return_to_forever

Flat Panel TV and Display World-2....液晶・業界・動向

液晶・有機EL・プラズマ、FPD業界・パネルメーカー・関連企業情報を掲載。当ブログで激しい市場動向に追随!--Since Nov.2004

C_中国

2 Nov

中国Sunnypol、合肥の偏光板生産ライン2本稼働

偏光板の中国Sunnypol(三利譜)が10億元(1元=約15.4円)を投じて中国安徽省合肥に建設していた2本のTFT偏光板生産ラインが2016年10月28日、本格的な量産に入った。
30 Oct

【韓国紙コラム】「韓国が崩壊する理由、中国に行けば分かる」

思っていることを全てぶちまけましょう。韓国経済は崩壊の道を歩んでいます。間もなく中国に完全にやられてしまうでしょう。希望はありません。
 中小企業の商売人に何が分かるのかって? 私のように中国に頻繁に行ってビジネスをしている企業家は皆知っていますよ。なぜ韓国経済は崩壊の道を歩むほかないのか。
中国は今や巨大な起業国家になりました。米国シリコンバレーのモデルをそのまま移植し、自国のものにしたわけです。中国の名門大学の近くに行ってみてください。(起業を目指す若者たちが集まる)「創業カフェ」がずらりと並んでいるのです。それを見たら背中に冷たい汗が流れますよ。中国の賢い若者たちは皆、そこに集まっています。会社を立ち上げて金持ちになるという大きな夢を抱いているからです。


保存保存保存続きを読む »
27 Oct

拡大する中国LED照明市場

2015年のLED照明の中国出荷額は、YOY+30%の約5,000億円であった。
LED照明器具、LED電球、直管形LEDの全てのセグメントで数量・金額共に前年から大きく伸長している。
中国のLED照明需要は、徐々に都市部から郊外部へ広がりつつある。
また、これまでは道路灯など政府支援による公共分野が中心であったが、住宅や店舗といった民間需要も拡大しており、2016年以降も高成長が続く見込みである。
LED照明の普及が進む中、販売価格の急落により採算確保が困難になり、小規模なローカルメーカーが撤退するケースが出始めている。地場だけでなく海外からの新規参入も相次いでいることから、今後も中国LED照明市場は激しいシェア争いが続く見通しである。



26 Oct

中国経済新聞に学ぶ~米韓企業撤退、中国製造業に打撃

中国商務部が公表したデータによると、外資企業による中国に対する投資は引き続き増加傾向にある。しかし今年上半期、松下、東芝などが生産ラインを中国から撤退したのに続き、最近では韓国のサムスングループ、アメリカアップルの関連企業が撤退し、中国の製造業に大きな衝撃が走った。特にアップルという巨大な帝国の製造チェーンのほとんどが中国にあり、もし撤退ということになれば、中国に大失業時代が到来するだろう。

 8月25日、サムスンの主要なサプライヤーである、深セン艾迪斯電子科有限公司が生産の停止を宣言した。企業関係者によると、艾迪斯はここ数か月給料の未払いが続いていたという。深セン艾迪斯電子科有限公司は韓国の上場企業であるIDSが中国に投資して創業した独資企業で、登録資本は2,880万ドル(約29億3,760万円)。主にLED(液晶ディスプレイ)、LCM(液晶モデュール)、FPCB、SMTなどを扱い、現在韓国の同業企業のトップにあり、主要な顧客はサムスン電子、モトローラ、ノキアである。



続きを読む »
25 Oct

部品の国産化が進む中国、韓国製の輸入減少

中国が部品や素材の国産化を進める「チャイナ・インサイド」の動きを加速し、韓国の対中輸出に本格的に打撃を与え始めた。
 中国はこれまで半導体や液晶パネルなどの部品を輸入し、完成品を組み立てて輸出する形態が主流だったが、最近は部品まで国産化する戦略へと転換している。韓国産業通商資源部(省に相当)によると、今年1-9月に中国に輸出した素材・部品は604億ドルで前年同期を13.2%下回った。韓国の対中輸出に占める素材・部品の割合は70%に達しており、代替品目を育成できなければ、輸出自体が大きな危機に直面する懸念がある。



続きを読む »
19 Oct

アップル深セン開発センター計画、鴻海と提携拡大へ

米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は11日、広東省深セン市を訪れ、中国2カ所目の研究開発(R&D)センターを設立すると表明した。クックCEOの中国高官訪問などの行程は、郭台銘(テリー・ゴウ)董事長が同行している。業界では、アップルはスマートフォン、iPhoneの中国での販売不振を挽回するため、現地で研究開発し、販売拠点を増やすほか、鴻海との提携関係を強化するとみられている。中国メディアの報道を基に13日付経済日報などが報じた。
クックCEOは、深?はアップルにとって、非常に重要な製造拠点の一つで、現地の従業員は10万人に上ると語った。アップルは深センでR&Dセンターを設立すると同時に、現地のソフトウエア開発メーカーを支援し、販売拠点や消費者を増やしたいと述べた。



続きを読む »
4 Oct

中国Royole、深センに第6世代フレキシブル有機EL工場 17年量産

中国Royole(柔宇科技)は2016年9月23日、広東省深センで開催した新製品発表会で、16年7月から深センに第6世代のフレキシブルアクティブマトリクス式有機EL(AMOLED)ディスプレイ生産ラインの建設を始めていると表明した。17年中の量産開始を予定するという。
25 Sep

サムスンを見捨てる中国消費者 「次はiPhoneを買う」が37%

サムスンの中国事業はこの2年悪化が続き、Canalysによると、サムスンの中国でのシェアは2013年後半の21%から今年は8%まで落ちた。サムスンは中国の富裕層が好むような、アップルやファーウェイに対抗できるプレミアムフォンを投入できておらず、中価格帯の製品でもOPPOやシャオミのような現地勢の追い上げを受けている。


続きを読む »
16 Sep

日本電気硝子、中国最大手に8.5世代液晶ガラス供給−現地に合弁

日本電気硝子は14日、中国の東旭光電科技(河北省)と合弁会社を福建省に設立すると発表した。中国の液晶パネル最大手の京東方科技集団(BOE)の福州工場(福建省)向けに、8・5世代クラスの薄型ディスプレー(FPD)用板ガラスを供給する。
加工するガラス原板はすべて日本電気硝子の製品を使用する。2017年6月に生産を始める。



続きを読む »
15 Sep

大型液晶パネル生産 中国TCL テレビ向け、新工場に7000億円

中国家電大手のTCL集団は、広東省深圳市に世界最大のガラス基板「第11世代」を使った液晶パネルを生産する新工場(CSOT社運営)を建設する。70型など大型の液晶テレビ向けのパネルで、2019年7月の量産開始を目指す。新工場を運営する子会社(CSOT社)には、韓国サムスン電子も出資する。有機ELパネルも生産する予定で、総投資額は465億元(約7千億円)を見込む。
新工場を運営する新会社には、TCLの液晶パネル子会社が約53%、地元の深圳市政府の関連企業が約37.2%、サムスンの子会社が約9.8%をそれぞれ出資する。



続きを読む »
13 Sep

JNC、中国の液晶ブレンド工場を増強−来年5月稼働

JNCは中国・江蘇省の液晶ブレンド工場(写真)を増強し、2017年5月に稼働する。中国では液晶ディスプレー大手が相次いで大型ラインを増設しており、関連材料の需要も拡大している。
同社は液晶の生産効率を向上するとともに生産コストを改善し、競争力を高める。投資額や生産能力は非公表だが、先行して増強した市原製造所(千葉県市原市)や台湾の台南工場と同規模になる見通し。



続きを読む »
26 Aug

専用工場建設急ピッチ 中国メーカー、有機ELに賭け

有機ELへの傾倒――。中国のディスプレー産業は今、有機ELへの熱い期待で覆われている。「次世代iPhoneへの採用をきっかけに、液晶から有機ELへのパラダイムシフトが起こる」。これが、中国パネルメーカーに共通する見方だ。  熱気が渦巻く中で、複数の中国メーカーが有機EL新工場を急ピッチで建設している。このうち、中国液晶最大手のBOE Technology Group(京東方科技集団)が四川省成都市に建設中の有機EL工場を視察する機会を得た。
BOEが成都市のG6工場を着工したのは2015年5月。当初は、低温多結晶Si(LTPS)TFTを用いた高精細液晶パネルと有機ELパネルの両方を、スマホ向けに生産する計画だった。ところが、その後、同社は方針を転換。有機ELの専用工場に切り替えた。プラスチック基板による、折り曲げ可能なフレキシブル有機ELディスプレーの量産に全力投球する構えである。


続きを読む »
17 Aug

アップル、中国に初の開発拠点 コンテンツ販売再開へ秋波

アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は16日、訪問先の中国で、年末までに中国で同社初となる研究開発拠点を設ける方針を明らかにした。北京・中南海での張高麗副首相との会談風景を中国の国営中央テレビ(CCTV)が報じた。

 アップルの中国でのサービスは、4月から一部コンテンツの販売が制限されている。投資拡大により中国政府との関係強化を図り、販売再開へ秋波を送った格好だ。



続きを読む »
4 Aug

中国TCL集団、ブラジルに液晶TV新工場

中国家電大手のTCL集団は、ブラジルに液晶テレビなどを生産する新工場を建設する。6000万ドル(約64億円)を投じる。現地大手の家電メーカーと設立する合弁会社で工場を運営し、ブラジル市場での販売拡大を目指す。

 TCL集団は、ブラジルの輸入家電製品にかけられる高い関税の回避を狙い現地生産に踏み切る。新工場を近く稼働させ、自社家電製品のコスト競争力を高める。

 TCL集団傘下の液晶テレビを主力事業とする「TCL多媒体(マルチメディア)」と、ブラジル大手の家電メーカー「SEMP」が組み、合弁会社を設立する。TCLマルチメディアが40%、SEMPが60%出資する。
 


続きを読む »
3 Aug

中国の無名メーカー、世界テレビ市場3位に

2016080200619_0
中国の無名メーカーが今年、世界のテレビ市場で3位に急浮上し、韓国のサムスン電子、LG電子の新たな競争相手として浮上しそうだ。

 市場調査会社のトレンドフォースによると、中国の新興ブランド「LeEco」が今年、液晶テレビ1457万台を販売し、サムスン電子、LG電子に次ぐ世界3位に浮上すると予想した。

 LeEcoは昨年まで5位圏内にも入らなかったが、先月末に20億ドルで米ビジオを買収し、生産台数をお大きく増やした。LeEcoは今年、ハイセンス(海信)、TCLなど中国メーカーだけでなく、日本のソニーも抜き去る見通しだ。



続きを読む »
28 Jul

レッドサプライチェーンの衝撃、中国パネル産業の競争力を分析

ディスプレーパネル産業に対しては、新三年計画が2014年に提案された。これは第13次五カ年計画と同様に、政策面から中国国内のパネルメーカーを支援し、第8.5世代(G8.5)を中心とする高世代液晶パネル生産ラインへの投資を強化するものである。これにより、パネルの輸入数量を減らし、さらには海外へのパネル輸出を大幅に増加させ、台湾や韓国と世界市場で競い合おうとしている。
内需拡大政策の終了により、テレビを購入する消費者が減り、それまでのような急成長は続かなくなった。2012年以降、テレビの購入を補助する政策が次々と終了し、その結果、2014年はついに中国の液晶テレビ需要量は初のマイナス成長となった。内需拡大政策の終了に加え、さらに人民元切り上げの圧力が経済全体に不安をもたらした。


続きを読む »
28 Jul

中国・楽視網、米テレビ大手のビジオ買収 2100億円で

中国のインターネット動画配信大手、楽視網信息技術(LeEco)は26日、米テレビ大手のビジオ(カリフォルニア州)を20億ドル(約2100億円)で買収すると発表した。LeEcoは近年、ネット接続機能を備えた自社ブランドのテレビ販売に力を入れている。ビジオ買収を足がかりに、北米のテレビ市場に進出する。

 2002年創業のビジオは電子機器の受託製造サービス(EMS)を活用した格安テレビで急成長。米調査会社IHSによると、15年の北米テレビ市場におけるシェアは17.2%と、韓国サムスン電子に次ぐ2位だ。



続きを読む »
25 Jul

「LGの技術力は世界最高だが中国の追撃は恐ろしい」

  「パネルはバッテリーと違って高高度防衛ミサイル(THAAD)の影響は大きくない。本当に恐ろしいのは中国が作っている19カ所のディスプレー工場だ」。

  LGディスプレーの韓相範(ハン・サンボム)副会長は今月 京畿道坡州(キョンギド・パジュ)にあるLGディスプレー工場で記者団招請懇談会を開きこのように明らかにした。

  韓国ディスプレー産業協会会長を兼任している韓副会長は「THAADがパネル業界に及ぼす影響は英国の欧州連合(EU)離脱より微小なもの。パネルは中国が輸入して多様な製品に応用する部品のため、完成品であるバッテリーとは状況が大きく異なる」と話した。
 

続きを読む »
25 Jul

三星電子がファーウェイに反訴、中国裁判所3ヵ所に特許侵害訴訟

中国電子メーカーであるファーウェイから特許攻撃を受けた三星(サムスン)電子が、中国裁判所にファーウェイを相手に反訴を起こした。
22日(現地時間)、中国メディアによると、三星電子は中国北京にある知的財産権裁判所に、ファーウェイや亨通達デパートを相手に、1億6100万人民元(約247億ウォン)規模の特許損害訴訟を起こした。亨通達デパートは事実上、ファーウェイ専属流通網を運営するモバイル機器流通会社だ。
三星電子は、北京のほか、深圳や西安でも、ファーウェイを相手に訴訟を起こしているという。



21 Jul

中国有機ELメーカーが台頭、専用工場の建設が急ピッチ BOE、2020年にシェア20%超を目指す

18zu01有機ELへの傾倒──。中国のディスプレー産業は今、有機ELへの熱い期待で覆われている。「次世代iPhoneへの採用をきっかけに、液晶から有機ELへのパラダイムシフトが起こる」。これが、中国パネルメーカーに共通する見方だ。

 熱気が渦巻く中で、複数の中国メーカーが有機EL新工場を急ピッチで建設している。このうち、中国液晶最大手のBOE Technology Group(京東方科技集団)社が四川省成都市に建設中の有機EL工場を視察する機会を得た。

保存保存保存続きを読む »
20 Jul

日東電工が中国の偏光板生産体制を増強

日東電工は6月20日、中国深センに130億円の投資を行い、偏光板の前工程設備を新設することを発表した。現地で生産する偏光板は、革新的な製造方法を用いた超薄型偏光板であり、2018年度中の量産を予定している。
中国で投資が進む8.5世代以上のアレイラインに対しては、偏光板をロール状のままパネルに貼り合わせるRoll to Panelの有効性が高い。



続きを読む »
13 Jul

記事タイトルシャープ買収に思う 「今こそ菅原道真にお願い!」

コンビニで接客してもらってて、この人ちょっと発音が気になるなあと思うと、ついつい店員さんの名札を見てしまう癖があります。すると大概1文字で「イ」とか、2文字で「テイ」とか書いてあるので、中国から来てはる人なんやろなあと推測しています。そして店を出るや否や、「ちょっと待てよ。もしかしたら中国やなくて台湾の人かもしれないぞ」と、更(さら)に推測をえぐっています。
ところで前の申(さる)年に、初めて薄型テレビを買いました。シャープの液晶テレビでした。どちらかというとパナソニック贔屓(びいき)の家庭に育ったので、パナソニックの薄型テレビを買おうかなとも考えたんですが、その当時はシャープの液晶テレビが抜群のブランド商品だったんです。だから、シャープに飛びついたんです。


続きを読む »
8 Jul

中国の有機EL、高級TV/フレキシブル/Appleに話題集中

「第1回中国国際OLED産業大会」が中国の深セン市で、2016年6月30日と7月1日の2日間にわたって開催された。中国OLED産業連盟(COIA:China OLED Indutry Alliance)と地元の深セン市平板顕示行業協会(SDIA:Shenzhen Flat Panel Display Industry Association)が主催し、国内外の10以上の学会や業界団体の支援を得て、中国での有機ELの産業化を強固に進めるために開催された。主催者によると、事前に300人の参加を見込んでいたが、蓋を開けたら2倍の600人が参集。あわてて会場で席を増やしたという。
中国は液晶生産大国だが、液晶パネルの価格が急速に下がり、収益面で厳しくなっている。そこで、画質や機能性(折りたたみ可能など)で付加価値の高い有機ELディスプレー(OLED)を産業として、つまり材料、製造装置、組み立てから、テレビやタブレット端末やスマートフォンなどの製品までの総合的なバリューチェーンとして育成する戦略が立案され、その意図に沿った動きが、ここにきて盛んになっている。


続きを読む »
6 Jul

アップル、中国でまたも提訴か--中国市場で難題続く

Appleが、1994年の動画をめぐり、中国のSARFT(国家新聞出版広電総局)傘下の部門に提訴されたとAPが報じている。SARFT傘下のMovie Satellite Channel Program Production Centreは、その動画に対する独占的なオンライン権を保有しているとし、Appleがその動画を配信したことで「多大な経済的損失」を被ったと主張している。

問題の動画はAppleが直接配信したのではなく、App Storeで提供されているアプリ「Youku HD」で配信された。

 Appleと、Youkuの親会社であるHeyi Information and Technologyの両社が訴えられており、Centreは動画の取り下げと5万人民元(約7500ドル)の賠償を両社に求めているという。



続きを読む »
27 Jun

MIT発表の「世界で最も優秀な企業トップ50」、目立つ中国企業の躍進

マサチューセッツ工科大学(MIT)が、世界で最も優秀な企業トップ50を発表した。それによると、中国企業がますます優秀さを増しており、日本や韓国の企業を追い抜いて米企業に追いつきつつある。
2016年版の同ランキングでは、トップ10に中国企業2社が食い込んだ。2位の検索エンジン大手の百度(Baidu)と、10位の華為技術(Huawei)だ。2015年は3社がトップ10入り、2014年は0社だった。

 最新のランキングでトップ10入りしたのは以下の企業。



続きを読む »
27 Jun

中国、台湾との対話停止を明言、鴻海のシャープ買収独禁法への影響は?

中国で台湾政策を担当する国務院台湾事務弁公室の安峰山報道官は25日、台湾の蔡英文政権が5月20日の発足以降、「(中国大陸と台湾は一つの国だとする)一つの中国の原則という共同の政治的基礎を認めていないので、両岸(中台)の対話メカニズムは既に止まっている」と語った。
国営新華社が伝えた。中国は台湾独立を志向する蔡政権との当局間対話を事実上、停止していたが、当局者が明言したのは初めて。
21 Jun

日東電工、中国で液晶フィルム部材生産 130億円投資

日東電工は2018年度にも中国広東省で液晶パネル用のフィルム部材「偏光板」の生産を始める。投資額は約130億円で、海外で一貫生産できる体制にする。同社は偏光板の世界大手で、韓国サムスン電子など有力顧客を抱える。中国メーカーなどが現地で生産を急拡大しており、素早く注文に応じる体制を整えて電子部品事業の収益力を高める。

 偏光板は液晶パネル内に組み込んで光を制御し鮮やかな映像を映す部材だ。原材料を伸ばしてフィルム状にし積み重ねる「前工程」では最先端の生産技術が必要。尾道事業所(広島県尾道市)と亀山事業所(三重県亀山市)の国内2工場で担っていた。



続きを読む »
21 Jun

TIANMA、武漢LTPS工場をフレキシブル有機ELに変更 17年下半期量産へ

調査会社DIGITIMES Researchは2016年6月14日に公表したパネルの中国TIANMA(天馬微電子)による、アクティブマトリクス方式有機EL(AMOLED)製造の取り組みを紹介するレポートの中で、16年上半期からAMOLEDの量産を少量ながら始めた他、湖北省武漢に建設中の第6世代低温ポリシリコン(LTPS)液晶工場をAMOLED生産用に改造、17年下半期からフレキシブルAMOLEDパネルの量産を始めると伝えた。



19 Jun

中国から韓国企業までも逃げ出し始めた!サムスンは携帯工場をベトナムにシフト 中韓蜜月は風前の灯火に…

これまで政治的にも、経済的にも蜜月の関係であった韓国と中国だが、経済面で異変が起きている。韓国企業が中国への投資を激減させているのだ。対中投資額はこの2年間で6割も減った。
鍵を握るのは韓国最大の企業グループ、サムスングループ。これまで、中国を輸出拠点として重視してきたが、その機能をベトナムへ移行させている。韓国の国内総生産(GDP)の約2割を握る“サムスン帝国”の動向は、関連企業や取引企業のみならず、他の企業グループにも波及するとみられる。いったい何が起きているのか。



続きを読む »
6 Jun

中国パネルメーカー、投資続けば供給過剰に 中国ディスプレー業界団体秘書長の梁新清氏に聞く

p1
日本、韓国、台湾が先行してきたディスプレーの分野で、中国企業の存在感が増している。製造業の高度化を目指す政府の支援を受け、最大手の京東方科技集団(BOE)や天馬微電子、家電大手TCL集団傘下の華星光電技術(CSOT)などがいずれも数千億円を超える巨費を投じ、覇権を握ろうとしている。韓国勢が先行する有機ELディスプレーでも各社が量産に向けて動き出している。
- シャープが台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入ります。中国のディスプレー業界は、両社の提携をどのように見ていますか。

....ただ現実的な問題として、100年の歴史を持つ日本の企業であるシャープと台湾の鴻海とでは企業文化が異なります。今後、メリットを発揮できるかどうかです。


続きを読む »
4 Jun

LGDの曲面有機EL、小米とファーウェイがスマホに採用決定の報道

韓国LGディスプレイ(LG Display=LGD)がスマートフォン用の曲面有機EL(OLED)パネル「Dual-Edge」で、中国Xiaomi(シャオミ=小米カギ)から受注に成功、さらに中国Huawei(ファーウェイ=華為)からの受注もほぼ確実にしたとの観測が韓国や中国の業界に浮上している模様だ。
2 Jun

世界初のPC用13.3型E Inkディスプレイ

中国DASUNGは、世界初を謳うPC用13.3型E Inkディスプレイ「Paperlike」を開発。クラウドファンディングのINDIEGOGOで出資を募っている。

 E Inkはバックライトが不要であるため、液晶などの一般的なディスプレイに比べて目に与える負荷が少なく、消費電力も低いというメリットがある。一方で、モノクロであり、書き換えの速度が遅く、書き換え前の画面がうっすら残るゴーストの問題もあり、電子書籍端末には好適だが、コンピューティングデバイスのディスプレイには不向きである。

 そういった中DASUNGは、独自の画像処理アルゴリズムとゴースト除去技術により、世界最高速のE Inkディスプレイを開発した。それでも、一般的ディスプレイに比べると書き換え速度は遅いため、同社ではPaperlikeをセカンダリディスプレイとして、文章作成やスプレッドシートなど文字ベースの作業用途に位置付けている。

続きを読む »
1 Jun

東旭集団、G8.5ガラス基板量産、フルスピードで突き進む

ディスプレー関連事業からスタートした東旭集団(Tunghsu Group)。現在、その傘下にある「東旭光電」は中国大陸最大の液晶ガラス基板メーカーである。東旭は2016年3月1日から、第8.5世代(G8.5)のガラス基板新工場の建設に着手し、2017年に量産体制を整える予定だ。
また、偏光板とカラーフィルターの量産、およびグラフェンやサファイアなどの新素材開発も積極的に推進している。この他、同グループはもう1つの上場企業である「宝安地産」を拠点とした、新エネルギー事業を開拓している。
第8.5世代のガラス基板工場建設に着手しました。2016年3月1日に福建省福清市で着工した当プロジェクトは、グループ傘下の上場企業により、あらゆる世代のガラス基板の製造ラインを基本的にすべてカバーしただけでなく、京東方科技集団(BOE Technology Group)がそのエリアで新しく建設した第8.5世代液晶パネルの製造ラインと連携を取ることも可能にしました。


続きを読む »
31 May

中国液晶パネル(LCD)メーカーの京東方(BOE)の歴史

中国の液晶パネル(LCD)メーカーの京東方(BOE)はこのところ業界で最も注目されている会社だ。安い価格に比べ立派な品質のおかげで1~3月期にシェア17.3%(1100万台)でいつのまにか世界2位に上がった。
2~3年前には4~5位にとどまっていた会社がいまではサムスンディスプレーより多くの製品を供給する会社に成長した。1位のLGディスプレーの1260万台との格差も大きくない。



続きを読む »
29 May

ファーウェイがサムスンを提訴、携帯電話関連の特許侵害と

ファーウェイは、米国と中国の裁判所に、サムスンが特許を侵害したとする訴状を提出した。
携帯電話に関する通信技術、携帯電話のソフトウェアなどファーウェイの知的財産をサムスンが侵害した、という主張で、損害賠償を求めている。



続きを読む »
25 May

急成長する中国メーカー製TV、韓国に肉迫

146410080817_20160524
2000年代中盤に韓国メーカーが日本を上回った世界テレビ市場で、中国メーカーが占有率1位に向けて快進撃をしている。 中国政府の液晶表示装置(LCD)事業支援に力を得た中国メーカーが「プレミアム級」テレビ市場まで伺い、サムスン電子やLG電子との競争が本格化している。

 24日、市場調査機関のIHSが発表した今年第一四半期の世界テレビ市場出荷量報告によれば、韓国メーカーのサムスン電子とLG電子は合計で34.2%の占有率で1位を守った。 韓国メーカーは市場全体の3分の1以上を占め、毎年首位を守ってきた。 ところで注目すべきは、中国メーカーの急成長だ。 中国メーカーは第一四半期に合計31.4%の占有率で、韓国に2.8%p差まで迫った。 
 


続きを読む »
24 May

テスラが近く中国に工場開設? 共同創業者が噂を否定

米テスラの共同創業者ジェフリー・ブライアン・ストロウベルは先ごろ、同社が近く中国に生産拠点を設ける計画との観測が浮上していることについて、「時期尚早」との見解を示した。

ドイツで中国の国営英字紙チャイナ・デーリーの取材に応えたストロウベルは、より手頃な価格に設定したセダン「モデル3」の売上高がさらに上昇すれば、組み立てラインを設置するのは「理にかなったこと」になると述べた。



続きを読む »
24 May

ChinaStar、11世代液晶工場の建設表明 78億米ドルで

中国の家電大手TCLは同社の米国サイトで2016年5月18日(現地時間)、同社傘下でパネルの中国ChinaStar(華星光電)が78億米ドルを投じて、中国広東省深センで世界最先端となる第11世代の液晶パネル生産工場を着工すると表明した。 (次ページに英文記事)
なお先月(4/20)には同投資についての観測記事が流れていた。中国では大型液晶工場の投資が相次いでいる



続きを読む »
22 May

中国、台湾民進党政権の誕生でパネル購買ミッション取り消しか

「パネル調達の女王」のニックネームで呼ばれる中国の業界団体、中国電子テレビ・ビデオ産業協会(中国電子視像行業協会)の白為民・副会長は2016年5月18日、過去数年恒例としていた中国のテレビ(TV)ブランド各社の代表を引きつれて台湾を訪問しパネルを調達するツアーを今年実施するかどうかについて、明言を避けた。



12 May

日本板硝子が中国工場閉鎖、トクヤマはマレーシア生産子会社を減損

太陽電池向けの素材市場で、中国企業の台頭などにより日本メーカーのコスト競争力が低下し、海外工場での生産体制を見直す動きが目立っている。

 日本板硝子は、連結子会社であるピルキントンソーラー(太倉)有限公司(PST)が、中国における太陽光パネル用の板ガラス事業から撤退すると発表した。今回の決定に伴い75億円の減損損失を2016年3月期に計上する。

 PST は、中国で結晶シリコン型太陽光パネル向けに板ガラス(カバーガラス)を製造・販売してきた。しかし、「近年、同社製品に対する需要の減少が続き、今後の収益性も改善が見込めないため、同事業からの撤退を決めた」という。6月30日をもって撤退する。



続きを読む »
6 May

鴻海子会社の富智康集団、16年6月中間決算は9割減益の見通し

台湾系携帯電話機メーカーの富智康集団(親会社は鴻海)は5日大引け後、2016年6月中間決算の純利益が前年同期の1億2900万米ドルから1000万-2000万米ドルの水準に落ち込むとの見通しを明らかにした。
一部の主要顧客からの受注減で販売が大幅に落ち込み粗利益が低下した。売上高は前年同期の38億2900万米ドルから24億6500万米ドルに減少する見通し。  
富智康集団の6日の香港市場株価は前営業日比約20%下落で推移している。



28 Apr

CES Asia -- May 11-13, 2016 @ 上海

CES Asia serves as the premier event for the consumer technology industry, showcasing the full breadth and depth of innovation in the Asian marketplace. Located in Shanghai, China, key global businesses are participating in this inaugural event to grow and reinforce their brands by showcasing the latest products and technologies to consumer technology industry executives, international buyers, media and a limited number of consumers from China.
 ⇒ CES Asia
20 Apr

[速報] ChinaStar、深センに11世代工場建設の報道 鴻海のシャープ買収が引き金

中国家電大手TCL傘下でパネルのChinaStar(華星光電)が、500億元(1元=約16.9円)を投じて世界最先端となる第11世代工場の建設を近く決める模様だ。
17 Apr

深セン製造業の「ハイエンド化」加速、世界進出を実現

「世界の工場」と呼ばれる広東省の深セン市で、製造業の「ハイエンド化」が加速している。イノべーション力を駆使し、同市のハイテク企業は早々に小型無人機(ドローン)、ロボット、新材料、スマート製造などの新興分野に照準を合わせた。
玩具、アパレルなどの労働集約型製造業が低迷する中で、これら新市場にいち早く商機を見出した格好。ハイエンド製造を武器に、世界進出を果たしている。経済日報が9日付で伝えた。



続きを読む »
15 Apr

ChinaStarの武漢6世代LTPS工場が量産開始

液晶パネルの中国ChinaStar(華星光電)は2016年4月11日、湖北省武漢に建設していた第6世代低温ポリシリコン(LTPS)工場で生産を開始したと表明した。
13 Apr

[台湾報道]中国投資環境が悪化、撤退企業の処分額最悪148億元

昨年、中国子会社を、売却、清算、解散、破産で処分した台湾の上場、店頭公開企業は44社に上り、その資産規模は148億台湾元(約490億円)で過去最悪となった。
このうち店頭公開企業が41億元を占め、従来の10億~20億元より倍増した。鴻海精密工業などハイテク大手や銀行は中国投資が順調だが、中国経済の減速、原料・人件費上昇など投資環境が悪化する中、中小企業は中国メーカーとの競争に敗れ、「損切り」を余儀なくされている。9日付自由時報が報じた。



続きを読む »
13 Apr

産業用ロボット、中国が拡大の牽引役に

産業用ロボットの市場が拡大している。国際ロボット連盟(IFR)によると、産業用ロボットの全世界の出荷台数は、2014年に前年比29%増の22.9万台と大きく拡大。15年の出荷台数は14年からさらに20%増加したとみられる。16年以降も年率2桁%の成長を続け、18年には出荷台数が40万台に達する見込みで、その牽引役となるのが中国市場だ。
 中国での産業用ロボットの販売は14年に前年比55.7%増の約5.7万台となり、世界最大の市場となった。18年には15万台まで拡大すると予測されている。



続きを読む »
1 Apr

中国化工集団 独の成形機大手を買収へ 9億ユーロで

 化学関連でも中国企業の海外進出が活発になってきた。藍星集団(ブルースター)などを傘下に擁する国有大手化学企業グループの中国化工集団(ケムチャイナ)が、ドイツの大手ゴム・プラスチック加工機械メーカー、クラウスマッファイを買収する。
買収額は9億2500万ユーロ(約1183億円)で、中国化工集団によると、中国によるドイツへの投資規模としては過去最大となる。中国政府の地域戦略?一帯一路?(「シルクロード経済ベルト」「21世紀の海のシルクロード」)に沿って、中国企業はアジアや欧州との結びつきを強めている。



15 Mar

[中国の追撃受ける韓国LCD産業] サムスン・LG、生産ライン19本中6本閉鎖

韓国国内のLCDラインが閉鎖しているのは中国企業の価格攻勢のためだ。中国政府は2010年の第12次5カ年経済計画で4大輸入品に浮上したLCDパネルを国産化するという戦略を発表した。1%未満のディスプレー自給率を2015年に80%に引き上げるために、企業のパネル工場建設に地方政府が資金を支援することにした。

これに伴い、企業は工事資金の10%さえあれば工場の建設が可能になった。中国最大LCD生産企業のBOEは400億元を投資し、世界最大の第10.5世代工場を建設している。このうちBOEの資金は10%の40億元にすぎない。180億元は銀行から借りた。残りの180億元は工場ができる合肥市政府が出資する。



続きを読む »
13 Mar

シャープ支援の鴻海会長 親中派で尖閣買収画策の過去

 経営再建中のシャープの支援策などを提案している台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘会長は中国の習近平国家主席と、これまで30年来の付き合いがあるなど、親密な関係にあることが分かった。
 また、沖縄県尖閣諸島の買収を画策するなど、親中姿勢が強く、郭氏がシャープの再建を手掛けることになれば、シャープの先端技術が中国に流出する可能性が高くなるとの指摘もある。
 中国メディアによると、郭氏は1974年、24歳で鴻海プラスチック企業有限公司を創設し、1982年に現在の会社名である鴻海精密工業に改名した。



続きを読む »

当サイト特集カテゴリー
1.液晶の歩んできた道(第一部)
液晶の黎明期から実用化を果たすまでの過程をわかりやすく解説することを目指して書きました。

2.液晶の歩んできた道(第二部)
液晶が当面の最終目標だった大型テレビに採用され夢の平面テレビが実現した過程を解説していく予定です。(開始時期未定)

3.用語辞典(技術・ビジネス・企業)
管理人特選の最新技術用語やビジネス用語・関連企業を解説しています。時間の許す限りのアップ、今後充実を目指します。
掲載年月から記事を探す



Twitter プロフィール
Flat Panel TV and Display Worldサイト管理人です。薄型パネルの最新情報を発信しています。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人へのメッセージ


[FPD関連本]

フラットパネル資料館

日本の電機産業 失敗の教訓












カテゴリーごと記事
記事掲載の写真
  • インタビュー/JDI・東入来会長兼CEO「これが最後のチャンス」
  • 有機EL 素材で攻める 3兆円市場で日本勢が存在感 三菱ケミ、発光材で大型に照準 製造装置はキヤノン系独走
  • 中国経済界、フォックスコンの米国投資拡大を警戒
  • 世界で一番売れているサムスンのスマホ、なぜ中国では売れないのか
  • シャープ社長、JDI支援に意欲=「黒字化できる」
  • [韓国報道] サムスン電子、日本のスマホ市場で大きく成長…シェア3位
  • 中国パネルメーカーの天馬微電子、JDIに出資提案
  • Apple、iPhoneやMacの画面盗み見を防ぐ技術を開発!液晶の視野角を制御
  • Apple、iPhoneやMacの画面盗み見を防ぐ技術を開発!液晶の視野角を制御
  • ジャパンディスプレイ、「コネクテッドカー」「ADAS」向け車載用LTPS(低温ポリシリコン)液晶ディスプレイの量産出荷開始
  • [更新] 有機EL(OLED)量産工場・投資予定一覧 (OLED Production Plant Investment Summary)
  • [更新] 有機EL(OLED)量産工場・投資予定一覧 (OLED Production Plant Investment Summary)
  • JDI、1000億円 工場集約など改革加速
  • ウィスコンシンに8Kパネル工場、鴻海が米国投資発表
  • LG中国広東省広州市に有機ELパネルの合弁工場を建設すると発表
  • [更新] 液晶パネル価格トレンド (LCD Panel Price Trend)
  • iPhone8は9月に発売!ただし最初は台数限定〜J.P. Morgan
  • サムスンのテレビにLGの液晶パネル…電子ビッグ2「呉越同舟」
  • China smartphone vendors ramping a-Si LCD panel orders
  • 裸眼で見られる高精細な立体映像−JDIなど、ディスプレー初披露
  • LG初のHDR対応31.5型4K液晶ディスプレイ。HDR10サポートで114,000円
  • GEヘルスケアの携帯型超音波「Vscan」が“スマホ化”
  • 天皇陛下 「光学フィルム」開発の化学メーカー「日本ゼオン」視察
  • アップル、iPhone3機種で有機EL採用も 18年以降
  • 船井・ドンキ…4K高機能でも格安、テレビ市場に新勢力
  • 出光、LG化学と提携 有機EL材料 特許を相互利用
  • Samsung、韓国に世界最大のOLED工場を建設か〜iPhone需要に応え
  • キングジム、ハイコントラスト液晶を採用した電子メモパッド「BB-9」
  • 大画面と曲面設計対応、車載用フィルムセンサー
  • FPD設備投資動向~装置市場、さらに上方修正
コメントありがとう