return_to_forever

Flat Panel TV and Display World-2....液晶・業界・動向

液晶・有機EL・プラズマ、FPD業界・パネルメーカー・関連企業情報を掲載。当ブログで激しい市場動向に追随!--Since Nov.2004

J_Japan Display

27 Jul

ジャパンディスプレイが1000億円の金融支援を主力銀行に要請

経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)が主取引銀行に1000億円規模の金融支援を要請したことが26日わかった。
筆頭株主の官民ファンドである産業革新機構が債務保証する。石川県や中国の工場で実施する人員削減に伴う構造改革費用や運転資金に充てる。
主力の液晶パネルは韓中メーカーの台頭で急速に競争力を失っている。抜本的なリストラで赤字体質からの脱却を急ぐ。


続きを読む »
24 Jul

経営難のJDI、工場統廃合検討 石川候補、来月にも再建策

経営難が続く中小型液晶パネル大手ジャパンディスプレイ(JDI)が、国内工場の統廃合を検討していることが21日、分かった。石川県は3工場が近接し、設備余剰感があるため候補になっている。来月にも再建策を策定する見通しで、具体的な計画を詰める。




続きを読む »
13 Jul

裸眼で見られる高精細な立体映像−JDIなど、ディスプレー初披露

JDI 5965f5f4a70d8ジャパンディスプレイ(JDI)とNHKメディアテクノロジー(MT、東京都渋谷区)は12日、裸眼で高精細な立体映像を見られる「17型ライトフィールドディスプレイ=写真」を日本で初披露した。
目への負担が軽く、長時間見ても疲れにくい。映像を見られる範囲を示す視域は従来の4倍以上となる約130度で、複数人で同時に見られる。
サイネージ(電子看板)や美術品のデジタル記録、エンターテインメントなどでの利用を狙う。まずは2017年内にもコンピューターグラフィックス(CG)動画への対応を目指す。 JDIが開発した高解像度の「8K」ディスプレーの技術を応用した。ハイビジョンと同水準の映像を表示できる。



続きを読む »
28 Jun

ジャパンディスプレイ(JDI)の非常勤取締役に元IBMの橋本孝久氏が就任

ジャパンディスプレイの非常勤取締役に日本IBM出身でのちに中国の昆山龍騰光電(IVO)の副董事長を務めた橋本孝久氏が就任した。
中国の
FPD業界とも関係が深く注目される。
6月 21 日開催の定時株主総会で承認された。



続きを読む »
25 Jun

JDI、タッチスイッチ一体化した車載向け10.2型パネル

jdi auto f291b3ジャパンディスプレイ(JDI)は、車載向けのエアコンやオーディオなどを操作するタッチスイッチを一体化した10.2型液晶ディスプレーを開発した。従来よりもシステムを簡素化でき、デザインの自由度を高められる。12月からサンプル出荷を始める。2―3年後の量産開始を視野に入れる。



続きを読む »
20 Jun

画面とほぼ同サイズのスマホ実現へ。JDIが狭額縁6型ディスプレイ量産開始

jdi full active 01_s ジャパンディスプレイ(JDI)は、4辺のベゼルをスリム化した、スマートフォン用6型ディスプレイ「FULL ACTIVE」を、6月より量産開始した。
6型/解像度1,080×2,160ドット、アスペクト比18:9の液晶ディスプレイで、高密度な配線レイアウト/加工/実装の技術により、従来は幅広だった画面下部のベゼルを大幅に縮小したのが特徴。「表示画面とほぼ同じサイズの商品デザインが可能となるため、ユーザーインターフェイスの自由度を拡げ、新たな商品価値の創造に貢献する」としている。



続きを読む »
15 Jun

国策液晶会社・JDI、経営危機に…主導の「お役所経営」が完全に空中分解

谷山氏は、革新機構というより経済産業省の意向の代弁者であり、執行部と厳しく対立することもあったが、谷山氏が押し切る場面が目立った。JDIの経営責任が曖昧模糊としている理由のひとつが、谷山氏の“暴走”にあるとの厳しい指摘もある。技術のトレンドがわからない経産省は、やることがすべて後手に回った。
2014年3月の新規株式公開(IPO)も谷山氏が仕切った。900円という、当時の液晶会社の株価に比べて「異常に割高」(兜町筋)の公開株価になったのは、「実現性の乏しい、夢のような将来展望を示したから」(同)といわれている。主幹事証券会社の野村證券との“デキレース”で「想定外の公開株価になった」という評価が定まっている。


続きを読む »
10 Jun

国産有機ELが出荷、まずはサムスンやLGと戦わない分野から

JOLED 04_500x375JOLEDは、21.6型4K有機ELパネルを発表。2017年4月から、サンプル出荷を開始している。同社にとっては、初のパネル出荷となる。サンプル出荷価格はスペックによって異なり、60~100万円を想定。6月からは月2300枚体制で生産する予定だ。

 JOLEDは有機ELディスプレーパネルの量産加速、早期事業化を目的として、ソニー、パナソニックが持っていた有機ELディスプレーパネルの開発部門を統合し、2015年1月5日に発足した企業だ。

 現在、産業革新機構が75%、ジャパンディスプレイが15%を出資。ソニーおよびパナソニックがそれぞれ5%ずつを出資している。

 JOLEDは、RGB印刷方式による有機ELパネルの開発を進めているのが特徴だ。しかも、材料、装置、プロセスの開発までを1社で対応している点も他社との差別化になっている。



続きを読む »
8 Jun

<JDI>有機ELの「JOLED」子会社化を再延期

joled_15_s液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)は7日、有機ELパネルの開発を手掛けるJOLED(ジェイオーレッド)の子会社化を再延期すると発表した。先送り時期は未定としている。JDIはJOLEDの子会社化を打ち出すことで筆頭株主の官民ファンド、産業革新機構から750億円の支援を受けて再建に乗り出したが、業績不振が続いて資金繰りが悪化しており、再建計画の抜本的見直しが迫られている。

 JDIは昨年12月、JOLEDを子会社化すると発表。スマホ向けなど中小型液晶パネルを主力とするJDIと、医療機器などに使う大型有機ELパネルを開発するJOLEDが組むことで、有機ELの開発を加速させる成長戦略を描いた。

 資金の大半を税金に頼る産業革新機構の支援は成長分野に限られ、企業救済のためには使えないため、JOLEDの子会社化は750億円の資金支援の「大義名分」となった。



続きを読む »
8 Jun

Jディスプレイ再建「技術協力可能」 シャープ

液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)の経営再建を巡り、シャープの幹部は7日、技術協力などの連携に前向きな姿勢を示した。記者団に同日、「独占禁止法の問題があり買収や合併はできないが、技術協力などは可能だ」と言及。「(日本の技術者を結集した)日の丸連合をつくりたい」と意欲を示した。

続きを読む »
7 Jun

ジャパンディスプレイ、再建計画を撤回へ 他社と資本提携も

液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)は今夏をメドに抜本的な経営再建案を策定する。事業の構造改革を進める中期経営計画を撤回し、国内工場の再編に加えて他社との資本提携も視野に検討する。17年3月期に3期連続で最終赤字となったJDIは足元で資金繰り問題が再燃している。抜本的な改革案が必要だと判断した。

新たな中計は6月21日の定時株主総会後に発足する新経営陣のもとで協議して8月をメドに発表する。国内工場の再編や人員配置の見直しなど、赤字体質脱却に向けた抜本的な対策を盛り込む見通し。

 構造改革費用を捻出するために外部資金も活用する。筆頭株主の産業革新機構のほか、外部の投資ファンドなどに支援を要請している。国内外の事業会社との資本業務提携なども視野に検討を始めている。



続きを読む »
27 May

SID 2017 透明ディスプレーや反射型液晶に熱い視線、JDIの展示

ジャパンディスプレイ(JDI)は米国ロサンゼルスで開催中の学会「Society for Information Display(SID)」(2017年5月21~26日)の展示会で、透明ディスプレーや反射型液晶など最新の先端技術を展示し、来場者を注目を集めている。  

透明ディスプレーは、2017年1月に同社が開催した技術展で一部の招待者に向けて発表したもの(関連記事)。広く一般に公開するのは、今回のSIDが初めて。専門家の評価は高く、主催者のSIDは最も優れた展示として、表彰した。今回は、透明ディスプレーを4枚並べて部屋の窓に見立てた展示も行っている。同社はこの技術の詳細を、現地時間の26日に発表する予定である。



続きを読む »
26 May

「日の丸液晶」JDI、呆れた無能経営…異常な社長交代劇、大量受注をサムスンに奪われ巨額赤字

JDI経営陣
 液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)は5月18日、東入来信博副会長執行役員が次期社長に内定していた人事を撤回し、有賀修二社長が続投すると発表した。東入来氏は代表権のある会長に就任し、最高経営責任者(CEO)を兼務する。代表権は東入来氏一人が持つ。
今回、会長兼CEOをクビになった本間充氏は「17年3月期に最終黒字にするのが私の責任」と胸を張っていたのに、5月10日の決算発表の席にも姿を見せず、敵前逃亡した。経営責任の放棄である。


保存保存保存続きを読む »
21 May

ジャパンディスプレイ(JDI)、8K液晶ベースの裸眼立体視ライトフィールドディスプレイをNHK-MTと共同開発

17 light field display 01ジャパンディスプレイ(JDI)は、NHKメディアテクノロジー(NHK-MT)と次世代映像に向けた共同研究開発を開始。「17型ライトフィールドディスプレイ」を19日に発表した。
5月21日~26日に米カリフォルニアのLos Angeles Convention Centerで開催される「SID DISPLAY WEEK 2017」のJDIブースで技術展示を行なう。
JDIの高精細液晶ディスプレイ技術により、8K液晶ディスプレイをベースとした「17型ライトフィールドディスプレイ」を開発。
NHK-MTの高精細な次世代3D映像を組み合わせ、見る視点によって異なった映像を表示可能。



保存保存続きを読む »
19 May

需要高まる有機ELパネル市場、JOLEDが中型に参入する狙い

joled aa001
年内にもジャパンディスプレイが子会社化することになるJOLEDは、21.6型4K有機ELパネルを発表した。すでに2017年4月から、サンプル出荷を開始。6月からは、ジャパンディスプレイ内に設置した石川技術開発センターの4.5世代開発試作ラインで、月2300枚体制で生産を開始する。21.6型であれば、1枚の基板から3枚取りができるという。
JOLEDが採用しているのがRGB印刷方式。これは、大型化に対するプロセス上の技術的制約がないこと、省電力化でも性能上の技術的制約がないこと、高精細化でも構造上の技術的制約がないことが特徴で、とくに、10~32型の中型パネルの生産には適している。


続きを読む »
19 May

ジャパンディスプレイ、よぎる4年連続赤字の悪夢

液晶パネル大手、ジャパンディスプレイ(JDI)が一段と厳しい経営環境に直面している。最大顧客の米アップルが新製品のスマートフォン(スマホ)に韓国サムスン電子の有機ELパネルを採用する見通しのなか、需要次第では収益の回復に向けた道筋がみえてこないからだ。市場関係者の間では2018年3月期も4年連続で最終赤字(会社予想は非開示)になるとの見方も浮上している。
1つは、液晶パネルの苦戦だ。会社計画によると、17年4~6月期の連結営業損益は150億円の赤字と、赤字幅は前年同期の34億円から膨らむ見込み。アップルの有機ELパネル採用を受け、中国のスマホメーカー各社も有機ELの普及を見極めたいとの理由から、JDIの液晶パネルの発注に慎重になっているようだ。受注減の荒波はJDIを大きく揺るがす。


 続きを読む »
19 May

ジャパンディスプレイ、有賀社長が一転留任

 ジャパンディスプレイ(JDI)は18日、3月に発表した6月21日付の役員人事案を変更し、有賀修二社長(58)の続投と、社長兼最高経営責任者(CEO)に就任する予定だったJOLED(ジェイオーレッド)の東入来信博氏(68)が会長兼CEOに就任すると発表した。
経営トップのCEO職は予定通り東入来氏が務め、代表権は同氏のみが持つ。



続きを読む »
17 May

「ケチ」なHuaweiはJDIから買うのを止めたのか

中国勢トップのHuawei社については、前回の当コラムで、2017年の旗艦モデルとして投入した「Huawei P10」が、お膝元の中国で炎上騒ぎに見舞われているということを書いた。個体によって書き込み速度で最大10倍、読み込みで同5倍もの差があることが分かり、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)などネットで騒ぎになったというもの。
Huawei P10が別件で再び炎上騒ぎに見舞われたためである。そして、問題の解決に向け、Huawei社が液晶パネルの調達先をジャパンディスプレイ(JDI)から中国系業者に変更するという観測も浮上している、と言えば、日経テクノロジーオンラインの読者は、前回の炎上騒ぎの話よりもぐっと興味を持たれるのではないだろうか。


続きを読む »
12 May

中国首秀!JDI携FULLACTIVE全面屏高调现身,瞄准中国市场寻求突破

JDI-2-768x5182017年5月4日,拥有全球最先进的LTPS制程技术的日本面板制造商Japan Display(以下简称JDI)在位于深圳南山区的中国营运研发中心召开新闻发布会,向来自中国国内显示产业的十多家媒体发布四边窄边框“FULL ACTIVE”液晶显示屏。
此次新闻发布会由JDI战略本部广报部总经理久保田合彦先生和JDI China副总经理孙宇峰先生主持。发布会首先由JDI China总经理大西健治先生发表JDI公司简介的演讲。

Move to full article
 
11 May

不振「JDI」、創業来の幹部までが退任する事情

今日5月10日、2016年度決算を発表するジャパンディスプレイ(JDI)。2016年度は上場来初の最終黒字を目指していたが、5月1日になり業績予想を317億円の最終赤字に下方修正。3期連続の最終赤字に沈む見込みだ。 経営不振の長期化を受け、JDIは経営陣の刷新を決断。すでに本間充会長の退任と有賀修二社長の交代が発表されているが、筆頭株主である産業革新機構から送り出された谷山浩一郎取締役もJDIを去ることが取材でわかった。
谷山氏は、産業革新機構が2012年にJDIを設立した際に実施した2000億円出資の責任者。それ以降も、両社をつなぐキーマンとして経営に参加してきた。 昨年、産業革新機構がシャープへの出資を名乗り出た際にはJDIとの統合を画策。結局、鴻海精密工業のテリー・ゴウ董事長に敗れシャープは鴻海の子会社となったが、谷山氏は産業革新機構の代表としてシャープ経営陣に買収案のプレゼンを実施するなど中心的な役割を担っていた。


続きを読む »
11 May

JDI、4─6月期は150億円の営業赤字予想 有機EL対応遅れで

ジャパンディスプレイは10日、2017年4─6月期の営業損益は150億円の赤字(前年同期は34億円の赤字)になる見通しだと発表した。
市場が拡大している有機ELパネルへの対応が遅れていることなどが足を引っ張る。 売上高は前年同期比3.2%増の1800億円と拡大を見込んでいるが、白山工場稼働に伴う減価償却費や有機EL関連の研究開発費などの固定費負担が収益を圧迫する。
2 May

ジャパンディスプレイ赤字見通し 黒字化の自信から一転

東入来2017032201001353中小型液晶パネル大手ジャパンディスプレイ(JDI)は1日、2017年3月期決算の純損益が317億円の赤字(前年同期は318億円の赤字)になるという業績予想を発表した。これまで3年ぶりの黒字化に自信を見せていたが、一転して3年連続の赤字となる見通しだ。



続きを読む »
31 Mar

JDI、日の丸有機EL「JOLED」子会社化を延期。「さらなる事業モデル検討を行なう」

 ジャパンディスプレイ(JDI)は30日、有機ELディスプレイ開発を手掛ける「JOLED」の連結子会社化最終契約を当初予定の3月31日から、6月下旬に延期することを決定。
あわせて、子会社化完了日時も2017年度上半期から、2017年12月下旬に延期した。

続きを読む »
29 Mar

JDIトップ人事に違和感、問われる産業革新機構の役割

経営が混迷の度を深めていることを、周囲にまざまざと見せつけるかのような人事だった。  スマートフォンなどに使われる中小型液晶の最大手、ジャパンディスプレイ(JDI)は、今年6月の株主総会を経て、本間充会長兼最高経営責任者(CEO)が退任する人事を発表した。
 三洋電機出身の本間氏は、2015年6月にJDI会長に就任。稼働が低迷する生産拠点を相次いで閉鎖するなど、最終赤字に苦しむ同社の構造改革に取り組んだものの、昨夏には企業にとって致命傷になりかねない資金繰り不安を招いてしまった。
続きを読む »
24 Mar

JDI 空回りの5年 革新機構介入が混迷招く 社外取締役と対立

 ジャパンディスプレイ(JDI)は22日、経営陣を刷新すると発表した。発表資料では「前期を上回る収支見通しとなった」「当初約束に基づき」といった表現で理由が説明されている。だが、筆頭株主である産業革新機構側との摩擦も指摘されるなど、実態は円満な交代ではなかったようだ。
交代の背景にあるのはJDIの経営の混迷だ。主要顧客である米アップルの「iPhone」の販売不振などで16年に資金繰りが悪化。株価も低迷し、革新機構が750億円の金融支援を決めた。それを受け経営体制を見直す格好となった。


続きを読む »
23 Mar

ジャパンディスプレイ(JDI)社長に東入来氏 本間会長は退任

東入来2017032201001353液晶パネル大手ジャパンディスプレイ(JDI)は22日、社長兼最高経営責任者(CEO)に子会社化する有機ELの「JOLED」社長の東入来信博氏(68)が就任する人事を発表した。

本間充会長兼CEO(69)は退任し、有賀修二社長(58)は取締役となる。  東入来氏は4月1日付でJDIの副会長に就き、本間氏はCEO職を退く。

その後、6月の株主総会と取締役会を経て東入来氏の社長就任が正式に決まり、本間氏は会長職も辞める。東入来氏は当面、JOLEDの社長も兼務するという。

19 Mar

JDI、鳥取の車載用液晶工場で増産 モジュールの新ライン

nkx20150220中小型液晶パネル最大手のジャパンディスプレイ(JDI)は17日、車載用液晶ディスプレーを生産する鳥取工場(鳥取市)の液晶パネルの生産能力を11月に現在比12%増の月産5万3千シートに増やし、液晶モジュールの組み立てラインを新設すると発表した。



続きを読む »
28 Feb

「東芝の呪縛」が解けJDI悲願の最終黒字見えた

企業存続の危機に立たされている東芝が昨年12月、保有していた中小型液晶最大手ジャパンディスプレイ(JDI)の株式を売却した。売却額は40億円前後とみられる。
その要因とは、JDIの前身である東芝モバイルディスプレイ(TMD)が抱えていた借金の完済だ。  TMDは早くから米アップルと取引関係を深め、iPhone用の液晶パネルを供給してきた経緯がある。2012年に稼働した石川県の能美工場の建設に当たっては、設備投資に必要な資金1000億円弱(推計)をアップルから借り受け、5年間で返済する契約を結んでいた。


続きを読む »
21 Feb

ジャパンディスプレイ、再起なるか 「曲がる」新型液晶と脱スマホで挑む

「一時は売却することも頭をよぎった」。JDI幹部が苦笑しながら明かすのは、スマホ向け液晶ディスプレーを生産する白山工場(石川県白山市)のことだ。当初予定から遅れること約半年、2016年末に量産稼働を始めた。高価格帯中国スマホ向けの採用が増え、全社の生産キャパシティーが逼迫(ひっぱく)したことが後押しとなった。
 現在の最大の課題は、曲げられるなどデザイン性が高くスマホへの採用ニーズが高い有機ELディスプレーにどう対抗するか。  そこで投入するのが、4辺の額縁をなくした新型液晶「フルアクティブ」だ。組み合わせて見開き型にするのも可能で、中国メーカーなどとの交渉を開始。年内の量産を計画する。


続きを読む »
14 Feb

有機ELの1.8倍。透明なカラー液晶をJDIが開発、NTT/パナソニックの端末に採用へ

ジャパンディスプレイは、透過率80%を実現した4.0型透明カラーディスプレイを開発。2018年度以降の量産開始を目指す。
日本電信電話(NTT)とパナソニックが共同開発中の「透明ディスプレイを搭載したシンプルなポータブル端末」に採用され、2月16日~17日開催の「NTT R&Dフォーラム2017」に出展される。



続きを読む »
11 Feb

JDI、中国スマホメーカー向け好調 営業利益、前期比37.5%増

jdi 白山 20161201保存中小型液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)は8日、未定としていた2017年3月期連結決算の業績予想を発表した。本業のもうけを示す営業利益が前期比37.5%増の229億円になる見通し。
中国メーカーのスマートフォン向けの需要が旺盛で、構造改革の効果などから利益拡大が見込めると判断。売上高は前期比11.6%減の8741億円を見込む。



保存保存続きを読む »
7 Feb

東芝、40億円弱でJDI株売却 巨額損失発覚前に計画

東芝は6日、保有する液晶パネル大手ジャパンディスプレイ(JDI)の株式を市場ですべて売却していたことを明らかにした。昨年12月に40億円弱で売り、十数億円の売却益を得たとみられる。財務体質の改善策の一環だったという。  
東芝は一連の不正会計問題による赤字を受け、財務の健全性を示す自己資本比率は昨年9月末時点で7・5%まで落ち込んでいた。原発事業での巨額損失が発覚した12月以前から保有資産の売却による財務改善策は計画されており、JDI株も予定通りに売却したという。



続きを読む »
2 Feb

「折りたたみ端末」新機軸、JDIが見開き型液晶

jdi flex 16000000-PB1-6
持ち歩くときは折りたたみ、使うときは広げて、大きな画面で映像や情報が見られる。このような“折りたたみ端末”を実現可能にする見開き型の液晶ディスプレーを、ジャパンディスプレイ(JDI)が開発した。ベゼル(外枠)を徹底的に細くした2枚の液晶パネルをつなげたものである。
今回JDIは、技術の成熟度が高い液晶パネルを折りたたみ端末に使うための新しい使い方を提案した。ディスプレーを折り曲げるというアプローチは取らず、ベゼルを徹底的に細くした2枚のパネルを連結する使い方である。


続きを読む »
26 Jan

JDI、有機EL対抗の曲がる液晶パネルを公開 2018年にも量産を開始

jdi flex lcd p1
ジャパンディスプレイ(JDI)は1月25日、曲げることができる液晶パネルを開発したと発表した。基板に従来使用していたガラスではなくプラスチックを採用することで、これまで液晶パネルでは難しいとされてきた曲面形状の加工を可能にした。フレキシブル性や薄さを武器に台頭している有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)パネルの対抗商材として、顧客の早期開拓を進める。


続きを読む »
26 Jan

JDI、ニンテンドースイッチのパネル独占供給=関係者

中小型液晶パネル大手ジャパンディスプレイ(JDI)は、任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」のタッチスクリーンパネルを独占供給する。事情に詳しい関係者が明らかにした。
 関係者によると、この契約のJDIの売り上げへの影響は比較的小規模にとどまるもようだが、JDIの製品の中核市場であるスマートフォン事業の不安定性を和らげるには役立つ可能性が高い。



続きを読む »
20 Jan

ジャパンディスプレイ、WQHD液晶の量産を開始

ジャパンディスプレイは1月19日、スマホ用の液晶として高精細化と低消費電力化を進めた新液晶「Hi-Reso Display」の量産を開始したと発表した。
 横1440×縦2560ドットのワイドQuad HD(WQHD)フォーマットの液晶パネルで、同社の従来同等品に比べて高精細化に加えて低消費電力化を進めた。低消費電力で動作させる際には動作周波数を低周波(30Hz)とするが、この際に表示がちらついていしまうのを構成材料を工夫することで解決している。
 同社独自のインセルタッチ第2世代Pixel Eyesを装備、更なる狭額縁化や黒の表現力向上、濡れた手で触れても誤動作しにくいという特長も兼ね備えるという。サイズは5型、解像度は500ppi相当となる。

12 Jan

産業革新機構がJDIに750億円 「あまりに露骨」と不評なワケ

中小型液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)が、筆頭株主の官民ファンド、産業革新機構から最大で750億円の支援を受けることになった。JDIは支援の一部で有機ELパネルを開発しているJOLED(ジェイオーレッド)を子会社化することを決めた。

 JDI、産業革新機構の両者が2016年12月下旬に明らかにした。750億円の支援については、新株予約権付社債(CB)で450億円、返済の優先度が低い劣後債で300億円を調達する。一方、JDIが子会社化するJOLEDは、ソニーとパナソニックの有機EL事業を統合し2015年に発足。JDIと同様、産業革新機構がJOLED株の筆頭株主で、JDIは産業革新機構の保有株75%のうち36%を譲り受け、今の持ち分と合わせて出資比率を51%に引き上げる。

 この750億円の支援とJOLEDの子会社化が発表されると、「JOLED子会社化は、JDI救済のためにひねり出された苦肉の策」(金融筋)といった批判が噴出した。



続きを読む »
1 Jan

曲がる液晶パネル、JDIが17年度にも実用化

jdi 2017 flex I50045-N保存液晶大手ジャパンディスプレイ(JDI)は2017年度にも、曲げることができる液晶パネルを実用化する方針を固めた。

 腕に巻き付ける携帯型端末など、消費者の生活を変えるような製品の実現を目指す。

 曲がるパネルを巡っては、韓国のサムスン電子が有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)の分野で実用化しつつある。有機ELは自ら発光するためバックライトが不要で、曲げやすい。



続きを読む »
27 Dec

JDI、白山工場で第6世代LTPS液晶ライン稼働開始。ハイエンドモバイル強化

jdi 白山 20161201保存 ジャパンディスプレイ(JDI)は、12月23日から新設の白山工場(石川県白山市)において、低温ポリシリコン(LTPS)液晶ラインの本格稼働を開始した。最新設備を導入することで、ハイエンドのモバイル製品向けの高性能、高品質ディスプレイを生産する。

 第6世代(1,500mm×1,850mm)のガラス基板を使用する、LTPS対応の生産ライン。第6世代のガラス基板で月25,000シートの投入が可能で、本生産ラインの稼働開始により、JDIの液晶パネル生産能力は、全体で約20%拡大する。



続きを読む »
27 Dec

Jディスプレイ 同舟4年、遠い融合 JOLED子会社化発表 パネルの「灯」残せるか

JDI 2016X11000-PN1-7
「また長いスタンプラリーが始まるのか…」。JDIの主力生産拠点、茂原工場(千葉県茂原市)に異動した技術者はため息をつく。 茂原工場は日立から引き継いだ液晶パネル工場だ。従業員の多くは日立出身で業務手順は日立の仕組みを色濃く残す。「スタンプラリー」とは書類に関係部署の承認印を取り付ける作業を指す。
JDI設立から4年半たった今でも、スタンプラリーに象徴される社員同士の反目は今も続いている。ただでさえ、まとまりが悪いのに、JOLEDが加わったら一体どうなってしまうのか。  反目し続ける社員たちだが、JDI発足当初は理想を共有した「仲間」だった。


続きを読む »
22 Dec

JDI支援750億円を決定=有機EL統合―革新機構

政府系ファンドの産業革新機構は21日、筆頭株主として出資する液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)に対し、750億円を上限とする資金支援を決定した。
海外勢との競争で業績不振が続き、戦略事業への投資資金を自力で調達することが難しくなったため。革新機構の支援決定を受け、主力取引銀行3行はJDIに対する600億円の融資枠の再開を検討する。



続きを読む »
21 Dec

ジャパンディスプレイがJOLEDを子会社化、印刷方式の事業化を加速

ジャパンディスプレイは12月21日、有機ELディスプレイ(OLED)の事業化を目指すJOLED(ジェイオーレッド)を連結子会社化すると発表した。(前報道通り) 印刷方式によるOLEDの事業化を加速させる。
 印刷方式とは、有機ELパネル(発光層)の成膜工程に印刷の技術を活用するというもの。ほかの生産方式に比べて生産コストの大幅な低減が可能になるとされているが、まだ量産に至った企業はない。
 ジャパンディスプレイは、JOLEDが最先端の技術開発を行っていることから「OLEDの早期事業化が可能な企業である」と判断。産業革新機構からJOLED株式の一部譲渡を受け、議決権比率を現在の15%から51%に引き上げる。OLEDはジャパンディスプレイの連結子会社となる。

20 Dec

“折りたたみ端末”に新提案、見開き型液晶をJDIが開発 外枠を徹底的に細く

folding LCD JDIzu1持ち歩くときは折りたたみ、使うときは広げて、大きな画面で映像や情報が見られる。このような“折りたたみ端末”を実現可能にする見開き型の液晶ディスプレーを、ジャパンディスプレイ(JDI)が開発した。ベゼル(外枠)を徹底的に細くした2枚の液晶パネルをつなげたものである。
  折りたたみ端末の実現に向けては、しなやかに曲がり、折り曲げられるフレキシブルディスプレーの開発が盛んだ。特に、表示原理上、曲げても液晶に比べて表示品質が劣化しにくい有機ELディスプレーで、フレキシブル化の開発が活発になっている。



続きを読む »
15 Dec

[韓国報道] 日本最大の「ディスプレー連合軍」誕生

日本最大の液晶表示装置(LCD)企業ジャパンディスプレイ(JDI)が日本有機発光ダイオード(OLED)統合企業のJOLED(ジェイオーレッド)を買収する。日本最大ディスプレー連合軍を誕生させ、韓国のサムスン電子など先導企業に追いつくためだ。

  13日の日本経済新聞によると、JDIは来年、日本政府主導ファンドの産業革新機構が保有するJOLEDの株式75%のうち35%以上を譲り受けることにした。これを受け、JOLEDへの出資比率は現在の15%から50%以上に高まり、JDIはJOLEDを子会社として編入する予定だ。買収金額は100億円以上とみられる。



続きを読む »
14 Dec

JDI、液晶パネルの白山工場稼働、中国スマホメーカーからの受注好調

ジャパンディスプレイ(JDI)は稼働を延期していたスマートフォン(スマホ)用液晶パネルの白山工場(石川県)で12月中に本格量産を始める。高精細パネルを求める中国スマホメーカーの増産要請に対応するためだ。足元の受注は回復基調で生産効率の高い新工場を稼働して収益力を高める。 
米アップルのiPhone向け液晶パネルの量産準備にも入った。月内は生産能力の3〜4割野水準で稼働し、年明け以降に受注動向を見極めながら生産量を増やす。白山工場はアップルに前受金という形で総工費約1900億円の大半の資金を負担してもらい2015年春に着工した。



続きを読む »
13 Dec

[更新] ジャパンディスプレイ(JDI) --会社概要/生産ライン・拠点/技術

jdi-display mihiraki [2016年12月13日更新] ..しました。
(更新内容: "2016年12月13日、Jディスプレイ、液晶と有機EL統合 JOLEDを子会社化"を反映しました)



1.概要

①産業革新機構(以下INCJ)主導で、日立製作所、ソニー、東芝の中小型ディスプレイ事業(日立ディスプレイズ、ソニーモバイルディスプレイ、東芝モバイルディスプレイ)の統合会社として2012 年4 月1 日に設立された。一時はシャープの参加も検討されていた模様。ソニーと東芝の2 社統合で話が進められていたが、その後日立製作所が加わり、2011 年8 月の正式発表となった。

②資本金は2,200 億円、出資比率はINCJ が70%、他3 社が各10%。2014年1─3月期にも株式を上場(IPO)を目指している。

③2012 年4 月の発足前には3 社合計で7,600 名の従業員がいたが、生産部門と間接部門のリストラを行い、6,200 名体制でスタートした。
2013 年3 月をメドに製品ラインアップの統合や生産体制の再構築が進められている。その一環としてパナソニック液晶ディスプレイより譲渡を受けた茂原G6工場をLTPSラインに改造し13年3Qの稼働を目指している。2013年6月に稼働開始した。また3 社統合のITシステムとしてクラウドサービス「TechnoCUVIC」(テクノキュービック)が採用された。

④製品戦略は、「400ppi 以上の超高精細LTPS」を武器としたハイエンドスマートフォン向けを主軸としている。スマートフォンのパネル生産に300億円(US3億6550万ドル)を投資し、4.5世代工場で2015年初までに1ヶ月当り470,000枚以上のガラス基板投入量の生産体制に拡張することが伝わっている。
タブレット用 液晶ディスプレイモジュールのラインナップも整備を進めておりULMTRシリーズとして7.0型(対角17.8cm)WXGA(800x1280 pixel)、9.0型(対角22.9cm)WXGA(800x1280 pixel)、10.1型(対角25.7cm)WUXGA(1920x1200 pixel) を発表している。
また2013年FPD展にて、世界最小タブレット用12.1"4K2Kのパネルを発表した。

⑤AMOLED の開発も行っており、2012 年度上期にサンプル出荷、2013 年に量産化の判断をしていくものと思われる。  2014年春に試作ラインの稼働を予定している。 

⑥技術面では超高精細の他、IPS(IPS-NEO/光配向)、インセルタッチパネル(Pixcel Eyes)、RGBW による省電力化(White Magic)など。スマートフォン向けの5" FHDパネルで業界をリードしていく目論見。

⑦2013年4月に子会社だったジャパンディスプレイセントラル・ジャパンディスプレイイースト・ジャパンディスプレイウエストを統合した。

⑧パナソニック液晶ディスプレイより譲渡を受けた茂原G6工場のLTPSライン改造が2013年6月に完工、稼働開始した。生産能力は月産2万4000シートで、2014年には同5万シートに引き上げていく計画である。

⑨2013/9/13、2013年度内に東京証券取引所に上場する方針を固めたとマスコミで報道された。実現すれば時価総額が7千億円規模の大型上場となる。

⑩2013/10/23、台湾販社を設立すると発表新会社の台湾顕示器(台湾ディスプレイ、TDI)は資本金3,000万台湾元(約1億円)。JDIが100%出資する。台北市内湖区に設立し、2013年内に事業を開始する予定としている。

⑪2013/12/19、100%子会社の台灣顯示器(Taiwan Display/TDI)を通じて、台湾の液晶ディスプレイモジュール製造会社である中日新科技(Star World Technology/STC)の発行済株式の約80%に相当する普通株式を、第三者割当増資により取得することを決定。STCをTDIの子会社(JDIの孫会社)とし、中国の深セン市にもTDIの子会社を設立すると19日に発表した。これら2社は、いずれもJDIの連結子会社になる予定。

2014/3/19 ジャパンディスプレイは、東証一部上場を果たした
調達した資金は、2014年3月期に実施予定の茂原工場(千葉県)の第6世代(6G)ラインへの投資に加え、2015年3月期に月産5万シートに増強するために338億円、能美工場(石川県)の第5.5世代(5.5G)ラインを月産2万5500シートに増強するために32億円をあてる計画。

2013年中小型液晶の出荷金額シェアは、ジャパンディスプレイ(JDI)が56億7000万ドルで16.2%を獲得しトップ。2位はシャープで52億8400万ドル(15.1%)、3位が韓国LG Displayで49億9200万ドル(14.2%)となった。

2015年3月6日、1700億円を投資し(多くはアップル出資)工場建設すると発表した。

2015年5月25日、白山市竹松町に建設する新工場の起工式を行った。

2016年3月17日、東浦工場の第3.5世代ライン廃止、茂原工場第4.5世代ラインも停止と発表した。

2016年10月18日、白山市に建設していた新工場の完成式典を行った。

2016年12月13日、Jディスプレイ、液晶と有機EL統合 JOLEDを子会社化


2.会社業績

【業績推移:  額は億円】
決算期
売上高
営業利益
経常利益最終利益
1株益(¥)
売上営業損益率
発表日
13.10-12
161782
8969
34.7
5.1%
-
14.1-3
1318
55
43
43
1.7
4.2%
14/5/15
14.4-6
1251
-127
-169
-168
-28.0
-10.1%
14/8/07
14.7-.9
1604
-76
-55
-109
-18.2
-4.7%
14/11/13
14.10-12
2511
147
183
191
31.9
5.9%
15/2/12
15.1-3
2326
251
107
-36
41.8
10.8%
15/5/13
15.4-6
2461
22
-1
-5
3.7
0.9%
15/8/7
15.7-9
2617
83
18
1
3.0
3.2%
15/11/9
15.10-12
3050
133
8247
7.8
4.3%
16/2/8
16.1-3
1763
-71
-228-362
-60.0
-4.1%
16/5/12
16.4-6
1743
-34
-142
-118
-19.6
-2.0%
16/8/9
16.7-9
1966
12
-63
-49
-8.2
-0.6%
16/11/9
16.10-12









保存保存保存保存保存保存保存続きを読む »
13 Dec

Jディスプレイ、液晶と有機EL統合 JOLEDを子会社化

安倍総理 p2液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)は、パナソニックとソニーの有機ELパネル事業を統合したJOLED(ジェイオーレッド)を子会社にする。官民ファンドの産業革新機構から株式を譲り受け、スマートフォン(スマホ)や車載用の液晶パネルと産業用やテレビ向けの有機ELパネルの両事業を一体で運営する。先端のディスプレー技術をJDIに集約し、韓国や中国のメーカーに対抗する。

 革新機構が75%を持つJOLED株のうち35%を超える持ち分を2017年中に譲り受ける。JDIはJOLEDへの出資比率を15%から50%超に引き上げる。必要な資金は百数十億円になる見通し。JOLED株はパナソニックとソニーも5%ずつ保有している。

[Ref] 安倍首相が見たJOLEDの有機ELディスプレー



保存続きを読む »
1 Dec

『JDI』最後の大博打! “見開き液晶パネル”に懸けるジャパンプライド

スマートフォン向け液晶パネル大手の『ジャパンディスプレイ』(JDI)の筆頭株主は官民ファンド、産業革新機構だ。つまりは失敗、失策は間接的にではあるが、国民負担に直結するということになる。
 ソニー、東芝、日立の中小型液晶事業を統合した『JDI』が発足したのは2012年4月。当時“液晶日の丸連合”ともてはやされたその実態は、体力の消耗戦でヘトヘトになった企業が政府主導で傷を舐めあって出来上がった弱者連合だった。そのJDIの動向が再び注目されている。
 「JDIは今年に入り、最大の得意先である米アップル『iPhone』の販売台数の伸び悩みやパネルの在庫過多で資金繰りが悪化していました。売り上げの半分以上がアップル1社依存の状態で、筆頭株主の官民ファンド『産業革新機構』のバックアップで資金繰りを乗り切ってきたのです。4月以降は、みずほ、三井住友、三井住友信託銀行3行との間で融資枠を350億円から600億円まで増額したことで、一気に信用不安が広がりました」(市場筋)



続きを読む »
29 Nov

JDI、VRヘッドセット専用の液晶パネルを開発

ジャパンディスプレイ(JDI)は 11 月 21 日、同社初の VR ヘッドセット専用の液晶ディスプレイを開発していることをプレスリリースを通じて発表しました。
JDI の VR ヘッドセット用パネルは、3.42 インチの低温ポリシリコン(LTPS)TFT 液晶ディスプレイで、IPS 方式を採用しており、解像度は 1,440 x 1,700 ピクセルと非常に高精細な仕様となっています。
この液晶パネルは単に従来のスマートフォン用ディスプレイを VR ヘッドセット用に転用したものと違って、精細さや応答速度を改善しており、動画のぼけを軽減する工夫も施されています。

続きを読む »
22 Nov

JDIがVR HMD専用液晶を開発。高精細651ppi、高速応答3msで動画ボケ改善

ジャパンディスプレイは21日、仮想現実ヘッドマウントディスプレイ(VR HMD)専用の3.42型低温ポリシリコンTFT液晶ディスプレイ(LTPS TFT-LCD)を開発し、サンプル出荷を開始したと発表した。
3.42型/解像度1,700×1,440ドット(縦×横)のLTPS TFT-LCD。高精細/高速応答/高リフレッシュレートといった特徴を持ち、VR向けに最適という性能を実現。現在のVR HMD製品に搭載されているディスプレイが持つ課題を解決し、より現実に近い映像を体感できるという。

続きを読む »

当サイト特集カテゴリー
1.液晶の歩んできた道(第一部)
液晶の黎明期から実用化を果たすまでの過程をわかりやすく解説することを目指して書きました。

2.液晶の歩んできた道(第二部)
液晶が当面の最終目標だった大型テレビに採用され夢の平面テレビが実現した過程を解説していく予定です。(開始時期未定)

3.用語辞典(技術・ビジネス・企業)
管理人特選の最新技術用語やビジネス用語・関連企業を解説しています。時間の許す限りのアップ、今後充実を目指します。
掲載年月から記事を探す



Twitter プロフィール
Flat Panel TV and Display Worldサイト管理人です。薄型パネルの最新情報を発信しています。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人へのメッセージ


[FPD関連本]

フラットパネル資料館

日本の電機産業 失敗の教訓












カテゴリーごと記事
記事掲載の写真
  • LG中国広東省広州市に有機ELパネルの合弁工場を建設すると発表
  • [更新] 液晶パネル価格トレンド (LCD Panel Price Trend)
  • iPhone8は9月に発売!ただし最初は台数限定〜J.P. Morgan
  • サムスンのテレビにLGの液晶パネル…電子ビッグ2「呉越同舟」
  • China smartphone vendors ramping a-Si LCD panel orders
  • 裸眼で見られる高精細な立体映像−JDIなど、ディスプレー初披露
  • LG初のHDR対応31.5型4K液晶ディスプレイ。HDR10サポートで114,000円
  • GEヘルスケアの携帯型超音波「Vscan」が“スマホ化”
  • 天皇陛下 「光学フィルム」開発の化学メーカー「日本ゼオン」視察
  • アップル、iPhone3機種で有機EL採用も 18年以降
  • 船井・ドンキ…4K高機能でも格安、テレビ市場に新勢力
  • 出光、LG化学と提携 有機EL材料 特許を相互利用
  • Samsung、韓国に世界最大のOLED工場を建設か〜iPhone需要に応え
  • キングジム、ハイコントラスト液晶を採用した電子メモパッド「BB-9」
  • 大画面と曲面設計対応、車載用フィルムセンサー
  • FPD設備投資動向~装置市場、さらに上方修正
  • 三星Galaxy S8、有機ELディスプレイの画質を徹底チェック!
  • サムスン「ギャラクシーS8」「S8プラス」 MWC上海で受賞
  • LGD8.5世代工場で操業停止、台湾勢に転注か
  • スマート窓、YKK APがAndroid対応の透明有機EL搭載「Window with Intelligence」発表。2020年実用化
  • 液晶パネルの勝ち組・日東電工 髙﨑社長、EL時代「今より受注伸ばせる」
  • 77インチのフレキシブル透過型OLEDディスプレー、韓国・LGが開発
  • JDI、タッチスイッチ一体化した車載向け10.2型パネル
  • 有機EL vs TFT液晶 ~ 2017年は中小型ディスプレイ市場の転換点
  • サムスンの新型スマホ「ギャラクシーノート8」 8月下旬に公開
  • 画面とほぼ同サイズのスマホ実現へ。JDIが狭額縁6型ディスプレイ量産開始
  • AUO中科8.5世代工場を拡張、ハイエンド市場で優位維持狙う
  • LGディスプレー 日本の学会で受賞=有機ELパネル技術で
  • 77型の有機ELテレビ、LGが日本で発売
  • シャープ、中国・ハイセンスを提訴 ブランド使用差し止め求める
コメントありがとう