return_to_forever

Flat Panel TV and Display World-2....液晶・業界・動向

液晶・有機EL・プラズマ、FPD業界・パネルメーカー・関連企業情報を掲載。当ブログで激しい市場動向に追随!--Since Nov.2004

D_製品開発

29 Nov

パナソニック、コントラスト100万対1以上の新型IPS液晶パネル開発。画素毎にバックライト光量制御

panasonic 161128-2-1パナソニック液晶ディスプレイは、従来比600倍となるコントラスト100万対1以上を実現する新型IPS液晶パネルを開発したと発表した。放送局などプロ向けHDR対応モニターや、医療用・車載用モニターなどBtoB向けの展開を予定。2017年1月からサンプル出荷を開始する。

 パナソニックのIPS液晶技術をベースに、画素ごとにバックライト光量を制御できる新開発の調光セルを内蔵。調光セルには表示セルとは光透過特性が異なる液晶材料を使用し、それぞれを独立制御している。これにより光漏れを大幅に抑制し、きめ細かな階調表現を実現。コントラスト比も100万対1とした。



保存続きを読む »
29 Nov

JDI、VRヘッドセット専用の液晶パネルを開発

ジャパンディスプレイ(JDI)は 11 月 21 日、同社初の VR ヘッドセット専用の液晶ディスプレイを開発していることをプレスリリースを通じて発表しました。
JDI の VR ヘッドセット用パネルは、3.42 インチの低温ポリシリコン(LTPS)TFT 液晶ディスプレイで、IPS 方式を採用しており、解像度は 1,440 x 1,700 ピクセルと非常に高精細な仕様となっています。
この液晶パネルは単に従来のスマートフォン用ディスプレイを VR ヘッドセット用に転用したものと違って、精細さや応答速度を改善しており、動画のぼけを軽減する工夫も施されています。

続きを読む »
25 Nov

米インサイト、ディスプレー向け量子ドットの技術応用白書


ディスプレー業界のコンサルティング企業である米インサイト・メディアは、ディスプレーにおける量子ドット技術の応用について詳述した白書を発表した。
現在、ディスプレー業界では色域拡大を可能にする技術として、量子ドットが注目を集めている。



続きを読む »
22 Nov

中国、展示会でヒト型ロボットが「暴走」・1名が負傷

中国の深セン市で開催中のハイテク製品見本市「China Hi-Tech Fair 2016」に出展されていた家事手伝い用のヒト型ロボットが暴走し、来場客数名が負傷するという事故が起きたことが判った。

18日付けに人民日報が報じた。

こうした事故が起きたことを受けて中国ソーシャルサイト大手のWeibo上には、ロボットの反乱が始まったとする書き込みも生じている。



続きを読む »
14 Oct

シャープ フリーフォームディスプレイをスマホに展開 形状自在に

ffd sharpffd シャープは、異形・湾曲形状が可能なフリーフォームディスプレイ(FFD)の用途開拓を強化する。
車載ディスプレイを中心に展開してきたが、新たにスマートフォンなどコンシューマー機器向けでの提案を開始した。
額縁部分を含めた全面ディスプレイ化や、楕円形状など意匠性に富みつつ持ちやすいデザインを実現する。すでに量産体制を整えており、2017年度にも市場投入する。



13 Oct

CG美少女「Saya」が動く、8KとHDRで質感豊かに

saya1 p2「実写のようだ」とインターネット上で話題になっているCG美少女「Saya」。「CEATEC JAPAN 2016」(2016年10月4日~7日、幕張メッセ)では、さらにリアルさを増したSayaの姿を見ることができる。動画を含むSayaの最新映像を、シャープが85型の8K液晶ディスプレーに表示させている。




続きを読む »
25 Sep

鏡なのか? 液晶なのか? バックミラー最大手の村上開明堂が開発した「電子ルームミラー」が凄すぎる!

スマートミラー prm1609220004-p1自動車用バックミラーで国内最大手の村上開明堂(静岡市葵区)が、車の後部などにカメラを取り付けその映像を映すモニター機能を搭載した「電子ルームミラー」を開発した。鏡でできている通常のルームミラーより視認性が格段に高いのが特徴で、従来のルームミラーと同様に運転しながら後方の映像を確認することができる。平成30年度に販売される市販車への搭載を目指し、量産を始める予定だ。

 同社が開発した製品は、車の後部に設置したカメラで後方を見る「ハイブリッド インナーミラー」と、側面のサイドミラーにもカメラを取り付け、後方と両側方の映像を3分割の画面で見ることができる「マルチ ミラーシステム」の2種類。

続きを読む »
26 Aug

イノラックス、世界初の8Kパネル量産と発表

液晶パネル大手、群創光電(イノラックス)は世界で初めて、65インチの8K4Kテレビ用パネルを量産した。市場観測によると、ソニーから受注したほか、サムスン電子、中国のテレビブランドからの受注も狙っている。一方、友達光電(AUO)は現在ソニー、サムスンなどに8Kパネルをサンプル出荷している段階で、年末に量産に入る計画だ。ただ、NHKが8Kスーパーハイビジョン(SHV)試験放送を開始した以外、世界でほぼ応用例がなく、放送コンテンツの充実が8Kテレビ普及の鍵を握る。24日付工商時報などが報じた。
イノラックスはきょう24日開幕のタッチパネル・光学フィルム関連産業展示会、タッチ・タイワン2016(26日まで、台北世界貿易センター南港展覧館)で、解像度7,680×4,320でフルハイビジョン(フルHD)の16倍に相当する8Kの65インチパネルを展示している。



続きを読む »
10 Jul

NECのディスプレーは海外市場が90%以上とグルーバル化

04_800x600NECディスプレイソリューションズは7月8日、商談や検証を行なうショールームのメディアツアーを開催した。ツアー冒頭で明らかにされたのは、「MultiSync」シリーズなどディスプレーやサイネージ、プロジェクター製品の売上は、9割以上が海外市場ということ。売上別では36%が欧州、35%が米州、14%が中国、6%がアジア・パシフィックで、日本での売上はわずか9%とグローバル化が進む現状が解説された。

製品はNECディスプレイソリューションズが商品企画から開発製造、品質管理まで担当し、120を超える国と地域に製品を提供している。海外拠点はドイツ(ミュンヘン)、中国(深セン)、アメリカ(シカゴ)の3ヵ所。



続きを読む »
15 Jun

中村修二が青の次に求めた色 LED、競争軸は「光の質」

オフィスなどの省エネルギー対策の切り札、LED(発光ダイオード)照明の性能が向上している。メーカーの競争軸は今や、色味や機能性といった「光の質」に広がっている。  「なぜ省エネでトップを目指さないんだ」。アイリスオーヤマの開発会議で、大山健太郎社長が檄(げき)を飛ばした。矛先はLED開発部だ。今から2~3年前、他社がLED照明の省エネ性能を一段と引き上げた。「それまでは省エネよりもコスト削減を優先していた」と同部電源設計課の宮島隆浩リーダーは振り返る。
 「省エネに加え、空間の快適さを両立するLED照明を追求している。明るさの“質”を高め、空間の価値創出を目標に技術を開発している」とパナソニック エコソリューションズ社ライティング事業部R&Dセンター企画部の野呂浩史部長は話す。LEDチップの性能向上と、量産による価格下落を背景とする省エネや価格の競争から距離を置く戦略だ。


続きを読む »
14 Jun

高環境耐性LEDの開発

化学工場や発電施設、水泳プール施設など、特殊な環境下にある施設向けの照明は、雰囲気中の腐食要素への耐性が求められる。
次世代光源として普及が進む白色LEDにおいても、腐食に強い金メッキを採用したリードフレームや、筐体材料や封止材などの最適化など、化学耐性向上に対する開発が進められている。



続きを読む »
10 Jun

自動車のセンターコンソールにポートレート型CID

自動車のセンターコンソールには、DIN規格に則ったサイズのディスプレイが搭載されてきたが、CID(Center Information Display)の標準搭載が進むにつれ、ディスプレイサイズがDIN規格に準拠する必要性が薄れつつある。
DINサイズに縛られない様々なデザインのCIDが登場する中、センターコンソール全面に17"LCDを縦型(ポートレート型)に配置したTesla「Model S」が発売された。



続きを読む »
9 Jun

バーチャルリアリティー商機、台湾メーカー参入ラッシュ

宏達国際電子(HTC)のヘッドマウントディスプレイ(頭部装着ディスプレイ、HMD)「HTC Vive」などVR(バーチャルリアリティー、仮想現実)製品が相次ぐ中、広達電脳(クアンタ・コンピュータ)と緯創資通(ウィストロン)は北米メーカーからVRカメラを受注した。
華碩電脳(ASUS)は来年1月にAR(オーグメンテッド・リアリティー、拡張現実)対応のモバイル端末を発表する予定だ。今年10億米ドル以上、2020年に1,500億米ドルと予想されている世界のVR/AR商機を狙い、台湾企業が競って参入している。4日付蘋果日報などが報じた。



続きを読む »
15 May

ペン入力ソリューションの動向

コンシューマ向けPCの需要が成熟したことで、PCメーカーはビジネス市場や文教市場の需要開拓に注力している。これらの分野では、MicrosoftのSurfaceやAppleのiPad Proが一定のポジションを築きつつあることから、ペン入力ソリューションに対する関心が高まっている。
これまでペン入力の検知方式は電磁誘導方式が主流であったが、AppleがiPad Proで静電容量方式タッチパネルとApple Pencilの組み合わせによるアクティブスタイラスを展開したことで、ペン入力の技術動向に大きな変化が生じている。



続きを読む »
12 May

Production Monitorシリーズの堅牢性を証明するビデオ

SmallHD社がNAB2016で発表したHDR対応モニターProduction Monitorシリーズです。

「フィールドでの仕様を考え、堅牢性が高く、背面にはトランスミッターなどを取り付け可能なアクセサリーレールを装備」という説明ですが、堅牢性のレベルが凄すぎる。金属バットで思い切り叩いたりジープで踏みつぶしたり、please check the video below.

液晶モニターでもこのようなレベルの製品ができるのですね。





29 Apr

キヤノン、高輝度LCOS液晶プロジェクタ--HDBaseT採用で100m伝送も

キヤノンは4月19日、「パワープロジェクター」シリーズより、高輝度な映像投写が可能な「WUX6010」(想定税別価格:74万3000円)と、短焦点でハイレンズシフト機構搭載の「WUX450ST」(同:72万円)を発表した。4月25日に発売する。
 WUX6010/450STとも、キヤノンの光学技術と映像エンジンに加え、反射型液晶LCOS(エルコス)パネルを搭載し、高画質な映像投写を実現。1920×1200ピクセルのWUXGA解像度に対応し、WUX6010は6000ルーメン、WUX450STは4500ルーメンの高輝度な映像投写が可能だ。



続きを読む »
26 Apr

JOLEDが「印刷方式」で高解像度の有機ELパネルを試作

 パナソニックとソニーの有機EL事業を統合したJOLED(ジェイオーレッド、東京・千代田、東入来信博社長)はコスト面にすぐれた「印刷方式」で高解像度パネルを試作した。20インチサイズで解像度200ppi(1インチの画素数)を実現。同方式では世界初とみられる。
パソコンに加え自動車や航空機のディスプレーなどもにらみ、8月に試作をはじめる。



17 Apr

凸版印刷、白黒赤の表示が可能なフレキシブル電子ペーパーを開発

011凸版印刷は3月8日、白黒赤の3色に表示切替が可能で、店頭の売価表示などに対応可能なフレキシブル電子ペーパーディスプレイを開発したと発表した。
 
同製品は、表示部分にE Inkの3粒子系電気泳動型カラー電子ペーパー「Spectra」を採用することで、従来の白黒表示に加え、赤色の表示も可能とした。また、フレキシブル薄膜トランジスタ技術の活用により、軽量で薄く、曲げることが可能だという。



続きを読む »
15 Apr

医療機器メーカー、操作性・低侵襲・高精細に磨き

医療機器メーカー各社が、診断機器の操作性や低侵襲、高精細、業務の効率化などの強みに磨きをかけている。少子高齢化の進展や、新興国における医療需要の拡大を受け、市場規模は拡大を続けている。一方で世界的な医療費抑制圧力も高まり、メーカー間での競争も熾烈(しれつ)だ。差別化を図りながら事業拡大につなげる。

「超音波装置を試したい、在宅往診のためにもう1台ほしいという市場を狙う」―。富士フイルムの後藤禎一執行役員メディカルシステム事業部長はこう意気込む。
同社が5月に発売するタブレット型超音波画像診断装置「ソノサイトアイビズ」は本体重量520グラムと軽量で、親指で操作できるのが特徴。”スマホ時代の超音波装置“という位置づけで、「(同装置市場で)世界シェア2位だが、伸びしろがある市場で拡販を進める」(後藤執行役員)構えだ。



続きを読む »
12 Apr

4K・8K対応機器の世界市場予測――放送や医療が市場をけん引

2016年8月にBSの高度広帯域伝送方式を利用した「4K・8Kスーパーハイビジョン試験放送」が開始予定で、オリンピックなどの大型スポーツイベントの開催を前に、4K・8K放送への期待が高まっている。
 世界市場では、欧米、日本、中国などが4K・8K対応機器の主戦場であり、さまざまな機器が4Kに対応し始めている。欧米、アジア各国では、2014年から「UHD放送」の実証実験や試験放送が相次いで行われており、徐々に民間放送事業者による実用サービスが開始されている。ただ、“国策”として4K・8K放送に対し、積極的に取り組んでいるのは、日本と韓国のみであるという。


続きを読む »
31 Mar

照明向け高効率LED開発・豊田合成

2016年2月29日、豊田合成は照明用高効率LEDを発表した。
LEDチップとパッケージ材料を改良することにより、照明市場において標準といえる3mm角のパッケージサイズで200lm/Wの発光効率を実現した。
また、熱硬化性樹脂材料を採用することによって、耐熱性と耐ガス性を向上させている。



続きを読む »
29 Mar

照明向けCSP-LED開発

CSP LED2016年2月12日、日亜化学工業は新型のCSP-LEDを発表した。
CSP-LEDは、従来のLEDチップの製造工程とは異なり、ボンディングワイヤーによる内部配線は行わず、ウエハの状態で配線・端子の形成、封止を行いパッケージ化する技術である。半導体のパッケージ方法として実績が高い技術であるが、LEDチップ製造においても応用が進められている。



続きを読む »
29 Mar

スリーエムジャパン−看板向け直管型LED照明

3m LED bar 5e39beスリーエムジャパンの看板向け直管型発光ダイオード(LED)照明「EGシリーズ」が好調だ。大阪・天神橋筋商店街が袖看板170基の刷新に採用したほか、40ワット蛍光灯と同等サイズにしたロングモデルは発売後1カ月で2カ月分の販売目標を突破。切り替えニーズを捕捉している。
例えば6000ミリ×600ミリメートルの看板の場合、40ワット蛍光灯5本を2列配置する。ロングモデルは側面の5本で同程度の明るさを引き出せ、消費電力は蛍光灯比56%減の135ワットに抑えられる。



続きを読む »
13 Mar

豊田合成 世界初、完全密閉構造のガラス封止紫外線LEDを開発

LED 豊田合成9d-300x300豊田合成は3月7日、LEDの新製品として、世界で初めて完全密閉構造の「ガラス封止紫外線LED(UV―LED)」を開発したと発表した。
 同製品は、従来から同社が有する「ガラス封止パッケージ」技術を紫外線LEDにも応用し、LEDチップを空気中のガスや水分による影響を受けないようにガラスで完全密閉した製品。温度100℃の高温度や、温度85℃湿度85%の高温高湿度といった様々な環境下でも高い信頼性を維持できるのが特徴。



続きを読む »
12 Mar

4インチiPhone発表か、アップルが21日にイベント

アップルが10日、今月21日に開くスペシャルイベントの招待状をメディア各社に送付した。招待状の文面は「Let us loop you in」。スマートフォン「iPhone」の新しい小型モデルなどの発表が予想されている。

発表会ではサイズ4インチの「iPhone 5SE」が披露される見通し。現在の「iPhone 5s」と同じくらいの大きさの本体に、角が丸みを帯びたデザインやホームボタンの「タッチID」、右側の電源ボタンといった「iPhone 6」「iPhone 6s」の仕様を取り入れたモデルになると予想される。



続きを読む »
8 Mar

影のかかる所にも太陽光パネルを設置できる装置

 ニプロンは、2016年3月2~4日に東京ビッグサイトで開催された「スマートグリッドEXPO」で、ソーラー発電用の装置「PVMaximizer(PVM)」などを展示した。

 PVMは、太陽光パネルが影や発電不良によって落ち込んだストリング(複数の太陽電池モジュールを直列に接続したブロック)の電圧を、最大電力動作点を維持したまま他ストリングの電圧と同じになるまで昇圧させる。これにより、ストリング間の電圧差をなくし、発電可能な太陽光パネルから最大限の電力を取り出すことができるという。



続きを読む »
1 Mar

アップル、まもなく新製品発表か

アップルがまもなく開催すると噂されているプレス向けイベントは、その開催日が3月21日の週になりそうだと、複数の海外メディアが米リコード(Re/code)の記事を引用して伝えている。
 このアップルのイベントについては、かねて3月15日に開催されると報じられていた。だがリコードが複数の関係者から得た最新の情報によると、開催日は3月21日の週になるという。



続きを読む »
4 Feb

ジャパンディスプレイ技術展を開催 (技術説明資料リンク)

当社は2016年01月22日、技術展を開催しました。
説明会では、次世代研究センター長 瀧本昭雄より市場動向、JDIの事業展開と基本戦略を説明。 様々なディスプレイの基盤となるLTPS技術をコアとした製品展開と、トップレベルのLTPS生産能力を発表しました。
高精細化、低消費電力化、インセルタッチ、OLED、車載用曲面パネルと電子ミラー、超低消費電力反射型パネルを紹介。 また展示会場ではジャパンディスプレイが提案する各技術テーマの最新ディスプレイをご覧いただきました。
技術展説明資料は⇒こちら
 

3 Feb

タッチ機能+曲面有機EL、JDI技術展開催

 中小型液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)は都内で技術説明会を開き、タッチパネル機能を備えた曲面型の有機ELパネルを初めて公開 した。5・2インチの画面サイズでプラスチック基板に自発光の有機材料を配置し、423ppiと液晶と遜色ない解像度を実現した。技術力を武器に自動車や ウエアラブル端末などの新用途の開拓を急ぐ。
 「有機ELは18年の事業化をぜひとも目指したい」。次世代研究センターの瀧本昭雄センター長は有機ELの量産化を表明した。



続きを読む »
2 Feb

JDI 医療モニター用の開発強化 低温ポリシリコンや有機EL搭載

medical_display2016 ジャパンディスプレイ(JDI)は、医療モニター用ディスプレイの開発を強化する。狭額縁化して見やすくした新製品を2月から量産。
また1~2年後には同社のコア技術である低温ポリシリコン(LTPS)を医療用に初搭載する予定。
さらに数年後、8K液晶ディスプレイを投入するほか、超音波診断装置向けには有機EL(エレクトロルミネッセンス)の搭載も検討している。一層の狭額縁化や高精細化、省電力化などで医療機器メーカーへの訴求を強める。



21 Jan

高光束COB LED、シチズン電子開発

シチズン電子は、70,000ルーメン (lm) を超える世界最高クラスの大光量LEDを開発した。
本製品「CLU550」は、アルミ基板に直接LED素子を実装する「COA(チップ・オン・アルミ)パッケージ工法」を採用することにより、従来製品に比べて光量を2割ほど高めている。またLEDチップの高密度実装技術を極めることで、同一面積に実装できる素子を45%程度増加させている。



続きを読む »
26 Dec

アモルファスSiで120Hz駆動の8K液晶、IGZOの領域に攻め入る

アジア最大級のディスプレー国際会議「22th International Display Workshops(IDW '15)」が、滋賀県の大津プリンスホテルで2015年12月9日~11日に開催された。ここでは、4回にわたって、筆者が聴講した中からトピックスを選び、独断と偏見を交えて報告する。
アモルファスSi(a-Si)TFTの移動度は0.5cm2/Vs程度であり、フレームレート120Hzでは2K(フルHD)のTFT液晶パネルを駆動するのが限界である。8Kでは画素への書き込み時間が1.9μsと短く、2Kの1/4以下の時間で書き込む必要がある。パナソニック液晶ディスプレイは、STN液晶パネルのように画面を上下2分割して駆動し、さらに「Next-APD(Adaptive Pre-Charge Driving scheme)」と呼ぶ独自の駆動法を用いることにより、120Hz駆動で55型8KのIPS液晶パネルを開発した。


続きを読む »
19 Dec

積水化学、自動車のフロントガラス全面に情報を表示できる中間膜技術を開発

sekisui 151208_2積水化学工業(積水化学)は、自動車のフロントガラス全面に文字や図を表示することができる合わせガラス用中間膜「自発光中間膜」の基礎技術を確立したと発表した。

近年、自動車走行時の安全性向上や、車室内のIT化に対応するため、速度や車線に関する情報をフロントガラスに表示するヘッドアップディスプレイ(HUD)システムを採用する車種が増加している。



続きを読む »
17 Dec

0.66インチ電子ビューファインダー液晶パネルの最新世代が量産開始、世界最高SXGA+解像度

0-66-evf-ultimicron-sxga_1セイコーエプソンは、電子ビューファインダー向けのTFT液晶パネル『ULTIMICRON』シリーズの新型『L3FJ63800C』の量産出荷を開始しました。 『ULTIMICRON』は、ミラーレスカメラやカムコーダーなどの搭載された電子ビューファインダーに使用される、高温ポリシリコンTFT液晶パネルです。
カラーの表示にはカラーフィルター方式を用いており、カメラを振るなどしてファインダー像が素早く動く際に発生するカラーブレークアップ現象が原理的に発生しない点が特徴。
今回発表され新型パネル『L3FJ63800C』は対角0.66インチで、解像度はSXGA+(1400×RGB×1050、441万ドット)。電子ビューファインダー用量産品の中では、世界最高の解像度としています(2015年11月調査時点)。



続きを読む »
17 Dec

DSC(Digital Still Camera:デジカメ)用パネルの動向

2015年のDSC用パネル生産は、LCD 4,031万枚、OLED 65万枚の計4,096万枚となる見通しである。前年から約2割の減産となるが、縮小ペースは緩やかになりつつある。
DSCメーカー各社はスマートフォンとの差別化を図るため、レンズ交換式カメラやハイエンドコンパクトカメラに注力している。また、廉価版のコンパクトカメラが採用していたQVGAスペックのTNパネルが減少、HVGA、VGAスペックのIPSパネルにシフトするなど、コスト重視から品質・スペック重視に部材の選定方針が変わりつつある。



続きを読む »
3 Dec

三菱電機 車載ディスプレイ 複数パネル使い曲面・大画面

 三菱電機は、デザイン性と視認性に富んだマルチボンディングディスプレイを開発した。複数の液晶パネルを液晶保護カバーに貼り合わせたもので、深い曲面や大画面表示を容易に実現する。
ガラス基板そのものを曲面にしないため、堅牢性にも優れる。独自の光学設計により、視認性が高いうえ、3点のタッチパネルとすることでより直感的な操作を可能にし、安全性を向上させた。
車載用を狙い、自動車メーカーへの提案を開始している。



28 Nov

液晶画面の消費電力がほぼゼロになる表示デバイス技術。将来のスマートフォンはほとんど電源ゼロ

ウェアラブルデバイス向けディスプレイなどの開発を手がける英国のテクノロジー企業Bodle Techologiesは、消費電力がきわめて低い表示デバイスのフレームワークを発表しました。
Bodleの発表において技術の詳細はほとんど明らかにされていませんが、公開されている模式図には"電気的、光学的、機械的な手段を用いて光を操作する超薄膜構造体"としており、反射式および透過式デバイスの両方において、フィルタリングや下向き光軸の切り替え制御などに"Phase Change Material"を通過することが示されています。 
Move to full article
 

20 Nov

台湾・天光材料 有機薄膜太陽電池で搭載機器展開 非接触充電器を量産

 有機薄膜太陽電池(OPV)向け材料メーカーの天光材料科技股份有限公司(台湾)は、OPVを搭載した民生用機器の製品化に乗り出す。
現在、自社材料を活用したOPVとリチウムイオン2次電池を組み合わせた非接触充電器を開発中。バルクへトロ構造を有するOPVの変換効率は約7%に達し、室内環境下での出力は約6ミリワットを実現している。
さらなる性能改善を進めながら、早ければ2016年内での製品化を計画する。将来的には他業種との協業で、ウエアラブル製品やビル、自動車などへ自社製OPVの搭載を視野に入れる。



17 Nov

「IHSディスプレイ産業フォーラム」を前にシニアディレクター田村喜男氏に主要テーマを聞く

■質問:2015年のFPD市場を端的に言うと?

テレビ用大型パネルの供給過剰が顕在化した年になった。テレビ各社の生産計画は年初から強気で、積極的なパネル調達を実施した。しかし通貨安の影響により、春先から新興国でテレビなど各種製品は総じて値上がりして、セット需要が低迷し始めた。パネルの面積成長率は、結果として年初の見通しから数%下ぶれしたかたちになった。中国経済の低迷よりも、このドル独歩高のインパクトの方が大きいと考えている。だが、パネル各社は高い稼働率を維持し、パネル単価の下落を招きながらも、シェア維持のために生産にブレーキを掛けなかった。10月頃まで高い稼働率を維持し続けてしまった。

■質問:テレビ用・IT用大型パネルの供給過剰率は?



続きを読む »
14 Nov

パナソニック、テスラEVに新型電池−容量7割増、米ネバダで量産

pana batteryパナソニックは米テスラモーターズが2017年に発売する普及価格帯の電気自動車(EV)「モデル3」向けに、電池容量を従来比7割前後増やした新型リチウムイオン二次電池(LIB)を供給する。

国内工場で「21700」と呼ぶ円筒形新電池の試作を始めた。EVの電池搭載本数が減らせ、電池コストが低減できる。
パナソニックも参画し、米ネバダ州で建設が進むテスラ新電池工場で16年中に量産し、EV本格普及を後押しする。
 

続きを読む »
5 Nov

DIC、液晶世界シェア15%へ次の一手

インキ世界最大手DICの中期経営計画がまもなく終わる。最終の2015年に「連結営業利益600億円」の達成を掲げてきたが、15年12月期の見込みは500億円。目標未達のままで終わる公算が大きい。主力の印刷用インキ市場の落ち込みはある。
だが、けん引役として期待していた3製品のうち、液晶のカラーフィルター用顔料と車に使う強化プラスチックが順調に伸びた半面、液晶材料が思うように伸びなかったのが未達の一因だ。戦略事業である液晶の収益改善は同社の中長期的な成長力に直結する。10%程度の世界シェアを15%に伸ばす計画の実現に向け、てこ入れに動き出した。
DICが手がけるのは液晶パネルの材料となる液晶そのもので、世界の液晶市場のほとんどを占めるTFT液晶を手がける。世界シェアは独メルクが約6割、チッソ系のJNCが約3割で、DICは約1割にとどまっている。先発メーカーの圧倒的なシェアを奪うには高い壁が立ちはだかる。



続きを読む »
22 Oct

まるでパソコンな「Surface Phone」スマホがやってくる…

マイクロソフトと聞くと、普通はWindowsやOfficeなどのソフトウェア企業をイメージしますよね。
でも、このところのSurfaceシリーズの大攻勢で、タブレットからノートPCまで手がけるハードウェア企業としての知名度も上昇中です。 そんなマイクロソフトにとって、いまいち振るわないハードウェア事業がモバイル分野だと指摘されてきました。
ノキアからスマートフォン事業を買収後、新たに設立された「Microsoft Mobiles」部門は、すでに80億ドル規模の大赤字を垂れ流し。LumiaブランドのWindows Phoneでの巻き返しに期待がかかってはいるんですけどね。



続きを読む »
20 Oct

E-Ink式「曲がる」タッチスクリーンを備えたウェアラブル・リストバンドのWove

screen-shot-2015-10-16Woveをご存知だろうか。腕に巻きつけて使うことのできるiPadを目指すデバイスで、ディスプレイ部分を自在に曲げて手首にフィットさせて使うことができる。 開発したのはPolyeraで、これが同社最初のコンシューマー・プロダクトとなる。

スマートウォッチと同様の位置づけとなるデバイスだが、大きなディスプレイを自在に曲げて使えるのが新しい。折り曲げ可能なタッチスクリーンディスプレイの可能性を試すものともなっている。紙のようなしなやかさをもつプロダクトというのが、次々に登場してくることになるのかもしれない。


続きを読む »
16 Oct

ついに10Kディスプレイ! 中国BOEが82型を展示

国の液晶ディスプレイメーカー大手BOEテクノロジーグループは、2015年10月7~10日に開幕されている「CEATEC JAPAN 2015」(千葉市・幕張メッセ)で、10Kの82型ディスプレイの展示を行った。2015年6月に発表した「世界初」(同社)の同ディスプレイを写真で紹介する。


続きを読む »
9 Oct

包まれてる感がスゴイ 34型曲面ディスプレイの一体型 PC「ENVY 34 Curved All-in-One」を米HPが発表

HP envy 3434型のウルトラワイドな液晶といえば、2014年に LG や DELL が発売したディスプレイ製品があります。HP ENVY 34 All-in-One はそれらと同じサイズ、解像度 3440 x 1440px のディスプレイに PC 本体も収めました。ディスプレイの画素密度は109ppi、アスペクト比は21:9で、これだけワイドだと正面に座った時の没入感はかなりのものになりそうです。また sRGB 色域カバー率99%、映画業界で使われる Technicolor 認証をクリアした色彩調整がなされています。
オーディオは本体に6基のスピーカーを内蔵し、今年から提携している Bang & Olufsen がサウンドのチューニングを施しています。



続きを読む »
8 Oct

航空機用ディスプレイの動向

航空機の客席へのディスプレイの搭載は、路線距離や客席数、コスト志向などに左右されるが、全体的には機内エンターテインメントシステムの充実を図るサービス戦略に乗り、拡大を続けている。
搭載されるディスプレイの画面サイズはシートの大きさに依存するが、エコノミークラスにおいても9”~10.4”が主流になるなど大型化が進んでいる。シートサイズが大きいビジネスクラスでは15”~17”、ファーストクラスでは20”以上を採用するケースも増えている。

7 Oct

日本精機、17年度にヘッドアップディスプレー販売120万台へ-受注活動を本格化

日本精機はフロントガラスに運転支援情報を表示するヘッドアップディスプレー(HUD)で、2018年3月期に15年3月期比約2倍の120万台の販売を目指す。
安全意識が高まる中、HUDは高級車を中心に採用が進むと見られる。そのため日系と欧米の自動車メーカーへの受注活動を本格化し、世界トップシェア(現在は同社推計で約60%)を維持したい考えだ。



続きを読む »
5 Oct

「鏡よ鏡…」が現実に? ITミラーで変わる未来の暮らし

川崎市の田園都市線・宮前平駅から歩いて数分。不動産大手の大京が建設している高級マンション「ライオンズ宮前平ヒルズ」のショールームでは、未来の暮らしが垣間見える。内見に来ている人々の目を引くのが、リビングの壁を飾る大きな鏡。シンプルなデザインのソファを引き立て優雅な空間を演出するからではない。前に人が立つと、瞬時に大型の情報端末に変身することが、見学者を驚かせている。
センサーによって人を検知すると、鏡がディスプレーに切り替わる「ITミラー」。鏡の前で手を振るなどのジェスチャー操作で、写真や映像などのコンテンツを大きな画面で楽しめる。日本ユニシスと旭硝子が共同開発した。製品化は未定だが、今年の8月からライオンズ宮前平ヒルズのショールームでプロトタイプを披露している。次世代端末として注目を集めそうだ。



続きを読む »
5 Oct

2D Local Dimming バックライト搭載WhiteMagicの開発

株式会社ジャパンディスプレイ(社長: 有賀修二/以下、当社)は、エッジライト方式の2D local dimming (二次元分割・部分駆動) バックライトを搭載し、ハイダイナミックレンジ(HDR)映像表示を可能にした10型(2,880(横) x 1,080(縦)画素)のWhiteMagicTM液晶モジュールを開発しました。 本開発品では、通常RGB(赤緑青)で構成される画素にW(白)のサブ画素を加えることでピーク輝度を明るくするWhiteMagicTMと黒を沈ませるlocal dimmingバックライトにより、高輝度、高コントラストを実現し、有機ELを含む従来のディスプレイでは表現しきれないHDR映像表示を可能にしました。
Move to JDI発表HP

22 Sep

太陽電池の電気で水素製造、東大と宮崎大が最高効率24.4%達成

東京大学と宮崎大学は9月18日、両大学の研究者グループが、太陽電池の電力で水を電気分解するシステムを構築し、太陽光エネルギーの24.4%を水素として蓄えることに成功したと発表した。
 今年8月、オーストラリアのグループが、同様の原理で太陽光から水素への変換効率 22.4%を記録したが、今回はこれを上回り、世界トップクラスの効率性を達成した。また、従来の光触媒を用いた太陽光からの水素生成では、エネルギー変換効率は10%以下という。
 宮崎大学工学部の西岡賢祐准教授、太田靖之特任助教、東京大学の杉山正和准教授、藤井克司特任教授らの研究グループの成果。同研究は、応用物理学会の国際論文誌「Applied Physics Express」に2015年9月16日に発表され、スポットライト論文に選ばれていた。



続きを読む »

当サイト特集カテゴリー
1.液晶の歩んできた道(第一部)
液晶の黎明期から実用化を果たすまでの過程をわかりやすく解説することを目指して書きました。

2.液晶の歩んできた道(第二部)
液晶が当面の最終目標だった大型テレビに採用され夢の平面テレビが実現した過程を解説していく予定です。(開始時期未定)

3.用語辞典(技術・ビジネス・企業)
管理人特選の最新技術用語やビジネス用語・関連企業を解説しています。時間の許す限りのアップ、今後充実を目指します。
掲載年月から記事を探す



Twitter プロフィール
Flat Panel TV and Display Worldサイト管理人です。薄型パネルの最新情報を発信しています。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人へのメッセージ


[FPD関連本]

フラットパネル資料館

日本の電機産業 失敗の教訓












カテゴリーごと記事
記事掲載の写真
  • TCL build US$6.71 billion screen factory in Shenzhen
  • サムスンとLGが戦略製品紹介 ソウルで開幕のIT見本市
  • グーグルとLG、高解像度有機ELの論文公開 人の眼に近いVRへ
  • NHK技研公開、8K 240fpsスローカメラやシート型有機EL、3次元テレビ
  • セブン、再生エネ5割のコンビニ エコな新店登場
  • 電池と有機EL、LG戦略再考 グループ4代目承継へ
  • 再生可能エネルギーにシフト、中国の巨大水上太陽光発電所
  • シンガポール航空の機内エンタメ 好みの映画 スマホで予約
  • JDI、4年連続の最終赤字 スマホ向けパネル不振、会長「手を緩めず、改革を進める」
  • VR用超高精細有機ELパネル 2228ppi 台湾メーカー開発
  • 松尾建設、太陽光発電で「逆潮流」防止技術 大型化可能に
  • 米カリフォルニア州、新築住宅の太陽光パネル設置を義務付け
  • ガラス上に液晶が浮かび上がるハイブリッドスマートウォッチ「mim X」
  • BOEとサムスン提携か、台湾パネル業界は警戒
  • 韓国パネル「2強」が苦境 スマホ低迷で
  • 三星電子のシネマLED「オニックス」、米国で初公開
  • 4K/HDRで49,800円の49型液晶テレビ。直下型LED/日本製ボード搭載でゲオ販売
  • Philips、国内初DisplayHDR 1000対応の42.5型4K液晶
  • 液晶パネルが市況品化 TVメーカー、“相場”で利益確保
  • シャープ、大型の80型タッチパネルディスプレー
  • 5Gに適したタッチディスプレー KDDI、イベント・社内会議用
  • 服に貼れる太陽電池、理研と東レが開発 アイロンもOK
  • フレームレスデザインのパナソニック4K液晶テレビ「VIERA FX800」を発売延期
  • LG、4K液晶テレビ2018年モデルを発表--極小粒子が表現する“色合い”
  • JDI、研究開発人員を一部再編 事業ごとに集約
  • シャープ、サイネージ向けLEDディスプレーモジュールに新モデル
  • LG Display showing off advanced OLED solutions at Chinese Expo
  • JDI、有機ELパネル「子会社化断念」の舞台裏
  • 革新機構、JDI能美工場取得 パネル増産、6月までに1000億円増資
  • 水上メガソーラー普及なるか 海外2社、水上用太陽光発電投入
コメントありがとう