return_to_forever

Flat Panel TV and Display World-2....液晶・業界・動向

液晶・有機EL・プラズマ、FPD業界・パネルメーカー・関連企業情報を掲載。当ブログで激しい市場動向に追随!--Since Nov.2004

D_製品開発

21 Mar

運転状況を液晶ディスプレー表示 ダイソンがコードレス掃除機

366bbc9536812c27e989c2b8f114a314_1553050153_2ダイソンは、運転状況を表示する液晶ディスプレーを搭載したコードレス掃除機「DysonV11コードレスクリーナー=写真」を発売した。バッテリー不足による掃除の中断がコードレスクリーナーの購入障壁であることから、利用可能時間などの可視化で解消する。稼働時間は最長約60分。充電時間は約3・5時間。公式オンラインストアでの消費税込みの価格は「V11アブソリュート」で9万9360円。

ディスプレーは直径5・5センチメートル。独自のアルゴリズムが三つの吸引モードや使用中の付属ツールに応じて利用可能時間を算出し、ディスプレーに表示する。吸い込み口にモノが詰まるなどの異常発生時は、原因と対応手順の動画を表示する。



続きを読む »
15 Mar

意欲的2画面スマホ、Vivo NEX Dual Display実機レビュー。斬新さならフォルダブルにも負けません!!

おもて 1111aa172e16d2b8b2cda5093
個性的なスマートフォンが登場している昨今、すっかりフツーのスマホには食指が動きません。というわけで今回レビュー用に取り寄せたのが、真性変態スマホ(失礼)と言っても過言ではない2画面ディスプレイ搭載スマホ「Vivo NEX Dual Display」です。多様性って大事ですよね。Vivo NEX Dual Displayは表面に6.39インチ(1080×2340ドット)、裏面に5.49インチ(1080×1920ドット)の有機ELディスプレイを搭載している、よく言えば独創的な、微妙な意味ではユニークなAndroidスマートフォンです。


続きを読む »
13 Mar

『Twitter』、有機ELディスプレイ専用ダークモードをテスト中か。バッテリー消費減

SNS『Twitter』が、有機ELディスプレイを搭載したスマートフォン専用のダークモードをテストしているようです。

米メディア『The Next Web』のディレクターであるMatt Navarra氏が、『Twitter』がテスト中の有機ELディスプレイ専用ダークモードの設定画面を公開しました。 この「OELD dark mode」という名前のダークモードの設定をオンにすると、画面が暗くなって文字が見やすくなるうえ、バッテリーの消費も少なくなります。

これは有機ELディスプレイの仕組みを利用したものです。液晶ディスプレイはバックライトの光を遮断することで黒を表現しますが、有機ELディスプレイではそもそも発光しないことで黒を表現します。



続きを読む »
12 Mar

アップル、3月25日にスペシャルイベント開催。新 iPadや動画サービス発表?

アップルが新たな発表イベントを予告しました。開催は3月25日、場所はアップル新社屋の講堂スティーブ・ジョブス シアター。

アップルのイベント告知は内容を隠したまま、趣向を凝らした変わりアップルロゴであれこれと推測を誘うのがお決まりですが、今回はシンプルな黒字に白でいつものリンゴだけ。

惹句は「It's show time.」。ショウタイムという言葉からは、年単位で準備中の独自ストリーミング動画サービスがまずは連想されます。実際にハリウッドの映像業界関係者からは、ピンポイントにこの3月25日を指したうわさも出ていました。



続きを読む »
8 Mar

Square 4.0” TFT, IPS All View, 720 X 720 Resolution with or without CTP

mainASIT40072A3MPNAASI Displays is currently featuring ASI-T-40072A3MPN/A and ASI-T-40072A3MP6/A, a 4.0” TFT, with IPS all view, and 720 X 720 resolution

The ASI-T-40072A3MPN/A, and the ASI-T-40072A3MP6/A, with CTP feature a 4.0” square screen, with an IPS all-view. Operating temperature of -20 +70 deg. C; storage temperature of -30 to +80 deg. C. Features 4 lane MIPI, great contrast of 900, and 300 nits brightness. A sharp looking display perfect size for various home automation and home appliances.

Applications include home automation, consumer/industrial appliances, auto/aviation/marine equipment, POP, vending machines, communication equipment, security equipment, industrial equipment, medical equipment etc.



7 Mar

JDI、インテリア家電「奏で」を開発。映像と香りと音による新体験

jdi 01jdi_sジャパンディスプレイ(JDI)は、「視覚、嗅覚、聴覚で新たな体験を提供する」というインテリア家電「奏で(かなで)シリーズ」を開発。12月に量産予定としている。

JDIのビジョンを体現する“五感デバイス”で、コンセプト名は「XVG-01 Vega」。レコードプレーヤー風のデザインが特徴。

映像コンテンツと香り、音楽を同時に切り替えて、ムードをコントロールできるという。これらを好みや気分に合わせて演出し、一例として「自然によるリラックス、旅行やアウトドアといった趣味の大切な一瞬を呼び覚ます感覚を楽しめる」という。

クリエイティブスタジオのGinger Design Studioとのコラボレーションでシンプルなデザインを実現。小型、縦置き可能で、リビングや玄関などでスペースを取らずに利用できるという。



5 Mar

商品名や価格を20秒で書き換えられる「電子棚札」

電子棚札 coverジャパンディスプレイ(JDI)は5月をめどに、電子ペーパーを使った同社製の「電子棚札」の内容を書き換えるソフトウエアの販売を始める。小売店に設置した同棚札の商品名や価格などを20秒程度で書き換えられる。これまでJDIは同ソフトウエアを扱っておらず、顧客は別企業から書き換え用のシステムを購入する必要があった。価格は液晶ディスプレーなどを使う電子棚札のシステムと同程度で提供する。

 JDIは電子棚札とともに内容書き換えソフトも自社で提供することで顧客の利便性を高める。電子ペーパーの電子棚札は横幅が一般的な電子棚札に比べて5倍程度の30センチメートルと広い。白・黒・赤の3色を使い、一つの製品情報を大きく表示したり、画面を分割して複数の製品情報を映したりできる。



続きを読む »
2 Mar

Best phones of MWC 2019

I don’t know if you’ve noticed yet, but the world of smartphones is going to look very different in 2019 than in the years prior. Instead of seeing incremental changes and improvements, silly notch size comparisons and feeble iPhone copycats, we’re seeing some genuine originality and creativity.





27 Feb

三菱電機、低電力液晶を熊本で生産

三菱電機は屋外など明るい場所では太陽光や照明などを光源に利用する新型液晶ディスプレーを開発した。熊本県菊池市の工場で受注生産し、船舶製造装置や農機など、屋外で使われる機器向けの需要を取り込む。4月からサンプル販売する。

暗い場所では発光ダイオード(LED)バックライトを使うが、昼間は屋外の光を利用するので、従来よりも消費電力を低減できる。画面サイズは縦5.4センチメートル、横9.5センチで、価格は税別3万円。セ氏85度の高温からマイナス30度の低温で稼働する耐久性を備えた。生産目標は設定していない。2019年中にも本格販売を目指す。同社は長崎県や福岡県など九州の5カ所に開発拠点を持つ。



3 Feb

ディスプレーを高精細・低消費電力化、『IGZO』超える新素材

コベルコ科研は、液晶ディスプレーに使われる酸化物半導体「IGZO」の2―3倍の電子移動度を実現した酸化物半導体用成膜材料を開発した。8Kテレビなど次世代の高精細大型フラットパネルディスプレー向けに最適で、量産体制を整えた。国内外のパネルメーカーへ提案を始めており、既に1社へ量産品として採用された。年間で15億円の売上高を目指す。

 開発した成膜材料「KOS―B03C」は、ディスプレー表示に用いる薄膜トランジスタ(TFT)を構成する層の中で、重要な電流を制御するスイッチング素子に使う。酸化物半導体を構成するインジウム・ガリウム・亜鉛の酸化物材料に、スズをブレンドするなどで特性を出した。



続きを読む »
31 Jan

“iPhone偏重”からJDIは脱却できるか? 技術戦略をCTOに聞く

iPhoneをはじめとするスマートフォン(スマホ)向けのパネルに偏った事業構造を改革し、ビジネスモデルの転換を目指すジャパンディスプレイ(JDI)。車載向けなど非スマホ向けのパネル事業の売上高比率を高めると同時に、完成品事業やB2C事業、パネル販売後も継続的に収益を生み出すリカーリング事業などへの参入に挑戦する。

 スマホ向けパネルの開発にリソースを集中してきたJDIに、新規事業を大きく育てるための技術力はあるのか。育てた技術を使って、どうやって新規事業を開拓していくのか。JDIの研究開発のトップで、技術戦略の責任者である、常務執行役員・CTOの永岡一孝氏に話を聞いた。



続きを読む »
29 Jan

ノック2回で中身が見える冷蔵庫 LGから発売

ah00_lg2 LGエレクトロニクス・ジャパンは1月31日、ノック2回で庫内が見える冷蔵庫「LG SIGNATURE InstaView Door-in-Door 冷蔵庫」を発売します。オープン価格(実売想定価格88万8000円前後)。

 定格内容積は676Lで、439Lの冷蔵室と237Lの冷凍室を備えます。冷蔵室の右ドアには窓のようなガラス扉がついており、軽く2回ノックすると右ドア部の庫内に何が入っているか確認可能。ガラス扉だけを開閉することもできます。



続きを読む »
22 Jan

液晶2枚重ねで有機ELの性能に迫る、中国ハイセンス

IMG_5312面白い液晶技術を「CES 2019」(2019年1月8日~11日、米ラスベガス)の会場で見つけた。中国ハイセンス(海信)が展示した新パネル技術、液晶2枚重ね方式の「ULED XD」だ。4K液晶パネルとバックライトの間にフルHD液晶パネルを挟む。かつてシャープが、液晶の弱点だったコントラストを強化するためにコントラスト1000対1の液晶パネルを2枚重ねてコントラスト100万対1を実現し、「メガコントラスト」をうたったことがあるが、その現代版のようだ。



続きを読む »
16 Jan

オルタステクノ、建機・農機向け液晶ディスプレー 高低温・振動に強く

img1_file5c3db8f52c653オルタステクノロジーは、建設機械や農業機械向けに改良した中小型液晶ディスプレー「New―Blanview(ニューブランビュー)」を6月に市場投入する。従来品に比べて高温、低温の屋外環境でも使用しやすくした。建機・農機のほか、2輪車など振動が大きい場合でも使用に耐えられる同様のディスプレーは業界で初めてだという。

ニューブランビューはパネル内部の「反射電極」が太陽光を反射するため、スマートフォンなど反射電極を内蔵していないディスプレーに比べて屋外でも画面が見やすい。従来品に比べて高温や低温の環境に耐えられるように、液晶と偏光板に新しい材料を採用した。



続きを読む »
16 Jan

SamsungのMicroLED技術はなんかガッカリ。スゴいんだけどね

数年先の技術に興奮するのは難しい。 最先端のガジェットを多く開発しているものの、イマイチ振るわないSamsung(サムスン)。CESでも最新のテレビ技術を披露しましたが、そこに漂うのは若干のガッカリ感。米GizmodoのAdam Clark Estesは、「こんなにクールなデモなのに、なんで?」と自問自答します。
より小さいバージョンのThe Wallだけでなく、縦に細長いMicroLEDディスプレイや、バラバラに分離できるディスプレイも同時に公開したのです。また、219インチとさらに大きくなったThe Wallも公開されました。こちらは世界でもっとも解像度の高いデジタルビルボードに見えます。これらのデモはMicroLEDの可能性と、Samsungがそのモジュラー性をどう利用したいのかを示しています。あくまでコンセプトとしてですけどね。


続きを読む »
9 Jan

Lenovo、27型4Kタッチ液晶搭載一体型PC「Yoga A940」

lenovo 27 4K 1_oLenovoは、27型の4Kタッチ対応液晶ディスプレイを搭載したクリエイター向け一体型PC「Yoga A940」を発表した。最小構成価格は2,349.99ドルで、米国では2019年4月より出荷する。

 Dolby Vision対応の4K(3,840×2,160ドット)表示/マルチタッチつき27型液晶ディスプレイを搭載可能。Dolby Atmos対応スピーカーも備え、リッチなコンテンツ再生を実現。ディスプレイは接地面から25度という角度にまでチルトで倒すことができ、デジタルペンを利用したコンテンツ制作が可能。



続きを読む »
8 Jan

ついにポータブルの時代へ!?話題の持ち運べる高性能ゲーミングPC「SMACHZ」

d32456-34-579304-1今、発売が待ち遠しい製品といえば、ポータブルゲーミングPC『SMACH Z』。6インチの高解像度のタッチスクリーン、AMD Ryzen、AMD Radeon Vega 8グラフィックスを搭載した高性能ゲーミングPCだ。

ゲームだけでなくインターネットの利用や音楽の再生、動画の閲覧もできる。ゲーム機でありながらミドルレンジクラスのノートパソコンとほとんど変わらない性能と使い勝手。



続きを読む »
27 Dec

iPad Proを「タテ」にサブディスプレイ化。神アプデ後の「Duet」で作業スペースはさらに広がる

20181221nnomad1-w1280最近はフリーランスやノマドなど、自由な働き方が広まりつつあります。そんな会社やオフィスに縛られない働き方では、作業効率がなによりも大切。私の場合はMacBook ProとiPad Pro、そして「Duet」を組み合わせることで、強力なデュアルディスプレイ環境を実現しています。

まずDuetとは、iOS向けにリリースされているiPadをサブディスプレイ化するアプリです。



続きを読む »
14 Dec

液晶を超えて進化するシャープの「IGZO」 有機ELにも応用、X線センサーやアンテナまで視野

「5GおよびAI社会を生き延びるためには新たな事業戦略が必要になる。シャープのディスプレー戦略はこれまでスマホを中核に据え、サブとしてテレビがありPC、その他に展開というものだった。しかしこれからの事業は車載を中核に据え、PC、スマホ、テレビ、IAをそれなりにラインアップし新規事業への道を探っていく、ということになるだろう。ディスプレーとは全く違う分野に展開することも視野に入っている」



続きを読む »
1 Dec

量産車初の曲面メータパネルは、スピードメーターやナビ画面を切替可能

bosch warp独ボッシュは、量産車のコクピット向けでは世界初となる曲面メーターパネルを発表した。フォルクスワーゲン・トゥアレグ(Touareg)のニューモデルの「Innovision Cockpit」で初採用された。 曲面ディスプレイの採用により、コクピットデザインの自由度を向上するほか、ディスプレイの曲面は、人間の眼球の自然なカーブを模倣したことで、画面の端に表示されるインジケーターのライトや警告信号をよりはっきりと視認できるようにする。これにより安全性の向上も見込めるとする。対角線の長さは31cm。



続きを読む »
28 Nov

ジャパンディスプレイがVRヘッドセットを発表、VR向け液晶を搭載し12月発売

201811261303831000-600x239液晶ディスプレイの開発や展開を行う株式会社ジャパンディスプレイ(JDI)は、VR用の液晶ディスプレイを搭載したVRヘッドセット「VRM-100」の販売を発表しました。予約開始日は12月3日、製品は12月中旬以降に発送予定です。価格は現状公開されておらず、同社によれば予約受付開始時の問い合わせ(見積もり依頼)に対して答えていく予定とのことです。

VRM-100は、615ppiのVR用液晶ディスプレイと、3DoFのジャイロセンサーを搭載したVRモニターユニットを付属したPC向けVRヘッドセットです。付属部分やヘッドバンドは取り外し可能で清掃がしやすい構成になっているため、店頭や展示会等でも清潔な状態で使用できるとのこと。



続きを読む »
27 Nov

三菱、車や船に最適な曲面液晶の量産化技術。平面同等の表示性能

01_o三菱電機は、曲面ディスプレイで平面形状と同等の表示性能を実現したというTFT液晶モジュール(凹型)の量産化を確立。自動車や船舶などへの採用に向けて本格的に受注を開始すると26日に発表した。

自動車や船舶などで、耐環境性を確保しつつ、デザイン性の高い内装に沿った曲面ディスプレイへのニーズが高まっていることを受けて開発。

曲率半径700mm以上1,000mm未満の曲面カラーTFT液晶モジュールで、平面形状と同等の高い視認性と色鮮やかな表示を実現。製品ごとの曲がり具合のばらつきを考慮したパネルや筐体の設計により、効率的で安定的な生産が可能になったという。



続きを読む »
24 Oct

Square、クレカやモバイル決済に対応する“オールインワン”端末「Terminal」を発表

large-85395Squareは米国時間10月18日、従来のキーパッド付きのクレジットカード決済端末機に代わる新しいタッチスクリーン付き端末「Terminal」を発表した。Terminalは、オールインワン式のカード処理端末だと説明されている。つまり、物理的なデビットカードやクレジットカードのほか、「Apple Pay」「Google Pay」「Samsung Pay」やNFCを利用したモバイル決済に対応する。

 このワイヤレス端末は、バッテリが1日中持続し、Wi-Fiまたはイーサネットによるインターネット接続を介した決済処理が可能で、レシートを印刷することもできる。SquareはTerminalについて、このようなフォームファクタを採用したことにより、出先で決済を処理する販売業者とって便利な選択肢になると紹介している。



続きを読む »
17 Oct

広大な横長! デル、49型5,120×1,440ドットの曲面液晶ディスプレイ

dell ultra wide 001デルは10月16日、「Dell デジタル ハイエンド」シリーズの新モデルとして、49型ワイド曲面の液晶ディスプレイ「U4919DW」を発表した。10月26日より発売する。価格は154,980円(税別)。

アスペクト比が32:9の49型ワイド液晶ディスプレイ。解像度は5,120×1,440ドットで、2,560×1,440ドットの27型ディスプレイ×2台分の作業スペースを確保する。3,800Rの曲面液晶を採用しており、首の動きを最小限に抑えつつ画面全体を把握できるとしている。

視野角の広いIPS方式の採用で、超横長の画面でも色味が変わらない。ブルーライトの発生を抑える「ComfortView機能」も搭載している。



続きを読む »
9 Oct

AIが店頭価格を自動更新、JDIが新技術を開発

jdi 02018X12001-PB1-2ジャパンディスプレイ(JDI)は5日、人工知能(AI)が小売店の店頭に並ぶ商品の価格を自動で決める新技術を開発したと発表した。販売実績などを基に、最適な販売価格を算出する。ディスプレーで店頭価格をリアルタイムに更新できる電子棚札と組み合わせ、スーパーやコンビニに売り込む。 「気温が上がるとビールの売れ行きが伸びる」といった相関関係にあわせてAIが棚札の値段を細かく更新する。

AIはPOS(販売時点情報管理)データや競合他社の販売価格、製品原価など様々なデータから最適の販売価格を導き出す。ビールの価格を変える際は「つまみ類」も連動して変えるなど、店全体の売上高が最も大きくなるように計算する。こうした需給に応じた価格設定は「ダイナミックプライシング」と呼ばれている。



続きを読む »
20 Sep

Inside the cockpit of an Airbus A220

Ever wondered what all those switches, dials and levers do in the cockpit of an airplane? We did too, so we asked a pilot.



続きを読む »
19 Sep

サムスン、10月11日に新型「Galaxy」デバイスを発表か--イベントをライブ配信へ

サムスンは、10月11日に開催する新製品発表イベント「A Galaxy Event」の招待状を9月14日に発送した。招待状には時間や場所が書かれておらず、サムスンのウェブサイト上でライブ配信すると記されている。

 「サムスンの最新Galaxyデバイスは、これまで以上に自分自身を表現するためのさらなる手段を提供する」と招待状には記されている。
 招待状には、イベントの内容を示すヒントはあまりなく、「4x the fun」(4倍の楽しみ)と書かれた画像だけがある。



続きを読む »
12 Sep

空中ディスプレイに表示したキャラと双方コミュニケーション! アシストが開発

assist_vtuberアシストは、10月25日~26日に大田区産業プラザPiOにて開催される「第8回おおた研究・開発フェア」にて、「バーチャルキャラクターのリアルタイム双方向通信AR撮影システム」を展示すると発表した。

空中ディスプレイに投影したキャラクターと、双方向でコミュニケーションが取れる。 今回の展示に登場するキャラクター「香猫さくら(かねこ さくら)」ちゃんは、日本工学院の協力のもと制作。空中に投影される「香猫さくら」ちゃんと、会話などリアルタイムでの双方向にコミュニケーションが楽しめる。



続きを読む »
11 Sep

垂直統合にシフトして利益を生み出すApple

tt0903_Apple_A11_w390
Appleはなぜ、多大なコストが掛かるにもかかわらず大規模な半導体設計を自社で行おうとしているのだろうか。そして、既に市場での実績を築いている半導体企業と同等以上の性能を備えたICを設計できるのだろうか――。半導体を自社設計することは、どう考えてもリスクが大き過ぎる。
故Steve Jobs氏は2010年1月27日に開催したイベントで登壇し、タブレット端末の「iPad」とAppleが設計したSoC(System on Chip)「A4」を発表した。筆者はその基調講演の1週間前に自身のブログに投稿した記事で、iPadとA4の発表が近いだろうと予想し、iPadにはiPhoneと「MacBook」の間くらいの性能を持ったプロセッサが必要だと指摘した。


続きを読む »
2 Aug

JDI、視界に速度・GPS表示するスマートヘルメット。'19年製品化へ

ジャパンディスプレイ(JDI)は1日、ヘッドアップディスプレイを組み込んだヘルメットのコンセプトモデル「HUD搭載スマートヘルメット」(コンセプト名:スパルタ)を発表した。オートバイで走行中、視界に速度メーターなどの情報を表示可能。2019年の製品化を目指しているという。

「HUD搭載スマートヘルメット」には車載ヘッドアップディスプレイに採用されているユニットを小型化して組み込んでおり、速度やGPS、着信、メールなどの情報を投影し、走行中の視線を維持したまま確認が可能。安全性の向上も期待できるとする。



続きを読む »
31 Jul

Amazon「Echo Spot」速攻レビュー! 「画面」が付くとスマートスピーカー体験はこう変わる

amazon echo spot P1
アマゾンのスクリーン付きスマートスピーカー「Amazon Echo Spot」が、ついに日本でも発売された。目で確認できる文字やアイコン、写真や映像などが表示できるスマートスピーカーの使い勝手を検証してみた。
2.5インチの液晶タッチスクリーンは正円型で、直径は64mm、解像度は480×480。本体正面の上にカメラが内蔵されている。海外ではビデオ通話やメッセージの送受信、部屋の様子を遠くから見守る機能が使えるが、日本では発売時点では解禁されておらず「今後対応予定」としている。


続きを読む »
29 Jul

Google初のスマートディスプレーがついに登場

weather_1何ヶ月も待たされたあと、Google Smart Displayがついにやってきた。Googleは去る1月のCESで数々のデバイスを発表した——もちろんAmazonに対抗するために。Echo Showはスマートスピーカーの世界では十分新しいデバイスだったが、このハードウェアにはいつも何かが欠けていた。

一方Googleはと言えば、重労働はハードウェアパートナーに任せ、CESではLenovo、JBL、およびLGのデバイスを発表した。その中でもLenovoは断然ルックスが良い——しかも最初に市場にでたのはこれで、8インチバージョンが200ドル、10インチが250ドルで販売されている(YouTube Premiumが3ヶ月分ついてくる)。ほかの2つは「近日発売」としてリストに載っているだけだ。



続きを読む »
13 Jul

au INFOBARに3年ぶり新モデル「xv」登場 初代を洗練し復刻

IMG_20180709_140829auは、最新デザインケータイ「INFOBAR xv」(エックスブイ)を2018年秋に発売します。価格は未定ですが『4G LTEケータイよりは高く、ハイエンドスマホよりは安い程度』(KDDI広報部)としています。

「INFOBAR xv」は、2015年以来、約3年ぶりとなるINFOBARの新モデルです。初代INFOBARの発売から15周年を記念したモデルでもあります。 デザインは初代INFOBARと同じく、プロダクトデザイナーの深沢直人氏が担当。

一見すると初代や2代目に似ていますが、復刻版というわけではなく『15年の進化を感じられるように』デザインを洗練。歴代のINFOBARで目指しながらも実現できなかったという、物理ボタンが側面エッジの際までせり出した「フレームレステンキー」などの精密なデザインを実現しています。



続きを読む »
13 Jul

高画質競争に入った有機ELと8Kの未来。山之内正×本田雅一

本田:ソニーのZ9Dはスーパーカーのような特殊なモデルですが、概ね高画質・最先端を目指して作り込むテレビはOLED(有機EL)、液晶テレビにはコストパフォーマンスや液晶ならではの明るさを活かした製品が望まれるようになりそうです。OLEDの価格もこなれてきましたから、今後はそうした流れが加速するかも知れません。
山之内:液晶で高画質を目指すと、どうしてもコントラストの高いVA方式に頼りがちでした。時にHDRのトレンドが始まってからはその傾向が強かったのですが、視野角に問題がありますからね。ファミリー向けに複数人数で観るなら、やはり視野角の広いIPS方式が望ましい。


続きを読む »
5 Jul

JOLED、デジタル窓を共同開発 都内展示会に出展

JOLED-PB1-1有機EL開発のJOLED(ジェイオーレッド)は4日、ディスプレー上に景色を映すデジタル窓の試作品を都内の展示会に出展した。石川工場(石川県川北町)で生産する21.6型の4Kパネルを採用。デジタル窓を手掛けるアトモフ(京都市)と共同開発した。
モニターや車載に続く、有機ELの用途開拓につなげる。



続きを読む »
23 Jun

アマゾン、スマートディスプレーを日本でも発売 「Echo」シリーズの世界展開を加速

6114602_sd.jpg;maxHeight=640;maxWidth=550アマゾンジャパンは、6月21日、スマートディスプレー「Echo Spot」を日本で発売すると発表した。同日より、先行予約を受け付け、出荷は7月26日に始める予定だ。価格は1万4980円。

 Echo Spotは、直径2.5インチの丸形ディスプレーを搭載しており、同社のスマートスピーカー「Echo」シリーズの他の製品と同様に、AI(人工知能)搭載の音声アシスタントサービス「Alexa」を利用できる。ディスプレーを備えることで、これまでと異なる利用体験になるとアマゾンは説明している。

 例えば、動画ニュースを再生したり、天気予報を表示したり、対応する家庭用ネットワークカメラと接続し、カメラモニターとして利用したりすることができる。また、現時点では利用できないが、将来は2台のEcho Spot間で、ビデオ通話も可能になるという。



続きを読む »
5 Jun

アップルWWDC2018、最新OS「iOS12」発表 旧機種の速度アップへ

アップルは4日、開発者向け年次会議「ワールドワイド・デベロッパーズ・コンファレンス(WWDC)」を開催し、「iPhone(アイフォーン)」と「iPad(アイパッド)」向けの最新基本ソフト「iOS12」を発表した。




続きを読む »
1 Jun

Apple、WWDC 2018を来週開催!どんな新製品が登場する…?「iPhone SE2」はどうなる…?

 Appleは、今年も年次開発者向けのカンファレンス「Worldwide Developers Conference」(以下、「WWDC 2018」)を開催する。  現地時間6月4日(日本時間6月5日午前2時)よりスタートするWWDC 2018だが、一体どんな発表がなされるのだろうか。今回は、事前に海外メディアが噂している内容についてまとめていくことにする。

 Appleは、iPadシリーズ、特にProモデルに力を入れようとしている印象が筆者にはある。なぜなら、Apple Pencil対応という、これまで「iPad Pro」にのみ付与された機能をエントリーモデルである「iPad」に分け与えたからだ。これをして、肝心のiPad ProはCPUだけ高性能に刷新するでは、消費者は納得した買い物ができないだろう。



続きを読む »
28 May

ドア全体が巨大な液晶に 未来の扉「未来ドア UPDATE GATE」

未来ドア01_500x333
窓やドア、サッシなどの開発メーカー大手のYKK APは、製品化を視野に入れたコンセプトモデル「未来ドア UPDATE GATE」を発表。「未来ドア」という名称だけ聞くとマンガの便利アイテムを連想してしまうが、未来ドアとはいったいどのような製品なのだろうか。
「未来ドア UPDATE GATE」は、ドアの表と裏に4K解像度のタッチパネル液晶ディスプレーが埋め込まれた製品。通常のドアには必ずある鍵穴やドアノブがないため、一見すると単なる巨大な液晶の壁だ。鍵のロックはカメラによる顔認証で行われ、ドアの開閉は電動。名前のとおり、かなり未来的でスマート!


続きを読む »
24 May

メルク、液晶ディスプレイ50周年を記念し 新しい液晶単品材料を「SIDディスプレイ・ウィーク」で発表

サイエンスとテクノロジーの分野における世界有数の企業であるMerck(以下メルク)は5月14日、米国カリフォルニア州のロサンゼルス・コンベンションセンターで開催される「情報ディスプレイ学会(SID)ディスプレイ・ウィーク2018」で、「Power to the Pixel – 次世代ディスプレイ材料」をテーマに、幅広いディスプレイ・ソリューションのラインナップを展示します。
この展示会にて、メルクはLicristal(R)のサブブランドの新製品として、高性能液晶単品材料のXtraBright™(透過率向上)、XtraBoost™(品質と信頼性向上)、XtraBrilliant™(コントラスト向上)を発表します。



続きを読む »
18 May

まだ進化する「電子ペーパー」、電子ブック以外へ用途拡大 台湾E Inkの業績回復、大阪大学は新技術

紙のような表示品位を持つ電子ディスプレー「電子ペーパー」が一気に世の中へ知られるようになったのは、米Amazon.comが2007年に発売した電子ブック端末「Kindle」がバカ売れしてからだ。今では電子ブック端末はかつてほど売れなくなったものの、1台に何百冊もの書籍を保存できるという利便性が受けて根強い人気がある。端末が世代を重ねるごとに電子ペーパー自体の技術も進化しており、その機能・特性を生かせる新たな用途へ徐々に採用を広げている。


続きを読む »
13 May

松尾建設、太陽光発電で「逆潮流」防止技術 大型化可能に

太陽光発電 04b1松尾建設(佐賀市)は、工場向けに太陽光パネルで発電した電気が電力系統に流れる「逆潮流」を防ぐ制御技術を開発した。現状、発電した電気を売らずに使い切る自家消費用途の太陽光パネルは逆潮流を避けるため、容量を小さくする必要がある。新技術を採用すると太陽光発電を大型化でき、再生可能エネルギーをより多く利用できるようになる。

 開発した技術は太陽光パネルからの電気の潮流を計測し、電気を制御する。需要量以上の発電量を計測すると、使い切れなかった余剰電力を速やかに蓄電池へ送って充電する。蓄電池がない場合でも、余剰電力が発生しないようにパワーコンディショナーを調整する。



続きを読む »
11 May

ガラス上に液晶が浮かび上がるハイブリッドスマートウォッチ「mim X」

mim-x-1-300x225スマートウォッチの中には「ハイブリッド」と呼ばれるカテゴリーがある。通常のアナログ腕時計のように針を使うものの、スマホと連携させることで通知を受けられたり、小窓の液晶に簡単な情報を表示できたりと、そのスタイルもさまざまだ。

今回紹介する「mim X」のスタイルは、特殊な液晶を用いた今までにない画期的なハイブリッドスマートウォッチだ。 このmim Xはいたって普通の腕時計に見えるかもしれないが、実は「TLD(Transparent Levitation Display)」と呼ばれる特殊なディスプレイが文字盤上の表面ガラスに仕込まれている。



続きを読む »
10 May

Google、「スマートディスプレイ」は7月登場。LG、ソニー、JBL、Lenovoら参入

Googleは8日、開発者向けの発表会「Google I/O」において、音声アシスタントの「Googleアシスタント」を搭載した小型ディスプレイ端末「スマートディスプレイ」が今年の7月に登場すると発表した。LGやソニー、JBL、Lenovoなどが、製品の投入を予定している。

スマートディスプレイは、タッチパネルディスプレイとGoogleアシスタントを搭載したデバイス。音声とタッチ操作を組み合わせて、YouTubeの動画を見たり、Google Duoによるビデオ通話や、Google Photoの写真を見る、カレンダーの確認、地図の表示といった利用を想定している。



続きを読む »
7 May

金型生産額がリーマン前の8割まで回復も、押し寄せる変革の波

自動車、半導体業界などの活況を受けて、金型企業にも追い風が吹いている。ただ、金型企業の大半が関わる自動車業界には電動化や電装化の波が押し寄せ、大きな変革期を迎えている。その変化を敏感に感じ取る金型企業も活況の波に乗りながら、次の手を練っている。金型各社の取り組みを探った。

 経済産業省の「機械統計」によると、国内の金型生産実績(金額ベース)は2006年に4879億円まで増えたが、リーマン・ショックなどの影響で09年には3159億円まで急落した。その後、4年ほど横ばい状態を続けた後、じわじわと生産が増えて16年には3978億円まで回復した。

 金型メーカーに聞くと、足元の需要はかなり活気を取り戻している。自動車向け金型の設計・試作などを手がけるベントム工業(浜松市中区)の本田大介社長は「金型受注の現状は良い。取引先も増えている。



続きを読む »
20 Apr

シャープ、大型の80型タッチパネルディスプレー

sharp 80 inch 2018000001-PB1-1シャープは19日、高精細な4K画像に対応した大型の80型タッチパネルディスプレーを6月上旬から発売すると発表した。 既に70型を発売しているが、さらなる大画面化で大人数での会議をしやすくした。

国内外の設計事務所やデザイン会社などに販売する。 電子黒板「ビッグパッド」シリーズのラインアップを拡充した。最大4人まで同時に画面への書き込みができる。ディスプレーに文字を書き込むタッチペンの精度はペン先2ミリメートルまで細くした。

続きを読む »
19 Apr

5Gに適したタッチディスプレー KDDI、イベント・社内会議用

kddi 55962KDDIは17日、映像コンテンツなどを同時に再生できる、第5世代通信(5G)に適したタッチディスプレーを発売したと発表した。

多人数が利用する展示会などのイベントや社内会議での活用を想定する。オプションで利用者の性別や年齢のほか、操作時間、興味を持ったコンテンツをクラウド上で分析するサービスも提供する。

55型ディスプレーと専用サーバー、アプリケーション(応用ソフト)のパッケージ価格は720万円(消費税抜き)から。レンタル価格は3日間で59万円から。



続きを読む »
15 Apr

Apple、従業員に「情報リークは禁止」と社内ブログで警告

Appleが従業員に対し、将来計画や新製品に関する情報のリークをやめるよう通知するとともに、情報流出が判明した場合、法的措置を取る可能性があると警告したことがわかりました。

 Bloombergによると、Apple社員のみが閲覧できる社内向けブログに投稿された長いメモには、昨年だけで29人による情報流出が発覚、うち12人は逮捕に至ったと記されていました。 大手IT企業は、特に新製品に関する情報の扱いには神経を尖らせています。

GoogleやFacebookのように、社員に対し将来の計画を比較的オープンにしている企業でさえ、情報をリークした社員の解雇に踏み切る場合があります。



続きを読む »
4 Apr

水上メガソーラー普及なるか 海外2社、水上用太陽光発電投入

over sea solar img2_file5ac35a6e3c4beカナディアン・ソーラー(カナダ・オンタリオ州)は5月に、日本向けに水上設置用の太陽光発電システムを発売する。トリナ・ソーラー(中国・江蘇省)も3月末に販売を開始。いずれも太陽光パネルと必要な部材をセットにして製品化する。大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設に適した土地が減り、水上が次の設置場所として注目されている。外資の太陽電池大手2社が専用製品を販売することで、普及が後押しされそうだ。

北米最大手のカナディアン・ソーラーは、5月にも「サンアクア」の名称で水上設置システムを発売する。



続きを読む »
27 Mar

Galaxy S9+ Materials Cost $43 More Than Previous Versions, IHS Markit Teardown Shows

The new Samsung Galaxy S9+ equipped with 64 gigabytes (GB) of NAND flash memory (model number SM-G965U1) carries a bill of materials (BOM) cost of $375.80, much higher than for previous versions of the company’s smartphones. The preliminary estimated total is $43.00 higher than costs for the Galaxy S8+, based on a teardown performed by IHS Markit last year, according to IHS Markit (INFO), a world leader in critical information, analytics and solutions.


続きを読む »

当サイト特集カテゴリー
1.液晶の歩んできた道(第一部)
液晶の黎明期から実用化を果たすまでの過程をわかりやすく解説することを目指して書きました。

2.液晶の歩んできた道(第二部)
液晶が当面の最終目標だった大型テレビに採用され夢の平面テレビが実現した過程を解説していく予定です。(開始時期未定)

3.用語辞典(技術・ビジネス・企業)
管理人特選の最新技術用語やビジネス用語・関連企業を解説しています。時間の許す限りのアップ、今後充実を目指します。
掲載年月から記事を探す



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人へのメッセージ


[FPD関連本]

フラットパネル資料館

電子ディスプレーメーカー計画総覧(2018年度版)
















カテゴリーごと記事
記事掲載の写真
  • ディスプレイに折り目が、Galaxy Foldの実動動画が流出?
  • ディスプレイに折り目が、Galaxy Foldの実動動画が流出?
  • カラー有機EL搭載の「HUAWEI Band 3」3月29日発売 6100円
  • カラー有機EL搭載の「HUAWEI Band 3」3月29日発売 6100円
  • 運転状況を液晶ディスプレー表示 ダイソンがコードレス掃除機
  • 運転状況を液晶ディスプレー表示 ダイソンがコードレス掃除機
  • iMacに「Retina 4K/5K」新モデル。赤緑LEDバックライトで「Mac史上最高ディスプレイ」
  • 今年のノートPCのトレンドは「軽量」だ! 15.6インチでアンダー1kgのノートPCがやってきた
  • ジャパンディスプレイ株が2カ月ぶり上昇率、エフィッシモCが「重要提案行う」
  • 鴻海のウィスコンシン工場、20年4Qに稼働へ
  • シャープの8K、堅実にBtoB展開 4K主流の消費者市場にらみ
  • ファーウェイ折り畳みスマホ Mate X実機レビュー 単なる一発屋ではない
  • 7型液晶の手帳サイズWindows PC「OneMix2S」、2019年春ごろ日本発売
  • アップル新種のiPad準備中か
  • 意欲的2画面スマホ、Vivo NEX Dual Display実機レビュー。斬新さならフォルダブルにも負けません!!
  • 意欲的2画面スマホ、Vivo NEX Dual Display実機レビュー。斬新さならフォルダブルにも負けません!!
  • 「完全分離プランは韓国で経験」 サムスンの自信
  • AGC、折りたたみスマホ向け『曲がるガラス』を開発中
  • LGエレ、DisplayHDR 400に対応した曲面34型ウルトラワイド液晶ディスプレイ
  • Square 4.0” TFT, IPS All View, 720 X 720 Resolution with or without CTP
  • JDI、インテリア家電「奏で」を開発。映像と香りと音による新体験
  • ついに前面の物理ボタンを廃止!縦長5.7インチ液晶, au向け京セラ製スマホ「URBANO V04」
  • 商品名や価格を20秒で書き換えられる「電子棚札」
  • 2020年には「曲がるスマホ」だらけに?ディスプレイは早くも低価格化の兆候
  • Appleティム・クックCEO「皆が驚く、挑戦的な新製品を準備中」株主総会で語る
  • MWC 2019は「モバイル」が本当に多様化していく最初の年になるだろうか?
  • Best phones of MWC 2019
  • サムスン、東京・原宿に旗艦店「Galaxy Harajuku」3月オープン
  • サムスン、東京・原宿に旗艦店「Galaxy Harajuku」3月オープン
  • [更新] 液晶パネル価格トレンド (LCD Panel Price Trend)
コメントありがとう