Flat Panel TV and Display World-2....液晶・業界・動向

液晶・有機EL・プラズマ、FPD業界・パネルメーカー・関連企業情報を掲載。当ブログで激しい市場動向に追随!--Since Nov.2004

C_中国

フラットディスプレイ用フォトマスク製造の深セン市路維光電が8日に公募開始、3333万株発行予定

上海証券取引所の科創板への上場を目指している、深セン市路維光電(688401/上海)が8月8日、新規公開(IPO)に向けた公募を開始する。3333万株を発行予定で、公募価格は25.08元。公募終了後、速やかに上場する見込みだ。

 同社は2012年設立の民営企業で、フォトマスクの研究開発、生産、販売を主業務としている。製品は主にフラットディスプレイ、半導体、タッチセンサー、回路ボードなどの分野で利用されており、フラットディスプレイ向けでは第2.5世代から大型化した第11世代までの全世代のフォトマスク生産能力を持つ。
半導体向けでは250ナノメートルノードのフォトマスク量産を実現するとともに、180ナノメートル、150ナノメートルノードのフォトマスク生産重要技術を掌握、国外メーカーに依存してきた中国市場において国産化を実現した。





続きを読む

【自動翻訳記事】情報筋によると、LCD パネル メーカーが生産を削減するよりも需要が急速に減少している

Weibo のニュースによると、業界筋によると、LCD パネル メーカーは生産を削減していますが、その生産量は依然として TV ブランド サプライヤーの需要を上回っています。

DigiTimes によると、情報筋によると、テレビ ブランドのサプライヤーは、最終市場での需要が低迷する中、パネルの調達計画を引き下げているという。最新のパネル購入計画によると、2022 年のすべての TV サプライヤーのパネル購入は、前年に比べて約 15% 減少する可能性があります。





続きを読む

曲がる太陽電池、世界初の量産 日本開発も中国新興先行

Screenshot 2022-07-21 07.21.45中国のスタートアップが新型太陽電池の大型パネルで世界初の量産を始めた。薄くて曲がる「ペロブスカイト型」と呼ばれるタイプで、製造コストは既存の3倍だが、将来シリコン型の半分まで下げられる可能性がある。スマートフォンへの搭載を想定する。もともと日本人研究者らが開発した技術で、国内電機大手は新規投資に消極的なこともあり中国が量産で先行した形だ。

中国の大正微納科技が8000万元(約16億円)を投資して江蘇省で年間生産能力10メガ(メガは100万)ワットのラインで7月に量産を始めた。縦40センチメートル、横60センチの量産に適した大型パネルを生産し、細かく切り分けて中国のスマホやタブレットメーカーなどに納入する。2023年には2億元を投じ能力を100メガワットに拡大する。李鑫最高技術責任者(CTO)が取材に応じ明らかにした。





続きを読む

「スマホの命は、短すぎる」。世界第4位のメーカーは、なぜ“長持ち”に舵を切ったのか?

スマホを「何となく」「新機種が出るたび」に買い替えている人もいるだろう。そもそも愛着をもって長く使い続けられないのか? それを真剣に考えたスマホメーカーがあった。ブランドはOPPO、SIMフリーAndroidシェアでは日本で1位を誇る。ユーザーの希望に取り組んだ理由と、とある「決意」とは?

IMフリーAndroid、OPPO(オッポ)の名前をCMで目にした人も多いのでは。実は、スマートフォンシェアで世界第4位というメガブランドだ。

ミドルレンジ機種、OPPO Reno5 Aの好調を背景に日本市場での成長が著しいOPPOが、ユーザーとスマートフォンメーカーの大きな転換ともいえる決断をした。その象徴が6月23日に発売した新機種、OPPO Reno7 Aだ。コンセプトは「ときめき、長持ち」。いわば、ずっと長く快適に使えて、ユーザーにも環境にも優しい機種だという。





続きを読む

韓国ディスプレイ産業、中国の安価攻勢で過去最大の危機に?

cjk  maxresdefault2022年6月17日、韓国・アジア経済は「韓国のディスプレイ産業は2004年から宗主国・日本を抑えて世界市場をリードしてきたが、危機的状況に追い込まれている」と伝えた。昨年は国内総生産(GDP)の4.4%を占めるほど韓国を支える産業に成長したディスプレイだが、中国の激しい攻勢で揺らいでいるという。

業界によると、サムスンディスプレイは30年間続けてきたLCD事業を今月で終了する。中国の攻撃的な市場進出・拡大による競争激化、収益性の悪化を理由としている。

サムスンのLCD事業は2000年代の半導体不況を支えた柱で、08~13年には年間輸出額がメモリ半導体を上回った。しかし10年代に入ると、中国メーカーが中国政府による補助金や税制減免に後押しされ急成長。これが韓国LCD産業の縮小をもたらし、その結果、中国のLCD市場シェアは圧倒的水準に成長した。





続きを読む

次世代ディスプレイ検査装置「特儀科技」が資金調達、中国初のマイクロ有機EL自動検査ラインを実現

半導体ディスプレイの自動検査装置を製造する「特儀科技(TEYI Technology)」が、シリーズBで資金調達したと発表した。リードインベスターは「中電中金(CLP Zhongjin)」で、「浙商創投(Zheshang Venture Capital)」と「新俊逸資本」も出資に加わった。調達した資金はミニ LEDやマイクロ LED、半導体の検査装置開発に充てられる。

特儀科技はディスプレイ向け自動検査装置の研究開発や設計、製造、販売に注力しており、製品は液晶ディスプレイ(LCD)や有機EL(OLED)のほか、次世代ディスプレイと目されるマイクロLEDやミニLED、マイクロ有機EL、TFT液晶の製造に広く使用されている。有機EL検査装置は中国の大手パネル製造工場が導入しており、3C製品(コンピューター、通信機器、家電)や半導体の一流ブランドを間接的に支えている。





続きを読む

今、中国でAndroidタブレットが過熱している理由 XiaomiとOPPO、そしてHuaweiも

pics_androidpad022021年にXiaomiがコスパに優れた高性能なタブレット「Xiaomi Pad 5」をリリースして以来、他のメーカーもタブレット市場に続々と参入している。新型コロナウイルスの影響によりリモートワークが増えたことなどから、自宅での需要が増えていることも背景にあるだろう。
ノートPCより価格が安く、スマートフォンより大きい画面が使えるタブレットは、スマートフォンの次に買い足される製品になっているのだ。





続きを読む

もはや中国に「世界の工場」の役割は期待できない──成長鈍化で起きること

このところ、全世界的なインフレ懸念が高まっている。2021年後半から原油価格が大幅に上昇していることや、ウクライナ情勢を受けて食糧不足が深刻になっていることなどが背景とされる。確かに両者がインフレの主犯であることは間違いないが、今後、さらに大きな要因が加わる可能性が高まっている。それは中国の構造転換である。

●日本だけ給料が上がらない謎

中国は過去10年、平均7%の成長を実現しており、多くの調査機関が2030年前後に米中の経済規模が逆転し、中国が世界最大の経済大国になると予想している。
一方で、中国は成長率の鈍化という大きな問題に直面しつつある。成長率が鈍化しているのは、社会が豊かになり、途上国としての成長力が失われたからである。社会が成熟化し、成長率が鈍化することを「中所得国の罠」と呼ぶが、成長を実現した多くの国が経験する出来事といってよい。





続きを読む

「世界初12K パノラマVRカメラ」や「メタバース向け」など。注目の全方位カメラのこれまでとこれから

022-06-07-16.17.30これまでThetaやGoProをはじめ、様々な360度全角度が撮影できるパノラマカメラが出てきた。手にもって撮るだけでお手軽に全方位撮れるとあって、購入者は少なくはなく、買ったことがなくとも他の人が撮影した画像を1度は見たことがあるのではないだろうか。

このパノラマカメラの活用事例では何が出てきているのか。調べてみると、新型コロナウイルス感染拡大での在宅チェックのニーズを背景とした、不動産内見サービスが目立つ。中国の大手不動産情報サービス「貝殻找房」の3D内見サービス「如視(REALSEE)」が有名どころで、日本にも進出し導入されている。これは一般的なパノラマカメラ1台を用意し、専用アプリから撮影するだけで、2Dのパノラマ画像に3Dの「奥行き」を与え、画像の遠近感や方向を検知して隣接する画像を自動でつなぎ合わせて3D化することを実現した。





続きを読む

【韓国報道】液晶パネルの次はテレビ用OLEDに目を向ける中国…シェア99%の韓国に揺さぶり

中国最大のディスプレーメーカー、京東方科技集団(BOEテクノロジーグループ)がスマートフォン用の中小型有機発光ダイオード(OLED)パネルだけでなく、テレビ用OLEDパネル市場に目を向けている。中国がテレビ用OLEDパネル市場で低価格による物量作戦を展開すれば、LGディスプレーなど韓国企業のOLED分野での競争力が揺らぐと懸念されている。

 市場調査会社DSCCはこのほど、BOEがテレビ用大型OLEDパネルの商用化を目指していると指摘した。BOEが商用化を計画しているOLEDパネルのサイズは55インチから95インチまでの5種類だという。テレビ用に販売されている全てのサイズのOLEDパネルを生産することになる。





続きを読む

アマゾン、2023年6月末に中国のKindleストアを閉鎖

米アマゾン・ドット・コム(Amazon.com)は6月2日、電子書籍を販売する中国の「キンドルストア(Kindle Store)」の運営の調整に関する重要な通知を、SNSアプリ「微信(WeChat)」内の自社公式ページで発表した。
通知によると、アマゾンは1年後の2023年6月30日に中国のキンドルストアの運営を停止する。





続きを読む

中国製テレビは驚異のコスパ! ? 家電ライター絶賛の注目家電5選

家電ライターの藤山哲人さんが、今注目の家電を5点紹介してくれました。 今、藤山哲人さんが注目するのが中国製家電。

「ここ2年で技術発達と低価格攻勢が激化しています。特にテレビは、“中国製テレビLOVE! ”と言いたくなるほどの低価格と高性能ぶり。Hisense『50v型 4K液晶テレビ 50A6G』は、十分な大画面でありながら5万円台と驚異のコスパです。国産でおすすめなのは冷蔵庫や洗濯機。省エネ性や断熱材など、日本ならではの技術が生きたものが多いからです。
今年フルモデルチェンジした三菱電機の冷蔵庫『MR‐WZ55H』は、独自開発の断熱構造の改良により、設置スペースはそのまま、昨年に比べ庫内の容量はスーパーのカゴ1個分ほどアップしました」
また、劇的な時短ができたり、面倒な手間が省けるなど、QOLが上がるアイテムにもときめき中。





続きを読む

【自動翻訳記事】国内初のG8.5+大型液晶ガラス基板の量産を達成

【チョンチン:国内初の国内G8.5 +大型液晶基板ガラス生産ラインが量産を達成】レインボー(600707)の公式WeChatアカウントによると、5月13日現在、国内初のG8.5+大型-トンナジ液晶基板ガラス生産ラインは、レインボー株式会社の河飛基地での量産に成功し、生産速度は国際的にも最高水準に達し、レインボー株式会社の建設で新記録を樹立しました。
レインボー株式会社を生産するG8.5+生産ライン高世代基板ガラスの生産能力とコスト競争力が再び大幅に向上しました。レインボー株式会社は、咸陽基板ガラス産業基盤の建設を加速すると同時に、合肥フェーズIIプロジェクトのその後の大規模生産ラインを年内に迅速に実現すると報告されています。





続きを読む

【自動翻訳記事】中国のパネル生産ライン利用率LCDは4月に1.8パーセントポイント低下し、AMOLEDは5.5パーセントポイント低下しました

場調査会社CINNOResearchのレポートによると、2022年4月の国内LCDパネル工場の平均利用率は88.4%で、3月から1.8ポイント低下しました。このうち、低世代線(G4.5〜G6)の平均利用率は78.9%で、3月に比べて5.3ポイント低下し、高世代線(G8〜G11)の平均利用率は3月から1.5パーセントポイント下がり89.4%に低下しました。 





続きを読む

【深センIPO】医薬中間体・半導体洗浄剤などの浙江聯盛化学、初値は公開価格を17.96%上回る

医薬中間体・半導体洗浄剤メーカーの浙江聯盛化学(301212/深セン)が4月19日、深セン証券取引所の創業板に新規上場した。公開価格は29.67元に対し、初値は17.96%高い35.00元だった。  
同社は2007年設立の民営企業で、16年に株式会社化した。
医薬中間体、農薬中間体、電子化学品、化学工業用溶剤を主とするファインケミカル製品の研究開発、生産、販売、貿易を手掛け、主要製品はγ−ブチロラクトン(GBL)、農薬などに用いられるα−アセチル−γ−ブチロラクトン(ABL)、リチウムイオン電池や集積回路、液晶パネルなどの製造過程に用いられるN−メチル−2ピロリドン(NMP)、抗エイズウイルス薬に用いられる4−クロロ−2−(トリフルオロアセチル)アニリン塩酸塩水和物(E2)、シクロプロピルメチルケトン(CPMK)、消毒薬などに用いられる2−プロパノール(IPA)、化粧品に用いられる1,2−ヘキサンジオール(HDO)などである。  





続きを読む

【韓国報道】日本抜いてディスプレイ産業1位になった韓国 17年後、中国に追い越される

韓国ディスプレイ業界の専門家たちは口をそろえて中国のディスプレイ産業の追撃に懸念の声を上げている。韓国は2004年、ディスプレイ宗主国の日本を抜いて史上初めて世界市場で占有率1位に躍り出た。宗主国産業は昨年、韓国の国内総生産(GDP)の4.4%を占めるほど成長した。
半導体の次に大きな比重を占める主軸産業になった。しかし17年が経った今、神話が揺れている。自国政府の物量支援を追い風に中国が昨年、年間基準で初めてディスプレイ産業の売上高で韓国を追い越した。韓国ディスプレイ産業協会などによると昨年、中国は占有率41.5%で、韓国(33.2%)を大差で抜いた。

業界で最も憂慮しているのは中国が液晶表示装置(LCD)だけでなくプレミアムディスプレイの有機発光ダイオード(OLED)でも急速に追撃しているという点だ。中国メディアでは、すでに「OLED屈起」という言葉まで使い始めている。





続きを読む

中国新興、「タッチ操作」可能な空中ディスプレー

3012042022000000-1双方向型の空中ディスプレーを開発する「東超科技(Easpeed Technology)」がこのほどプレシリーズBで1億元(約19億円)を調達した。鼎元資本の単独出資で、資金は製品開発や販路構築、市場開拓に充てられる。

東超科技は2016年に設立され、双方向型の空中ディスプレー技術の独自開発に特化してきた。創業者の韓東成氏によると、これまでの投影方法は壁やスクリーンなどの媒体があって初めて成り立つものだったが、東超科技の開発した空中ディスプレー技術は媒体を必要とせず、ライトフィールド技術を応用し、レンズを用いて発散光を空中で集束させることで結像させる。
さらにセンサーと双方向制御技術を組み合わせて、人と空中の映像とがじかに関われるようになっている。





続きを読む

台湾企業が相次ぎ中国東部で生産停止、コロナ行動規制で

台湾の電子部品メーカーなど約30社の企業は13日、中国東部の新型コロナウイルス感染防止策によって、少なくとも来週まで現地工場の稼働停止を余儀なくされたと明らかにした。

上海市で3月末からロックダウン(都市封鎖)が敷かれ、近郊の江蘇省昆山市も行動規制を強化した。

パソコンや携帯電話の部品を製造する亜洲電材(アジア・エレクトロニック・マテリアル)は、昆山工場の稼働を19日まで停止すると発表。液晶ディスプレー(LCD)の部品を製造する迎輝科技(EFUNテクノロジー)は江蘇州蘇州市の工場を同じく19日まで停止すると明らかにした。





続きを読む

中韓の科学技術競争が激化する?―中国人専門家

中国紙・環球時報は、「中韓の科学技術競争が激化する?」と題するオピニオン記事を掲載した。筆者は、技術プロモーションサービス、インターネット情報サービス、ラジオ・テレビ番組の制作などを手掛ける北京軍武科技の創業者で、テクノロジー産業オブザーバーの曽航(ズン・ハン)氏。以下はその概要。

世界のスマートフォン産業で現在、テーブル上に残れる資格がある国は、米国、中国、韓国の3カ国だけだ。液晶ディスプレー(LCD)産業が発展しているのは、中国本土、台湾、日本、韓国だけ。韓国のメモリー半導体は世界シェアトップで、中国は毎年、韓国から大量のメモリチップを輸入する必要がある。だが中国は半導体産業の発展に巨額の資金を投じており、将来的には中国のチップメーカーのいくつかが、世界市場で韓国企業とライバル関係を形成することになるだろう。





続きを読む

新たなステージに入ったモノづくり企業の中国ビジネス

Screenshot 2022-03-10 07.30.01年々、不安が増している。だが決して避けては通ることはできない。それが中国ビジネスに対する我が国モノづくり企業の戦略的位置付けといえるのではなかろうか。  

21世紀に入り、中国は世界第二位の経済大国にまで高成長を遂げたが、これを円貨換算で名目値に換算してみると、仮に中国市場シェアを一定に保っただけでも、経済成長と物価高騰の波に乗るだけで、ここ10年間で日系企業の中国事業業績が3倍に跳ね上がったことを意味する。
過去20年では12倍にもなる。





続きを読む

【自動翻訳記事】Ledman×XinyiAirport、超高精細大画面スマートディスプレイで「飛ぶ」ことができます

27304669100974年末と春の初めに、江蘇省徐州新義空港で最初の短距離旅客輸送ルート「新義-鎮江-黄山」が正式に発足しました!空港の航空飛行サービスホールにあるLedmanCOB超高精細ディスプレイ画面は、空港の包括的な制御および情報表示ウィンドウとして使用され、Xinyi空港のデジタルおよびビジュアル管理を支援し、 Xinyiの地域空域リソース。

徐州市交通局、新義市政府、新義市交通局、棋盤町政府の関係者がフライトサービスホールを訪れ、LedmanCOB超高精細ディスプレイを通して「1つの画面でエリア全体を表示」しました。





続きを読む

ついにOPPOからもタブレットOPPO Pad登場へ!MWCで発表か

2月28日から毎年恒例バルセロナで開催されるMWC 2022(Mobile World Congress 2022)において、OPPOがFind X5シリーズの最新スマートフォンに加えて、Androidタブレット「OPPO Pad」を発表すると見込まれています。

著名リーカーであるDigital Chat StationがWeiboでポスターをリークし、具体的なスペックも出ています。 発表の目玉は、OPPO Find X5、Find X5 Pro、Find X5 Liteの3機種と、Enco X2完全ワイヤレスイヤホンですが、それらに並んで上記写真の背面に黒く見えるものがOPPO Padです。





続きを読む

【自動翻訳記事】2021年の液晶画面出荷が記録を更新!TOP3は中国メーカー:BOEがトップランク

Omdiaのデータによると、2021年には、主にPCやタブレットなどの中小規模の製品の販売が好調であったため、LCDパネルの世界的な出荷台数は過去最高を記録しました。

具体的には、LCDパネルの総出荷台数は9億6,270万台でした。メーカー別では、BOEだけで3億3,250万台が出荷され、Huaxing OptoelectronicsとInnoluxが続き、LGDisplayは1億1,140万台で4位にランクされました。
BOEが出荷シェアの30%を超えたのは今回が初めてであり、出荷シェアが20%を超えたのは初めてであり、これも過去最高を記録した。





続きを読む

「ベトナムにも負けるなんて…」 激高した中国のサッカーファン、テレビを破壊

サッカー中国代表は1日、2022カタール・ワールドカップのアジア最終予選B組の第8戦で朴恒緖(パク・ハンソ)監督率いるベトナム代表に1-3で破れ、ワールドカップ出場を逃した。  

中国共産党の機関誌・人民日報は2日「中国代表は1962年以来初めてベトナムに敗れた」「負けてはならず、負けられない試合で負けた」と報じた。中国のネットでは「春節の雰囲気が完全に悪くなった」と怒りをあらわにし、試合を中継していたテレビを壊す動画もアップされた。

 中国はベトナム・ハノイのミーディン国立競技場で行われたベトナムとの試合で前半に2点、後半に1点奪われた。中国は後半のアディショナル・タイムに1点を返すだけで終わった。29日にオマーンとの試合を残しているが、現時点で1勝5敗2分けでワールドカップ本戦出場失敗が決まった。





続きを読む

メルクが対中投資倍増計画発表、ディスプレー材料に加え半導体に焦点

ドイツに本社を構えるサイエンスとテクノロジー大手のメルクは26日、対中投資倍増計画を発表し、2025年までに少なくとも10億元(1元=約18円)の追加投資を行う方針を明らかにした。投資先はエレクトロニクス部門が中心で、半導体チップ製造分野に焦点を置く。上海市と長江デルタで電子材料の生産・研究開発・サプライチェーンの現地化に向けた施設の建設や拡張を行い、中国の発展が盛んな集積回路産業への関与と支援に積極的に取り組むとしている。

同社の電子材料分野での対中投資額はこの10年で10億元を超え、主に液晶などディスプレー材料・技術領域に集中している。中国法人のアラン・ガボール総裁は「中国市場で現地化を続けるための投資が大きなリターンをもたらすことは事実が証明している。同社のディスプレー材料部門では、今や世界売上高の約半分を中国市場が占める。





続きを読む

中国スマホ「realme」、欧州の5Gスマホ低価格化けん引

Screenshot 2022-02-03 07.13.07香港の調査会社カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチはこのほど発表したリポートで、欧州市場では第5世代移動通信システム(5G)に対応するスマートフォンが急速に普及しており、5Gスマホの低価格化がその大きな要因になっているとの見解を示した。

欧州市場では、中国のスマホブランド「realme(リアルミー)」が5Gスマホ低価格化の主なけん引役を務め、最も急速に伸びている5G対応アンドロイドスマホブランドとなっている。同ブランドの欧州販売台数は20年第3四半期(7~9月)から2021年第3四半期までの間に8.6倍に膨らみ、韓国サムスン、中国勢の小米(シャオミ)、OPPO、OnePlus(一加)に次いで5位に入った。なお、1年前は上位10位圏外だった。





続きを読む

レーザーディスプレイの深セン光峰科技、2021年12月期は前期比67〜115%の増益見込み

上海証券取引所科創板に上場している、レーザーディスプレイ製造企業の深セン光峰科技股フェン(光峰科技、688007/上海)が29日、2021年12月期の業績について前期比で大幅な増益となる見込みを示した。

 同社の予測によると、2021年12月期の純利益は1億9000万〜2億4500万元で、前期比66.89〜115.20%増となる。大幅な増益となる理由について同社は、経営環境の変化に積極的に対応したことでホームシアター、プロジェクトマッピング用レーザーディスプレイ製品の売上が拡大し、安定した業績の成長が実現できたと説明。
コンシューマー向け分野で自社ブランド製品の販売比率上昇、プロジェクトマッピングや映画館などの粗利率が高い事業により会社全体の粗利率が高まり、会社の業務構造がさらに改善されたとしている。





続きを読む

単色液晶ディスプレイ特化の江蘇駿成科技股フェン、18日に公募開始

深セン証券取引所創業板への上場を目指す江蘇駿成科技股フェン(駿成科技、301106/深セン)は14日、新規株式公開(IPO)の目論見書を公開した。1815万株を発行予定、公募価格は37.75元で、18日に公募を開始する。公募終了後、速やかに上場する見込みだ。

 同社は2009年設立の単色プロフェッショナルディスプレイに分野に特化した液晶ディスプレイメーカー。主にTN型(HTN型を含む)、STN型、VA型の液晶スクリーンとモジュール、TFT液晶ディスプレイモジュールの開発、設計、生産販売を行なっており、工業生産、自動車電子、スマート家電、医療健康などのプロフェッショナルディスプレイ分野で同社製品が利用されている。
また車載用大画面VA液晶ディスプレイ、スマートバックミラーなどで一定の実績を持つとともに、今後の発展の重点に据えている。販売先は中国国内のほか、日本、欧米、東南アジアなどに及ぶ。 





続きを読む

「サムスンに追いつく」はずが…23億ドル投じた中国半導体事業「すべて失敗に終わる」

「韓国のサムスン電子と台湾のTSMCに追いつく」として中国が巨額を注ぎ込んで最先端半導体メーカー育成に出たが、いずれも失敗に終わったとの分析が出てきた。
ウォール・ストリート・ジャーナルは9日付で、中国でこの3年間に少なくとも6件の新たな大規模半導体製造プロジェクトが失敗したと企業発表と中国国営メディア報道、地方政府文書などを分析し報道した。

これらプロジェクトに投入された金額は最小23億ドルで、大部分は中国政府が支援した金額だ。だが同紙よると一部企業はただ1個の半導体すら作り出すことができなかった。
ファウンドリー(半導体委託生産)企業である武漢弘芯半導体(HSMC)と泉芯集成電路(QXIC)は無為に終わった6件のプロジェクトのうち中国の「半導体崛起失敗」を象徴する代表的な事例だ。





続きを読む

中国の新興パネルメーカー「資金不足」で窮地に 柔宇科技、賃金を支払えず

中国の新興パネルメーカーの柔宇科技(ロヨル)が、資金ショートで窮地に陥っていることが明らかになった。財新記者の取材に応じた複数の従業員によれば、同社は支給が遅れていた10月分の賃金を11月30日に支払うことを約束していたが、結局履行できなかった。

同日午後、柔宇科技のCEO(最高経営責任者)を務める劉自鴻氏は会議を招集し、会社の資金繰りの状況を全社員に向けて説明した。前出の従業員らによれば、劉氏は「資金調達を進めており、12月末または来年1月には賃金を支給する。ただし確約はできない」と述べたという。

財新の取材によれば、柔宇科技の資金繰りは以前から綱渡りが続いていた。1年近く前から従業員が立て替えた経費の支払いがしばしば遅れていたほか、2021年前半には一部の上級管理職への賃金支給が滞った。





続きを読む

日産化学 光IPS用配向材が中国で中型向け拡大

日産化学の光IPS用配向材事業が中国で拡大している。光IPSはこれまで小型のスマートフォンで採用されてきたが、モニターなど中型パネルへの適用が進む。
中国では大型のG10・5工場への投資が続き、旧世代のG8・5工場などが中型パネル生産に振り向けられている。





続きを読む

【中国報道】中国のOLED携帯電話スクリーンの出荷は第3四半期に37%増加

【中国語→日本語; 自動翻訳記事】

LCDパネルで世界をリードする地位を確立した後、中国のパネルメーカーは世界のOLEDパネル市場でのシェアを拡大​​しています。Sigmaintellの最新の調査レポートによると、今年の第3四半期に、中国本土のメーカーは約3,600万枚のOLEDスマートフォンパネルを出荷し、前年比で約37.4%増加し、世界市場での普及率は約21.6%でした。 。小型OLEDスクリーンの需要超過の問題も解決する必要があります。

OLED携帯電話スクリーンの世界出荷台数で2位、国内出荷台数で1位のBOE(000725.SZ)は、今年の第3四半期に約1,600万枚のフレキシブルOLEDスマートフォンパネルを出荷しました。 34.2%。現在、BOEはAppleのiPhone 13パネルの出荷認証を取得しており、これは将来、より多くの端末ブランドとの緊密な協力に貢献しています。





続きを読む

かつては松下幸之助氏や稲盛和夫氏を崇拝した中国人、今や「経営の神様」も国産化

中国でも、空港や大きな駅には書店がある。そんな書店で今、とにかく売れているのは華為技術(ファーウェイ)の関連本だ。かつては日本の松下幸之助氏や稲盛和夫氏が「経営の神様」とされたが、今ではファーウェイ創業者である任正非CEO「一辺倒」の状態だ。

中国の老舗出版社の一つである三聯書店で編集者を務める曾誠氏によると、同社は「ファーウェイ本」専属の編集者を配しており、2016年からはほぼ毎年、関連書籍を出版している。どの本も刷り数が数十万冊以上であり、電子メディアが勃興した現在としては素晴らしい売り上げという。





続きを読む

HOYA、中国BOEとフォトマスク生産 合弁会社設立

光学機器大手HOYAは22日、中国パネル最大手、京東方科技集団(BOE)の子会社と合弁会社を設立すると発表した。
テレビやスマートフォン向けディスプレーの製造に使う部材を製造・販売する。成長が期待できる中国市場でシェア拡大を狙う。





続きを読む

中国の5Gスマホ出荷台数、1~9月は1億8300万台

中国工業・情報化部直属のシンクタンク、中国情報通信研究院がこのほど発表した「9月の国内携帯電話市場動向リポート」によると、9月の携帯電話国内出荷台数は前年同月比8.1%減の2144万台だった。うち、第5世代移動通信システム(5G)対応スマホは8.1%増の1511万8千台で全体の70.5%を占めた。

1~9月の国内総出荷台数は前年同期比10.2%増の2億4900万台。うち、5G対応スマホは前年同期比70.4%増の1億8300万台で全体の73.8%を占めた。





続きを読む

中国で深刻な電力不足 アップル・テスラ向け工場停止

中国で深刻な電力不足が起きている。当局が環境対策として石炭を主燃料とする火力発電所の発電抑制に動いたことが要因で、同国メディアは全国の約3分の2の地域で電力供給を制限したと報じた。米アップルや米テスラ向け部品を生産しているとされる工場が操業を停止し、日系企業にも影響が出始めている。

上海市のメディアによると、電力不足が起きているのは20省・自治区・直轄市。このうち、江蘇省では今月下旬から、1000社を超える企業が工場を2日稼働した後に2日停止しているという。同省にはスマートフォンや電気自動車(EV)などの工場が多い。

また自動車や家電メーカーが集積する南部・広東省でも企業向けの電力制限を開始。東北の黒竜江省や吉林省、遼寧省では工場だけでなく、市民生活にも影響が及ぶ。





続きを読む

次世代ディスプレイの性能検査を無人化へ 中国新興が全自動検査設備を開発

次世代ディスプレイの検査設備を生産する「特儀科技(TEYI Technology)」がシリーズA+で1億元(約17億円)規模の資金を調達した。国家中小企業発展基金(China SME Development Fund)が出資を主導し、合肥芯屏基金やアモイ市の科学技術局などが出資に加わった。調達した資金は次世代ディスプレイや半導体設備の研究開発、新工場における生産規模の拡大に充て、業界内での優位性をさらに高めていくとしている。

同社は主に液晶(LCD)、有機EL(OLED)、マイクロ有機EL、ミニLED、マイクロLEDパネルの光学検査設備の開発と販売を行っており、ディスプレイの製造過程における外観、スクリーン、パラメーター、光学性能、信頼性などの検査を行う製品を提供している。

性能検査はディスプレイ製造に関わる全プロセスをカバーしており、検査作業は無人化を実現した。最新のマイクロ有機EL検査設備はディスプレイ製造大手「BOE(京東方)」など複数の企業が導入しているほか、ミニLED、有機EL、液晶パネルの検査設備も国内大手企業で利用されている。





続きを読む

サムスン造船所閉鎖で数千人抗議 中国・寧波、従業員が補償要求

中国浙江省寧波市にある韓国系企業、サムスン重工業の造船所で9日、造船所閉鎖を知った中国人従業員数千人が抗議活動を行い、補償などを要求した。
台湾の中央通信が12日までに伝えた。





続きを読む

中国「TCL」液晶パネル生産ライン続々増強の背景 2021年1~6月期は売上高・純利益ともに絶好調

medical images中国のテレビ大手のTCL科技集団(TCL)は8月9日、2021年1~6月期の決算を発表した。売上高は前年同期の2.5倍の742億9900万元(約1兆2661億円)、純利益は同5.6倍の67億8400万元(約1156億円)だった。上半期だけで売上高は2020年通期の実績に迫り、純利益は同年の通期実績をすでに超えるなど、業績は絶好調だ。

 好業績を牽引するのは、主力子会社のパネルメーカー、TCL華星光電技術(CSOT)などが手掛けるディスプレーパネル事業だ。1~6月期の売上高は407億5600万元(約6945億円)と、前年同期の2倍以上に拡大した。TCLによれば、これはパネル業界全体の好景気に加え、同社自身が生産能力を迅速に増強し、製品ラインナップを改善した成果だという。





続きを読む

Appleが「AirPods」の生産拠点をベトナムから中国に回帰か、Google「Pixel 6」も同様の状況

これまでベトナムで生産が行われてきたAppleの「AirPods」シリーズについて、2021年内に発表されるとみられている「AirPods(第3世代)」は中国で生産が行われる予定だと報じられました。報道では、Googleの「Pixel 6」も中国生産になるとされています。

AirPods(第3世代)が中国生産に切り替わると報じたのは、日本経済新聞社の英文媒体「Nikkei Asia」です。同社が2人の情報筋から得た情報によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受け、AppleはAirPods(第3世代)の生産をベトナムではなく中国で行う予定とのこと。

Appleは多くのプロダクトを中国で組み立てていますが、2016年頃に幕を開けた米中貿易戦争などを理由に「生産拠点を中国国外に移す」という対策を講じてきました。2019年に登場した「AirPods Pro」も発売当初は中国製のみでしたが、2020年5月頃から一部がベトナム製に切り替わっています。





続きを読む

積水化学元社員に有罪 中国企業への情報漏洩 大阪地裁判決

大手化学メーカー「積水化学工業」(大阪市北区)のスマートフォン関連技術を中国企業に漏洩(ろうえい)したとして不正競争防止法違反の罪に問われた元社員、久保田敬士(たかし)被告(46)=懲戒解雇=の判決公判が18日、大阪地裁で開かれた。
栗原保裁判官は「一時的ではなく継続的に外国企業に協力する中での犯行で、情報漏洩でも悪質な部類だ」として、懲役2年と罰金100万円、執行猶予4年(求刑懲役2年、罰金100万円)を言い渡した。





続きを読む

中国経済新聞に学ぶ~中国の新型ディスプレー 産業規模は世界一(後)

中国経済新聞に学ぶ~中国の新型ディスプレー 産業規模は世界一 (前)より続く....

欧陽氏は今年の世界ディスプレー産業大会で、「世界のディスプレー産業の規模は1,000億ドル(約10兆9,414億円)を超え、中国は世界のディスプレー産業の発展における中堅パワーになった。中国の有機ELディスプレー(OLED)、LCDの産業規模は世界一で、OLEDとマイクロLEDなどの新型ディスプレーが勢いよく発展し、世界のディスプレー端末応用の形態を拡大・発展させ、より広大な新市場を切り拓きつつある」と述べた。

 同大会に参加した世界的ディスプレー企業や、産業チェーンの川上から川下に至る企業の交流・情報共有のなかから、中国のディスプレー産業の日進月歩の進展が世界のディスプレー産業にチャンスをもたらしていることがうかがえた。





続きを読む

中国経済新聞に学ぶ~中国の新型ディスプレー 産業規模は世界一 (前)

6月17日、安徽省合肥市で2021年世界ディスプレー産業大会が行われた。工業情報化部(省)の王志軍副部長は、「2020年には、中国の新型ディスプレー産業の直接の営業収入が4,460億元(約7兆6,150億円)に到達して、世界シェアは40.3%に達し、産業規模は世界一になった。
中国は製造業の先端化への発展を加速するなかで、世界最新世代の液晶パネル製造ラインの多くがフル稼働し、作ったそばから製品が売れていき、曲がるフレキシブルなAMOLED(アモレッド、有機ELディスプレーの一種)の製造ラインが大量に製品を出荷し、8K超高精細、ナローフレーム、フルスクリーン、透明スクリーンなど多くのイノベーション(革新)に満ちた新製品を世界で初めて発表している」と述べた。

 現在、中国大陸部には第6世代以降のパネル生産ラインが35本あり、投資額は1兆2,400億元(約21兆138億円)、生産能力は2億2,200万m2に達した。





続きを読む

韓国、世界のディスプレー市場で1位の座を中国に奪われる―韓国メディア

中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)は27日、「2004年に日本を抜いた後、17年間も世界のディスプレー市場でシェア1位を守ってきた韓国が、中国に1位の座を奪われた」とする韓国・毎日経済の記事を引用する形で次のように伝えている。

市場調査会社OMDIAが集計した売上高基準のディスプレー市場のシェアを分析した結果、今年第1四半期の液晶ディスプレー(LCD)と有機EL(OLED)を含む全体の売上高シェアで、中国は40%を記録し、33%にとどまった韓国を抜いて世界1位となったことが分かった。

韓国はLCD市場ですでに中国に追い抜かれていたが、OLED市場でも猛追を受けている。





続きを読む

【中国報道】中国のディスプレー産業、「自国製品不足」脱却後どこへ向かうのか?

medical images2020年の中国新型ディスプレー産業の直接的な売上高は4460億元(1元は約17.1円)に達し、世界の40.3%を占め、産業規模は世界一になった。現在、中国大陸部には第6世代以降のパネル生産ラインが35本あり、投資額は1兆2400億元、生産能力は2億2200万平方メートルに達した。

20年近い発展期を経て、中国のディスプレー産業は他国に追いつき追い越そうとしていたのが、先頭を走るようになり、逆転を果たした。しかし将来に目を向けてみると、中国のディスプレー産業の目の前に横たわる試練はより大きくなっている。

新製品が登場

中国の新型ディスプレー産業の規模は世界1位だ。中国は8K超高精細、ナローフレーム、フルスクリーン、折りたたみ式ディスプレー、透明ディスプレーなど、複数のイノベーション製品を世界で初めて発表した。現地化された関連技術の水準が目に見えて向上したと同時に、世界の産業チェーンの企業との協力・ウィンウィン関係も築きつつある。こうした中、18日に安徽省合肥市で閉幕した2021年世界ディスプレー産業大会で、中国ディスプレー産業の発展の鼓動が改めて世界中の目を釘付けにした。





続きを読む

中国ファンドの韓国Magnachip買収、米国が保留命令

韓国_144dc3fd-s-680x370米国が、中国の投資家による韓国の半導体メーカーの買収を阻止する方向で動いている。これは、戦略的な半導体技術に対する中国のアクセスを抑制する上で、米国の管轄権が大幅に拡大したことを示していると、業界関係筋は述べる。

 対米外国投資委員会(CFIUS)は2021年6月15日(米国時間)、中国のプライベートエクイティファンドであるWise Road Capitalによる、韓国Magnachip Semiconductor(以下、Magnachip)の買収を保留する暫定命令を出した。この措置により、同取引は一時的に保留となったが、米国と韓国の規制当局が国家安全保障上の懸念を理由に、現状の形での買収を許可する可能性は低いとの見方がある。

 Wise Road CapitalによるMagnachipの買収は2021年3月に発表され、2021年後半にも完了する予定だと報じられた。
 同年6月17日に米国証券取引委員会に提出された書類によると、CFIUSはMagnachipのニューヨーク証券取引所からの上場廃止も禁止している。その翌日には、韓国の規制当局がMagnachipのOLED(有機ELディスプレイ)ドライバーICを“国家基幹技術”に指定したと報道された。





続きを読む

【中国報道】中国の新型ディスプレーがシェア4割 産業規模世界一

huawei No-Worries-P30-launch6月17日、安徽省合肥市で2021年世界ディスプレー産業大会が行われた。工業情報化部(省)の王志軍副部長は、「2020年には、中国の新型ディスプレー産業の直接の営業収入が4460億元(約7兆6150億円)に到達して、世界シェアは40.3%に達し、産業規模は世界一になった。

中国は製造業の先端化への発展を加速する中で、世界最新世代の液晶パネル製造ラインの多くがフル稼働した。





続きを読む

ミニLEDは中米テレビ向け中心に高い関心

ミニLEDはディスプレイのコントラストを上げる技術の一つだ。iPad ProやPCなどにおいては、クリエイター向けとしても映像視聴向けとしても価値が高い。一方、映像視聴向けの本筋である「テレビ」では、ミニLEDはどう捉えられているのだろうか?

日本でメジャーなメーカーでの採用例は少ないが、テレビでもミニLEDはホットな領域と考えられている。この分野で特に熱心なのは中国メーカーだ。





続きを読む

【韓国報道】中国に奪われた主導権…輝かしかった「韓国LCD時代」幕下ろす

液晶84100-1LG化学が液晶パネル(LCD)用偏光板事業を中国の科学素材メーカーの杉杉に売却する。中国企業の低価格攻勢で収益性が大きく悪化したためだ。

サムスンディスプレーとLGディスプレーも人材を減らし装備を売却するなど液晶パネル事業の規模縮小に乗り出している。1990年代後半から20年近く韓国の核心ビジネスに挙げられた液晶パネル産業が次第に歴史の裏側道へと消えているという評価が出ている。





続きを読む

フォックスコン(鴻海科技集団)の工場で火災か?

シャープの親会社であるフォックスコン(鴻海科技集団)の工場で火災が発生し、黒煙が立ちこめ、火が激しく燃えていました。

6月2日、広東省深セン市龍華区にあるフォックスコンの工場が火災が発生しました。炎上しているのはC11号棟です。現場は黒煙が立ちこめ、火が激しく燃えていました。






当サイト特集カテゴリー
1.液晶の歩んできた道(第一部)
液晶の黎明期から実用化を果たすまでの過程をわかりやすく解説することを目指して書きました。

2.液晶の歩んできた道(第二部)
液晶が当面の最終目標だった大型テレビに採用され夢の平面テレビが実現した過程を解説していく予定です。(開始時期未定)

3.用語辞典(技術・ビジネス・企業)
管理人特選の最新技術用語やビジネス用語・関連企業を解説しています。時間の許す限りのアップ、今後充実を目指します。
掲載年月から記事を探す



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人へのメッセージ


[FPD関連本] ・フラットパネル資料館


電子ディスプレーメーカー計画総覧(2018年度版)


















カテゴリーごと記事
記事掲載の写真
  • シャオミが厚さ5.4mmの折りたたみスマホ「Xiaomi MIX Fold 2」発表
  • サムスンが「Galaxy Z Flip4」を発表、バッテリー容量がアップした新モデル
  • クルマの「ディスプレイ」なぜ大型化? テレビ並「最大48インチ」も登場!? 大きさに限界はないのか
  • デル、最大280Hz駆動をサポートした27型フルHDゲーミング液晶
  • DMM、自社ブランド4K液晶ディスプレイに50型モデルを追加
  • 《ペロシ氏訪台》ペロシ米下院議長が訪台、蔡・総統と会談
  • ディスプレイデバイス市場、2021年をピークに減少
  • タブレット端末世界出荷、4~6月は4050万台 ファーウェイはシェア5位
  • サムスンが「Galaxy Z Fold4/Flip4」を8月10日の新製品イベントで発表
  • LG、88型8K有機ELテレビ受注開始。8Kチューナ内蔵で約383万円
  • ゲーム機「アストロシティミニ V」 縦型4.6型液晶モニター搭載
  • 24インチ×2枚のデュアルスクリーン折りたたみディスプレイ登場
  • LGDが2年ぶり最終赤字、4~6月 コロナ特需の収束響く
  • 徐々に縮小する薄型TV市場、しかし大画面化は進行中
  • ゲオからNHKが映らないスマートテレビ登場。50V型4Kで3万8280円、コスパが吠える!
  • 世界のスマホ市場「SamsungとAppleの二強体制」に集約、XiaomiやOppoなど中国メーカーが後退
  • テレビ需要鈍化懸念のなかでも…「QLED・OLED」プレミアムは「成長街道」
  • 窓で太陽光発電を可能にし断熱性能も向上、LIXILがビル向けの新型ブラインド
  • 液晶パネル、小型テレビ向け最安値 在庫になお過剰感
  • EIZO、15型スクエア液晶の新モデル
  • MacBook Airのある生活 日々の時間がこんなに楽しく豊かになる!
  • 曲がる太陽電池、世界初の量産 日本開発も中国新興先行
  • ついに「紙いらない」って思えた:メモ専用タブレットreMarkable 2
  • 「Galaxy Z Fold5/Flip5」の仕様が早くもリーク。バッテリー持ち改善に期待
  • パネル減産、AUO稼働率50%へ
  • 東レエンジ、マイクロLEDディスプレイ生産性向上へ接合材検証
  • 液晶回帰のシャープ、「養子に出した子」は戻ったが… 周囲は不安視
  • メタバース時代に技術でエンタメビジネスを変革する最新事例【テンセント×松竹】
  • シャオミのディスプレイが日本上陸、23.8型フルHDで早割20,800円から
  • 光の「色」で電圧が変化する新現象を発見! 独自の塗布型光電変換デバイスで フィルタを使わず色を見分ける新技術
コメントありがとう