return_to_forever

Flat Panel TV and Display World-2....液晶・業界・動向

液晶・有機EL・プラズマ、FPD業界・パネルメーカー・関連企業情報を掲載。当ブログで激しい市場動向に追随!--Since Nov.2004

A_Apple

20 Jun

ソニーのTV幹部2人、アップルが引き抜く コンテンツ強化へ

アップルは16日、ソニー・ピクチャーズテレビジョンのベテラン幹部2人を採用したと明らかにした。ハリウッドの映画業界やオンライン逐次再生(ストリーミング)サービス各社がひしめく、独自テレビ番組制作への進出を加速する。
 2人は2005年以降社長を務めてきた、ジェイミー・エリック、ザック・ヴァン・アンバーグ両氏だ。
アップルの声明によると、動画番組制作全般を監督する新たな役職に就く。
アップル幹部は両氏について、世界で最も才能に恵まれたテレビ業界幹部で、黄金時代到来に寄与したと説明した。 アップルは先週、リアリティー番組「アプリケーションの世界(Planet of the Apps)」で同分野に参入した。 ハリウッドはこれまで、アップルの独自動画シリーズ市場参入を待望していた。



13 Jun

「技術に人間性を」、アップルCEOがMIT卒業式で講演

アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は9日、マサチューセッツ工科大学(MIT)の卒業式で15分にわたって講演し、技術には人間性を奪う面があると警告した。そのうえで、各々の価値観を開発に取り入れるよう促した。

クック氏は「人工知能(AI)が人のように考えることができるようになることはあまり心配していない。それよりも、人間が、価値観や慈悲をもたず、結果を懸念しないコンピューターのように考えるようになることのほうが心配だ」と述べた。

同CEOは、新しい機器やソーシャルメディアの恩恵を賞賛する一方、同じ技術がプライバシーや安全面の脅威を通じて人々を分断させる可能性があると指摘。技術は人間の知識によって調律されなければならないと述べた。

13 Jun

鴻海の東芝半導体買収案、米アップルなど参加=郭氏

 鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘(テリー・ゴウ)最高経営責任者(CEO)は12日、東芝半導体事業の買収を目指す鴻海主導のコンソーシアム(企業連合)に米アップルやデル、キングストン・テクノロジーが参加すると明らかにした。

ロイターの取材に対し郭氏は、米アマゾンも鴻海陣営への参加に近づいており、アルファベット傘下のグーグル、マイクロソフト、シスコとも鴻海陣営への参加を巡り協議していると述べた。

鴻海陣営の買収案の総額や同陣営に参加する米企業による投資額についてはコメントを控えた。

郭氏は「アップルの参加は確実だ」と述べ、アップルのティム・クックCEOと同社取締役会が参加を承認したと明らかにした。



続きを読む »
7 Jun

アップル、アマゾンも参加=鴻海の東芝半導体買収案

シャープ首脳は6日午前、記者団に対し、親会社である台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が東芝に示している記憶用半導体フラッシュメモリー事業の買収案に、米アップルと米アマゾン・ドット・コムが参加すると明らかにした。その上で、鴻海案に参加する企業はシャープも含め、「5~6社くらいになる」との見方を示した。

 東芝のメモリー事業売却の2次入札で、鴻海はシャープと組んで応札した。日本政府が中国や台湾などへの技術流出を懸念していることから、シャープなど日本勢のほか、米国企業と連携する姿勢を強める。 

6 Jun

Appleがリリース予定の新型iPhoneやARグラスなどについてFoxconnの内部関係者がリーク

iphone8  01_m
ソーシャルブックマークサイト・redditにFoxconnの内部関係者を名乗る「Foxconninsider」という人物が登場し、AppleがWWDC 2017で発表する予定の「Siriスピーカー」や、これまでに登場している新型iPhoneのリーク画像に関する指摘、現在開発中という「ARグラス」など、今後Appleがリリースする可能性のあるデバイスなどについて続々と情報をリークしています。
ニュースサイト・AppleInsiderによると、Foxconninsiderという人物がFoxconnの従業員であることが確認されているそうですが、このユーザーは以前にも電子ペーパー採用の「Sonderキーボード」について正確な情報を提供したことがあるものの、情報の信頼性については定かではなく、先見の明を持つユーザーの予想である可能性がある点については注意が必要です。



保存続きを読む »
6 Jun

Apple's OLED iPhone Production Ramp May Be Pushed Back Until Early Fall

Apple Inc. may have delayed mass production of the OLED iPhone to September or early October, according to Longbow analyst Shawn Harrison.
Harrison believes the delay is very fluid and noted “the new A11 processor, Touch ID and OLED screen” as factors for the delay. He also does not see it affecting iPhone 7s/7s+ production.
Apple is expecting notable growth in iPhone shipments in 2018 and is currently supporting capacity additions by suppliers.

=> Original article  Apple's OLED iPhone Production Ramp May Be Pushed Back Until Early Fall

 
4 Jun

アップルのクックCEO、パリ協定離脱決定に失望-従業員向け書簡

アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は1日、気候温暖化対策の新枠組み「パリ協定」離脱をトランプ米大統領が選択したことに失望していると述べた。同日付の従業員向け書簡をブルームバーグ・ニュースが入手した。

クックCEOは書簡の中で、「気候変動は現実であり、われわれ全員にこれに立ち向かう責任がある」と指摘。「ホワイトハウスの決定に失望する私の気持ちにあなた方の多くが共感していることでしょう」と付け加えた。大統領と5月30日に話したとする同CEOは、協定離脱決定でも「アップルの環境保護の取り組みに一切の影響はないことを改めて確認したい」とも記した。



26 May

アップル韓国人記者締め出し 取材支援金が韓国の接待禁止法に違反の恐れ

米アップルが来月、米サンノゼで開く「世界開発者会議(WWDC)」に韓国メディアだけを招かないことが分かった。昨年9月に韓国で施行された請託禁止法(接待禁止法)に違反する疑いがあるため、韓国人記者には招待状を送らなかったためだ。  

欧米メディアが24日に報じたところによると、アップルは9日から世界の主要メディアのIT担当記者に6月5日から4日間開かれるWWDCへの招待状の発送を開始した。しかし、韓国人記者には招待状を送っていないことが分かった。昨年同会議を取材した記者がアップル側に照会したところ、「接待防止法に違反する可能性があるため、今年は招待できないという回答があった」という。



続きを読む »
23 May

アップル新本社のメイン施設は「MacBook Air」そっくり!



アップルが新本社「アップル・パーク(Apple Park)」を建てるため、2006年に土地を購入してからはや10年。建築費約50億ドル(約5700億円 )といわれるアップル・パークに、社員の入居も始まっている。

しかし、次期iPhoneなどの新製品発表や会見に使われると予想されている施設「Steve Jobs Theater(スティーブ・ジョブズ・シアター)」は未完成だ。
apple hq 7af-w1280

スティーブ・ジョブズ・シアターは全面が曲面ガラスで覆われた建物を、カーボンファイバー製の円形の屋根がはみ出るように覆っており、印象的な外観となっている。 そして内部に講堂が造られているようだ。

保存続きを読む »
22 May

iPhoneの有機EL化で笑う会社と泣く会社

「スマホの有機ELシフトは、当社にはポジティブ」。住友化学の野崎邦夫専務は5月16日の決算説明会でこう述べた。同社は液晶パネルの主要部材である偏光板で、日東電工と並んで世界大手。パネルの中を通る光を制御する偏光板は、液晶パネルでは2枚使うが、有機ELだと1枚に減る。
 偏光板で住友化学と競う日東電工の高崎秀雄社長は「有機ELが(折り曲げられる)フレキシブルパネルになると、タッチパネル用フィルムや光学用の接着剤の使用が増える」と指摘。透明接着剤は同社の得意分野で「偏光板は1枚になるが、1台のスマホに搭載される当社の製品は液晶より金額ベースで20〜25%くらい増える」(高崎社長)と見込む。


続きを読む »
12 May

アップルが開発中の次世代ディスプレイ「マイクロLED」の革新性

アップルウォッチのユーザーたちは、そこに搭載されたOLED(有機EL)ディスプレイの素晴らしさを実感していることだろう。特に最新のシリーズ2モデルのディスプレイは第一世代と比べ大きくて明るいものになっている。

そして、アップルは今後のアップルウォッチにさらに新たなテクノロジーを投入しようとしているようだ。Business Koreaの報道によると同社は、アップルウォッチ向けに既存のOLEDに代わるマイクロLEDディスプレイを開発中だという。

アップルは2014年にマイクロLEDの開発を行うLuxVueを買収している。マイクロLEDの利点はまず、省電力性にある。どんなガジェットであろうと電力消費を抑えることは必須の課題だが、小さなスペースにバッテリーを搭載しなければならない腕時計ガジェットにおいて、省電力性は特に重要だ。

続きを読む »
20 Apr

アップル・中国に供給するOLEDは別物…LGディスプレイの訳あり「差別」

LGディスプレイが今年から中小型有機発光ダイオード(OLED)市場に本格的に注力する。関連市場の97%以上を掌握したサムスンディスプレイに対抗し、徐々にシェアを拡大していく計画だ。

目を引くのは顧客によって異なる蒸着装置を使用する点だ。中国スマートフォンメーカーには韓国ソンイクシステム、アップルには日本キヤノントッキの蒸着装置を使用して生産したOLEDパネルを供給する。

蒸着装置はOLED生産の核心だ。スマートフォン用OLEDはプラスチックの一種のポリイミドという素材の上に電気を供給する薄膜トランジスター(TFT)を付け、ここに色を表現するOLED粒子を付着して作る。この過程で蒸着装置はOLED粒子を付着する役割をする。温度など製作条件が少しでも合わなければ製品は使用できなくなる。長さ100メートル前後の巨大な装備で、価格は1台あたり数千億ウォンもする。



続きを読む »
20 Apr

Appleの「WWDC 2017」で発表されるかもしれない新型iPad・iMac・MacBook・Apple Watch情報

2017年6月5日からAppleの開発者イベント「WWDC 2017」が開催されますが、Apple関係のニュースメディア・9to5Macが、WWDC 2017を区切りに2017年に登場する可能性のあるAppleの新製品を予想しています。
例年Appleがソフトウェアとハードウェアの新製品を発表するWWDCの開催が近づいている中、9to5Macはソフトウェアで「iOS 11」「macOS 10.13」「watchOS 4」「tvOS 11」が登場すると予想しています。


続きを読む »
14 Apr

「史上最得」新iPadの欠点はズバリ液晶

そろそろ新しいiPadの発表の時期ということで、10.5型などのモデルを期待していたのだが、ふたを開けてビックリ! なんと、新しく発表された「iPad」は廉価モデルだった。「iPad Pro」は完成度が高いので、簡単に新モデルは出せないということなのだろう。
【新iPad】 ●サイズ:240×169.5×7.5mm●重量:469g(Wi-Fiモデル)●液晶:9.7型(2048×1536ピクセル)●チップ:A9●カメラ:800万画素●価格:3万7800円~
【iPad Pro(9.7インチ)】 ●サイズ:240×169.5×6.1mm●重量:437g(Wi-Fiモデル)●液晶:9.7型(2048×1536ピクセル)●チップ:A9X●カメラ:1200万画素●価格:6万2800円~


続きを読む »
12 Apr

今秋登場と噂の「iPhone 8」、出荷時期が数週間遅れる見通し

米Appleが2017年秋に発売する次期iPhoneは、3種のモデルが用意される見通しだが、そのうちOLED(有機EL)ディスプレーを採用するモデルが顧客の手元に届くのは、予約受付から数週間後になりそうだと、Mac RumorsやBGRなどの米メディアが現地時間2017年4月7日までに伝えた。  

これは、米投資銀行Drexel Hamiltonの、Apple情報に詳しいアナリスト、Brian White氏が調査ノートで報告したもの。これらの報道によると、Appleが2017年に発売するiPhoneは、現行モデルと同様に4.7インチおよび5.5インチの液晶ディスプレーを備える2モデルに加え、 5.8インチOLEDディスプレーを備える新デザインのモデルが用意される見通し。



 続きを読む »
5 Apr

アップル、サムスンに有機ELパネル7000万枚発注

アップルが韓国サムスン電子に対し、7千万枚のスマートフォン(スマホ)用有機ELパネルを発注していたことが分かった。
有機ELは液晶に比べ発色が鮮やかで、曲面の画面デザインを作りやすい。アップルが今年後半に発売する予定である「iPhone8」のプレミアムモデルに採用される見込みだ。



続きを読む »
30 Mar

iPhone8有機EL版、量産遅延に懸念

29日付蘋果日報によると、アップルが下半期にスマートフォン10周年記念モデルとして発売するiPhone8のうち、5.8インチの有機EL(OLED)パネル搭載版は歩留まり率が向上せず、量産が8月にずれ込むと予想されている。
ただ、今年のiPhone8全体の出荷台数は1億台と、例年の7,000万台を超える水準が見込まれており、しかも55%を占めるとみられる有機EL版は単価が高いため、サプライヤーに恩恵をもたらしそうだ。
アップルが発表した2016年サプライヤー上位200社には、鴻海精密工業をはじめ台湾メーカー39社が含まれている。



続きを読む »
19 Mar

iPhone10周年モデルに向け動き出すアジアの供給網

アジアのサプライチェーン(供給網)に青信号が点滅している。工場と投資家が、革新的な新型スマートフォン(スマホ)になると予想される米アップルと韓国サムスン電子の新製品向けに準備を進めているためだ。  
ガラスから音響部品、移載機――ごく微細な部品をマザーボードに設置できる産業用ピンセットのような実装機――まで、あらゆるものを手掛けるメーカーが熱狂している。
新型スマホには法外な値札が付くと予想されている――発売10周年を記念する新型iPhoneの価格は1000ドルに達する可能性がある。また、アップルはOLED(有機EL)パネルへの切り替えを新型モデルで示すことになる。OLEDは色彩と解像度を高め、端末側面にかけてディスプレーを曲げられるよう設計されたものだ。


続きを読む »
10 Mar

アップル、世界スマートフォン市場で営業利益79%を独り占め…サムスンは15%

iphone7_black4
昨年、全世界スマートフォン市場で生み出された営業利益のうち80%近くをアップルが独り占めしたことが分かった。

8日、米国市場調査機関ストラテジー・アナリティクス(SA)によると、アップルの昨年スマートフォン営業利益は449億9700万ドル(約5兆1206億円)と、世界メーカーの全体営業利益(537億7200万ドル)の79%を占めており、営業利益率も33%に達した。



続きを読む »
7 Mar

世界が期待するiPhone 8に関する「2つの残念なニュース」

世界が待ち望む新型iPhoneに関して、気になる情報が浮上した。iPhone登場10周年の今年発売されるiPhone 8には大変革が訪れ、それは非常に劇的なものになると予想されてきた。しかし、最も期待される2つの変化が、今回は実現されそうにない。
その一つ目が、曲面有機ELディスプレイの導入がキャンセルになったというニュースだ。リサーチ企業のTrendForceはこう述べている。
「アップルは曲面ディスプレイの採用を今回は見送る。3Dガラスの製造工程に問題が発生しており、落下テストの結果も思わしくない。これにより次期iPhoneには現行モデルと同じ2.5Dガラスが採用される」
これは次期iPhoneのマーケティング面に大きな影響を与える。



続きを読む »
2 Mar

アップルCEO、米国生産・部品調達拡大を示唆

アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は28日に開いた定時株主総会で、米国での生産や部品調達を拡大する可能性を示唆した。製造業の米国回帰をテコに雇用の拡大を目指すトランプ政権に配慮した発言とみられる。

 カリフォルニア州クパチーノにある本社で、国内雇用に関する株主の質問に答えた。クック氏は「我々はこの国の役に立つ方法を常に模索している。アップルは米国でしか存在しえないことはわかっている」と述べた。

 同氏によるとアップルは半導体やガラス、接着剤など年間約500億ドル(約5兆6千億円)相当の部品を米国の取引先から調達。コーニングやスリーエム(3M)などで働く数十万人の従業員や、100万人以上のアプリ開発者の生活を支えているという。



続きを読む »
24 Feb

アップル、円環構造の新本社へ4月入居開始 一般向け店舗併設

アップルは22日、4月から宇宙船型の新本社への入居を始めると発表した。半年間に1万2千人以上が移動するという。一部の工事は夏まで続く。観光客向けに一般開放した自社店舗やカフェも併設させる。

 新本社は創業者の故スティーブ・ジョブズ氏が設計構想に深く関わった「遺産」ともいえる存在。約71万平方メートルの広大な敷地の大部分を占める本社ビルは円環構造を覆うガラス張りの壁が特徴。敷地内は地元の草や樹木であふれる。ジョブズ夫人は「スティーブはカリフォルニアの光と開放感にあふれた風土に魅せられていました。存命なら元気づけられたはずです」とのコメントを寄せた。

今年後半から使い始めるイベント会場は「スティーブ・ジョブズ・シアター」と命名された。本社敷地内の小高い丘の上に位置し、1千人を収容できる。本社内の全ての電力は備え付けの太陽光発電などの再生エネルギーで賄う。

[参考] 近未来的なApple新本社「Apple Campus 2」空撮、圧巻の最新映像

23 Feb

アップルの新社屋は「Apple Park」。スティーブ・ジョブズ・シアターも

Appleは22日、広さ175エーカーの新キャンパス「Apple Park」への社員の移転を4月から開始すると発表した。約12,000名の従業員の移転には6カ月以上かかる見込みで、社屋や敷地内の建設も今夏いっぱい行なわれるという。

 円環状の280万平方フィートのメインの建物の外装は、世界最大規模の曲面ガラスですっぽりと覆われる。また、Apple Park内のシアターはSteve Jobs Theater(スティーブ・ジョブズ・シアター)と命名され、2017年後半にオープン予定。席数1,000の大ホールとなり、入口の高さが20フィート、直径165フィートのガラス製の円柱がメタリックカーボンファイバー製の屋根を支える。シアターは、Apple Park内で最も高い丘の上に位置し、キャンパス内の緑地とメインの建物を見下す。



続きを読む »
21 Feb

アップル、インドでアイフォーンの生産開始へ=関係筋

米アップルは数カ月以内に、小型で低価格のiPhone(アイフォーン)SEの組み立てをインド南部ベンガルールの契約工場で開始する見通しだ。業界関係筋が17日明らかにした。
 別の関係筋によると、アップルの製造パートナーである台湾の緯創資通(ウィストロン)は、アイフォーンの組み立てに特化した工場をベンガルールに設立する予定だという。

続きを読む »
18 Feb

アップル、iPhoneに中国製液晶の採用検討 次世代用で中国企業と調達協議

アップルは「iPhone(アイフォーン)」の次世代ディスプレー供給をめぐり、中国の京東方科技集団(BOE)と協議していることを事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。ディスプレーはアイフォーンの主要部分であり、これまで韓国のサムスン電子が提供してきた。
 関係者の1人が語ったところでは、アップルは数カ月にわたり、京東方科技のアクティブマトリクス式有機ELディスプレーの試験を行っているが、同社をサプライヤーに加えるかどうか決定には至っていない。続きを読む »
14 Feb

Samsung、Appleから4,900億円規模のiPhone向けOLED受注か

Samsung Displayが次世代iPhone向けとして、新たに6,000万枚、金額にして5兆ウォン(約4,940億円)の有機EL(OLED)パネルをAppleから受注したと、韓国メディアThe Investorが報じています。

 同メディアによれば、Samsungは昨年すでにAppleと、iPhone8向けに1億枚のOLEDを供給する契約を締結しており、今回の契約と合わせると1億6,000万枚のOLEDを供給することになります。 Appleが年間2億台のiPhoneを出荷していることを考えると、1億6,000万枚という数はおよそ80%を占めています。



続きを読む »
10 Feb

「iPhone8」の価格は12万円超!?OLED採用でコスト上昇

iPhoneの10周年記念モデル「iPhone8」あるいは「iPhone X」は、有機EL(OLED)ディスプレイ採用によるコスト上昇のため、1,000ドルを超え、iPhone7 Plusよりも割高になる、と報じられています。

今秋の発売が噂される「iPhone8」あるいは「iPhone X」と呼ばれる次期モデルは、5.8インチOLEDディスプレイが採用されると噂されていますが、OLEDは供給できるサプライヤーが少ないうえ、従来の液晶(LCD)ディスプレイの約2倍の製造コストがかかること、大容量メモリの搭載により、価格はかなり高くなるようです。



続きを読む »
6 Feb

米アップル、インドでiPhone生産 巨大市場で競争力 台湾・緯創と年前半にも

米アップルがインドでスマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)」の生産に乗り出すことを決めた。
台湾の電子機器の受託製造サービス(EMS)大手である緯創資通(ウィストロン)が受託し、インド南部カルナタカ州の工場で生産する見通しだ。今年前半にも生産を始める。
インドはスマホで世界2位になるとみられる巨大市場。iPhoneはシェアが2%程度にとどまっており、現地生産で競争力を高める。


続きを読む »
19 Jan

10周年を迎えたiPhoneが変えた3つのこと

steve jobs
2017年1月9日、米アップルが「iPhone」を発表してからちょうど10年となった。同社のWebサイトでは、2007年1月9日にスティーブ・ジョブズ氏がiPhoneを発表した際の写真を紹介し、ティム・クック氏、フィル・シラー氏のコメントを発表している。
しかし、スマートフォンはこの10年間で着実な変化を生んでいる。東日本大震災でケータイメールが使えないことに危機感を覚えた筆者の親は、2011年にスマートフォンを持った。Twitter、Facebook、LINEといったアプリを使えば、海外に離れて住む筆者と連絡がつく状態を保てるからだ。


続きを読む »
29 Dec

ウィストロンがiPhone8受注か、中国工場の設備投資強化

電子機器受託生産大手の緯創資通(ウィストロン)が、2017年にアップルが発売するとみられるスマートフォン次期機種「iPhone8」のサプライヤーに加わるとの観測が浮上している。事実であれば、近年ノートパソコン以外の分野を積極的に開拓してきた同社にとって重要な成果といえる。
ただ、来年の出荷規模は鴻海精密工業、和碩聯合科技(ペガトロン)に遠く及ばない上、受注が粗利益の低い4.7インチ機種に限られる場合、業績への貢献度合いは観察が必要とみられる。28日付経済日報が報じた。



続きを読む »
23 Dec

ノキア、アップルを特許侵害で提訴

Nokiaは米国時間12月21日、Appleによる複数の特許侵害を訴える訴状を欧州と米国の裁判所に提出したと発表した。
 「Nokia Technologiesのポートフォリオの一部の特許を対象とするライセンスに関して2011年に合意して以降、Nokiaが行ったそれに続く提案をAppleは拒否した。この提案は多数のApple製品に使用されている、Nokiaが特許を取得済みの他の発明についてライセンスを供与するものだ」とNokiaは述べた。

訴状は、ドイツのデュッセルドルフ、マンハイム、ミュンヘンの地方裁判所と、米テキサス州東部地区連邦地方裁判所に提出された。Appleに侵害されたとNokiaが訴える特許は、ディスプレイ、ユーザーインターフェース、ソフトウェア、アンテナ、チップセット、ビデオコーディングなどの技術に関するもので、全部で32件。



続きを読む »
21 Dec

アップル、インド政府と現地生産で協議=関係者

アップルがインド政府と現地生産の可能性について協議していることが、政府関係者2人の話で明らかになった。インドでの販売を増やし存在感を高める狙いがある。

 政府関係者がウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)に語ったところによると、アップルは11月に政府へ宛てた書簡で、計画について説明し、進める上での優遇措置を求めた。ここ数週間で商工省などの当局者がこの件について話し合った。

 アップルの広報担当者はコメント要請に応じていない。

 アップルは「iPhone(アイフォーン)」などの製品を現地生産すれば、インドで直営店を開設できブランド力を高められるだろう。インドのスマホ市場は急成長しているが、アップルのシェアは5%にも満たない。



続きを読む »
18 Dec

Apple、Google、MicrosoftがLGとOLEDディスプレイで提携!?

LG OLED 56bbd保存Appleをはじめ、GoogleとMicrosoftが、LG Displayと、折り曲げ可能な有機ELディスプレイ(OLED)の分野で提携した、と韓国メディアET Newsが報じています。Appleは、来年のiPhone8にOLEDディスプレイを搭載すると予測されています。

2017年に、プレミアムモデルとされるiPhone8でOLEDを採用するとみられるAppleは、すでに折り曲げ可能な端末に関する特許を数多く取得しており、LG製のフレキシブルOLEDを採用する可能性はあります。

 

続きを読む »
7 Dec

アップルウオッチ、年末商戦で記録的売れ行き=クックCEO

アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、腕時計型端末「アップルウオッチ」の販売が年末商戦の第1週目に過去最高を記録したと明らかにした。ロイターへの電子メールで答えた。

クックCEOは「われわれのデータによると、アップルウオッチは非常に好調で、今年最も人気のホリデーギフトの一つになりそうだ」と指摘。今期は四半期ごとの販売記録も塗り替える見込みだと明かしたが、具体的な販売数については明らかにしなかった。

調査会社IDCは5日、第3・四半期のアップルウオッチの販売数が前年比71%減の110万個になったとの見方を示した。



6 Dec

MacBook Pro有機EL「Touch Bar」、貼り合わせはTPK独占

台湾の経済紙『工商時報』は2016年12月5日付で、米アップル(Apple)が同年9月に発表し、同年11月から供給を始めた新型ノートパソコン「MacBook Pro」のうち、ファンクションキーの機能などを持つタッチ操作対応の有機EL(OLED)ディスプレイ「Touch Bar」搭載モデルのサプライヤーについて、OLEDパネルは韓国サムスンディスプレイ(Samsung Display)、タッチセンサーは台湾TPK(宸鴻)と中国Biel Crystal(伯爾尼)、貼り合わせはTPKがそれぞれ受注したと報じた。

4 Dec

フォックスコン元幹部、iPhone5700台を横流し

f4d3e017ac4a72d6d24d087197b2eba7電子機器生産を請け負う世界最大の企業グループである台湾の鴻海科技集団(フォックスコン、Foxconn)の元幹部が、中国でスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」5700台を盗み横流ししておよそ156万ドル(約1億8000万円)の利益を得ていたとして起訴された。台湾の新北市(New Taipei City)の検察当局が2日、明らかにした。
 フォックスコンは米アップル(Apple)やソニー(Sony)などの国際的なブランドの電子製品の組み立てを請け負っており、中国全土にある工場では約100万人の従業員が働いている。



続きを読む »
4 Dec

儲からない「iPhone向け有機EL」に投資する日本企業の危うさ

来年にも発売されるという「iPhone8」には有機ELパネルが採用されると言われており、サムスン電子やシャープ、ジャパンディスプレイがパネルの供給元としてささやかれ始めている。日本メーカーはアップルの言うことを聞いて、有機ELに投資をすべきなのだろうか。
有機ELについて、筆者は連載第9回『「にわか有機ELブーム」に飛びつく電機各社の浅慮』でも懐疑的な意見を述べたが、今回はもう一歩踏み込んで、日本はむしろ有機ELを、プラズマパネルのように「過去のもの」と見なして葬り去る戦略を採るべきであることを主張したい。


続きを読む »
30 Nov

Apple、iPhone8用の曲面OLEDディスプレイを調達、10種類以上テスト中か

「iPhone」は好きだが、サムスンの「Galaxy S7 Edge」のような曲面ディスプレイが搭載されていたらいいのにと思う人もいるだろう。2017年には、その希望がかなう可能性がある。
 The Wall Street Journal(WSJ)の記事によると、Appleは「同社モデルの差別化を図り」、サプライヤーらに対して「さらに薄い有機EL(OLED)ディスプレイの製造を増やし、サムスン製品よりも解像度の高いプロトタイプのスクリーンを提出するよう求めている」という。
 2017年は、iPhone発売10周年の記念すべき年になるが、スマートフォン販売が鈍化する中、Appleは本当に特別な何かを提供しなければならないというプレッシャーを受けている。ディスプレイは、同社が模索している分野の1つだ。



続きを読む »
27 Nov

アップルは、どうして「日本」を重視するのか-ティム・クックCEO「日本訪問」の舞台裏

アップル 安倍首相0d684606730
2016年9月7日にサンフランシスコで開催された、アップルのiPhone 7発表イベントでは日本人が目立つ異例のステージが展開された。ポケモンGOのApple Watchサポートのデモでは、アプリ開発当初から中心的な存在として活躍した日本人エンジニア、野村達雄氏が登壇した。
またマリオの生みの親でもある任天堂の宮本茂氏の登場には、会場中のスタンディングオベーションが印象的だった。そして、日本でのApple Pay開始とSuicaサポート。
保存続きを読む »
26 Nov

来年のiPhoneは全モデルが有機ELディスプレイってわけじゃない? その噂の理由とは

大刷新されるとうわさされる「次期iPhone(通称:iPhone 8)」。本体素材がガラスに変わり、カーブ有機ELディスプレイを搭載する…などさまざまな報告がありますが、BloombergのMark Gurman氏やJungah Lee氏のレポートではどうも有機ELディスプレイ搭載の計画に支障があるようなんです。
同レポートによると、有機ELディスプレイを提供する4つの主なサプライヤーは、次期iPhoneの全てのモデルを賄うだけの有機ELディスプレイの生産量が確保できないようなんです。以前、KGI証券アナリストのミンチー・クオ氏の「次期iPhoneは、有機ELディスプレイを搭載する5.5インチモデルと、そうでない同サイズのモデル、4.7インチモデルの3つが登場する」との発言を9to5Macが報じていましたが…


続きを読む »
18 Nov

アップル、次世代スマホに有機EL望むも供給準備整わず-関係者

iphone7_black4
しかし問題は、有機ELパネルの主要供給元であるサムスンディスプレーとLGディスプレー、シャープ、ジャパンディスプレイの4社は、新型アイフォーン用ディスプレーを全て生産できる能力が来年中に十分に整わないことだ。2018年も制約は続く見通しで、アップルにとって難題となる可能性があると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。
有機ELパネルは生産が比較的難しく、アップルは量産化に引き続き取り組んでいる供給元の能力に左右される状況だという。サムスンは来年、有機ELパネルの単独サプライヤーとなる方向を目指しているものの、歩留まりが低いため増加するアイフォーン需要を満たせるほど十分に生産できない恐れがある。


続きを読む »
18 Nov

iPhone生産、鴻海が米へ移管検討 トランプ氏政策に対応

terry go e318500d29518電子機器の受託製造サービス(EMS)世界最大手、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が、米アップルのスマートフォン(スマホ)を米国で生産する検討を始めたことが17日、分かった。
トランプ米次期大統領が掲げる製造業の米国回帰に対応する。ただコストが膨らむ公算が大きく、実現するかどうか流動的な面もある。



続きを読む »
17 Nov

「iPhone 8」はベゼルレスデザインに、有機EL採用は5.8インチ版のみか

 米Appleが2017年に発売する予定の次期「iPhone」はディスプレーの端部分がカーブした、ベゼルのないデザインとなる見通しだと複数の米メディア(MacRumors、Forbesなど)が現地時間2016年11月11日までに報じた。

 これは英金融サービス大手Barclaysのリサーチ部門のアナリストらが調査ノートで報告したもの。それによると、Appleが2017年に発売すると見られているiPhone(通称:「iPhone 8」)は、従来モデルと同様に2つのサイズが用意され、小さい方のディスプレーはこれまでの4.7インチから5インチになる。また大きいモデルのディスプレーサイズは従来の5.5インチから5.8インチになるという。

続きを読む »
10 Nov

ジャパンディスプレイは有機ELではなくやっぱり液晶推し!?

ジャパンディスプレイ(JDI)は9日、2019年にも樹脂フィルムを採用したフレキシブル液晶ディスプレーの投入を目指すと発表した。有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)ディスプレーの対抗軸にする。一方で有機ELパネルも開発し、両面で対応できる体制を整える。
 都内で開いた16年4―9月期連結決算会見で明らかにした。また電子ペーパーを作る台湾イーインクホールディングスと提携すると発表した。JDIの低温ポリシリコン液晶(LTPS)技術を組み合わせて新製品を開発し、電子看板など非スマートフォン向け事業を拡大する。



続きを読む »
10 Nov

ジャパンディスプレイ、アップルの要請で新工場の稼働早める

ジャパンディスプレイ(JDI)は、稼働時期を延期していた液晶ディスプレー生産拠点の白山工場(石川県白山市)を、12月中にも稼働することを決めた。
主要顧客である米アップルが9月に発売したスマートフォン「iPhone7」が堅調なことに加え、中国スマホメーカー向けの供給がタイトで既存工場ではフル稼働が続いている。これを受けて本格稼働に踏み切る。好調な液晶パネル販売と工場の稼働率向上は、業績改善に寄与しそうだ。



続きを読む »
10 Nov

Apple、SamsungにOLED発注で巨額の支出か〜公式文書から判明

Appleが米証券取引委員会(SEC)に提出した10-K報告書から、Appleが1年以上の期間に渡り、Samsungに「有機EL(OLED)と思われる部品」を発注していることがわかりました。

J.P. Morganが、AppleがSECに提出した年次決算報告書10-Kの内容を詳しく調べたところ、Appleが1年以上の期間に渡り、総額約40億ドル(約4,200億円)の発注を行っていることがわかりました。こうした発注はこれまで見られなかったことです。
 
その金額が第3四半期の「貸借対照表に記載されない項目」の額と同じことから、J.P. Morganのアナリストらは次期iPhoneのためのOLEDをSamsungに発注したのではないか、と推測しています。



続きを読む »
28 Oct

Apple、新型「MacBook Pro」発表 タッチバー搭載、指紋認証をサポート

米Appleは10月27日(現地時間)、新型「MacBook Pro」を発表した。2015年3月に発表した前モデル以来、約1年7カ月ぶりの新型。ファンクションキーに代わって「タッチバー」を搭載する。価格は14万8800円(税別)から。
米カリフォルニア州クパチーノで開いた新製品発表イベントで、ティム・クックCEOが披露した。

 新たに、キーボードのファンクションキーが並んでいた部分に「タッチバー」を搭載。指紋認証「Touch ID」によって端末のロック解除が行えるほか、Webブラウザの進む/戻る、音量や明るさ調整、絵文字や予測入力など、ソフトウェアに合わせてさまざまな機能を割り当てられる。 



続きを読む »
20 Oct

最新MacBookの発表は10月27日か Appleはキーボード上部にタッチディスプレイを計画

Appleの新しいMacの発表会イベントが、10月27日に開催されると米メディアが報じている。
Appleは10月25日に第4四半期決算発表を行い、その2日後にMacの新製品を発表すると見られる。最も有力視されているのは、新型「MacBook Pro」。キーボード上部のファンクションキーは物理ボタンから細長いタッチパネルの有機EL「タッチバー」になるとされる。
このタッチバーはユーザーによるカスタマイズが可能で、よく使うアプリ、例えば音楽ストリーミングサービス「Spotify」を常駐させ、曲の再生や送りなどもできるという。また、iPhoneに搭載する指紋認証センサー「Touch ID」機能も有する可能性がある、



続きを読む »
20 Oct

JDIが4連騰と物色人気加速、アップル関連の一角で有機EL分野での展開に期待感

ジャパンディスプレイが4連騰、10月初旬を境に動き一変、26週移動平均線も一気に上回って底入れ反騰態勢を明示している。商いも増勢が顕著であり10時30分過ぎ現在で50億円近い売買代金をこなし、東証1部売買代金ランキングでも上位に食い込んでいる。  
同社はスマートフォン向けなど中小型の高精細液晶パネル向けで高実績を有し、米アップル社の有力サプライヤーでもある。



続きを読む »
19 Oct

アップル深セン開発センター計画、鴻海と提携拡大へ

米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は11日、広東省深セン市を訪れ、中国2カ所目の研究開発(R&D)センターを設立すると表明した。クックCEOの中国高官訪問などの行程は、郭台銘(テリー・ゴウ)董事長が同行している。業界では、アップルはスマートフォン、iPhoneの中国での販売不振を挽回するため、現地で研究開発し、販売拠点を増やすほか、鴻海との提携関係を強化するとみられている。中国メディアの報道を基に13日付経済日報などが報じた。
クックCEOは、深?はアップルにとって、非常に重要な製造拠点の一つで、現地の従業員は10万人に上ると語った。アップルは深センでR&Dセンターを設立すると同時に、現地のソフトウエア開発メーカーを支援し、販売拠点や消費者を増やしたいと述べた。



続きを読む »

当サイト特集カテゴリー
1.液晶の歩んできた道(第一部)
液晶の黎明期から実用化を果たすまでの過程をわかりやすく解説することを目指して書きました。

2.液晶の歩んできた道(第二部)
液晶が当面の最終目標だった大型テレビに採用され夢の平面テレビが実現した過程を解説していく予定です。(開始時期未定)

3.用語辞典(技術・ビジネス・企業)
管理人特選の最新技術用語やビジネス用語・関連企業を解説しています。時間の許す限りのアップ、今後充実を目指します。
掲載年月から記事を探す



Twitter プロフィール
Flat Panel TV and Display Worldサイト管理人です。薄型パネルの最新情報を発信しています。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人へのメッセージ
カテゴリーごと記事
記事掲載の写真
  • サムスンの新型スマホ「ギャラクシーノート8」 8月下旬に公開
  • 画面とほぼ同サイズのスマホ実現へ。JDIが狭額縁6型ディスプレイ量産開始
  • AUO中科8.5世代工場を拡張、ハイエンド市場で優位維持狙う
  • LGディスプレー 日本の学会で受賞=有機ELパネル技術で
  • 77型の有機ELテレビ、LGが日本で発売
  • シャープ、中国・ハイセンスを提訴 ブランド使用差し止め求める
  • 特集:有機EL・半導体バブル 週刊エコノミスト2017年6月13日号
  • 特集:有機EL・半導体バブル 週刊エコノミスト2017年6月13日号
  • 特集:有機EL・半導体バブル 週刊エコノミスト2017年6月13日号
  • 特集:有機EL・半導体バブル 週刊エコノミスト2017年6月13日号
  • 特集:有機EL・半導体バブル 週刊エコノミスト2017年6月13日号
  • 3Dテレビ時代の終焉。'17年テレビから3D対応機種が無くなった理由
  • 国産有機ELが出荷、まずはサムスンやLGと戦わない分野から
  • 国産有機ELが出荷、まずはサムスンやLGと戦わない分野から
  • 国産有機ELが出荷、まずはサムスンやLGと戦わない分野から
  • 国産有機ELが出荷、まずはサムスンやLGと戦わない分野から
  • 国産有機ELが出荷、まずはサムスンやLGと戦わない分野から
  • ドン・キホーテ、54,800円の4K 50型液晶テレビ。「市場最安値に挑戦」
  • <JDI>有機ELの「JOLED」子会社化を再延期
  • 進むVR向けディスプレイ開発 サムスンは現行世代よりも3.5倍の画素数実現
  • Appleがリリース予定の新型iPhoneやARグラスなどについてFoxconnの内部関係者がリーク
  • 美人コンパニオン&プロゲーマーも体験!COMPUTEXで見たVIVEを使ったVR体験の数々
  • サムスンディスプレイ、OLED新工場の建設に着手
  • パナソニック、モノづくりの聖地で4K有機ELビエラ製造ラインを公開。匠が手がける日本製へのこだわり
  • パナソニック、モノづくりの聖地で4K有機ELビエラ製造ラインを公開。匠が手がける日本製へのこだわり
  • コンチネンタル、有機EL曲面パネル搭載コンソールを量産へ
  • Samsung、伸縮可能なOLEDディスプレイを開発中
  • 「日の丸液晶」JDI、呆れた無能経営…異常な社長交代劇、大量受注をサムスンに奪われ巨額赤字
  • デル、世界初となる8K液晶搭載の31.5型ワイド液晶ディスプレイ
  • [更新] 液晶パネル価格トレンド (LCD Panel Price Trend)
コメントありがとう