return_to_forever

Flat Panel TV and Display World-2....液晶・業界・動向

液晶・有機EL・プラズマ、FPD業界・パネルメーカー・関連企業情報を掲載。当ブログで激しい市場動向に追随!--Since Nov.2004

T_テレビ

10 Mar

[韓国] 鏡のようなテレビ、家具のようなテレビ…サムスン「世の中にないテレビ作る」

samsung1
訪問した京畿道水原市のサムスン電子デジタルシティ内の映像ディスプレー研究所(R4)2階にある社内ベンチャー「クリエイティブラボ(Cラボ)」は騒々しかった。ここは過去10年(2006-2015年)間グローバル市場1位を守ってきたサムスンテレビが、今後10年間、神話を続けていくために設置したところだ。奇抜なアイデアを持つ職員がチーム員だ。このチームに与えられた任務は「従来のテレビではなく新しいテレビを作る」ことだ。


続きを読む »
9 Mar

[韓国] サムスンのテレビ、10年連続世界トップ

4711_r市場調査会社のIHSによると、昨年の世界のテレビ市場でサムスン電子のシェアは売上高ベースで27.5%、販売台数ベースで21.0%で、いずれも1位だった。2006年にソニーを抑えてトップに立って以来、10年連続の1位。サムスンが06~15年に販売したテレビは4億2,700万台となる。2日付毎日経済新聞が伝えた。
 テレビは1939年に誕生して以降、技術的な進化を遂げてきた。ソニーが68年に開発したトリニトロン方式のカラーテレビは注目を集め、同社が95年にテレビ市場でトップに立つ原動力となった。



続きを読む »
19 Jan

LGディスプレー テレビ用パネルで世界トップ奪還, 2015年

lg rgbw調査会社ウィッツビューによると、韓国のLGディスプレーが昨年供給したテレビ用パネルは5530万枚で、前年に比べ6.4%増加した。2014年はサムスンディスプレーに次いで世界2位だったが、1年でトップを奪還した。
 ウィッツビューは「LGディスプレーは昨年、同じグループ会社であるLG電子の注文への依存度を下げる代わりに、長期的な観点で中国市場に注力した。中国の競合他社の攻勢にもかかわらず、その戦略が奏功した」と評価した。
 2位は台湾の群創光電(イノラックス)で、3.1%増の5173万枚だった。サムスンディスプレーは8.0%減の5090万枚で3位に後退した。
 

続きを読む »
7 Jan

パナソニック、8K映像を1本のケーブルで伝送、CES2016で公開

160106panasonic01パナソニックは2016年1月、8Kのフルスペック映像(7680×4320画素、120フレーム/秒)を1本で高速伝送することが可能なコネクタ付ケーブルを開発したと発表した。広帯域信号の多値化伝送技術と組み合わせることで、100Gビット/秒を超える伝送速度を実現することができる。
 新開発のコネクタ付ケーブルは、慶應義塾大学発ベンチャー企業であるKAIフォトニクスと共同で開発した。このケーブルには慶応義塾大学の小池康博教授と三菱鉛筆が共同開発した「プラスチック光ファイバーとそのボールペン型接続技術」を採用している。これにより、挿抜時の光軸合わせなどで課題のあった光ファイバーをケーブルに用いても接続が容易となり、伝送速度を向上させることができた。



続きを読む »
6 Jan

LG、CES 2016で98型8Kテレビや10億色4Kテレビ

86UH9550_65UH9500_65UH8500LGエレクトロニクスは、1月6日より米ラスベガスで開催する「CES 2016」で、65型の液晶テレビ「UH9500」、86型の「UH9550」、65型の「UH8500」、75型の「UH8550」、98型の8Kテレビ(現時点で型番は不明)を発表する。

 UH9500およびUH9550は同社の液晶テレビの中でも上位のラインに位置付けられ、解像度は4K、10億色を超えるという色表示が可能。またコントラスト比を向上させる「コントラストマキシマイザー」機能、HDR機能に対応する。

 液晶パネルとバックパネルのシャーシの差を減らした薄型のデザインを採用。厚みは公称で6.6mm。コントラストマキシマイザー機能はUH8500およびUH8550も対応している。



27 Dec

【プレイバック2015】東芝とシャープのテレビはどうなる? 各社テレビ“試練の年” by 大河原克行

芝のテレ東ビ事業は、構造改革の対象になるとは予想していたものの、まさか、ここまでの大規模な再編の対象になるとは思ってもみなかった。
ここ数年のテレビ市場を取り巻く環境の急激な変化を象徴するものであり、まさに業界再編の最終コーナーに差し掛かった出来事だといってもいいだろう。
シャープのテレビ事業は、2015年に、欧米市場における自社ブランドによる事業からは撤退。海外では、シャープブランドを供与するビジネスを展開している。日本においては、栃木県・矢板でのテレビ生産を続けることを強調してみせるが、テレビの出荷台数は2015年度見通しで590万台という規模に留まる。前年実績の703万台に対して、16%減と絞り込むとともに、付加価値モデルへのシフトを鮮明にする。


続きを読む »
17 Dec

「CES 2016」の見どころは? アナリストに聞く (ディスプレイ関係)

Bajarin氏は、「4Kテレビは価格が下がり需要が伸びているため、CES 2016では数多く展示される見通しだ」と予想する。O’Donnell氏も、「4Kは技術的な目新しさはないが、市場は発展し続けている」と語っている。
CES 2016では、8Kテレビもお目見えすると予想される。ただし、8K市場が本格化するのは早くても5年後になるとみられる。2020年に開催される東京オリンピックは8Kで放送される可能性もあるが、そうなれば、8Kテレビの需要に弾みがつくと考えられる。



続きを読む »
16 Dec

楽視網信息技術、中国テレビ製造会社に出資

楽視網信息技術(中国のインターネット動画配信大手) 中国家電大手TCL集団傘下でテレビ製造のTCL多媒体科技(TCLマルチメディア・テクノロジー)の株式の20%を22億6000万香港ドル(約353億円)で取得する。
 香港証券取引所に12日に提出された資料によると、北京を拠点に、ドラマや映画を放映する「LeTV」というサイト名でも知られる楽視網信息技術は、TCL多媒体科技株3億4900万株を1株当たり6.50香港ドルで購入することで合意した。
 楽視網信息技術は天津を拠点としてスマートテレビなどを販売する傘下の楽視致新電子科技を通じて株式を取得、株式保有数で第2位となる。液晶テレビやスマートテレビを製造するTCL多媒体科技の取締役を2人指名する。



続きを読む »
16 Dec

TV用偏光板の動向

2015年のLCD用偏光板需要は、YOY+4.7%の3億2,000万㎡が見込まれる。
TV用パネルでは、Samsung Displayやシャープなどが採用するVA方式が主流であるが、2015年はIPS偏光板が増加し、偏光板の面積に占める割合を約35%に伸ばしている。
TV用途でIPS偏光板の需要が増加した要因は、中国大手パネルメーカーのBOEによるTV用IPSパネルの増産である。
TV用パネルの増産は中国パネルメーカーが中心となっており、今後は液晶モードによる性能差ではなく、パネルメーカーの生産能力と比例して偏光板の採用量が増減する可能性が高い。



10 Dec

アップルはライブTVサービス開発の取り組み中止-関係者

Apple Live TV 140897911米アップルはインターネットによるライブTVサービス提供の計画を中止し、メディア各社がアップストアを通じて顧客に直接販売を行うプラットフォームになることに集中する。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。
 同関係者によると、アップルはライブTVサービスを完全に断念していないが、月30-40ドル(約3700-4900円)で幾つかのチャンネルをサービスする計画は自社プログラムでより多くの料金を望むメディア各社の反発に直面している。



10 Dec

東芝、テレビ生産撤退へ 海外委託で「レグザ」存続へ

東芝が、テレビの自社生産から完全撤退することを決めた。自社では唯一のインドネシア工場を台湾のコンパル社に売却し、エジプトにある合弁工場も合弁相手のエルアラビ社に譲渡する。テレビ、パソコン、白物家電を含む家電事業で近く早期退職を募集する方針も固めた。いずれも12月下旬に発表する。
 東芝のテレビ事業は、長く赤字が続き、不正会計問題で利益の水増しが明らかになっている。2016年度にテレビを含む赤字事業を黒字化することをめざして不採算事業のリストラを加速させており、早ければ今年度中にテレビ工場の売却を終えたい考えだ。



続きを読む »
3 Dec

Samsung continues to decrease TV production capacity in 2015

Samsung Electronics has reduced its TV production capacity by over 11 million units since the beginning of 2015 until the end of September due to weakening TV demand, according to a report from Korea-based Money Today.
As of the end of September capacity reached 33.47 million, down from 44.8 million a year earlier. This represents the largest capacity decline over the last five years. The company expects its capacity to reach 45 million units for 2015, down from 63 million in 2014, which is also another record drop.
TV shipments are expected to see only slight on-year growth in 2015 and 2016, according to various market estimations.


30 Nov

TV用表面処理の動向

LCDTVの表面処理は、防眩性を表す指標であるヘイズ値が小さいAG( Anti-Glare )処理が大半を占めていた。
しかしながら、4K UHDTVの一部では、大画面・高画質の特性を活かすため、AG層の上に反射防止層を塗布したAGAR構成が採用され始めている。



続きを読む »
25 Nov

液晶テレビ「4K」主役に=年末商戦へ増産―家電メーカー

Fotolia_4k tv液晶テレビ市場で、高精細の「4K」テレビが存在感を高めている。特に50型以上の大画面では4Kが販売額の7割、台数の5割となり「売り場の主役に定着した」(民間調査会社BCN)。メーカー各社は、増産や新製品投入など、本番を迎える年末商戦に万全の体制で臨む構えだ。
 4Kテレビはフルハイビジョン規格の4倍の画面解像度を持つ。各社は2013年ごろから市場投入を本格化。通常のテレビより価格は高いが、スポーツや映画などを美しい映像で楽しめるため、普及が進んでいる。



続きを読む »
20 Nov

シャープ、液晶TV事業は継続・黒字化体質へ=小谷執行役員

シャープの小谷健一執行役員(デジタル情報家電事業本部長)は19日、2015年度に赤字計画の液晶テレビ事業について「15年度下期から16年度にかけて安定した黒字体質に持っていける」との見通しを示した。
来期黒字化すれば、13年度以来3年ぶりとなる。液晶売却を検討する中で、液晶テレビ事業は「きちんと継続していく」と強調した。
同日、液晶テレビの中核拠点の栃木工場(矢板市)を報道陣に公開し、テレビ事業の見通しについて記者団に述べた。



続きを読む »
20 Nov

4K AQUOSの重要生産拠点 - シャープ栃木工場 見学記

yaita008l
シャープは、液晶テレビ「AQUOS」の開発・生産拠点である栃木工場を報道関係者に公開した。
 シャープ栃木工場は1968年にカラーテレビの専門工場として操業を開始。総敷地面積は東京ドームの約7倍となる326,300平方メートル(約10万坪)を誇る。
同工場の住所がシャープ創業者の早川徳次氏の名字と同じ「早川町」となっているように、矢板市にとっても、シャープ栃木工場が重要な拠点であることがわかる。


続きを読む »
12 Nov

アップル、「テレビの未来」を実現できるのか 新型Apple TVで居間にもアプリを

アップルは、米国や日本などの市場で映像配信端末「Apple TV」の新型機の販売を始めた。

■価格は従来モデルの2倍以上
この新モデルの価格は149ドル(日本では税別1万8400円)からで、従来モデルの価格である69ドル(日本では税別8200円)の2倍以上。だがこれまでにない様々な機能を搭載しており、アップルはこれに自信を示している。
このモデルは今年9月9日に米カリフォルニア州サンフランシスコで開催したイベントで発表したもので、第4世代のApple TVとなる。同社が第3世代モデルを発売したのは2012年3月だったので、実に3年半ぶりの刷新だ。
主な特徴は、付属のリモコンにマイクを搭載しており、iPhoneなどのiOS端末と同様に音声アシスタント機能「Siri」を利用できる点。
これにより、例えば「アクション映画を見せて」とSiriに命令すれば検索結果を一覧表示できる。



続きを読む »
30 Oct

新型「Apple TV」、30日(金)からApple Storeの店頭発売を開始

Apple-TV9To5Macによると、Apple Storeでは「Apple TV (第4世代)」は店頭発売を30日(金)から開始すると報じている!

木曜日夜から金曜日にかけて直営店の設営準備が進められるとのこと。

 新型「Apple TV」は32GBモデルが税抜18,400円、64GBモデルが税抜24,800円。

20 Oct

中国 Xiaomi、厚み 11.6mm Android ベース MIUI TV OS 搭載 60インチ 4K スマートテレビ「Mi TV 3」発表、価格4999元(約94,000円)

中国人気スマートフォンメーカー Xiaomi (小米科技) は2015年10月19日に新製品発表会を開催し、同社スマートテレビ「Mi TV 2」の後継機となる大型60インチテレビ「Mi TV 3」発表。価格4999元(約94,000円)で発売

前作同様に Android をベースとした独自カスタマイズ ROM MIUI TV OS を採用した製品ですが、構造が非常に特殊なスマートテレビとなっています。映像を表示する60インチ 4K (Ultra-HD) 解像度のモニター部分「Mi TV 3」と、プロセッサや入力端子、スピーカーを搭載し、サブウーファーとして機能する本体「Mi TV Bar」が別々になっています。



続きを読む »
18 Oct

東洋ゴム…パナソニック元専務取締役プラズマテレビ事業の森田研氏を社外取締役として招聘

東洋ゴム工業は、京セラドキュメントソリューションの駒口克己副会長を取締役会長に招聘するとともに、清水隆史常務執行役員が社長に昇格する人事を内定したと発表した
同社は免震ゴム不正事件で、取締役が相次いで引責辞任し、山本卓司社長も後継体制を決めるまで社長職にとどまることを決めていた。
また、新たにモノづくり、品質管理体制を再構築するため、専門的な知見を持つパナソニック元専務取締役である森田研氏を社外取締役として招聘する。



続きを読む »
16 Oct

40型以上のテレビは3割超が4K、全体の平均単価は77,000円に上昇。BCN調査

BCNは15日、'15年9月の液晶テレビ販売動向の調査結果を発表した。テレビの大型化により、平均単価は77,000円まで上昇し、サイズ帯別台数比率では40型が28.2%で、30型の28.4%に迫っている。また、40型以上のモデルにおける4K対応比率が初めて3割を上回った。
 家電量販店22社のPOSデータを集計した「BCNランキング」をもとに、'15年4月から9月までの液晶テレビ販売動向をまとめたもの。液晶テレビ台数の前年同月比は2ケタ減となったが、平均単価は同月に77,000円に達し、4月の57,000円と比較して半年で2万円上昇した。



続きを読む »
13 Oct

高画質化が進むテレビ 「4K」と「8K」の買い時はいつなのか

巷の家電量販店などでは、すでに高画質を売りにした「4Kテレビ」のラインアップが増えているが、シャープは4K映像をさらに高精細に映し出せるテレビや、日本メーカー初の発売(10月30日)となる商業用8Kモニターを大々的に展示した。
 
しかし、テレビの買い替えを検討している人にとってみたら、「そもそも4Kテレビだって本当に必要なのか」「8Kテレビが出るなら購入を待ったほうがいいのか」「家庭用8Kテレビの値段はどのくらいになるのか」といった疑問が次々に沸いてくるのではなかろうか。


続きを読む »
9 Oct

米アマゾン、オンラインTVサービス開始を検討=通信社

米インターネット通販大手アマゾン・ドット・コムは、生放送オンラインTVサービスの開始を検討しており、CBS(CBS.N)やコムキャスト傘下のNBCユニバーサルといったメディアと接触している。通信社ブルームバーグが関係筋の話として伝えた。
メディアとの交渉は準備段階にあるという。 アマゾンは現在、オンデマンド型の動画配信サービスを手掛けており、新たなサービスが実現すればオンライン動画分野での存在感が高まりそうだ。
アマゾンとCBSはコメントを拒否した。NBCユニバーサルからは今のところコメントを得られていない。



22 Sep

AppleTVに秘められた壮大なる発展シナリオ

アップルはiPhone 6sシリーズやiPad Proをリリースしたイベントで、新型Apple TVをリリースした。発表する際、「未来のテレビはアプリだ」と宣言したティム・クックCEO。新製品の目玉は音声アシスタントSiriのサポートと、App Storeの対応だ。
発売は2015年10月下旬を予定しており、タッチアンドトライもあまり充分な時間を取ることができなかったが、その使用感と今後について考える。


続きを読む »
17 Sep

15年Q2テレビ世界出荷、前年同期比8%減 新興市場の減速響く

調査会社IHS Technologyは2015年9月10日、同年第2四半期のテレビ(TV)世界出荷台数が約4800万台にとどまり、前年同期比約8%減と、世界金融危機で大きく落ち込んだ09年第2四半期以降で最大の落ち込みを見せたことを明らかにした。新興市場におけるTV需要の成長鈍化を主因に挙げた。

15 Sep

「Apple TV」を林信行が読み解く―Siriが運んできた“未来のテレビ”

これまでアップル製品では、ややメインストリームから外れた存在だった「Apple TV」も、今回の発表で主役級に格上げされた。
 見た目は、これまでのApple TVの高さだけ増したような形なのだが、できることがまったく違う。キモはSiri Remoteと名付けられた新しいリモコンだ。このリモコンを使うことでiPhoneで慣れ親しんだタッチ操作がテレビにやってくる。


続きを読む »
15 Sep

Apple TVがNetflixをつぶす?

アップルのコンテント・プロダクションへの参入が、Netflix(ネットフリックス)の株主達を恐怖に陥れている。
 ネットフリックスの株価は、ここ数カ月間だけでも20%低下するなど、売られが続けている。中国市場が弱体化し、先行きが見えなくなっていることから、ネットフリックスのように成長中の不安定な企業に与えたダメージは大きい。それに加え、アップルが専用ビデオ・プログラムを開発中というニュースは、ネットフリックスを筆頭とする同業者にとって、大きな脅威となりかねない。アップルの映像ストリーミング業界への参入は、ネットフリックスを市場から追い出してしまう結果になるのだろうか?


続きを読む »
9 Sep

ソニー、最薄部4.9mmの壁掛け4K TV「BRAVIA X9000C」

sony1_01 kabekake ソニーは、最薄部が4.9mmの世界最薄4K液晶テレビ「BRAVIA X9000Cシリーズ」を2モデルを10月24日より発売する。65型の「KJ-65X9000C」と55型「KJ-55X9000C」を用意し、価格はオープンプライス。店頭予想価格は65型が55万円前後、55型が35万円前後。  
デザインを重視し、液晶テレビで世界最薄という4.9mmを実現した4Kテレビ。薄さを活かして壁掛けにも対応し、標準で壁掛け金具が付属する。4Kテレビ市場で新たな壁掛けスタイルを提案していくという。

65/55型のいずれも3,840×2,160ドットの4K液晶パネルと、4K映像プロセッサ「X1」を搭載。バックライトはエッジ型。液晶パネルは広色域な「トリルミナスディスプレイ」。120Hzの倍速駆動にも対応し、240Hz相当の残像低減を謳う「モーションフローXR240」を搭載する。



続きを読む »
9 Sep

意外! ソニーのテレビが欧米で復活していた

2014年末ぐらいから北米におけるソニー製テレビの売り上げが急伸しているという情報が入りはじめ、当初は戸惑った記憶がある。大型テレビの4K化という流れの中、ソニーがテレビを売りやすい環境にはなっていたものの、当のソニーは高付加価値モデルにフォーカスし、「数より収益性」という方針を打ち出していた。とてもではないが、売り上げ台数が急伸するとは思えない。


続きを読む »
8 Sep

「欧州では曲面テレビ」はもう古い... IFA報告

トレンドが来年(2016年)ころから変わるかもしれない。欧州市場で大きな比重を占める(日本以外の)テレビメーカーの幹部が、筆者にこう言った。「もう曲面はおしまいです。われわれは来年以降、フラットに戻ります」。ここにきて消費者の動向がはっきりしてきたという。


続きを読む »
26 Aug

IHSの15年TV見通し 液晶は微増 OLEDは50万台 ブラウン管とプラズマ全面撤退

調査会社IHS台北事務所は2015年8月19日、テレビ(TV)の技術別見通しを公表。ブラウン管(CRT)、プラズマ(PDP)が15年、市場から全面撤退する一方、新興勢力の有機EL(OLED)は技術及びコスト等が足かせとなり、主流の液晶(TFT-LCD)の地位を短期的に奪うのは不可能だと評した。
LCD TVの15年世界出荷は2億3000万台と緩やかな成長を続けると見込んだ。



15 Aug

アップル、ライブTVサービス導入を延期へ

アップルは、インターネットによるライブTV放送サービスの開始を少なくとも来年まで延期する見通し。ブルームバーグが事情に詳しい関係者の情報として伝えた。サービスは年内開始の予定だった。



続きを読む »
29 Jul

リボンディスプレイジャパン、熱抵抗半減した4Kテレビ用液晶ドライバーICを開発

リボンディスプレイジャパン(京都市下京区、須山透社長は、熱抵抗を従来比で40%低減した高精細の「4K」テレビ用液晶ドライバーICを開発した。熱抵抗を50%まで減らすめどもつけており、2016年6月までに量産化を目指す。テレビ1台に使うIC数を半減でき、高精細化が進む液晶テレビの低価格化や高機能化に役立つ。



続きを読む »
15 Jul

VAとIPSの違いって何? 液晶テレビの基本動作を知る!

謎の用語が続々出てくる薄型テレビの基礎知識 ― 第1回
今、液晶テレビの販売が好調らしい。BCNの調査によると、2015年4月以降、販売台数・金額において3月までの低調ぶりとは明らかに異なる躍進 を続けているという。また、JEITA(電子情報技術産業協会)の2015年国内出荷統計では、3、4月に前年同期を超える出荷実績を残している。  
本特集では4Kや8Kテレビ、今後登場する新しい規格「HDR」なども含めて、薄型テレビの動作の仕組み、技術的な部分をわかりやすく解説する。自分にとって4Kや8Kテレビが必要なのか、どの時点で買い換えを考えればいいかが判断できるようになるだろう。
現在の液晶テレビに採用されている液晶パネルは、大まかに「VA」方式と「IPS」方式の2種類がある。両者はどっちが良くてどっちが劣る、ということではなく、それぞれの動作原理に起因する一長一短の部分がある。
Move to "液晶テレビにはVA方式とIPS方式の2種類がある"

8 Jul

「4Kテレビ」普及加速、平均20万円下回る 50型以上では半分占める勢い、日本市場

フルハイビジョンの4倍の解像度を持つ高画質な「4Kテレビ」の普及が加速している。これまでは高価格で消費者にとって手に届きにくかったが、平均価格は20万円以下にまで低下。50型以上の大型液晶テレビの販売台数の割合でも約半分を占めるなど定着化してきており、今夏のボーナス商戦の目玉としても期待されている。
 仕事帰りのサラリーマンらが立ち寄る東京・新橋の家電量販大手ヤマダ電機の「LABI新橋」。テレビ売り場では、4Kテレビが東芝の43型が16万8000円、韓国LG電子の43型が10万2600円で売られるなど低価格が進んでいる。


続きを読む »
8 Jul

テレビ離れ調査でくっきり 視聴時間ゼロが初めて増加に

NHK放送文化研究所は7日、テレビの視聴傾向などをアンケートで5年ごとに調べる「日本人とテレビ」の2015年調査結果を発表した。1日のテレビ視聴時間がゼロもしくは2時間未満の人の割合が、1985年の調査開始以来、初めて増加に転じた。年齢別でも、10代(16~19歳)~70代以上のすべての年代でその割合が上昇。テレビ離れをうかがわせる結果となった。
 アンケートは15年2月27日~3月8日、無作為抽出した全国の16歳以上の男女3600人を対象に実施。有効回答率は67.8%だった。
1 Jul

なぜテレビにFirefox OS? をパナソニックに聞く

viera firefox
テレビメーカーが、開発プラットフォームのOSを置き換えつつあるのは、ご存じの通りである。今回は「Firefox OS」を採用するパナソニックを採り上げる。
世界ではじめてFirefox OSを採用したテレビである「VIERA CX800/CX700シリーズ」は、すでに5月末から発売が始まっており、モダンOS搭載テレビとしては先陣を切る形になっている。  パナソニックはなぜOSを置き換えたのだろうか。そして、Firefox OSを選んだ理由はどこにあるのだろうか? パナソニック・アプライアンス社 テレビ事業部 事業開発部 部長の池田浩幸氏に話を聞いた。
Move to full article "なぜテレビにFirefox OS? をパナソニックに聞く"

26 Jun

「4K」テレビ20万円切る 1年で4割下げ、普及なるか

高画質の「4K」テレビが家電のボーナス商戦の目玉になりそうだ。平均価格が1年で4割下落し20万円を切り、消費者の手が届きやすくなった。数少ない有望商品として家電量販店は売り場の前面に押し出し、米ネットフリックスなど動画配信に対応する新製品も相次ぐ。4K放送のコンテンツが不足している問題は依然として残るが、今夏から「普及品」のひとつになりつつある。

家電量販最大手ヤマダ電機は商戦に向けて旗艦店である東京・池袋の店舗でソファを置いて実際の家庭で4Kを見るような疑似体験ができるブースを設けた。同社の店舗に来ていた20代男性は東芝の49型(約18万円)を購入した。「テレビの買い替え目的で来たが、4Kでも買いやすい値段になった。映画などの配信サービスも楽しみたい」と話した。


続きを読む »
24 Jun

テレビ局は「4K」にどんな未来を見ているのか

液晶テレビのCMや家電量販店のテレビ売り場で最近よく見かけるのが「4K」。フルハイビジョン(約207万画素)の4倍となる解像度(約829万画素)の高精細映像による次世代の映像フォーマットのことだ。新しく大画面テレビを購入する人の多くが、4Kテレビを選んでいるといわれる。総務省が策定したロードマップに沿えば、4Kは今後、2020年の東京オリンピック開催に向けて、CS放送やBS放送、ケーブルテレビ、IPTVなどへ順次広がっていく予定だ。
Move to full article

19 Jun

東芝、欧州のテレビ事業から撤退-台湾・コンパルにブランド供与

東芝は17日、7月までに欧州におけるテレビ事業の自社開発・販売・サービス業務から撤退すると発表した。7月から台湾のコンパルエレクトロニクスに「東芝ブランド」を供与し、コンパルが同業務を手がける。
 東芝は不振の海外事業を縮小し、コンパル社からブランド使用料を得て収益の安定化を図る。
 東芝は海外の同業務から撤退しブランド供与型ビジネスに移行する意向を1月に表明しており、すでに北米事業をコンパルに任せた。今回もその一環。東南アジア地域でもブランドを他社に供与し同業務から退く。

11 Jun

「差別化は電気技術でない可能性が大きい」-パナソニックテレビ事業部長・品田正弘氏

パナソニックが4月、ホームエンタテインメント事業部からテレビを切り離し、再び単一製品のテレビ事業部を設けた。競争軸が価格中心の米国・中国では、事業を大幅に縮小。付加価値への理解と対価を見込める日本、欧州、アジア、中南米に力を入れ2016年3月期に黒字化を目指す。ブラジルのテレビ事業をいち早く黒字化し、4月からはテレビ事業部を率いる品田正弘部長に、戦略を聞いた。

―パナソニックにおけるテレビ事業の役割は。
 「テレビは重要商材。どの現場でもテレビが販売網を切り開き、そこに多様な商材を乗っけていく。どれだけロスを減らせるかがポイント。生きた市場に対し、機敏に先手を打ち反応することが要求される。どれだけ早く、軽くオペレーションするかだ。」



続きを読む »
10 Jun

パナソニック、北米に日本製4Kテレビを輸出-上位機種は自社製に

パナソニックは2015年度内に北米向けテレビの現地生産を終えるのに伴い、上位のフラッグシップモデルを日本などで自社生産し、輸出する検討に入った。北米では4Kテレビなど上位機種への品質要求が高いため、自社製を供給する。テレビ事業は北米と中国が不振で両地域の事業を縮小し、中国に続き北米でも生産終了する。両地域で販売するテレビは全量をODM調達する方針だったが、北米の上位機種のみ自社製にする。
パナソニックはテレビ事業の構造改革で14年度に中国工場を閉鎖した。北米向けテレビ生産拠点のメキシコ工場(ティファナ)も、15年度内に換気扇などの他製品を作る工場に転換する。

続きを読む »
29 May

シャープから最新技術が詰まった「8K相当」のテレビが登場

150526AQUOS-2ようやく「4K」が認知もされてきて、そして価格も発売当初よりもだいぶお買い求めやすくなってきてます。けれども、実際同サイズでも「フルHD」のほうが安いので、まだ4Kは必要ないと感じてしまいます。

そんな中、常に先頭に立ち、攻めの姿勢を崩さないシャープ株式会社は次世代のテレビといわれている「8K」テレビの解像度に相当する「AQUOS 4K NEXT」を発表しました。サイズは80型のみで、発売日は2015年7月10日、予想価格は168万円前後となっております。

このAQUOS 4K NEXTは新技術がぎゅうぎゅうに詰まっております。まずは、やはり8K解像度相当に表示するパネル。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
29 May

薄型テレビ販売が回復-4月の国内出荷2カ月連続増-「4K」価格下落が寄与

民生用電子機器の国内出荷額が13カ月連続で前年を下回る中、薄型テレビ販売が回復している。3月のデジタルアナログ変換サービスの終了に伴う買い替え需要や、フルハイビジョン(FHD)の4倍の解像度を持つ「4Kテレビ」の価格下落が出荷増に寄与した。4Kテレビが全体に占める割合もじわじわと伸びつつある。
電子情報技術産業協会(JEITA)が発表した4月の民生用電子機器の国内出荷額は、前年同月比3・5%減の849億円だった。オーディオやカーナビゲーションシステムなどが落ち込む中、薄型テレビの出荷台数は2カ月連続でプラス成長。中でも30―36型が同48・7%増の12万7000台と、全体の出荷増を後押しした。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
26 May

パナソニック、テレビ輸出再開へ 国内生産2倍超に引き上げ

パナソニックが今年度のテレビの国内生産を昨年度の2倍超まで引き上げることが23日、分かった。東南アジアなど新興国への輸出も検討する。日本の電機各社のテレビ事業は、中国や韓国勢との競争激化で不振が続いてきた。パナソニックは「メード・イン・ジャパン」を前面に打ち出して国内外で巻き返しを図る。
 パナソニックは、国内では宇都宮市の工場でフルハイビジョンの4倍の解像度「4K」に対応した高性能なテレビに限って生産している。昨年5月に商品群を一気に拡張し、4Kテレビの今年1~3月の国内シェアは約30%とソニーを抜いて初めてトップとなったもようだ。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
24 May

レノボとアリババ、スマートTVで新ブランド立ち上げか 合弁会社設立も

PC大手の中国レノボ(Lenovo=聯想)と、電子商取引大手の中国アリババ(Alibaba=阿里巴巴)が、スマートテレビ(TV)で合弁会社を設立するとの観測が中国市場で浮上しているようだ。
『界面新聞』(2015年5月14日付)がレノボの内部関係者の話として報じたもので、両社は合弁会社を設立した上で、5月20日にもアリババの「Yun OS」を搭載しレノボが製造する「17」と名付けたスマートTVを発表すると述べた。販売はアリババの通販サイト「Tmall.com」(天猫)で行うという。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


21 May

米アップル、超高解像度テレビ投入へ─アイカーン氏=CNBC

米著名投資家のカール・アイカーン氏と、息子でポートフォリオマネジャーのブレット・アイカーン氏は19日、米アップル が超高解像度テレビや自動車を開発するとの見通しを堅持する考えを示した。CNBCとのインタビューで語った。
カール・アイカーン氏はまた、アップルとの不和について、同社が一段と大規模な自社株買いを実施していないことが理由と語った。
20 May

米アップル、1年以上前にテレビ開発を断念

米アップルが超高解像度テレビの開発計画を1年以上前に断念していたことが明らかになった。米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙が関係者の話として伝えた。
これによると、アップルはテレビ開発を中止した後、オンライン・テレビ(TV)サービスの準備や、テレビに接続して動画などを再生する機器「アップルTV」の新モデルの開発に取り組んでいる。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
6 May

液晶テレビの世界シェア サムスンとLGがワンツー、15年1-3月期

1~3月期の液晶テレビの世界出荷台数で、サムスン電子とLG電子の韓国勢がシェア1、2位を守った。
 市場調査会社のウィッツビューは5日までに、液晶テレビ世界大手10社の1~3月期の出荷台数を計5140万台と集計した。昨年10~12月期に比べ23.5%減少した。
 シェア首位はサムスン電子で20.4%、次いでLG電子が14.6%だった。昨年10~12月期は9.9ポイントの開きがあったが、今年1~3月期は5.8ポイント差に縮まった。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
30 Apr

テレビに差し込むスティック型PC--エプソンダイレクトが1万8000円で

ga5_bigエプソンダイレクトは、スティック型PC「Endeavor SY01」を発表した。オンラインショッピングサイト「エプソンダイレクトショップ」および、コールセンター(0120-545-101)を通じて、5月下旬より受注開始予定。
 本体価格は税別1万8000円。マイクロソフト製ワイヤレス キーボード「オールインワン メディア キーボード」とのセットモデルも税別2万1500円で販売する。なお、セットアップ時はUSB接続のキーボード、マウスが別途必要になる。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »

当サイト特集カテゴリー
1.液晶の歩んできた道(第一部)
液晶の黎明期から実用化を果たすまでの過程をわかりやすく解説することを目指して書きました。

2.液晶の歩んできた道(第二部)
液晶が当面の最終目標だった大型テレビに採用され夢の平面テレビが実現した過程を解説していく予定です。(開始時期未定)

3.用語辞典(技術・ビジネス・企業)
管理人特選の最新技術用語やビジネス用語・関連企業を解説しています。時間の許す限りのアップ、今後充実を目指します。
掲載年月から記事を探す



Twitter プロフィール
Flat Panel TV and Display Worldサイト管理人です。薄型パネルの最新情報を発信しています。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人へのメッセージ
カテゴリーごと記事
記事掲載の写真
  • デル、世界初となる8K液晶搭載の31.5型ワイド液晶ディスプレイ
  • [更新] 液晶パネル価格トレンド (LCD Panel Price Trend)
  • テレビが3300万ウォン、LGが有機ELテレビの77インチモデルを発売
  • アップル新本社のメイン施設は「MacBook Air」そっくり!
  • アップル新本社のメイン施設は「MacBook Air」そっくり!
  • アップル新本社のメイン施設は「MacBook Air」そっくり!
  • スマホ出荷、過去最高の3千万台超 アップルが半数
  • シャープ、米新工場で中小型液晶パネル生産へ
  • コーニングの新ガラス、サムスン有機ELディスプレーに採用
  • ジャパンディスプレイ(JDI)、8K液晶ベースの裸眼立体視ライトフィールドディスプレイをNHK-MTと共同開発
  • 需要高まる有機ELパネル市場、JOLEDが中型に参入する狙い
  • JOLED、4K有機ELディスプレーをサンプル出荷−ソニーの採用決定
  • JOLED、4K有機ELディスプレーをサンプル出荷−ソニーの採用決定
  • 船井電機、有機ELテレビ発売 ヤマダ電機と来年にも
  • [更新] 有機EL(OLED)量産工場・投資予定一覧 (OLED Production Plant Investment Summary)
  • [更新] 有機EL(OLED)量産工場・投資予定一覧 (OLED Production Plant Investment Summary)
  • 米中、台湾ホンハイを争奪?郭台銘会長 李克強首相と会談
  • 中国首秀!JDI携FULLACTIVE全面屏高调现身,瞄准中国市场寻求突破
  • 黒字化したシャープだが、トップは社員へのメッセージで引き締めを図る
  • TV市場堅調の背景に非4K TVの価格下落。メーカー4強に変化も。BCN分析
  • LGの第2世代有機ELテレビ、画質は日本向けにチューニング - 薄さも壁ピタ
  • ジャパンディスプレイ赤字見通し 黒字化の自信から一転
  •  鴻海、湖南省にアマゾン製造センター
  • 台湾友達光電、1~3月は黒字に 大型テレビの需要拡大
  • サムスン「ギャラクシーS8赤い画面不良じゃない...最高の売上高目標」
  • サムスンから“まるで絵画のような薄型・液晶テレビ”「THE FRAME」がデビュー
  • 日本HP、ファンクションキーで液晶プライバシーフィルタを有効にできる2in1
  • 大日印と積水化学、電子ペーパー共同開発 フィルム型太陽電池を搭載
  • Galaxy S8でSuper AMOLEDディスプレイが若干赤みがかっているとの報告
  • EIZO、コントラスト100万:1の4K HDR液晶「ColorEdge PROMINENCE」
コメントありがとう