return_to_forever

Flat Panel TV and Display World-2....液晶・業界・動向

液晶・有機EL・プラズマ、FPD業界・パネルメーカー・関連企業情報を掲載。当ブログで激しい市場動向に追随!--Since Nov.2004

H_Hisense

12 Nov

ここまで来た、ハイセンスの有機ELテレビ。圧倒的進化の2020年モデル「X8F」速攻レビュー

hisense X8F
2018年に東芝映像ソリューションを傘下に収めて以降、日本国内でも有力薄型テレビメーカーとして定着したハイセンス。ヒットの原動力は東芝映像ソリューションズと共同開発した高画質映像エンジン「NEOエンジン」搭載の4K液晶テレビだが、そんなハイセンスから人気機種「E8000」以来となる有機ELテレビ「X8F」が遂に発表された。
数々の製品で技術力を高めてきたハイセンスの有機ELテレビ2020年モデル、X8Fとはどのような性能なのだろうか? 早速、発売に先駆けて視聴できた、X8Fの実機レビューをお届けしよう。






続きを読む »
18 Sep

Hisense 65SX Dual Cell TV review

hisense dual cell tv CPHisense's new Dual Cell technology offers the best contrast levels of any LED/LCD television we've seen to date, achieving blacks approaching that of an OLED without sacrificing brightness. That said, the 65SX suffers somewhat from image processing issues and half-baked Alexa integration.

Advantage
Terrific black levels
Dolby Vision and Atmos support
Subwoofer adds exceptional bass
Impressive brightness

Against
Occasional image scrambling
Half-baked Alexa integration
VIDAA OS still lacks key apps
No HDMI 2.1 support






続きを読む »
26 Aug

Hisense Dual Cell (デュアル・セル) TVs are here, but will they fare better than the O8B OLED?

Hisense has now launched the first of its Dual Cell TV range, and we're very much hoping it doesn't go the way of the maligned Hisense O8B OLED. Releasing in September, the Hisense 65SX will come first to Australia, though we expect to see it come further afield (US, UK) in the months after – that is, if Hisense sticks to the route map it used with the O8B.

Hisense notoriously experimented with OLED tech with the O8B in 2018-2019, before going on to ditch the technology altogether after producing a middling set with inconsistent performance and (in our testing) numerous bugs and glitches.

The company looked to Dual Cell, instead – which overlays a grayscale 2K panel over a full-color 4K panel, in order to achieve increased contrast and brightness control (read: over two million dimming zones) compared to standard LCD sets.





続きを読む »
28 Apr

ハイセンス、4K液晶テレビ発売 ハイエンドを拡充

中国家電大手の海信集団(ハイセンス)の日本法人、ハイセンスジャパン(川崎市)は27日、4Kチューナーを内蔵した液晶テレビの新製品を5月下旬から順次販売すると発表した。人工知能(AI)技術を搭載し、シーンごとに適した超解像処理で高画質な映像を実現する。これまで低価格帯が中心だったがハイエンドも充実させることで、国内でのシェアを高めていく狙いだ。

発売するのは液晶テレビ「U8Fシリーズ」と「U7Fシリーズ」。ハイセンス傘下の東芝映像ソリューション(青森県三沢市)と共同開発した画質エンジン「NEOエンジン」を搭載する。

U8FシリーズはAI技術を搭載し、映像を自動で判別する機能を備える。動きの速度に合わせて最適な超解像処理を施すことにより、クリアな映像を可能にするという。





続きを読む »
23 Jan

Hisense、有機ELテレビ撤退を否定

『新浪科技』『中関村在線』等複数の中国メディアは2020年1月20日付で、中国Hisense(海信)がこのほど、有機ELテレビ(OLED TV)からの撤退を否定したと報じた。
報道によると、HisenseがOLED TVの後継機種の開発を中止し、自社開発したULED XD技術を搭載したTVでハイエンド市場に取り組むことを決めたと一部海外メディアが報じていた。





続きを読む »
15 Jan

【麻倉怜士のCES2020レポート03】ハイセンスの「レーザーテレビ」が3原色RGBレーザー搭載で格段の進歩

Hisense a16cd675_xlarge他社がテレビの大型化を液晶や有機ELの直視型で追求するのに対し、ハイセンスはレーザー光源の超短焦点プロジェクターを「レーザーテレビ」とブランディングして展開する。

 レーザー光をDLPデバイスで変調し、3原色のカラーホイールにてフルカラーを得る。その光を超単焦点レンズにて、スクリーンの至近距離から上方に投映するという仕組だ。まず2012年に試作機を初めて展示。その後、2Kだった解像度を4Kに高め、対応スクリーンサイズも80、88、100インチとバリエーションを増やしている。大画面選好が強い中国市場では、人気という。





続きを読む »
7 Nov

LG、中国ハイセンスともテレビ特許訴訟

LGが今度は中国テレビ企業を提訴した。2007年に中国TCLを相手に米国裁判所に特許侵害訴訟を提起して以来12年ぶりに中国企業と特許侵害をめぐり裁判所の判断を受けることになった。

LGエレクトロニクスは米カリフォルニア地裁に中国ハイセンスを相手にテレビ関連特許侵害禁止および損害賠償請求訴訟を提起したと5日、明らかにした。LGエレクトロニクスは被告にハイセンス米国法人だけでなく中国法人を含めた。

今回の訴訟はLGエレクトロニクスが確保した特許技術4件に該当する措置。ユーザーインターフェース改善のための技術、無線LAN(Wi-Fi)基盤でデータ伝送速度を高める技術などが含まれた。



続きを読む »
21 Jul

ハイセンス「E6800」は『文句ナシに“買い”』の高コスパ4Kテレビだ!その実力を徹底チェック!

E6800
ハイセンスというブランド名をまだ聞き慣れない人もいるかもしれないが、既に50年の歴史を持つ老舗企業グループ。日本の10倍以上の規模がある中国のテレビ市場においてシェア1位、グローバルのTVシェアでも4位という世界の巨大ブランドだ。
日本におけるハイエンドの薄型テレビ展開を本格化したのは昨年のこと。REGZAの名前で薄型テレビを展開する東芝映像ソリューションの映像技術を得て、そのノウハウをハイセンスブランドのテレビづくりにも活用し始めた。
今回レビューする「E6800」シリーズは、そんな大ヒットモデルの後継モデルにあたる。製品ラインナップは50型と43型の2モデル。日本のリビングにも置きやすい手頃なサイズを狙ったラインナップ展開であることがうかがえる。50型が10万円前後、43型が9万円前後という手頃な価格も魅力のひとつだ。


続きを読む »

当サイト特集カテゴリー
1.液晶の歩んできた道(第一部)
液晶の黎明期から実用化を果たすまでの過程をわかりやすく解説することを目指して書きました。

2.液晶の歩んできた道(第二部)
液晶が当面の最終目標だった大型テレビに採用され夢の平面テレビが実現した過程を解説していく予定です。(開始時期未定)

3.用語辞典(技術・ビジネス・企業)
管理人特選の最新技術用語やビジネス用語・関連企業を解説しています。時間の許す限りのアップ、今後充実を目指します。
掲載年月から記事を探す



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人へのメッセージ


[FPD関連本] ・フラットパネル資料館


電子ディスプレーメーカー計画総覧(2018年度版)


















カテゴリーごと記事
記事掲載の写真
  • コンピュータ不要でレーザー光線に触って遊べるディスプレイ 香港城市大学が開発
  • JVCケンウッド,30.9型1200万画素カラー液晶モニター「CL-S1200」を発売
  • 中国BOE、液晶首位へ再編 韓国LGDを逆転へ
  • 鴻海、米ウィスコンシンの遊休工場でグーグル向け部品生産
  • 九州大、高効率で高色純度の有機発光材料を開発
  • パナソニック「引き締まった黒」も映す透明有機ELディスプレイ
  • シャープ三重工場のフィリピン人ら一斉解雇 「業務縮小のため」
  • 駅ナカコンビニで有機ELディスプレイを用いたデジタルサイネージ活用実験を開始
  • ドイツ発、視線検知で最適表示する裸眼3Dディスプレイ
  • ジャパンディスプレイ スマホ液晶不振で赤字  売上高3000億円弱でも黒字化できる戦略提示へ
  • TCL、量子ドット“QLED”搭載の4Kテレビ。Vision/Atmosで55型12万円
  • ここまで来た、ハイセンスの有機ELテレビ。圧倒的進化の2020年モデル「X8F」速攻レビュー
  • 紙より薄い有機EL光源 日本触媒が試験生産
  • JDI、非接触で画面操作できるセンサー
  • 東京国立博物館にて8K文化財鑑賞ソリューションの実証実験を実施
  • 7~9月の世界スマートフォン出荷、Samsungが首位返り咲き、Appleは初の4位に
  • 中国BOE、純利益34%増 1~9月 パネル価格上昇
  • LG WING REVIEW: LEARNING TO FLY, FAILING TO SOAR
  • 1万ppiの有機ELディスプレイ、スタンフォード大とSamsungが共同開発
  • シャープ、JDIから工場取得 逆張り投資の勝算は
  • 完全オンラインの「CEATEC 2020」、ニューノーマル対応で史上最高を目指す
  • 【参考記事】「日本企業はトップが弱い」堀場製作所・堀場会長
  • 8Kの普及には、多方面での展開が欠かせない。アストロデザイン 鈴木社長インタビュー:麻倉怜士 レポート38
  • 【参考記事】ファストリ、V字回復 柳井氏「今、国境はない。優れた個人や民間と連携へ」
  • JDI、VR端末装着しサイクリング
  • 米国の注目企業に真っ向勝負を仕掛ける、AI技術で戦う有機ELベンチャー
  • 中国での大型投資に期待がかかるディスプレイ部材市場
  • 約15兆円規模のインドのスマートフォン国内生産計画にアップルのパートナー3社とサムスンが参加
  • Garmin AMOLED Announced (again): Will Garmin Fenix get it too?
  • シャープ, 超高輝度OLEDモジュールを医療用検査装置向けに開発・納入
コメントありがとう