外の比率上げる」車載やVR用強化
  • Microsoft、 399ドルからの10インチタブレット「Surface Go」。日本でも間もなく予約開始
  • サムスン、インドに世界最大のスマートフォン工場を開設
  • サムスンに続き、LGも折りたたみスマホを計画中か。特許情報が判明
  • ヤマダ、船井の有機ELテレビ販売 独自商品を強化
  • JOLED、デジタル窓を共同開発 都内展示会に出展
  • TPCマーケティングリサーチ(株)、有機ELディスプレイ材料市場について調査結果を発表
  • マイクロソフト、ポケットサイズの2画面「Surface」を開発中?--新たに画像など流出か
  • パナソニック/反射率30%の太陽電池モジュール
  • プロのマンガ家でもiPadで作画している人が増えてるそうだ
  • シャープが北米テレビ再参入 鴻海の新工場にらむ
  • 世界中の風景が流れる“デジタル窓”に有機ELモデル、DESIGN TOKYOで参考展示
  • マウス、4K対応17.3型液晶とGTX 1070を搭載したクリエイター向けハイスペックノートPC
  • JOLED、印刷方式有機ELディスプレイを2020年量産へ。石川・能美に主力工場
  • JOLED、印刷方式有機ELディスプレイを2020年量産へ。石川・能美に主力工場
  • 【韓国報道】信じていたサムスンまで…7四半期ぶりに業績前期割れ
  • [更新] 液晶パネル価格トレンド (LCD Panel Price Trend)
  • 折りたたみ式スマホ、欠点満載の嫌な予感?デカイ&重い&使いづらいというオチも
  •  アマゾン、スマートディスプレーを日本でも発売 「Echo」シリーズの世界展開を加速
  • ジャパンディスプレイ新社長、黒字化へ「もう言い訳はできない」
  • 鴻海とイノラックス、米ビジオに1割出資
  • JOLED採用モニターを国内初展示 台湾エイスース
  • LGD bets on OLED to address mounting challenges, Paju P10
コメントありがとう