return_to_forever

Flat Panel TV and Display World-2....液晶・業界・動向

液晶・有機EL・プラズマ、FPD業界・パネルメーカー・関連企業情報を掲載。当ブログで激しい市場動向に追随!--Since Nov.2004

ゲーム機

15 Oct

任天堂のスイッチ有機ELモデル、3日間で13.8万台販売-ファミ通

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は14日、任天堂のスイッチ有機ELモデルの初動(8-10日)の国内推定販売台数は13万8409台だったと発表した。専門家の間では、同モデルの人気が当面続くとみる半面、標準モデルの販売動向を懸念する声も上がる。   

 8日に発売された有機ELモデルは、スイッチで初めて有機ELパネルを採用し、画面サイズも大きくなった。価格は標準モデル(3万2978円)より約5000円高い3万7980円だ。標準モデルの初動販売は約33万台、携帯専用のスイッチライト(2万1978円)は約17万8000台だった。





続きを読む »
11 Oct

新発売Nintendo Switch有機EL版に買い替えてよかった。『メトロイド ドレッド』は職人芸。『BF2042』で感じる老い。

今週はNintendo Switch(有機ELモデル)が発売。手に持った印象は従来モデルと変わらないですが、電源を入れると、狭ベゼル化したディスプレイのインパクトがすごい。
想像していたより大きかった。 ppiが若干下がった影響は特になさそうです。

そしてベタですが、有機ELは本当に色が鮮やか。さらに煌めくエフェクトは眩く、黒は深い。同じゲームでも景色が変わるというか、情報量が増えたように感じます。





続きを読む »
20 Jul

任天堂、有機ELモデル以外に「新型スイッチ」の計画はないと明言

任天堂は、日本時間7月15日に報じられた「ニンテンドースイッチ(有機ELモデル)が、通常モデルよりも収益性が高まるといった趣旨の報道」に対して、事実ではないとコメントしました。

報道媒体について任天堂から明言はありませんが、7月15日6:00、海外メディア・Bloombergより「任天堂の新型スイッチ、部品コスト増加は1100円程度-市場の評価二分」という記事が公開されています。





続きを読む »
8 Jul

有機ELディスプレイはSwitchの新モデルを買う理由になる?――そもそも通常の液晶ディスプレイとの違いは?

任天堂はNintendo Switch(有機ELモデル)を発表した。多くの人が望んでいたような、処理能力や解像度が上がったモデルではなかったが、それでもいくつか歓迎すべき改善点はある。特に有機Eディスプレイは大きな変化だろう。

そもそも有機ELとは何か、本稿で説明したい。Nintendo SwitchのこれまでのモデルはLCD(通常の液晶ディスプレイ)ディスプレイが搭載されていた。LCDから有機ELはそこまで大きなアップグレードには聞こえないのかもしれないが、実はいくつかのメリットがある。





続きを読む »
7 Jul

任天堂、新型スイッチを10月発売 有機EL採用

任天堂は6日、主力ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の新型機を10月8日に発売すると発表した。画面に現行機より画面の広い有機ELディスプレーを採用したほか、本体メモリーを2倍の64ギガバイトに増やした。新型機の投入で発売から5年目のスイッチのライフサイクルを伸ばす。

新型機の希望小売価格はスイッチの現行機(3万2780円)より2割弱高い3万7980円とする。現行機で6.2型だった本体画面は7型に広げた。画面の縁をスリム化し、本体サイズは現行機とほぼ同じという。有線でのインターネット接続にも対応し「より安定した通信プレイが楽しめる」(任天堂)としている。

現在発売しているスイッチと小型版の「ニンテンドースイッチライト」の販売は継続する。ゲームソフトも現行と同じものが遊べるという。





続きを読む »

当サイト特集カテゴリー
1.液晶の歩んできた道(第一部)
液晶の黎明期から実用化を果たすまでの過程をわかりやすく解説することを目指して書きました。

2.液晶の歩んできた道(第二部)
液晶が当面の最終目標だった大型テレビに採用され夢の平面テレビが実現した過程を解説していく予定です。(開始時期未定)

3.用語辞典(技術・ビジネス・企業)
管理人特選の最新技術用語やビジネス用語・関連企業を解説しています。時間の許す限りのアップ、今後充実を目指します。
掲載年月から記事を探す



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人へのメッセージ


[FPD関連本] ・フラットパネル資料館


電子ディスプレーメーカー計画総覧(2018年度版)


















カテゴリーごと記事
記事掲載の写真
  • ソニーPCL、巨大な高画質LEDディスプレイを局面状に配置した「清澄白河BASE」開設
  • 前面にロゴなし、日本メーカー製パーツ採用 約11万円の70型4K液晶テレビ
  • 3ヶ月で壊れる格安スマホ「AQUOS sense5G」不具合をシャープが認めて謝罪
  • 日東電工社長「営業利益の5割をテープや医薬などで」
  • フィルム上に半導体回路を形成、東レがカーボンナノチューブの塗布技術を確立
  • フィルム上に半導体回路を形成、東レがカーボンナノチューブの塗布技術を確立
  • BOEやCSOTが、タブレットおよびラップトップ、自動車向けOLEDの生産能力拡大
  • iPad向け有機ELディスプレイを韓国LGと中国BOEが準備中。画面が「より明るくなる」理由とは?
  • 近大、OLEDに磁力を加えることで円偏光の発生に成功 - 回転方向の制御にも成功
  • TCLの縦折りスマホ「Chicago」をCESで触ってきた(山根博士)
  • 大型TFT市場 、12兆円超。2022年以降は縮小傾向
  • ソニーも即採用!画期的な有機ELパネルがCESで登場、その特長とは?【動画で解説】
  • 中国スマホ「シャオミ」、アップル超えへの野望 新製品2機種はiPhoneがベンチマークと公言
  • 富山大学、乾電池1本で発光する高輝度で低電圧な有機ELを開発
  • 3DプリントできるOLEDディスプレイ、ミネソタ大が開発
  • 3DプリントできるOLEDディスプレイ、ミネソタ大が開発
  • ASUS、17.3型OLED採用の折りたためるタブレット「Zenbook 17 Fold OLED」
  • ハイセンス、ミニLED 8Kテレビ海外発表。世界初の8KレーザーTV開発へ - CES 2022
  • コニカミノルタのディスプレイ用フィルムがジャンルトップを維持する秘訣
  • 【韓国報道】「マイクロLED vs OLED」サムスン・LGの終わらないテレビ戦争
  • 【韓国報道】「マイクロLED vs OLED」サムスン・LGの終わらないテレビ戦争
  • サムスン、89型のマイクロLEDディスプレイ発表。新型のミニLEDも
  • Lenovo XiaoXin Pad Pro 12.6レビュー。12.6インチ、120Hz対応有機EL最高画質の最強タブレット
  • 【韓国報道】韓国企業なければどうなった…サムスン・LGに「さらに」視線集まるCES2022
  • サムスン、144Hz駆動のテレビ「Neo QLED」2022年モデル発表。クラウドゲームも対応
  • 【悲報】BlackBerryが主要なサービスを今月で終了
  • LG、3枚の55インチ曲面OLEDで視界を覆う『バーチャルライド』ほかコンセプト公開
  • 有機ELパネル、2年で2割安 55型テレビで25万円切る
  • 【自動翻訳記事】BOE中国初の半導体ディスプレイテクノロジーをリリース
  • まるで紙のよう!目に優しくて長時間作業に使えるDASUNGの25.3インチ大画面EInkモニター「Paperlike253」
コメントありがとう