オリンパスは内視鏡クラウドサービス「Vivoly+(ヴィヴォリー・プラス)」への画像送信端末としてコニカミノルタ製の「BLUE Gate(ブルーゲート)」を国内で発売した。
ブルーゲートを使うことで内視鏡の撮影画像をヴィヴォリー・プラスや医療用画像管理システム(PACS)へ自動アップロードできるようになる。消費税抜きの希望小売価格は120万円。オリンパスの販売網を通じて販売する。年300台の販売を目指す。





続きを読む »