return_to_forever

Flat Panel TV and Display World-2....液晶・業界・動向

液晶・有機EL・プラズマ、FPD業界・パネルメーカー・関連企業情報を掲載。当ブログで激しい市場動向に追随!--Since Nov.2004

D_製品開発

3 Mar

ジャパンディスプレイ、脈波測定向け薄型生体センサー 読み取り速度4倍超

jdi b757736ジャパンディスプレイ(JDI)は、脈波測定向けに読み取り速度を従来比4・4倍の毎秒19・5コマに向上させた薄型イメージセンサーを開発した。より高精細なバイタルサイン(生命兆候)が取得でき、同時に指紋・静脈の生体認証も行う。手首などに巻くウエアラブル機器への搭載を想定し、利用者のなりすましや患者の取り違え防止に役立つ。3年後をめどに商品化を目指す。

JDIは2017年から東京大学と光学式薄型イメージセンサーを共同研究してきた。今回、JDIが低温ポリシリコン(LTPS)薄膜トランジスタ(TFT)の駆動方法を見直し、1コマごとのセンサー走査(スキャン)回数を従来の2回から1回に半減した。

さらなる高速読み取りを実現したことで、脈波をより正確に計測できるようにした。心臓の拍動に応じた末梢(まっしょう)血管の圧や容積の変化を示す脈波は、動脈硬化の進行度やストレスなどの健康状態を推定する生体信号だ。





続きを読む »
3 Mar

Windowsデスクトップも映せる0.96型液晶

 cooyou.orgは、0.96型ディスプレイ「クレイジースモール超小窓ディスプレイ」を開発し出資を募っている。  

モノクロディスプレイの「クレイジースモール超小窓ディスプレイBW」と、カラーディスプレイの「クレイジースモール超小窓ディスプレイCL」を用意しており、リターンが得られる投資額はモノクロ版が2,800円、カラー版が4,500円。対応OSはWindows 10。

 USBバスパワーで駆動する超小型ディスプレイ。パソコンに接続すると、OSの標準ドライバでCOMデバイスとして認識される仕様。解像度はモノクロ版が128×64ドット、カラー版が160×80ドット。モノクロ版の表示色は黒と青緑。カラー版のみ、パソコンとの接続を行なわずに単体で登録画像を表示可能。





続きを読む »
29 Jan

ガーミン、アクセサリーのような女性向けスマートウォッチ「Lily」シリーズ

garmin_244727_1 ガーミンジャパンは1月28日、女性の健康をサポートする充実した機能を兼ね備えた、女性向けスマートファッションウォッチ新シリーズ「Lily Classic(リリー クラシック)」「Lily Sport(リリー スポーツ)」を発表。2月4日より予約を受け付け、2月11日より発売する。  

 Lilyシリーズは、アクセサリーのようなエレガントでスタイリッシュな外見と、女性のための健康管理や各種モニタリング機能などを搭載したGarmin初の女性向けスマートファッションウォッチ。時計のボディサイズはおよそ34.5mmとGarmin最小のコンパクトサイズ。バンドもおよそ14mmの太さで、女性の腕にしっくりなじむフェミニンなシルエットとしている。  

 質感にこだわったステンレスベゼルに高級感溢れるレザーバンドのLily Classicと、軽やかなアルミニウムベゼルとアクティブシーンにも適したシリコンバンドのLily Sportの2モデルで、それぞれ3カラーを展開する。  





続きを読む »
27 Jan

ヘッドマウントディスプレー キヤノン、45%軽量化 2月発売

canon 904f568キヤノンは26日、独自の位置合わせ技術を用いた複合現実(MR)システム対応のヘッドマウントディスプレー(HMD)「エムリアルS1=写真」を2月下旬に発売すると発表した。

装着用ユニットを含む重さは約338グラムと、従来機種「MD―20」比で約45%軽量化。使いやすさや携帯性を高めて幅広い分野に訴求する。





続きを読む »
24 Jan

シャープ「AQUOS」の歩んだ20年- 成熟のAQUOS、新時代は「テレビの次」へ

sharp lcd tv 0062001年1月1日に、第1号機である「AQUOS LC-13C1/15C1/20C1」が発売されてから、ちょうど20年目を迎えたシャープの液晶テレビ「AQUOS」。2020年1月11日に成人の日を迎えた20歳の人たちは、国内で約124万人。AQUOSは、今年の新成人とともに歩んできた「同世代」の商品だといえる。前編では、これまでの20年間のAQUOSの歩みを追ってきたが、今回の後編では、これからのAQUOSの方向性を捉えてみたい。

AQUOSは、2020年9月に累計販売台数が5,000万台に達したところだ。
そしてAQUOSは、発売から20年間に渡り、国内トップシェアを誇る液晶テレビのブランドとして君臨している。 では、これからの20年間、AQUOSはどんな進化を続けるのだろうか。





続きを読む »
18 Jan

CES 2021のベストTVまとめ #CES2021

バーチャル開催でも楽しみはたくさん。

今年のCESはいつもとはまったく違っていて、会場はラスベガスのホテルから完全にバーチャルになり、プレゼンはひたすらZoomの連続になりました。なので新しいTV技術を体験するのは難しかったんですが、それでも楽しみなTVがいろいろ出てきてますよ。

まずSonyはBravia XRシリーズの新しい有機EL TV、4K・8KTVの発表でCES 2021をキックオフしました。それぞれすべて、音も画質も拡張して没入感を高めるという触れ込みの新チップ・Cognitive Processor XRを搭載しています。





続きを読む »
14 Jan

中国TCL、カラー反射型液晶ディスプレイタブレット発表 動作は電子ペーパーより滑らか省電力

中国TCLは1月12日、オンライン展示会「CES2021」で、反射型液晶を搭載したAndroidタブレット「TCL NXTPAPER」を発表した。4月に欧州、中米、中東、アフリカ、アジア太平洋地域で発売する。価格は349ユーロ(約4万4000円)。  

TCL NXTPAPERはバックライトを使わない反射型液晶を搭載し、目に優しい表示ができるという8型のタブレットデバイス。TCLのディスプレイ技術「NXTPAPER」を採用した初の商用製品となる。  

NXTPAPERは透過型液晶ディスプレイと電子ペーパーの中間のようなディスプレイで、スマホで一般的に採用される透過型液晶よりも電力効率が65%良く、電子ペーパーよりも動画を滑らかに表示できるといった特性を併せ持つ。紙のような見た目のため、ブルーライトが抑えられるという。





続きを読む »
13 Jan

有機ELに4Kサポートも?「Nintendo Switch Pro」のウワサ

switch 738438c5長らく噂されているNintendo Switchのアップデートの噂ですが、新たな報告によれば有機ELディスプレイの搭載や4K解像度のサポート、そして新型ドックの登場があるかもしれません。

ゲーム系ハッカーのSciresMの報告によると、この新型Nintendo Switchはコードネーム「Aula」と呼ばれています。

また「Mariko」と呼ばれるSoC(プロセッサー)を搭載し、ハンドヘルド/ドックモードをサポートします。 このMarikoはパフォーマンスが向上しながら、発熱が抑えられバッテリー駆動時間を伸ばすとされています。これにより、新型Nintendo Switchは「ニンテンドーDS」にたいする「ニンテンドーDSi」のような、マイナーバージョンアップモデルになる可能性が指摘されています。





続きを読む »
6 Jan

HISTORY OF NOKIA PHONES FROM 1982 TILL 2020

Nokia has a long history that goes from 1865 when Fredrik Idestam established a pulp mill near the Finnish city of Tampere. The only thing longer than Nokia’s history is the number of phones this Finnish company launched. Everything started with Nokia Mobira senator, a huge telecommunication unit back in 1982 when I was still in diapers.





続きを読む »
5 Jan

LG、「液晶よりはるかに優れる」ミニLED搭載「QNED Mini LED TV」CESで紹介

lg_qneg_s韓国のLG Electronicsは、米国時間の1月11日からオンラインで開催される「CES 2021」において、同社初となるミニLEDを採用したテレビ「QNED Mini LED TV」を紹介すると発表した。ミニLEDを光源とし、量子ドットとナノセル技術を活用、液晶テレビより遥かに優れるという明るさとコントラストを実現するというもので、最大86型までをカバーする10機種をラインナップ。4Kモデルに加え、8Kモデルも含まれるという。





続きを読む »
11 Dec

非接触でも高精度に指を検知するタッチパネル、JDI

ジャパンディスプレイ(JDI)は「ファインテック ジャパン2020」(2020年12月2~4日、幕張メッセ)で、非接触でも高精度に指を検知するホバーセンサー技術を活用したタッチパネルなどを展示した。

 ホバーセンサーは静電容量方式で、指先を近づけた時の静電容量の変化で、指先を検知する。センサー表面から最大5cm離れた位置でも指先を検出できる。会場では、このホバーセンサーと透明LCD(液晶ディスプレイ)を組み合わせ、非接触で操作できるディスプレイをデモ展示した。JDIによれば、同ディスプレイはレスポンスの良さが特長だという。「コントロールICを改良することでレスポンスを高速化した」(JDI)





続きを読む »
9 Dec

シャープ、液晶技術でフェースシールド 光の反射1/15

シャープは企業の受付や対面で接客を行うサービス業などを中心に需要が高まっているフェースシールド、アイシールド、マウスシールド計4製品6モデルを発表した。2020年11月9日より順次発売、直販サイトでの価格はポリカーボネートフレームを使用したフェースシールドで1980円(税込み)から。シリーズ合計で年間3万個の販売を目指す。

フィルムの両面に、液晶ディスプレーの製造技術を応用したモスアイ技術と呼ぶ特殊な加工を施しているのが特徴。日光や照明の反射を一般的な製品の15分の1に抑え、呼吸による曇りを低減した。光の透過率が高いポリカーボネート製でクリアな視界も確保している。フレームには耐久性と耐食性に優れたβチタンを使用しており、フェースシールドにはポリカーボネートフレームを使用して価格を抑えたモデルも用意する。





続きを読む »
7 Dec

アップル、12月8日に新製品発表か

アップルが現地時間の来週火曜日12月8日、新製品を発表する可能性があるという。米メディアMacRumorsが12月3日に報じた。

 同サイトは信頼できる情報筋を通じて、アップルがサービスプロバイダーに対し、12月8日にAppleCare関連の変更を計画していることを通知する社内文書を入手したという。

 文書には、新製品の在庫管理、新製品と更新された製品の説明や価格について説明を受ける準備するようアドバイスが書かれているそうだ。

 どのような製品が出るのかはわかっていないが、うわさが流れているもののまだ出ていない製品としては、忘れ物防止タグのAirTags、オーバーイヤーヘッドフォンAirPods Studioなどがある。





13 Nov

アストロ、RGB方式の31.5型4K有機ELモニタ。180万円

アストロデザインは、31.5型4K有機ELモニター「DM-3430」を12月より発売する。価格は180万円。 同社初となる有機ELパネル採用業務用モニター。4K入力(12G-SDI×1本、または3G-SDI×4本)に対応しており、「中継車や編集室をはじめとした映像制作の現場に最適なピクチャーモニター」という。

3,840×2,160ドットのRGB方式有機ELパネルを採用し、高いコントラストを実現。コントラスト比は100万:1で、視野角は上下左右89度。輝度は540cd/m2(typ)、250cd/m2(min)。





続きを読む »
5 Nov

JDI、非接触で画面操作できるセンサー

jdi 2020X20001-PB1-1液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)は4日、空中に指をかざすと画面に触れなくても操作できるディスプレー向けのセンサーを開発したと発表した。通常のディスプレーに貼り付けて、非接触操作の機能を追加できる。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で高まる非接触の需要を取り込む。

今回開発したセンサーは既存のディスプレーに貼り合わせて利用できる。2021年2月にサンプル出荷を始める。医療施設や食品工場など厳しい衛生管理が必要な場所などの需要を開拓する。このほど12.3インチの試作品を完成させ、今後はパソコンの画面サイズのセンサーを開発する。ディスプレーとセンサーを一体にして薄型・軽量化した製品の開発も進めている。





続きを読む »
21 Oct

完全オンラインの「CEATEC 2020」、ニューノーマル対応で史上最高を目指す

ceatec 2020 ce03_s大規模展示会として幕張メッセで毎秋開催されていた「CEATEC」。今年は完全オンラインイベント「CEATEC ONLINE 2020」として開催される。会期は10月20日から23日まで。入場は無料だが、ユーザー登録が必要。

新型コロナウイルスの感染拡大により、リアルイベントの開催が難しい状況で、テクノロジーを活用した新たなイベントの姿を模索。「CEATEC - Toward Society 5.0 with the New Normal(ニューノーマル社会と共に歩む CEATEC)」をテーマに、ニューノーマル社会のソリューションやテクノロジーを広く発信していく。





続きを読む »
6 Oct

シーテック、20日からオンライン 来場目標20万人

CEATEC(シーテック)実施協議会は1日、オンライン上で20―23日にライブ開催する家電やITなどの総合展示会「シーテック2020オンライン=イメージ」で20万人以上の来場を目指すと発表した。時間や場所に縛られないオンラインの特性を生かして来場者数の最多記録の更新を目指す。前回の来場者数は14万4491人。





続きを読む »
3 Oct

シャープ, 超高輝度OLEDモジュールを医療用検査装置向けに開発・納入

シャープ d12900-572-166283-0シャープは、医療機関などで利用される「視野検査装置」向けに超高輝度OLEDモジュールを開発し、2020年8月より、株式会社ファインデックス(※2)(以下、ファインデックス)向けに納入を開始しました。ファインデックスの視野検査装置は、2021年初頭に発売される予定です。(製品名:視線分析型視野計 ゲイズ アナライジング ペリメーター(GAP)、届出番号:38B2X10003000002)

開発したOLEDモジュールは、きめ細かい電流制御などの技術開発を行うことで、一般的な民生品向けの5倍以上(※3)となる超高輝度(3,000cd/平方メートル以上)の性能を実現しました。また、ファインデックスおよび同社連結子会社のEMC Healthcareとともに階調特性などを検討し、明るさを認識するレベルの異なる被検者毎に最適なディスプレイ駆動を実現するチップセットを共同開発しました。







続きを読む »
18 Sep

EIZO、同社初の37.5型ウルトラワイド曲面液晶

EIZO Flex Scan EV3895 wide 1EIZO株式会社は、37.5型ウルトラワイド曲面液晶ディスプレイ「FlexScan EV3895」を10月16日より発売する。価格はオープンプライスで、直販価格は209,000円。  FlexScan EV3895は、同社初となるウルトラワイド曲面ディスプレイで、FlexScanシリーズ最大となる37.5型3,840×1,600ドット非光沢IPSパネルを搭載する。

 USB Type-Cドックとしての機能を内蔵し、映像伝送だけでなく有線ネットワーク接続、音声出力などが可能。DisplayPort Alt ModeおよびUSB Power Deliveryに対応したパソコンであれば、ケーブル1本の接続で最大85Wの給電も同時に行なえる。USB Type-C接続時の動作検証も実施しており、結果がサポートページにて公開されている。





続きを読む »
9 Sep

速報:アップル発表イベントは9月16日午前2時~。iPhone 12(仮)はある?

アップルがスペシャルイベントの開催を予告しました。日程は米現地時間で9月15日の午前10時、日本時間では16日の午前2時から。

今回も6月のWWDC20と同じく、オンラインでのバーチャルイベントとなります。 この発表に先立ち、数時間前からハッシュタグ「#AppleEvent」にリンゴマークが付くようになり、何かの前ぶれかと話題になっていました。





続きを読む »
31 Aug

有機EL照明で目視検査、カネカが製造業向けに

カネカは製造現場での目視検査向けに有機EL照明を国内外で拡販する。太陽光に近い柔らかな光で部品表面の傷などを見つけやすい点や、目への負担が少ない点などを訴求する。

すでに国内向けに提案を始めており、2022年度までに中国やベトナムなどアジア地域でもマーケティングを始める。新規事業として育成し、同年度に検査光源用途で出荷台数1万台を目指す。 カネカによると、製造現場での目視検査は発光ダイオード(LED)照明などのより明るい照明の採用が進む。

一方で、LED照明の指向性が高く強い光は、作業者の目に負担が大きいという。 実際に有機EL照明を導入した工場では、従来の照明の10分の1の明るさでも不良品の見逃しが50%削減された事例や、作業員の頭痛や肩こりなどの健康面や離職率が改善した事例がある。





続きを読む »
31 Aug

Zoff、AI新興と提携 スマートグラス共同開発

眼鏡専門店「Zoff(ゾフ)」を運営するインターメスティック(東京・港)は、人工知能(AI)スタートアップのACES(エーシーズ、東京・文京)と業務提携した。共同で眼鏡型ウエアラブル端末「スマートグラス」などを開発する。

スマートグラスは目の前に動画などを映し出せる。エーシーズはプロ野球選手の動きを分析した実績がある。スポーツのコーチがスマートグラスをかけ、指導する選手とプロの動きを重ね合わせて見る、といった利用方法を検討している。





続きを読む »
25 Aug

JDIの指紋センサー、FBIが品質認定

液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)は24日、指紋センサー2製品が米連邦捜査局(FBI)の品質規格に認定されたと発表した。同社はガラス基板を用いたセンサーを開発しており、従来のシリコン製のものよりも製造コストを低減できるのが特徴。成長が見込まれるセキュリティー市場を開拓する。

台湾の指紋センサーメーカーのイメージ・マッチ・デザイン(iMD)と開発し、指紋の画像イメージの品質を保証するFBIの品質規格「PIV」に認定された。サイズは12.8ミリメートル×18.0ミリメートル、20.3ミリメートル×25.4ミリメートルの2種類。





続きを読む »
3 Aug

ジャパンディスプレイ、30.2型の8K液晶ディスプレイ開発

jdi 31inch 8K LCD 01ジャパンディスプレイは、30.2型の8K(7,680×4,320ドット/292ppi)液晶ディスプレイを開発した。放送局や画像編集用途に加え、広がりを見せる非開腹手術(腹腔鏡手術、内視鏡手術)、繊細な表示を求められる眼科や脳外科手術といった医療用途にも適しているという。この技術を用いた製品はサンプル対応を開始し、2021年夏からの量産を予定している。





続きを読む »
23 Jul

ディスプレイ間のベゼルをなくし、1枚のウルトラワイドディスプレイに見せる「Bezel Free Kit」

Bezzel free 3-770x496ゲームプレイ時に複数のディスプレイを使用すると、ディスプレイ間の溝ができてしまう。正直、気になるよね。 今回紹介するオプティカルマイクロ構造を採用した『ROGベゼルフリーキット』は、光を内側に屈折させることで、ディスプレイ間のベゼルを見えなくする魔法のようなキット。

マルチディスプレイ環境でディスプレイ間のベゼルをなくし、1枚のウルトラワイドディスプレイのように画面を表示する事ができるため、ゲームへの没入感をより高めることができる。 さまざまなディスプレイに使用できるROGベゼルフリーキットは、取付けも簡単。





続きを読む »
22 Jul

JOLED、鏡が有機ELパネルに

joled 2020X20001-PB1-1パナソニックとソニーの有機EL事業を統合したJOLED(ジェイオーレッド)は、鏡に有機ELを搭載したパネルを開発した。普段は鏡として利用でき、電源を入れると高精細な映像を流すディスプレーとなる。ホテルや商業施設の電子看板向けなどの需要を見込む。

20日に豊田通商の東京本社(東京・港)内に開設した法人向けショールームで展示した。鏡ディスプレーの画面サイズは22型で、鏡に有機ELを内包する。自ら発光する有機ELはバックライトが不要で、パネルを薄くできるという。





続きを読む »
21 Jul

Espresso DisplayはMac・PCで使える素晴らしいポータブルディスプレイ

espresso monitor
豪州に本拠を置くハードウェアスタートアップのEspresso Displays(エスプレッソディスプレイ)は、比較的目立たないが機能的な参入品が多く、デザインと品質の向上だけでなく追加機能もあり競合とは一線を画す。Espresso Displayはポータブルで使えるよう、簡易な収納性、マグネットマウンティング、最新のMacとも互換性のあるUSB-Cケーブルによる接続、内蔵スピーカー、2.5mmオーディオ出力を備え、さらにオプションでタッチ機能をつけられる。
Espressoのディスプレイには、13.3インチモデルと15.6インチモデルの2つのサイズがある。ディスプレイ自体は非常に薄く軽量で、厚さは0.2インチ(約5ミリメートル)弱、重さは2ポンド(約0.9キログラム)未満だ。ディスプレイパネルはタッチセンシティビティーを備えており、Macにタッチ機能を有効にするドライバーをインストールすると連携して動く。






続きを読む »
20 Jul

10.8インチiPad Airは高性能でお手ごろ価格?から新Windowsアプリ登場?まで。アップル最新噂

MacBookの出荷量がリモートワークの追い風を受けて好調のなか、Apple Siliconも年内発売に向けてサプライチェーンが準備を始めたとの噂も増えてきました。

10.8インチiPad Airは高性能でお手ごろ価格?から新Windowsアプリ登場?まで、最新アップルの噂をまとめてお届けします。


サムスンが2020年第2四半期のガイダンスで、営業利益には「ディスプレイ事業に関する1回限りの利益」が含まれていると発表。それがアップルからの支払いであり、金額は9億5000万(約1000億円)ドルに上ったとの匿名業界情報筋ニュースです。








続きを読む »
9 Jul

ジャパンディスプレイ、「コロナ後に技術の用途広がる」

ジャパンディスプレイ(JDI)の仲島義晴最高技術責任者(CTO)は8日、オンラインのイベントで「新型コロナウイルス後の世界に向けて、技術の応用可能性が広がっている」と述べた。医療機器向けのディスプレーや生体センサーの新規事業開発などを進め、液晶パネルに依存した収益構造の改善につなげたい考えだ。

オンラインで開催された「日中電子産業BIZ FORUM」で講演した。

仲島CTOは「これまで手掛けて来れなかったヘルスケアの分野にも応用展開したい」と話す。例えば、触れることなく操作できるディスプレーは「ウィズコロナ時代に公衆衛生の分野で活用できる」という。





続きを読む »
24 Jun

Apple、パソコンに自社開発半導体 インテルから変更

apple tswift-apple-music-hed-2016米アップルは22日、パソコン「Mac(マック)」に自社開発のCPU(中央演算処理装置)を搭載すると発表した。2006年に米インテル製を採用して以来、約15年ぶりの切り替えとなる。消費電力を抑えやすくなるほか、すでに自社開発の半導体を搭載するスマートフォン「iPhone」などと連携させやすくする。

22日にオンライン配信した年次開発者会議「WWDC」で発表した。

まず20年末までに発売するMacの新製品の一部に、自社開発のCPUを搭載する。その後、約2年かけて全機種のCPUを自社製に切り替えるという。半導体設計を支援する英アーム・ホールディングスと組み、生産は台湾積体電路製造(TSMC)に委託するもようだ。





続きを読む »
23 Jun

赤ちゃんに優しい照明開発 山形大など、有機EL特性生かす

山形大は18日、同大発ベンチャー「オーガニックライティング」(米沢市)と共同で、赤ちゃん向けの有機EL照明「MOON BEAR(ムーンベア)」を開発したと発表した。量産化に向けてクラウドファンディングで資金を募っている。

 睡眠障害につながる恐れも指摘されているブルーライトが少なく、目に優しいという有機ELの特性を生かして企画した。クマの顔の輪郭をモチーフにしたパネルが光るかわいらしいデザインで、有機ELの薄さを生かしたフレームはピンクとブルーの2色を用意している。





続きを読む »
29 May

EIZO、300万円超のDCI 4K/HDR対応リファレンス液晶を6月末より発売

EIZO Prominence 01_l EIZO株式会社は、2月に発表した映像制作向けの31.1型リファレンス液晶ディスプレイ「ColorEdge PROMINENCE CG3146」を6月25日より発売する。当初の発表では5月発売を予定していたが、表示性能追求のため後ろ倒しとなっていた。価格はオープンプライスで、直販価格は3,278,000円。

 ColorEdge PROMINENCE CG3146は、キャリブレーションセンサーを本体上部に内蔵した31.1型非光沢IPS液晶ディスプレイ。センサー内蔵式のHDR対応リファレンス液晶は世界初だとしており、専用ユーティリティ「ColorNavigator 7」と連動して輝度や色温度などを調整できる。定期的な自動再調整機能にも対応し、長期間使用しても正確な表示が維持できるという。

輝度と階調を維持したまま1,000cd/平方mの高輝度表示が安定して行なえるほか、100万:1の高コントラスト比を実現。バックライトをドット制御することで、高コントラストながら明暗比が大きい部分の輪郭がにじんで見えるハロー現象を抑制している。





続きを読む »
16 May

アストロデザイン、低解像度動画像を最大8K解像度までアップコンバート可能な「AI Scaler SP-2030」を発売

200515_Astro_topアストロデザイン株式会社は、低解像度の動画像を最大8K解像度までアップコンバートが可能なOpen FXプラグインソフトウェア、「AI Scaler SP-2030」を2020年7月に発売する。希望小売価格は税別200,000円(年間)。

AI Scalerは、Davinci Resolve、Nukeなどのノンリニア編集/VFXソフト上で動作するOpen FXプラグインソフトウェア。スケーリング技術に自社開発のニューラルネットワークを用い、高画質と高速処理の両立を実現している。





続きを読む »
14 May

透明でも太陽光で発電するガラス、NTT-ATが2020年秋から販売へ

rk_200522_nttNTTアドバンステクノロジは2020年5月、無色透明型光発電素子「SQPV(Solar Quartz Photovoltaic)」技術を使用して製造した高機能ガラス製品の販売において、inQsと日本国内独占販売契約を締結したと発表した。透明な意匠性を保ったまま、赤外光を吸収し発電する太陽電池の機能を持った高機能建材ガラスとして、2020年10月から販売を開始する計画だ。

QPVは紫外光と赤外光を吸収し発電する技術。可視光は透過するため一般のガラスが使える全ての用途において、遮熱と発電という機能を付加できるという。この一般のガラス並に可視光を透過しつつも、赤外光を吸収(遮熱)する特徴を生かし、デザイン性の高い省エネルギー遮熱・発電ガラス材料としての用途開拓が可能であり、特に遮熱効果はビルなど省エネに有効という。





続きを読む »
7 May

HP、3:2液晶採用の13.5型2in1 Chromebookなど

hp 1_l 米HPは5月5日(現地時間)、企業向けのChromebookシリーズやシンクライアント製品を発表した。
 「HP Elite c1030 Chromebook Enterprise」は狭額縁の13.5型3:2液晶を搭載したモデル。発売は8月を予定しており、価格はそのときに発表となる見込み。画面占有率は90.1%に達し、Chromebook史上最大としている。第10世代Coreの搭載でマルチタスクに好適とするほか、最大12時間のバッテリ駆動が可能。

   液晶は360度回転する2in1スタイル。プライバシーフィルタ内蔵の「HP Sure View Reflect」ディスプレイを搭載するほか、Wi-Fi 6を搭載し、LTEもオプションで選択可能。





続きを読む »
21 Apr

有機ELで蒔絵に光の動き 山形大など産学共同開発

先端技術の有機EL(エレクトロルミネッセンス)と、伝統技法の「蒔絵(まきえ)」を組み合わせた装飾パネルの試作に、山形大学などの産学連携で成功した。動きのない伝統工芸品に、有機ELの“ゆらぎ”の特徴を生かすことで、奥行きのある装飾効果をもたらし、動く工芸品に仕立てたという。

試作したのは、有機ELの世界的権威として知られる山形大の城戸淳二教授と、福島県会津若松市の仏壇メーカー「保志」、山形県米沢市の照明器具メーカー「オーガニックライティング」。





続きを読む »
16 Apr

5万円で液晶/キーボード/マウスも付属の超小型PC「LIVA Q2 PC SET」

links international 01_l 株式会社リンクスインターナショナルは、ECS製の超小型PC「LIVA Q2」と各種周辺機器がセットになった「LIVA Q2 PC SET」の予約を直販サイトにて受け付けている。出荷は4月下旬を予定しており、価格は49,800円。

 LIVA Q2 PC SETは、70×70×33.4mm(幅×奥行き×高さ)の超小型筐体を採用したLIVA Q2と、21.5型フルHD(1,920×1,080ドット)液晶ディスプレイ、無線マウス、無線キーボードがセットになった製品。PCを使うのに必要な周辺機器が含まれているため、すぐに環境が整えられる。





続きを読む »
16 Apr

有機ELに超音波指紋センサー統合、クアルコムと中国BOEが提携

boe 1hMWFjYWMzZTFiM超音波式の指紋センサーを統合した有機ELディスプレイの開発で、米半導体大手クアルコムと中国のディスプレイ大手BOEが提携しました。搭載デバイスの出荷は2020年後半を予定します。

この提携を巡っては、クアルコムが有機ELディスプレイに埋め込める超音波式指紋センサー「3D Sonic」をすでに商用化し、サムスンのGalaxyシリーズ上位モデルに採用されています。





続きを読む »
14 Mar

なぜディスプレイの枠が細くなっているのか。テレビ・PC・スマホで巻き起こる『ベゼルレス』競争のゆくえ

画面の額縁を削っていく技術トレンドはどのようにしておこり、近未来にはどう形を変えてゆくのか。このコラムでは、長年テクノロジー業界をウォッチし続けてきた米Engadget シニアエディター Devindra Hardawarによる考察をお届けします。
なぜテクノロジー業界がベゼル競争を繰り広げるのか。第一の理由は単純です。ベゼルを小さくすればその分、小さいボディに大きな画面を詰め込むことができます。たとえばiPhone XS Maxは、以前のモデルiPhone 8 Plusよりも細い横幅で、1インチも大きいディスプレイを積んでいます。これはベゼルが以前と同じ幅ではできない芸当でしょう。






続きを読む »
4 Mar

日本エイサー、IPSパネル採用で240Hzのゲーミング液晶

acer 27 1_l日本エイサー株式会社は、ゲーミングブランド“Predator”より、IPSパネルを採用したゲーミングディスプレイ「XB273GXbmiiprzx」、「XB253QGXbmiiprzx」を5日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は前者が55,000円前後、後者が46,000円前後の見込み。

 IPSパネルを採用しながら、リフレッシュレート240Hzを実現したモデル。sRGB 99%の色再現性と、DisplayHDR 400規格対応も実現。G-SYNC Compatibleとなっており、テアリングとカクつきを抑える。

 画面サイズはXB273GXbmiiprzxが27型、XB253QGXbmiiprzxが24.5型、輝度は前者が350cd/平方m、後者が400cd/平方m(いずれもHDR時のピークは400cd/平方m)。





続きを読む »
1 Mar

12.1型で右側カメラ搭載のルームミラー型ドラレコ。GPS、リアカメラも

AKY-X2GR_1_sALinksは、AKEEYO製のルームミラー型ドライブレコーダー「AKY-X2GR」の販売を開始した。直販価格は21,999円(税込)。

前/後方2カメラで構成するドライブレコーダー。12型に大型化しており、「車のルームミラーに被せるタイプのミラー型ドライブレコーダーの問題でもあった純正のミラーを覆いきれないといった問題を解消した」という。IPS液晶のモニターを備え、解像度は1,920×320ドット。

前後カメラとも、200万画素のソニー製センサーSTARVIS「IMX307」を採用。前後どちらも1080p解像度で録画でき、同時録画も可能。逆光に強いHDR対応。明暗差を補正し映像を表示するほか、雨や雪、霧、夜間の路面凍結など悪天候時にも視認性を高めるという。暗視機能を備え、夜間は人間の目より明るく認識できるとしている。





続きを読む »
21 Feb

薄くて軽く、曲げやすいフレキシブル有機EL照明「ヒカルカミ」、マルツで展示販売中

有機EL照明「ヒカルカミ」、マルツで展示小型・軽量で曲がるコニカミノルタのフレキシブル有機EL照明「ヒカルカミ」がマルツ秋葉原本店で販売中だ。販売されているのは、発光面のサイズ(43.4×15.9mm、15.25×15.6mm)や色(白、赤)、インターフェイス(はんだ端子、NFC)が異なる計4種類。店頭価格は税抜き980~1,500円。





続きを読む »
21 Feb

EIZO、セキュリティ市場向け17型液晶ディスプレイ

EIZO 01_l EIZO株式会社は、セキュリティ市場向けの液晶ディスプレイ「DuraVision FDS1703-A」を5月12日に発売する。価格はオープンプライス。

 カラーはブラックとセレーングレイの2色を用意し、スタンドの有無が選択できる。

 SXGA解像度(1,280×1,024ドット)のパネルを搭載した17型液晶で、HDDレコーダーやアナログカメラなどの接続用にHDMI端子とコンポジット端子をそれぞれ備える。

 HDMI入力時にはフルHD解像度(1,920×1,080ドット)の映像を縮小/左右カット表示できるほか、コンポジット入力時には映像信号と色信号を分離処理する3次元YC分離機能やノイズリダクション機能も搭載。そのほか、オーバースキャン機能のオン/オフ機能も利用できる。





続きを読む »
18 Feb

ディスプレイ技術の最先端を走るApple Watch

面白い、というより当然というべきだが、Appleの製品で最も小さなディスプレイを備えるApple Watchが、ディスプレイ搭載製品のなかで最も進んだディスプレイ技術を実現している。
Apple Watchは、2018年のSeries 4でマイナーチェンジし、LTPO(低温ポリシリコン酸化物)有機ELディスプレイを採用した。この技術はアップルの特許技術となっており、いわゆるLTPS液晶とIGZOパネルのいいとこ取りをし、有機ELディスプレイを製造したものだ。






続きを読む »
13 Feb

さらば、BlackBerry。2020年夏で(今度こそ)販売終了へ

4e7cfbbbe「BlackBerry(ブラックベリー)」が、またしても携帯電話の事業から撤退しようとしている。2016年にBlackBerryがスマートフォン事業から撤退したことを覚えている人もいるかもしれない。だが、のちに中国メーカーのTCLとライセンス契約を結び、TCLが「BlackBerry」というブランド名を使用することになった。

こうしてTCLは、「BlackBerry」ブランドの製品を大量に市場に投入した。QWERTY配列のハードウェアキーボードを備えたBlackBerryらしい機種だけでなく、既存のTCL製スマートフォンの名称を変えただけの安易なモデルもあった。

しかしどうやら、TCLによるブラックベリー再生計画はうまくいかなかったようだ。TCLもまた、BlackBerryブランドの利用を打ち切ろうとしているからだ。





続きを読む »
3 Feb

東レ ナノ積層技術で正面透過・斜め反射フィルムを創出

2f2965b52e4cbe0a66d608f1f9ceb56a 東レは29日、正面からの光はガラスのように透過し、斜めからの光は鏡のように反射する世界初の光学機能を備えたフィルム「PICASUS(ピカサス)VT」を創出したと発表した。

 従来の材料では不可能だった機能により、市場拡大が見込まれるAR(拡張現実)やMR(複合現実)用途でのHMD(ヘッドマウントディスプレイ)やHUD(ヘッドアップディスプレイ)向けや、のぞき見防止フィルム、ディスプレイ用フィルムなどへの展開が期待できる。

 一般的な光学材料では、透明なガラスやプラスチックのように正面・斜めいずれの方向から入射した光もほぼ透過する素材や、金属膜のようにいずれの方向からも入射した光を反射する素材がある。一方、正面からの光は高い透過率で透過し、斜めからの光は高反射するといった光の指向性をコントロールできる光学素材はこれまでなかった。





続きを読む »
22 Jan

JDI、0.01mm厚『貼るイメージセンサ』開発。指紋・静脈・脈波を計測

cmVzTNlZTgxMw==経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)は、世界初となる指紋・静脈・脈波を計測可能なフィルム型イメージセンサを東京大学(大学院工学系研究科染谷研究室)と共同開発したと発表しました。

同イメージセンサーは、液晶や有機ELディスプレイに用いられる「低温ポリシリコン薄膜トランジスタ」(LTPS TFT)基板を用いたもの。同TFT基板はJDIのコア技術でもあります。

通常、ディスプレイは製造過程でLTPS TFT基板の上に液晶や有機ELを重ねます。一方、本センサーではそれらの代わりに有機光検出器(有機材料からなる光センサー)を重ねることで、イメージセンサーの構築を実現しています。LTPS TFT基板の上に有機光検出器を集積するのは世界初だといいます。





続きを読む »
14 Jan

アップル、新ディスプレー技術搭載の機器を発売か 高輝度・低消費電力が特長の「ミニLED」を採用

 米CNBCによると、米アップルは今年、新しいディスプレー技術を用いる製品を4~6種、市場投入する計画だという。

 これは、アップル製品の市場動向やサプライチェーン情報に詳しい、中国TFインターナショナル証券の著名アナリスト、ミンチー・クオ(郭明池)氏が予測したもの。

 それによると、同社は「ミニLED」と呼ばれるディスプレー技術の採用を計画しているという。「A14X」プロセッサーを搭載するタブレット端末「iPad Pro」の12.9インチモデルに新たなディスプレーを採用し、2020年の7~9月期に発売する。

 さらに、ノートパソコン「MacBook Pro」の16インチモデルにも同じディスプレーを採用し、同10~12月期に発売するという。





続きを読む »
24 Dec

JDIがLTPSを駆使した新製品を多数展示 ファインテックジャパンで魅せた技術力

12月4日(水)~6日(金)に、幕張メッセ(千葉県)で「ファインテック ジャパン 2019」が開催された。経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)もブースを出展し、新しい技術や開発品を多く展示していた。11月から量産出荷を開始したとされる有機ELディスプレーについては展示が無かったが、同社の得意とするインセルセンサー技術や、車載向けディスプレーのほか、11月28日に発表したばかりのマイクロLEDディスプレーや透明ディスプレーなどが展示され、高い注目を集めた。
 注目を集めていたのが、1.6型のマイクロLEDディスプレーだ。数年前から米glo社と開発に着手し、共同ラボで開発を続けてきたという。試作品のスペックは、画素数300×RGB×300の265ppiで、数十μm大のマイクロLEDを27万個搭載した。輝度は300㏅/㎡で、視野角は178度以上。






続きを読む »
19 Dec

シャープ、CES2020で「8K PC」を初公開。120V型8K液晶や5Gスマホなども出展

シャープは、2020年1月7日から10日にラスベガスで行われる、世界最大級の家電見本市「CES 2020」での出展内容を公開した。

テーマは、「“Realize” ~8K+5GエコシステムとAIoTワールドによるスマートライフの実現~」とし、最先端の機器やソリューションの展示を通じ、変革を続ける同社の取り組みを世界に発信するという。





続きを読む »

当サイト特集カテゴリー
1.液晶の歩んできた道(第一部)
液晶の黎明期から実用化を果たすまでの過程をわかりやすく解説することを目指して書きました。

2.液晶の歩んできた道(第二部)
液晶が当面の最終目標だった大型テレビに採用され夢の平面テレビが実現した過程を解説していく予定です。(開始時期未定)

3.用語辞典(技術・ビジネス・企業)
管理人特選の最新技術用語やビジネス用語・関連企業を解説しています。時間の許す限りのアップ、今後充実を目指します。
掲載年月から記事を探す



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人へのメッセージ


[FPD関連本] ・フラットパネル資料館


電子ディスプレーメーカー計画総覧(2018年度版)


















カテゴリーごと記事
記事掲載の写真
  • ジャパンディスプレイ、脈波測定向け薄型生体センサー 読み取り速度4倍超
  • 今や2刀流は当たり前? 液晶ディスプレイ活況、テレワークやゲーム需要で
  • ソニーの有機ELマスターモニターがエミー賞受賞
  • ジャパンディスプレイ スマホ向け事業不振で229億円の赤字
  • 家電大手TCLがローラブルディスプレイを披露 2024年に量産化を計画
  • ガーミン、アクセサリーのような女性向けスマートウォッチ「Lily」シリーズ
  • 旧三洋、日の丸液晶JDI…再建請負人が自問する「再生」
  • ヘッドマウントディスプレー キヤノン、45%軽量化 2月発売
  • サムスンディスプレイがOLED新ロゴ。日本含む27カ国でブランド力強化
  • シャープ「AQUOS」の歩んだ20年- 成熟のAQUOS、新時代は「テレビの次」へ
  • BOE’s 2nd Gen 10.5 LCD factory to reach full capacity in 1st half
  • CES 2021で目立ってたウェアラブルまとめ #CES2021
  • DSCC、2021年のディスプレイ産業10大予測を発表
  • サムスン、「ギャラクシーS」最新機種発表 リモートワーク想定
  • コニカミノルタ、60%時短の分光測色計 色と光沢を同時測定
  • 有機ELに4Kサポートも?「Nintendo Switch Pro」のウワサ
  • Mercedes-Benz Unveils 56-Inch Hyperscreen OLED Infotainment Display For EQS EV
  • 有機ELシフト進む 有機EL・液晶パネル業界早わかり-業界地図2021年
  • Foxconnと中国のBYTON、電気SUVの生産で提携--2022年に出荷へ
  • HISTORY OF NOKIA PHONES FROM 1982 TILL 2020
  • LG、「液晶よりはるかに優れる」ミニLED搭載「QNED Mini LED TV」CESで紹介
  • 韓国経済にも大打撃か…サムスン電子が「巨大な不安」を抱えていると言えるワケ
  • LG Display、最新の透明有機ELディスプレイをCES 2021で発表。透明度40%
  • LG will announce move to QNED for premium LCD TVS
  • 【独占】元従業員からの不正会計の告発。ジャパンディプレイ・菊岡社長は何を思った?
  • コロナを「99.99%」不活化 殺菌用LEDを量産へ
  • 有機EL材料の中国での供給体制を強化、成都市で新工場を本格稼働
  • 画面タッチレス操作 新和工業、感染リスク回避 来月発売
  • 空中にタッチパネル 大日本印刷とミライバーが入力端末
  • ジャパンディスプレイ(JDI)、鳥取工場増強 後工程の生産能力3割増
コメントありがとう