return_to_forever

Flat Panel TV and Display World-2....液晶・業界・動向

液晶・有機EL・プラズマ、FPD業界・パネルメーカー・関連企業情報を掲載。当ブログで激しい市場動向に追随!--Since Nov.2004

A_AUO

26 Sep

台湾パネル大手2社、通年赤字100億元も

中国テレビ_210x2109月のテレビ用パネル価格が3~8%下落し、過去最低水準となった中、証券会社によると、台湾大手の群創光電(イノラックス)と友達光電(AUO)は、第3四半期も年初来の赤字が拡大する見通しで、通年の赤字額はそれぞれ100億台湾元(約345億円)を超える恐れがある。2013年以降で最悪との見方だ。25日付経済日報などが報じた。

テレビ用大型パネル価格は、テレビメーカーの在庫水準が高まっている他、需要不振を受けてサムスンや中国ブランドが需要期の第4四半期見通しを慎重視しており、9月も下落が続いた。主力の55インチパネルのオファー価格は102米ドルと6%(7米ドル)下落、43インチは8%(6米ドル)下落、32インチは3%(1米ドル)下落した。過去4カ月の下落幅は、20~25%に達している。



続きを読む »
11 Sep

AUO to delist from NYSE: AUO NY証券取引所から撤退

AUO plans to voluntarily delist its American depositary shares (ADS) from the New York Stock Exchange (NYSE), and will pursue a listing of its ADSs on the over-the-counter market, according to the company. The Taiwan-based LCD panel maker also named Frank Ko as its new president and COO, with the appointment to take effect on September 10.

AUO said its board of directors approved the delisting of its ADSs from NYSE due to a number of considerations, including the significant administrative burden and costs of maintaining the listing of the ADSs on the NYSE and the registration of the ADSs with the US Securities and Exchange Commission (SEC) and complying with the periodic reporting and other related obligations of the Exchange Act.



続きを読む »
1 Mar

AUO、折り畳みパネル年内出荷へ

液晶パネル最大手、友達光電(AUO)の彭双浪(ポール・ポン)董事長は26日、折り畳みスマートフォン向け有機EL(OLED)パネルを今年出荷できるとの見通しを明らかにした。スマホ市場が飽和する中、折り畳みパネルは新たな目玉機能として注目を集めており、同社も有望市場とみて参入を図る。27日付経済日報などが報じた

 彭董事長は、同社は折り畳みパネルの量産能力を既に備えており、今年発売されるスマホへの搭載を目標にすると明らかにした。同社は、技術難易度の高い内側に折り曲げるタイプを年内に発表する構えだ。



続きを読む »
28 Feb

AUO gearing up flexible displays for foldable smartphones

AU Optronics (AUO) is moving at full throttle to build up its production capacity for flexible OLED displays and will see its flexible panels used in new foldable smartphones launched by handset brands in 2019, according to company chairman Paul Peng.

Peng's remarks come after leading smartphone brands, Samsung Electronics and Huawei, unveiled recently their foldable models, the Galaxy Fold and Mate X, respectively.

Other smartphone vendors, including Oppo, Vivo, Xiaomi and Lenovo, are expected to follow suit to roll out their respective foldable models in 2019, according to industry sources.



続きを読む »
31 Jan

AUO、6年ぶり本業赤字

 液晶パネル大手、友達光電(AUO)は昨年第4四半期の営業損益がマイナス14億5,400万台湾元(約52億円)で、6年ぶり本業赤字に転落した。彭双浪(ポール・ポン)董事長は、6年続いた過去最長の好景気が終わり、今後は長い調整期が続くとの見方を示した。30日付工商時報などが報じた。

彭董事長は、昨年第4四半期はテレビ向けパネル価格が前年同期比20~30%下落し、利益を圧迫したと分析した。今後も中国で新工場稼働が続き、パネル需給不均衡は長引くと予測した。米中貿易戦争や新興国通貨下落など不確定要素が多く、厳しい経営環境が続く中、コスト改善など打撃の緩和しかできることはないと語った。

 AUOが29日発表した昨年第4四半期の連結売上高は770億9,300万元で、前期比4.9%減、前年同期比4.4%減だった。粗利益率は5.3%と、前期比5.4ポイント下落、前年同期比8.6ポイント下落した。純損益は2億8,100万元で、前期比93.5%減、前年同期比93.3%減ながら黒字だった。スロバキア工場の売却益11億元などを計上したためだ。大型パネル出荷枚数は2,845万枚で前期比4.5%減少、中小型パネルは3,215万枚で24.5%減少した。



続きを読む »
1 Nov

台湾AUOが有機ELインクジェット装置を購入

OLED INK 0351e50223840台湾の液晶パネル大手、AU Optronics(AUO)は、このほど東京エレクトロン(TEL)から製造装置を購入したことを明らかにした。この装置は、TELが先ごろリリースを発表した第4.5世代(4.5G=730×920mm)ガラス基板に対応した有機ELディスプレー製造用インクジェット(IJ)描画装置「Elius 1000」だとみられる。AUOがElius 1000を導入するのは台湾の3.5Gラインだといわれており、まずはIJプロセスによる有機ELディスプレーの試作・評価などに活用するもようだ。

AUOはこれまで、有機ELへの大型投資や大規模量産からは距離を置き、最低限の投資で生産能力をわずかにとどめ、スマートウオッチ用の1.2インチおよび1.4インチの円形パネルや、台湾HTCが販売しているVR(仮想現実)ヘッドセット「VIVE」向けのディスプレーなど、主にモバイル&ウエアラブル用にリジッド(ガラスベース)の特定品種だけを生産・供給してきた。



続きを読む »
30 Oct

AUO Announces New Organizational Arrangement to Integrate Resources and Strengths

AU Optronics Corp. (AUO) announced its new organizational arrangement. To continue to drive value transformation and enhance growth momentum, the Display Business Operation will be divided into Technology Group, Business Group, and Manufacturing Group. The Technology Group is headed by Chief Technology Officer Dr. Wei-Lung Liau. The Business Group is led by Vice President TY Lin. The Manufacturing Group is led by Vice President Ting-Li Lin.

The new organization will become effective from November 1, 2018.



続きを読む »
28 Apr

AUOがQ1黒字維持、LGDと好対照

液晶パネル最大手、友達光電(AUO)は26日、第1四半期純利益が43億900万台湾元(約160億円)で前期比2.9%増加したと発表した。前日に韓国最大手、LGディスプレイ(LGD)が、同期に6年ぶりに四半期ベースで営業損益の赤字を計上したことから、AUOにも注目が集まっていた。業界の厳しい競争の中で「選択と集中」に注力してきた同社の判断に、改めて脚光が当たる結果となった。27日付経済日報などが報じた。

 AUOの第1四半期連結売上高は744億4,500万元で前期比7.7%減。粗利益率は10.9%で前期から2.95ポイント下落し、過去7四半期で最低となった。営業利益率は4%で前期比3.07ポイント下落した。パネル価格下落によって売上高が減少した中で利益を拡大させたことは、同社の堅実性を物語る。



続きを読む »
22 Feb

ゲームPC用ミニLEDパネル、AUOが下半期出荷へ

 液晶パネル大手、友達光電(AUO)は、今年下半期にもミニ発光ダイオード(LED)パネルをゲーム用ノートパソコン、美術作品用ディスプレイ向けに出荷することを計画している。

群創光電(イノラックス)も、車載ディスプレイ用のアクティブマトリックス(AM)方式ミニLEDパネルを年内に前倒しで量産する予定で、今年はパネル2強による同分野での積極的な展開が注目される。21日付工商時報が報じた。



続きを読む »
29 Oct

台湾AUO、7~9月は成長鈍化 液晶パネル単価下落で 

AUO-4K-Curved-1台湾の液晶パネル大手、友達光電(AUO)が26日に発表した2017年7~9月期連結決算は、純利益が88億台湾ドル(約330億円)だった。
前年同期に比べ8割増だが、直近の四半期(4~6月期)比では10%の減益だ。昨年後半からは米中で大型テレビ需要が拡大。液晶パネル産業は活況が続いてきたが、変調の兆しが色濃くなってきた。
 AUOの7~9月期の売上高は前年同期比2%増の873億台湾ドル、営業利益は69%増の97億台湾ドルで、業績は絶好調に見える。ただし直近四半期に比べると変調は鮮明だ。売上高は4%増だが、営業利益は17%減少。パネルの単価が下落し採算性が低下した。



保存保存続きを読む »
22 Oct

AUO昆山LTPS工場、17年10月フル稼働達成 中国スマホ向け好調

台湾AUO(友達)が中国江蘇省昆山で2016年下半期から量産を始めた第6世代低温ポリシリコン(LTPS)工場が、好調な中国系スマートフォン向けに支えられ、17年10月末にフル稼働を達成する他、スマホ向けLTPSパネルの出荷規模が単月200万枚強に達する模様だ。



22 Sep

[台湾] パネル大手2社が下半期楽観、スマホ全画面化で需要拡大

液晶パネル大手、群創光電(イノラックス)の王志超董事長と友達光電(AUO)の彭双浪董事長がそろって下半期の市況に楽観的な見通しを示した。テレビ、ノートパソコン需要が好調な上、スマートフォンは画面アスペクト比18対9の狭額縁設計インフィニティディスプレイの採用率が来年50%まで上昇すると予想され、従来より面積が広がる分、パネル需要を押し上げる見込みだ。
イノラックスは中小型パネル生産ラインがフル稼働となっており、来年下半期に苗栗県竹南の第6世代工場でスマホ用パネル生産能力を2万~4万枚増やす計画だ。21日付工商時報などが報じた。



続きを読む »
27 Jul

台湾液晶パネル大手、群創と友達が黒字転換 4~6月最終

台湾の液晶パネル大手の業績回復が鮮明だ。群創光電(イノラックス)と友達光電(AUO)は26日、2017年4~6月期連結決算がいずれも最終黒字に転換したと発表した。
大型テレビ向けのパネル需要が伸び、単価が上昇したのが追い風。ただ足元では中国勢の増産などで単価が下落に転じており、市場の先行きに不透明感が出てきた。


続きを読む »
17 Jun

AUO中科8.5世代工場を拡張、ハイエンド市場で優位維持狙う

彭双浪 php
液晶パネル大手、友達光電(AUO)は、中部科学工業園区(中科)の第8.5世代工場の第2期拡張を決めた。月産能力をガラス基板投入ベースで2万5,000~3万枚拡大し、2018年下半期の生産開始を見込む。これにより同工場の月産能力は第1期と合わせて10万枚規模に達する見通しで、ハイエンド液晶テレビ向けの大型・高解析度のパネル需要に対応する。業界大手が10.5世代以降の生産を視野に入れる中、同社は規模の競争には追随せず、利益重視の投資でハイエンドパネル市場での優位維持を狙う。16日付電子時報などが報じた。

液晶パネル業界では、鴻海精密工業傘下の堺ディスプレイプロダクト(SDP)が今年3月、中国・広州市で10.5世代工場を着工した他、中国の京東方科技集団(BOEテクノロジーグループ)は深圳市華星光電技術(CSOT)は10.5/11世代工場2基の運営を計画。韓国のLGディスプレイ(LGD)も京畿道坡州で来年下半期の稼働を目指している。



続きを読む »
10 May

AUO4月1割減収、液晶パネル市場が後退局面入りか

液晶パネル大手、友達光電(AUO)は4月連結売上高が前月比10.5%減少、瀚宇彩晶(ハンスター)は28.9%減少した。市場調査会社IHSマークイットは、テレビメーカーは過去1年半続いたパネル価格上昇により今や利益が出ないとして値下げを求めているほか、第2四半期パネル調達の下方修正を決めたと指摘した。パネル景気は山場を迎えており、今後は後退局面に入る可能性が高い。9日付工商時報などが報じた。

 AUOが8日発表した4月連結売上高は277億7,600万台湾元(約1,040億円)で、前年同月比では7.6%増だった。大型パネル出荷枚数は866万枚で前月比12%減、中小型パネル出荷枚数は1,275万枚で前月比0.2%増だった。



続きを読む »
29 Apr

台湾友達光電、1~3月は黒字に 大型テレビの需要拡大

彭双浪 php液晶パネル世界6位、台湾の友達光電(AUO)が27日に発表した2017年1~3月期連結決算は、最終損益が94億台湾ドル(約350億円)の黒字(前年同期は54億台湾ドルの赤字)と大幅に改善した。世界で大型テレビ向け需要の拡大を受け、需給が逼迫し単価が上昇した。

 売上高は885億台湾ドルと前年同期に比べ24%増えた。営業損益は120億台湾ドルの黒字(同50億台湾ドルの赤字)に転換した。1平方メートル当たりのパネル単価は421米ドルと2割上昇し、増収と採算性の改善に貢献した。



続きを読む »
26 Apr

AUOとLGD、「ハーフ10.5世代」検討 大型TV好調で

調査会社IHSマークイット(IHS Markit)のアナリスト謝勤益氏は2017年4月20日、65型、75型等大画面テレビ(TV)用パネルの需要が好調なことを受け、中国では4カ所の第10.5世代工場建設が計画されている他、台湾AUO(友達)、韓国LGディスプレイ(LG Display=LGD)も「ハーフ10.5世代」規格での参入を検討しているとの見通しを明らかにした。
22 Feb

[台湾報道] AUO社長彭双浪:LCD 5 年內還是面板主流 "今後5年間液晶は主人公のまま"

彭双浪 php新年記者会見でAUオプトロニクス二社長は、OLED(有機EL)もあるが、今後5年間液晶ディスプレイ(LCD)パネルはまだ主人公であると述べた。
 友達光電董事長彭双浪今天在新春記者會表示,液晶顯示器(LCD)面板未來 5 年仍是主角,雖然有機發光二極體(OLED)很夯,但 5 年後佔比還是很少。



保存保存保存保存続きを読む »
17 Nov

AUOの昆山LTPS工場量産、世界シェア8%に倍増へ

china oled ltps panel_2液晶パネル大手、友達光電(AUO)は16日、中国・江蘇省昆山市の第6世代LTPS(低温ポリシリコン)パネル工場の開幕式を行った。AUOにとって海外で初の前工程(TFTアレイ)工場だ。彭双浪(ポール・ポン)董事長は、中国のスマートフォンブランド上位3社と供給契約を結んだほか、高解像度4K対応ノートパソコン向けなど海外大手からの引き合いも強いと説明。LTPSパネルの世界市場で、同社シェアが従来の3%から8%へ拡大すると予測した。16日付経済日報などが報じた。

AUOの昆山LTPS工場は今年8月、5.5インチのフルハイビジョン(フルHD)LTPSパネル生産に成功した。その後わずか3カ月での量産開始は、ジャパンディスプレイ(JDI)の6カ月より短く、世界最短期間を誇る。彭董事長は、同業他社は2年かかるケースもあったと語った。

 その上、マスク数が9枚と、通常の11枚より少ないので、生産コストが低く、生産性が高い。さらに、中国の顧客向けに現地生産で供給できるので、中国の輸入関税5%が不要なことも強みだ。




続きを読む »
11 Nov

台湾液晶パネルメーカー、7~9月黒字に転換, 液晶パネル不足は来年も続く

イノラックスは大型テレビ用とスマートフォン(スマホ)用液晶パネルの供給不足は来年に入っても続くとの見通しを示した。「スマホ用液晶パネルの平均販売価格は10~12月期も上昇が続く見込みで、我々は17年の価格動向についても楽観的だ」と同社モバイル製品部門の総責任者ジェフリー・ヤン氏は投資家に対して述べた。

 アナリストらは16年下半期について、最先端技術の有機ELパネルが中国で品薄になり、中国携帯電話メーカーの間でイノラックスと競合企業の友達光電(AUO)が主力製品とする液晶パネルの需要が増しているとみている。

 韓国サムスン電子が年内に液晶パネル工場を閉鎖し、米アップルが来年発売する新型iPhone(アイフォーン)向けの有機ELパネル生産に的を絞る方針を固めたと報じられたことから、液晶パネルの需給逼迫はさらに進むとの見方も広がっている。



続きを読む »
9 Aug

大型液晶パネルの市況改善、AUOは大幅増産へ

台湾AU Optronics(AUO)社が2016年7月27日に発表した2016年4~6月期決算は、売上高が800億9100万台湾ドル(前年同期比13%減、前四半期比13%増)、売上総利益が55億4600万台湾ドル(前年同期比53%減、前四半期比14倍)、営業利益が1億1600万台湾ドル(前年同期比98%減、前四半期の赤字から黒字へ転換)。
当期損益は5億7200万台湾ドルの赤字(前年同期比で赤字転落/前四半期比で赤字幅は縮小)である。



続きを読む »
29 Jul

[台湾報道] 液晶パネル市場が10年ぶり活況、AUO今年黒字転換も

液晶パネル大手、友達光電(AUO)の彭双浪(ポール・ポン)董事長は27日、全てサイズのパネル需給が逼迫(ひっぱく)しており、パネル景気は2007年以降で最も過熱していると語った。AUOはフル稼働でも顧客の需要に応じ切れない上、有機EL(OLED)パネルや曲面型テレビ用パネルなど高付加価値化に注力している。証券会社は、通年で黒字転換が可能と予測した。28日付経済日報などが報じた。
AUOが同日発表した第2四半期の連結売上高は800億9,100万台湾元(約2,600億円)で前期比12.6%増、前年同期比13.23%減。営業利益は1億1,600万元で、前期の営業損失50億9,700万元から黒字転換した。純損失は8億400万元で、前期の55億8,000万元から縮小した。大型パネル出荷枚数は2,850万枚で前期比16.5%増、前年同期比24.9%増、中小型パネルは4,250万枚で前期比12.6%増、前年同期比48%増だった。



続きを読む »
21 Jun

AUO cautious about investment in OLED, says chairman

AU Optronics (AUO) will take a cautious attitude about how its investment in OLED can be recouped rather than trying to compete with fellow makers, according to company chairman and CEO Paul Peng.

OLED panels can meet some demand for displays but will not replace TFT-LCD panels in 2-3 years, Peng said. Production of OLED panels involves high technological barriers and large investments, Peng noted. Due to China-based panel makers' active investment in OLED, there will be large increases in global OLED production capacity in 2018, Peng said. However, it will take a long time for global demand to support large-scale production of OLED panels, Peng indicated.



続きを読む »
31 Jan

液晶パネル供給過剰が常態化、「今年も製品差別化に活路」=AUO

auo lab 2016液晶パネル大手、友達光電(AUO)の彭双浪(ポール・ポン)董事長は28日、今年はパネル需要が面積ベースで前年比4~6%増える一方、供給は5~7%増えるとして、今後は供給過剰が常態化するとの見通しを示した。「需要を大幅に高める新たな応用先が見つかっていない上、通貨安で新興市場の需要が鈍化している中、中国パネルメーカーの大規模な生産拡大が続く」と説明。今年は大幅な景気拡大は期待できず、同社は製品差別化をさらに進めることで活路を見いだすと強調した。29日付蘋果日報などが報じた。
AUOが同日発表した昨年第4四半期の連結売上高は834億4,000万台湾元(約3,000億円)で、前期比6.6%減、前年同期比20.8%減だった。純損失は82億4,000万元と11四半期ぶりに赤字に転落した。子会社エム・セテックの、多結晶シリコン(ポリシリコン)生産からの撤退に伴う67億5,000万元の減損計上が響いた。同期の大型パネル(10インチ以上)出荷量は前期比4.8%増の2,761万枚、中小型パネルは31.4%減の3,341万枚だった。



続きを読む »
14 Jan

[翻訳記事] AUO、Appleの同社への投資憶測報道にノーコメント、株価急騰

[記事概要]
台湾内で、アップルがAUOに投資との報道があり、AUOの株価が急騰した。
AUOがOLEDを立ち上げるための投資としている。
アップルはiPhoneへのOLED採用を検討しているが、三星・LGとスマートフォン競合メーカーからの調達になってしまう。
アップルがAUOの立上げを援助することは調達面での選択肢を広げる利点がある。
AUOはOLEDでの健全な特許ポートフォリオを築いており、またHuawei等への供給実績もあり、アップルの支援があるとすれば大きな収支改善が期待される。なおAUOは報道に対してコメントを控えている。

続きを読む »
2 Dec

AUO・イノラックスが来年量産、LTPSパネルに供給過剰懸念

友達光電(AUO)、群創光電(イノラックス)など液晶パネルメーカーがLTPS(低温ポリシリコン)パネルへの投資を続行する中、今年の世界のLTPSパネル生産能力は前年比21.2%増、来年は14.1%増と2桁成長が続く見通しだ。一方、スマートフォン需要は伸び悩んでおり、来年にはLTPSパネルが供給過剰となって価格競争に陥り、撤退に追い込まれるメーカーが出る可能性も指摘されている。
LTPSパネルは、アップルのiPhoneへの搭載に多くのスマホメーカーが追随し、ハイエンド機種に広く採用されている。
 AUOは、同社はLTPSパネルの供給が追い付かない状態が続いていると指摘した。中国・江蘇省昆山市の第6世代LTPSパネル工場が来年下半期に量産に入る計画だ。
 

続きを読む »
29 Oct

AUO世界の液晶パネル需要予測を再引き下げ、「Q4は越冬期」

友達光電(AUO)は27日、今年の世界の液晶パネル需要予測を前年比3~5%増へと、従来の4~6%増から下方修正した。今年7月末に続く2度目の引き下げだ。彭双浪(ポール・ポン)董事長は、第4四半期は非需要期の上、世界経済の見通しも不透明で、同社は将来に向けて力を蓄え「越冬する」と述べた。来年は需要4~6%増に対し供給6~7%増と、小幅な供給過剰を予想している。28日付経済日報などが報じた。
同社が同日発表した第3四半期の連結売上高は893億台湾元(約3,300億円)で前期比3.3%減、粗利益率は10.2%で2桁を維持した。純利益は33億8,000万元で前期比23.7%減、1株当たり純利益(EPS)は0.36元と、需要期ながら振るわず過去6四半期で最も低かった。ただし、証券会社の予想をやや上回り、10四半期連続の黒字だった。大型パネルの出荷枚数は2,634万枚で前期比5.8%増、中小型パネル出荷枚数は4,871万枚で1.4%増だった。



続きを読む »
23 Oct

AUOのテレビパネル出荷量、中国BOEに逆転される、紅色SC脅威が現実に

市場調査会社、ウィッツビュー・テクノロジーの統計によると、液晶パネル大手、友達光電(AUO)は第1~3四半期のテレビ用パネル出荷枚数で中国の京東方科技集団(BOEテクノロジーグループ)に逆転され、世界シェア5位に沈んだ。最も重要なテレビパネルの出荷枚数で台湾メーカーが中国メーカーに追い抜かれたのは初めて。中国の「紅色サプライチェーン」の脅威が現実のものとなった。22日付経済日報が報じた。

AUOの第1~3四半期のテレビパネル出荷枚数は前年同期比6.5%減の2,022万枚だった。生産能力が増えていないこと、製品構成をUHD(ウルトラハイビジョン、4K2K)と50インチ以上の大型に調整したことなどが響いた。
 BOEは2,477万枚でシェア4位だった。第8.5世代工場の量産開始により、32インチパネルの出荷枚数が5月以降は毎月200万枚以上となった他、48、55インチパネルの開拓を進めたことも貢献した。



続きを読む »
25 Sep

液晶パネルも人員削減、AUO・イノラックスで100人以上

 LED(発光ダイオード)業界に続き、液晶パネル業界にも人員削減が広がっている。友達光電(AUO)はこれまでに73人、群創光電(イノラックス)は31人を解雇した。中国大手パネルメーカーの新規生産ライン稼働による供給過剰でパネル価格が続落し、両社は第4四半期に赤字に転落する恐れがある。21日付経済日報などが報じた。
新竹科学工業園区(竹科)管理局の統計によると、竹科入居企業の9月1~18日の整理解雇など会社都合退職の対象者は241人。LED最大手、晶元光電(エピスター)が102人を削減し、LEDとパネルの光電産業は合計192人と全体の8割を占めた。通信、パソコン関連は各18人、半導体は12人だった。
 AUOは20日、8月に竹科L3A工場を閉鎖して緯創資通(ウィストロン)傘下の通信製品メーカー、啓碁科技(WNC)に売却し、人員を別の工場に異動させたが、配置転換できなかった一部人員を労働基準法(労基法)に基づき解雇したと説明した。



続きを読む »
18 Aug

[翻訳記事] AUOが3.5GTFT-LCDラインをWistronに売却

AUOは3.5Gライン(L3A)を2560万US$でWistronに売却する。
1999年12月より操業していたが今となっては技術的に時代遅れで、生産能力もAUO全社に占める割合で極めて小さい。
AUOは3.5GではL3A/L3B/L3C/L3Dと計4ラインを持っていたが、L3Bは既に実験ラインに切り替えられていて生産はしていない。
今回L3Aは売却されるが、L3CとL3Dは生産を続けると見られている。



続きを読む »
14 Jul

AUOとイノラックスがテレビ用32インチ減産、供給過剰でコスト割れ

32inch panel demand yr2015液晶パネル大手、友達光電(AUO)と群創光電(イノラックス)が32インチパネルを減産し、その他のサイズに生産能力を振り替えている。テレビ用パネルの主流サイズである32インチ製品の在庫水準が供給過剰を背景に高まり、価格が1枚当たり80米ドルと総コストの85米ドルを割り込んでいるためで、両社は32インチパネルの生産比率を引き下げて打撃を抑える。13日付経済日報などが報じた。
市場調査会社、IHSディスプレイサーチによると、32インチテレビの第1四半期出荷台数は1,550万台と前年同期比14.3%減少したが、32インチパネルの同期出荷枚数は2,360万枚に達し、パネルの供給過剰は700万~800万枚に上った。


続きを読む »
19 Jun

AUO開発の太陽光発電所が優良賞獲得

台中森勁太陽光発電所台湾の液晶パネル大手、友達光電(AUO)は16日、開発、設置を手掛けた台湾中部・台中市の台中森勁太陽光発電所が「2015優良太陽光発電システム光鐸賞」を獲得したことを発表した。同賞は、経済部(日本の経済産業省に相当)エネルギー局が、企業がより高い発電効力を持った太陽光システムを開発し、発電の品質向上を促進するために設置した。
同発電所は敷地面積18.5ヘクタールで、これはサッカー場25.8個分の広さに相当する。一日の発電量は7万6,520キロワット時(kWh)で、7,652世帯に電力を供給できる。2016年には、総発電容量が目標の21メガワット(MW)に達するとみられる。

13 May

李焜耀AUO董事長が退任、世界4位への成長に貢献

LEE 00AUO_2友達光電(AUO)を世界4位の液晶パネルメーカーに育て上げた李焜耀氏(62)が11日、同社董事長を退任した。
1996年、李氏が宏碁(エイサー)傘下のパネルメーカーとして設立した同社は、2度の合併を通じて鴻海科技集団(フォックスコン)傘下の群創光電(イノラックス)と並ぶ台湾業界の2強に成長。
09年以降、中国メーカーによる人材引き抜きや、米国カルテル(価格協定)訴訟の有罪評決で大幅な赤字に見舞われたが、技術力を武器に過去2年は安定した業績を回復した。
辞任は健康上の理由とうわさされているが、同社は事業承継計画の一環と説明した。12日付工商時報などが報じた。

李氏は76年、同年設立のエイサーに入社し、91年にエイサー傘下の明基電脳(現・明基電通、BenQ)総経理に就任した。  96年、達碁科技(エイサー・ディスプレイ・テクノロジー)を設立した後、01年に聯華電子(UMC)グループの聯友光電(ユニパック・オプトエレクトロニクス)を合併し、社名変更により誕生したAUOの董事長に就任した。
「友達光電」の名称は「達碁」と「聯友」から1文字ずつを取り、日本語の「友達」と同じ意味であることから名付けられた。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
24 Apr

AUOのLTPSタッチパネル、次世代iPhoneに供給か

液晶パネル大手の友達光電(AUO)は、アップルが今年第4四半期に発売するとされる次世代スマートフォン「iPhone6c」(4インチ)にインセル型低温ポリシリコン(LTPS)タッチパネルを供給する契約を結んだもようだ。台湾パネルメーカーがiPhoneシリーズに供給するのは初となる。21日付工商時報などが報じた。
アップルの最新スマホ、iPhone6(4.7インチ)のパネルはジャパンディスプレイ(JDI)、LGディスプレイ(LGD)、シャープが、iPhone6プラス(5.5インチ)はJDI、LGDが供給しており、日韓メーカーによる寡占状態だ。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
18 Mar

「中国のLTPSパネル歩留まり低迷は技術低いから」 AUOトップ

台湾のパネルの大手AUO(友達)の彭双浪・総経理はこのほど、台湾紙『経済日報』(2015年3月13日付)とのインタビューで、携帯電話用低温ポリシリコン(LTPS)パネルで競合となる中国系パネル業者について、「本格的な量産開始から1年半が経つが、生産歩留まりが上がっていないのが現状だ」と指摘。
その上で、技術力の差から、中国系がAUOに追い付くのは無理だと強調し、自信を見せた。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


13 Mar

AUO量子ドット量産へ、テレビ大型化を好感

n21a00_p_02_01液晶パネル大手、友達光電(AUO)の彭双浪(ポール・ポン)総経理は11日、テレビ用パネルの需給は逼迫(ひっぱく)しており、第1四半期を谷底に今年のパネル産業は成長が続くと予測した。
テレビの主流サイズは従来の32インチから40インチ以上に拡大しており、「大型テレビ時代」が到来したと指摘。特に色彩豊かな量子ドットが今年の注目技術で、同社は下半期に量産を開始すると述べた。12日付経済日報などが報じた。
市場では3月にテレビ用パネルのオファー価格が下落し、テレビブランドが調達に慎重になっているとみられていた。彭総経理は、現在の在庫水準は健全で、3月よりテレビブランドの調達意欲が高まり、フル稼働に近づいていると述べた。
ただ、中国の労働節(メーデー、5月1日)に向け、新製品は需要が強まるが、中国では電子商取引(EC)が販売全体の10%以上に増え、需要期と非需要期の境目が薄れつつあるとの見方を示した。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
17 Feb

【翻訳記事】AUO、カラーフィルター関連会社凸版CFIの株式を100%取得

AUOは1.4億US$投資しカラーフィルター製造の系列会社凸版CFIの株式を100%取得したと発表した。
AU Optronics (AUO) has announced it has spent NT$4.429 billion (US$140.56 million) to purchase a 100% stake in its color filter affiliate Toppan CFI.

凸版CFIは、2001年に日本の凸版印刷の子会社として台湾に設立され、2006年にAUOが49%の株を取得していた。AUOの今回の投資により自家生産比率が90%を超えることになると見られている。
Toppan CFI facilities in Taiwan were established by Japan-based Toppan Printing back in 2001, with AUO purchasing a 49% stake back in 2006. AUO's investment will reportedly help AUO increase its color filter self sufficiency to over 90%.
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
6 Feb

AUO、2014年度の当期利益は180億6000万台湾ドルに

台湾AU Optronics(AUO)は1月29日、2014年度第4四半期(2014.10~12)の売上高が前期比1.3%減の1054億5000万台湾ドル(約3617億円)になったと発表した。当期利益は65億7000万台湾ドル(約225億円)となった。これにより、2014年度通期の売上高は前年比2.0%減の4081億8000万台湾ドル(約1兆4001億円)、当期利益は180億6000万台湾ドル(約619億円)となった。パネル出荷数は、大型が前年比横ばいの1億1692万台、中小型が同11.9%増の1億7071万枚。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


19 Dec

AUO、中国パネルメーカーに連携を呼びかける

DigiTimesによると、台湾AU Optronics(AUO) 社長のPaul Peng氏は、中国パネルメーカーとの技術、資本、サプライチェーンなどあらゆる面で協力していく必要性を述べたという。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
14 Dec

AUO/Innolux、医療用アプリケーション向けの生産を拡大

DigiTimesによると、台湾AU Optronics(AUO)、Innoluxは医療用アプリケーション向けの生産を拡大させているという。台湾Industrial Technology ResearchInstitute(ITRI)のIndustrial Economics & Knowledge Center(IEK)の調査によると、2014年の台湾の医療機器業界市場は前年比5.4%増の858億台湾ドル(約2942億円)に達している。医療用ディスプレイでは、省電力で、解像度はUltra HD、画面サイズは60型以上が求められるとしている。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


5 Nov

AUO「稼げる体質」に、Q3純利益73億元

液晶パネル大手、友達光電(AUO)が29日発表した第3四半期の連結純利益は前期比81.4%増、前年同期比190.8%増の73億台湾元(約260億円)となり、過去17四半期で最高だった。AUOの黒字計上は6四半期連続、特に今年は飛躍的に業績改善が進んでおり、「稼げる体質」に転換できたようだ。30日付工商時報などが報じた。
彭双浪(ポール・ポン)総経理は、第3四半期は旺盛な需要に支えられ、生産ラインがフル稼働を維持した他、利益率の高い製品の構成比率を高めたことが増益の要因との見方を示した。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
25 Oct

AUO週休2日制を率先導入、ハイテク業界で異例

液晶パネル大手、友達光電(AUO)は22日、11月1日より労働時間を現在の2週84時間から80時間に短縮すると発表した。
週休2日制の実施を意味し、政府が来年下半期の導入を目指す中、前倒しで行う格好だ。残業が比較的多いハイテク業界としては異例の措置で、今後は明基友達集団全体に適用を進める考えだ。
大手企業が週休2日制に率先して踏み切ったことで製造業界全体に与える影響が注目されるが、群創光電(イノラックス)など他の業者は当面追随しない考えだ。23日付蘋果日報などが報じた。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
23 Oct

AUO、PV Taiwanで超軽量モジュールなどを出展

台湾AU Optronics(AUO)は10月21日、Taipei World Trade Centerで開催されるPVTaiwan(10月22日~24日開催)に出展すると発表した。
AUOのソーラーソリューションブランドとなる台湾BenQ Solarは、超薄型ガラスを採用した軽量・高効率モジュール「Aer PM060M01」を出展。重量は10.5kgと競合製品と比べて約45%軽く、単結晶Siセル60枚を用いたモジュールでは最も軽量とした。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
20 Aug

AUO、2014年Q4にウェアラブル向け1.6型OLEDパネルを生産開始か

DigiTimesによると、台湾AU Optronics(AUO)が、2014年第4四半期にスマートウェアラブルデバイス向けとなる1.6型有機EL(OLED)パネルの生産を開始する見通しという。韓国Samsung DisplayはOLEDの中小型パネルで90%のトップシェアを占める他、産業革新機構とソニー、パナソニック、ジャパンディスプレイは、総額200億円を投じて中小型OLEDパネル製造ラインを2015年に立ち上げ、2018年の量産開始を計画中
これに対して、AUOは2011年以降、中小型OLEDパネルの開発に参入。2015年にウェアラブルデバイス向けの市場が立ち上がると予測している。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


19 Aug

AUO、Samsungから曲面Ultra HDパネルを受注

DigiTimesによると、台湾AU Optronics(AUO)は韓国Samsung Electronicsから曲面Ultra HDパネルを受注したという。
Samsungは曲面Ultra HDパネルを用いたLCD-TVの開発を進めており、メインサプライヤーは韓国Samsung Displayとなるが、2014年末からAUOも曲面Ultra HDパネルの供給を開始するとしている。
また、AUOは2014年末には42/50/55/65/75型のUltra HDパネルの量産を開始し、Samsungを含む多くの大手ベンダーに供給する模様。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


5 Aug

AUO、2014年Q3の中小型パネル出荷数は前期比5~8%増に

DigiTimesによると、台湾AU Optronics(AUO)は、2014年第3四半期の中小型パネル出荷枚数が前期比5~8%増になるという。大型パネルは横ばい~微減の見通し。第2四半期の出荷面積は、中国のスマートフォンベンダーからの需要の高まりにより、前期比47.6%増の34万7200m2となった。
同社はHD対応のa-Si TFT-LCD、およびフルHD/インセルWQHD対応の低温Poly-Si TFT-LCDを製造している模様。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


18 Jul

AUO、2014年Q3より43型TV向けパネルを量産開始

DigiTimesによると、台湾AU Optronics(AUO)は2014年第3四半期より第7.5/第8世代ラインで、43型TV向けパネルの量産を開始するという。同サイズに注力するのは、39~42型で激化している競争を回避するためとみられる。
韓国Samsung Displayは2011年に43型を発表したが、歩留りが上がらず市場を開拓できなかったため、現在は40型と48型に注力しているという。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


17 Jul

Innolux、今年末までに39インチパネル生産をすべて39.5インチに移行する予定

Innoluxが39インチパネル生産量の80%を39.5インチに移行し、今年末までには全量を移行する予定と業界筋が伝えた。
このInnoluxの変更は、40インチ領域での競争によるものと見られる。Innoluxは6Gラインで39.5インチパネル(実際サイズは39.56インチ)を生産する方が39インチよりも効率的だが、その理由は、39.5インチが基板面積の97%を利用できるが、39インチでは94%の利用に低下してしまうからだと明らかにした。
また、最近の40インチと42インチLCDパネルの供給不足は、中国TVへのサプライヤーと海外メーカーからの39.5インチパネルの注文増加を引き起こしたと伝えている。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
18 Jun

台湾大手液晶AUOとイノラックス、合併計画立ち消えに

 友達光電(AUO)と群創光電(イノラックス)の、液晶パネル大手2社の合併計画が立ち消えになった。主導権をめぐる交渉がまとまらなかったためで、経済部はこのほど行政院に対し「合併の可能性はなくなった」と報告した。しかし台湾パネルメーカーは、輸出の88.5%を占める中国市場で過去5年韓国メーカーの後塵を拝したまま、中国メーカーの追い上げも受けている。競争力強化が課題の中、スケールメリットを捨てて製品力だけを追う戦略が有効なのか疑問も残る。17日付工商時報が報じた。
パネルメーカーは年初の時点で政府が合併計画を主導することを期待していたという。しかし数カ月間のフィジビリティスタディ(実行可能性調査)や各社との意思疎通を経た結果、あくまで合併を強行する場合は「ジャパンディスプレイ方式」以外なく、その場合は政府が債務処理問題を主導せざるを得ず、社会に好ましくない印象を与えると判断した。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
8 Jun

AUOが65型有機ELディスプレーをインクジェットで試作--欠陥は多数有り

OLED140604AUOp3台湾AU Optronics(AUO)社は2014年6月4日、開催中の学会「SID 2014」で講演し、インクジェット印刷(IJP)技術を用いた有機ELとしては世界最大の65型ディスプレーを試作したと発表した。オーサーズインタビューでは、試作した実物も公開した。

 AUO社が試作したのは、画素数が1920×1080のフルHDの65型有機ELディスプレー。輝度は200cd/m2である。バックプレーンにはインジウムスズ亜鉛の酸化物(ITZO)TFTを用いた。キャリア移動度は33cm2/Vsと高い。


にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »

当サイト特集カテゴリー
1.液晶の歩んできた道(第一部)
液晶の黎明期から実用化を果たすまでの過程をわかりやすく解説することを目指して書きました。

2.液晶の歩んできた道(第二部)
液晶が当面の最終目標だった大型テレビに採用され夢の平面テレビが実現した過程を解説していく予定です。(開始時期未定)

3.用語辞典(技術・ビジネス・企業)
管理人特選の最新技術用語やビジネス用語・関連企業を解説しています。時間の許す限りのアップ、今後充実を目指します。
掲載年月から記事を探す



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人へのメッセージ


[FPD関連本] ・フラットパネル資料館


電子ディスプレーメーカー計画総覧(2018年度版)
















カテゴリーごと記事
記事掲載の写真
  • LG、透過有機LEディスプレイを英デパートにて展示 未来感がすごい
  • サムスン、次世代ディスプレーに1.2兆円投資へ、韓国政府も後押し-中国勢に対抗
  • シャープ<下>赤字体質を転換させた戴社長の「狼性を持て」
  • 折りたたみの後は「水平線」、中国スマホメーカーが新しいディスプレイのトレンドを生み出す
  • アストロデザイン、InterBEE 2019の出展概要を発表。「さまざまな産業分野への8K応用」
  • 脱・液晶シャープ、8K搭載「ダイナブック」来春発売
  • iPhone 11 Proを分解、パッと見では分からない劇的変化が潜んでいた
  • 温度変化で透明度が替わる液晶複合材料を開発
  • EIZOが有機EL初採用。21.6型4K OLEDディスプレイを500台限定で発売
  • マイクロソフト、Androidベースの折りたたみスマホ「Surface Duo」を発表
  • [更新] 液晶パネル価格トレンド (LCD Panel Price Trend)
  • B&O、スピーカーが開閉する77型有機ELテレビ「Beovision Harmony」。280万円から
  • B&O、スピーカーが開閉する77型有機ELテレビ「Beovision Harmony」。280万円から
  • B&O、スピーカーが開閉する77型有機ELテレビ「Beovision Harmony」。280万円から
  • 折り畳みスマホGalaxy Foldが使用1日でディスプレイに問題発生、現在調査中
  • 有機ELパネル採用のポータブルディスプレイ ASUS「ProArt PQ22UC」発売!
  • 台湾パネル大手2社、通年赤字100億元も
  • 三星、QLEDで超格差…上半期に200万台を販売
  • サムスンディスプレイ「湯井に約1兆1千億円投資」…中国LCDの追い上げをかわす
  • 具光謨会長就任で厳しくなったLG…「1位だけが生存」サムスンテレビ遠慮なく分解
  • NHKと日本触媒、折り曲げ可能な薄型有機ELを長寿命化する技術
  • LGのフォルダブルは巻物型!? 画面を「巻き付けられる」スマホ特許が見つかる
  • LGのフォルダブルは巻物型!? 画面を「巻き付けられる」スマホ特許が見つかる
  • 速報:「iPhone 11 Pro/Pro Max」発表。初めて『Pro』を冠したiPhone
  • 2019年ですが、Nokiaからフィーチャーフォン3兄弟登場です
  • 折りたためる「フレキシブル有機EL」は普及する? ディスプレイ市場最新動向を解説
  • <IFA>LGが2画面スマホ「LG G8X ThinQ」発表。8K有機EL/8K液晶テレビも披露
  • キヤノン、2,000nitsの業務用31型4Kディスプレイ。コントラスト比200万:1
  • パナソニック“未来のテレビ”発表。デュアルパネルMegaCon液晶と透明有機EL
  • パナソニック“未来のテレビ”発表。デュアルパネルMegaCon液晶と透明有機EL
コメントありがとう