return_to_forever

Flat Panel TV and Display World-2....液晶・業界・動向

液晶・有機EL・プラズマ、FPD業界・パネルメーカー・関連企業情報を掲載。当ブログで激しい市場動向に追随!--Since Nov.2004

C_カラーフィルター

30 Jul

凸版印刷が組合との団交拒否 都労委に「今後、繰り返さない」と反省文の張り出しを命じられる

印刷業界大手の凸版印刷(金子眞吾社長)が、東京都労働委員会(都労委)から、組合の求める団体交渉に応じろと命じられた。命令書(7月4日付)によると、凸版印刷はさらに、新聞紙2ページの大きさの白紙に、楷書で「今後、このような行為を繰り返さないように留意します」と墨書して社内に張り出すことも命じられた。
凸版印刷の男性社員は、上司からのパワハラと不当な配置転換命令を受けたと訴え、企業別労組の凸版労組に相談したが「取り合ってもらえなかった」。そのため2016年3月、個人で加盟できる労働組合の「日本労働評議会」(労評)に加入した。 労評は2016年3月と4月に団体交渉を求めたが、凸版印刷は応じなかった。そのため、「団体交渉に応じないのは、不当労働行為だ」として、東京都労働委員会に救済を申し立てた。


続きを読む »
16 May

大日印・凸版の17年3月期、そろって最終減益 印刷・液晶不調

大日本印刷、凸版印刷の印刷大手2社が12日発表した2017年3月期連結決算は、そろって前の期比で最終減益となった。印刷関連事業や液晶向けカラーフィルターの販売不振が響いた。
海外売上高比率の高い大日本印刷は円高の影響が70億円の減益要因となり、最終利益は25%減益となった。

続きを読む »
12 Apr

DIC、営業益5%増 1~3月期、液晶・化粧品の顔料好調

インキ世界最大手、DICの2017年1~3月期の連結営業利益は前年同期比5%増の130億円程度だったようだ。化粧品や液晶の部材に使う顔料の販売が好調だった。顔料を含むファインケミカル事業は利益率が高く、増益に貢献した。計画に比べ、円相場が円安基調で推移したことも追い風だった。

  売上高は1900億円程度と微増だったもよう。ファインケミカル事業では液晶パネル部材のカラーフィルターに使う顔料が好調。液晶関連では新製品効果でアジア向けに販売が伸びている。化粧品や自動車向けの顔料も、鮮やかな赤を発色する高機能品が人気だ。
 液晶向けの顔料では高いシェアを持ち、16年12月期実績の同事業の売上高営業利益率は11.3%と連結全体(7.2%)を上回る。17年1~3月期も10%台の営業利益率を確保したようだ。



 続きを読む »
21 Feb

DNPと凸版、“脱印刷”加速−AI・車関連に1000億円超投資

印刷大手2社の新事業への投資が進んでいる。印刷・出版市場の縮小が続く中、大日本印刷(DNP)と凸版印刷は新たな事業の創出に向けて、1000億円以上の投資を計画。
人工知能(AI)の開発や自動車関連事業などに狙いを定めている。業界縮小に見舞われるたびに“先見の明”でエレクトロニクス事業など新ビジネスを見つけてきた。新たな収益源の獲得と事業の多角化のために再び動きだした。



続きを読む »
27 Oct

ガラス基板の東旭、昆山にCF工場 IVO・BOEに供給

TFT液晶(TFT-LCD)用ガラス基板の中国Dongxu(東旭光電)が、31億5500万元(1元=約18.8円)を投じて江蘇省昆山に設立するカラーフィルター(CF)工場を着工した模様だ。
量産開始後の生産能力はG5CFが年198万枚、金額ベースで19億800万元を見込む。中国のディスプレイ情報サイト『OFweek』(2015年10月21日付)が報じた。
18 Sep

ガラス基板の東旭、第5世代CF生産ライン3本建設へ

TFT液晶(TFT-LCD)用ガラス基板の中国Dongxu(東旭光電)は2015年9月11日、TFTカラーフィルター(CF)生産ラインなどの建設向け資金として80億元(1元=約18.9円)の第三者割当増資を行う計画が中国証券監督管理委員会に承認されたことを明らかにした。中国紙『毎日経済新聞』(9月14日付)が報じた。



4 Apr

DNP、液晶用カラーフィルター向けに高輝度ブルーレジストを開発

大日本印刷(DNP)は4月2日、液晶用カラーフィルターで従来使用されているブルーの顔料系カラーレジストに代わる、高輝度、高透過、超耐熱性の染料系ブルーカラーレジストを開発したと発表した。

近年、モバイル端末やテレビを製造・販売するセットメーカーではより広い色域の再現が可能なソリューションへのニーズが高まっており、ディスプレイの輝度を向上させる取り組みが進められている。



続きを読む »
17 Feb

【翻訳記事】AUO、カラーフィルター関連会社凸版CFIの株式を100%取得

AUOは1.4億US$投資しカラーフィルター製造の系列会社凸版CFIの株式を100%取得したと発表した。
AU Optronics (AUO) has announced it has spent NT$4.429 billion (US$140.56 million) to purchase a 100% stake in its color filter affiliate Toppan CFI.

凸版CFIは、2001年に日本の凸版印刷の子会社として台湾に設立され、2006年にAUOが49%の株を取得していた。AUOの今回の投資により自家生産比率が90%を超えることになると見られている。
Toppan CFI facilities in Taiwan were established by Japan-based Toppan Printing back in 2001, with AUO purchasing a 49% stake back in 2006. AUO's investment will reportedly help AUO increase its color filter self sufficiency to over 90%.
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
6 Feb

中国ガラス基板メーカー東旭、第5世代CFライン建設 中小型用増強

TFT液晶(TFT-LCD)用ガラス基板の中国Tungshu(東旭光電)は私募債の発行で80億元(1元=約18.9円)を調達することを明らかにした。
第5世代TFT-LCD用カラーフィルター(CF)生産ラインを建設し、中小型パネル用の生産体制を増強する。中国紙『毎日経済新聞』が2015年1月29日付で報じた。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


14 Jan

凸版印刷、プリンテッドエレクトロニクス分野での微細印刷技術を確立

凸版印刷は、プリンテッドエレクトロニクス分野の研究開発によって今回、導電性材料を使い、線幅とその間隙をそれぞれ10μm(マイクロメートル: 10のマイナス6乗メートル)で形成する印刷技術を確立したと発表した。
この技術により、線幅10μmの直線、曲線、文字やマークなどを形成し、これらを組み合わせて複雑な描画表現を大きな面積で印刷することができる。
現在、プリンテッドエレクトロニクス技術を利用したタッチパネル分野では、線幅約30μmが研究開発段階で試作されているが、今回凸版印刷が確立した技術では、この約3分の1の線幅での微細印刷が可能になる。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
11 Nov

DNP、2014年度上期の当期利益は前年同期比1.9%増に

大日本印刷(DNP)は11月6日、2014年度上期(2014.4~9)の売上高が前年同期比0.9%増の7157億3400万円になったと発表した。当期利益は同1.9%増の151億5400万円となった。
部門別売上高では、エレクトロニクス部門が同2.0%減の1165億円となった。カラーフィルタは、スマートフォン/タブレット向けなどの中小型品は堅調に推移したが、大型TVやPC向けは減少。フォトマスクは国内向けが伸び悩んだが、堅調な海外需要を取り込み前年を上回った。
2014年通期の全社売上高は前年比3.6%増の1兆5000億円、当期利益は同1.4%増の260億円を見込んでいる。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


16 Nov

DNP、2012年度上期の当期利益は前年同期比95.3%減に

大日本印刷(DNP)は11月8日、2012年度上期(2012.4~9)の売上高が前年同期比4.5%減の7206億8400万円になったと発表した。当期利益は同95.3%減の3億9600万円となった。部門別では、エレクトロニクス部門の売上高が同25.5%減の912億2300万円となった。LCDカラーフィルタでは中小型パネル向けがスマートフォンやタブレット用に堅調に推移したが、大型パネル向けが減少。電子デバイス関連ではモジュール製品が増加したものの、フォトマスクが減少した。これにより、2012年通期の業績予想を修正した。全社売上高は当初予想の1兆5800億円から1兆5200億円、当期利益は同175億円から120億円へといずれも下方修正している。



20 Oct

カラーフィルター市場 (2012年Q2)

2012年Q2のTFT-LCD用CF需要は、数量ベースでQOQ +6%の約610万シート/月となった。TV用パネル向けの増産が貢献したことから、面積ベースではQOQ+11%の増加となっている。大型・中小型用パネル共に2012年Q4まで増産が続く見通しであり、CF需要も堅調に推移すると見込まれる。
CF需要全体が堅調に推移する中で、専業メーカーのCF出荷は苦戦状況にある。




続きを読む »

当サイト特集カテゴリー
1.液晶の歩んできた道(第一部)
液晶の黎明期から実用化を果たすまでの過程をわかりやすく解説することを目指して書きました。

2.液晶の歩んできた道(第二部)
液晶が当面の最終目標だった大型テレビに採用され夢の平面テレビが実現した過程を解説していく予定です。(開始時期未定)

3.用語辞典(技術・ビジネス・企業)
管理人特選の最新技術用語やビジネス用語・関連企業を解説しています。時間の許す限りのアップ、今後充実を目指します。
掲載年月から記事を探す



Twitter プロフィール
Flat Panel TV and Display Worldサイト管理人です。薄型パネルの最新情報を発信しています。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人へのメッセージ


[FPD関連本]

フラットパネル資料館

日本の電機産業 失敗の教訓












カテゴリーごと記事
記事掲載の写真
  •  iPhoneX失速鮮明、販売台数シェアで1割切る
  • サンパワー、1500億円相当の太陽光発電リース債権 2億ドルで売却へ
  • ブラザー工業、屋外用ヘッドマウントディスプレー発売 ドローン撮影などに
  • 2画面スマホ「M Z-01K」を5日間メイン端末として使ってみたレポート
  • Jディスプレ4~12月期、最終赤字1006億円 スマホ向け苦戦、特損も
  • アップルは巨大になりすぎた!? iOSの開発方針を転換
  • 再生可能エネルギーは「2020年までに化石燃料よりも安くなる」
  • アップル・Valve・LGら有機ELディスプレイ開発企業に出資
  • 三星電子、「ザ・ウォール」の商用版を公開
  •  ブイ・テクノロジー、山形県米沢市に有機EL用マスク生産工場
  • ドコモ、2画面スマホ「M Z-01K」を2月9日発売
  •  JDI 提携交渉長期化 来年度に持ち越しへ 液晶揺り戻しで一服、減損幅の縮小検討
  •  Supplying Flexible OLEDs LG Display, Sony Expand OLED Partnership into Smartphone Sector
  • TDK、発電効率1.3倍の太陽電池 IoT機器向けに年内製品化
  • 東レ、韓国に1000億円投資の勝算 サムスン・LGなど需要家集中、戦略の要に
  • 64,800円でフルHD対応15.6型の液晶ペンタブレット
  • ASUS、ペン対応で重量870gの軽量薄型10.1型2in1
  • LG、4K/HDR+ハードウェアキャリブレーション対応の27型液晶「27UK850-W」
  • 米国、台湾・中国などの太陽電池にセーフガード
  •  鴻海、iPhone製造部門の上場検討 企業価値数兆円 巨額投資を加速
  • 新型液晶、次期アイフォーンに=有機EL攻勢に一矢-JDI
  • タグ・ホイヤー、新作コネクテッドウォッチ コレクション--1944万円のモデルも
  •  シャープ有機ELスマートフォン、6月にも発売=戴社長
  • 復活アイワの4K液晶テレビが1月18日発売。55/49/43型の4Kベーシック機
  • ジャパンディスプレイ、「電子棚札」向け高精細電子ペーパー
  • iPhone X、20代から不評が相次ぐ、スティーブ・ジョブズが生きていたら、こんな製品絶対出さなかった
  • iPhone速度抑制、新モデル買い替えを促され悪質と世界に波紋 仏で予備捜査
  • <CES>サムスンが発表した世界初 “マイクロLEDテレビ” とは何か、どう凄いのか?
  • LGディスプレイの巻取り型有機ELが未来すぎる! 88型の8K有機ELパネルにも刮目
  • Hisense shows a 150-inch 4K 'Laser TV' projector
コメントありがとう