return_to_forever

Flat Panel TV and Display World-2....液晶・業界・動向

液晶・有機EL・プラズマ、FPD業界・パネルメーカー・関連企業情報を掲載。当ブログで激しい市場動向に追随!--Since Nov.2004

N_Nokia

22 Sep

ノキアが生んだ伝説の携帯電話「Nokia 3310」が20周年、その愛すべきミニマリズムが教えてくれること

Nokia 3310その携帯電話は「レンガ」という愛称で呼ばれていた。それほど聞こえのいいニックネームではないし、熱狂的に支持されたテクノロジーデヴァイスであれば、なおさらだろう。 デビューから20年を経た「Nokia 3310」だが、いまなおその愛称は健在である。かつて愛されていたのは、その性能だった。

しかし、いまになって人々が懐かしさを感じるのは、このデヴァイスが限られた機能しか備えていなかったからなのだろう。 ノキアが初めて3310を発表した日は、2020年9月1日だった。発売日ではないので、誕生日というよりは懐妊が判明した記念日に近い。

それでも9月1日は、この「小さな青い戦車」とか「とても頑丈なキャンディーバー」といった異名をもち、初代iPhoneの20倍以上の台数に相当する1億2,600万台を売り上げたこのデヴァイスを記念するには、ふさわしい日といえるだろう(この比較は価格や販売期間、市場規模などさまざまな点で不公平ではあるが、興味深いデータだ)。





続きを読む »
16 Dec

Nokia C1公開。6000円のAndroid Goスマホ

Nokiaブランドのスマートフォンを開発・販売しているHMDGlobalが、新型スマートフォン「Nokia C1」を発表しました。ケニアなど複数の新興国に向けて展開される予定です。

先日にもNokiaは、Android One搭載の1万円台のロースペック端末「Nokia 2.3」を発表したばかりですが、それよりさらに安い端末を投入してきました。本体価格はKES-59ドル/ 53ユーロ、日本円にして約6000円となります。

主なスペックは、CPUがクアッドコア1.3Ghz(CPU名は不明)RAM 1GB / ROM 16GB。microSDカードで最大64GBまで拡張が可能です。

ディスプレイは5.45インチ、解像度 480 ×960で IPSを搭載。カメラは、メインとサブともに500万画素。





続きを読む »
12 Dec

ノキアブランドのスマートTVが初登場。55インチ/4K解像度、インド企業が製造販売

Screenshot_2019-12-11 ノキアブランドのスマートTVがseノキアブランド初となるスマートTV「Nokia Smart TV」が、12月10日よりインドにて発売されます。

ただしこのNokia Smart TV、正確にはノキアが開発したものではありません。インドの大手Eコマース会社のFlipkartがブランドの使用許可を得て開発し、同国にて発売するものです。

Nokia Smart TVは縦横比16:9の55インチディスプレイを搭載し、画面解像度は4Kでリフレッシュレートは60Hz。AndroidをベースとしたOSを搭載しています。





続きを読む »
11 Sep

2019年ですが、Nokiaからフィーチャーフォン3兄弟登場です

190909nokia-w1280おかえり物理ボタン 。

IFA 2019で、Nokia(ノキア)が3機種のフィーチャーフォンを発表しました。スマートフォンを持つことが大前提のようにさえ感じられる一方、フィーチャーフォンはその代替マシンとしてまだまだ需要がある模様です。

お披露目された3つの機種は、高価な機種でもグローバルでの小売価格がおそらく110ユーロ(約1万2970円)ほどで安価なものがおよそ15ユーロ(約1,770円)とどれもお手頃な価格設定になっています。そのうえ4G回線に対応しているので、古いフィーチャーフォンをクローゼットから引っ張り出した場合とは違って、電波を拾えるかどうかの心配は無用です。



続きを読む »

当サイト特集カテゴリー
1.液晶の歩んできた道(第一部)
液晶の黎明期から実用化を果たすまでの過程をわかりやすく解説することを目指して書きました。

2.液晶の歩んできた道(第二部)
液晶が当面の最終目標だった大型テレビに採用され夢の平面テレビが実現した過程を解説していく予定です。(開始時期未定)

3.用語辞典(技術・ビジネス・企業)
管理人特選の最新技術用語やビジネス用語・関連企業を解説しています。時間の許す限りのアップ、今後充実を目指します。
掲載年月から記事を探す



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人へのメッセージ


[FPD関連本] ・フラットパネル資料館


電子ディスプレーメーカー計画総覧(2018年度版)


















カテゴリーごと記事
記事掲載の写真
  • ソニーPCL、巨大な高画質LEDディスプレイを局面状に配置した「清澄白河BASE」開設
  • 前面にロゴなし、日本メーカー製パーツ採用 約11万円の70型4K液晶テレビ
  • 3ヶ月で壊れる格安スマホ「AQUOS sense5G」不具合をシャープが認めて謝罪
  • 日東電工社長「営業利益の5割をテープや医薬などで」
  • フィルム上に半導体回路を形成、東レがカーボンナノチューブの塗布技術を確立
  • フィルム上に半導体回路を形成、東レがカーボンナノチューブの塗布技術を確立
  • BOEやCSOTが、タブレットおよびラップトップ、自動車向けOLEDの生産能力拡大
  • iPad向け有機ELディスプレイを韓国LGと中国BOEが準備中。画面が「より明るくなる」理由とは?
  • 近大、OLEDに磁力を加えることで円偏光の発生に成功 - 回転方向の制御にも成功
  • TCLの縦折りスマホ「Chicago」をCESで触ってきた(山根博士)
  • 大型TFT市場 、12兆円超。2022年以降は縮小傾向
  • ソニーも即採用!画期的な有機ELパネルがCESで登場、その特長とは?【動画で解説】
  • 中国スマホ「シャオミ」、アップル超えへの野望 新製品2機種はiPhoneがベンチマークと公言
  • 富山大学、乾電池1本で発光する高輝度で低電圧な有機ELを開発
  • 3DプリントできるOLEDディスプレイ、ミネソタ大が開発
  • 3DプリントできるOLEDディスプレイ、ミネソタ大が開発
  • ASUS、17.3型OLED採用の折りたためるタブレット「Zenbook 17 Fold OLED」
  • ハイセンス、ミニLED 8Kテレビ海外発表。世界初の8KレーザーTV開発へ - CES 2022
  • コニカミノルタのディスプレイ用フィルムがジャンルトップを維持する秘訣
  • 【韓国報道】「マイクロLED vs OLED」サムスン・LGの終わらないテレビ戦争
  • 【韓国報道】「マイクロLED vs OLED」サムスン・LGの終わらないテレビ戦争
  • サムスン、89型のマイクロLEDディスプレイ発表。新型のミニLEDも
  • Lenovo XiaoXin Pad Pro 12.6レビュー。12.6インチ、120Hz対応有機EL最高画質の最強タブレット
  • 【韓国報道】韓国企業なければどうなった…サムスン・LGに「さらに」視線集まるCES2022
  • サムスン、144Hz駆動のテレビ「Neo QLED」2022年モデル発表。クラウドゲームも対応
  • 【悲報】BlackBerryが主要なサービスを今月で終了
  • LG、3枚の55インチ曲面OLEDで視界を覆う『バーチャルライド』ほかコンセプト公開
  • 有機ELパネル、2年で2割安 55型テレビで25万円切る
  • 【自動翻訳記事】BOE中国初の半導体ディスプレイテクノロジーをリリース
  • まるで紙のよう!目に優しくて長時間作業に使えるDASUNGの25.3インチ大画面EInkモニター「Paperlike253」
コメントありがとう