return_to_forever

Flat Panel TV and Display World-2....液晶・業界・動向

液晶・有機EL・プラズマ、FPD業界・パネルメーカー・関連企業情報を掲載。当ブログで激しい市場動向に追随!--Since Nov.2004

U_USA

27 Jun

鴻海の米国投資100億ドル、サプライチェーンごと大移動

EMS(電子機器受託製造サービス)世界最大手の鴻海精密工業の郭台銘(テリー・ゴウ)董事長は22日、米国投資に5年で100億米ドル以上を投じ、サプライチェーン(供給網)ごと移転する「フライング・イーグル計画」を明らかにした。これまでに表明していた液晶パネル工場だけでなく、バッテリー、機構部品などのサプライヤーもまとめて移転し、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、人工知能(AI)技術と結び付け、スマートマニュファクチュアリングを実現する考えだ。23日付工商時報などが報じた。
郭董事長は、▽オハイオ州▽ペンシルベニア州▽ミシガン州▽イリノイ州▽ウィスコンシン州▽インディアナ州▽テキサス州──と協議していると明かした。6月上旬に4日間で3つの州知事らをシャープ工場に案内し、投資条件について話し合っており、7月には1カ月間訪米する予定だ。



続きを読む »
25 Jun

サムスン、米にオーブンレンジ工場建設へ

韓国サムスン電子は米サウスカロライナ州にオーブンレンジなどをつくる家電工場を建設する方向で最終調整に入った。投資額は3億ドル(約330億円)程度のもよう。
文在寅(ムン・ジェイン)大統領が28日から首脳会談のために訪米するのに合わせて発表するとみられる。

 続きを読む »
8 Jun

シャープ・鴻海、大型液晶も米で生産 2工場新設へ

シャープと親会社である台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が、米国内にスマートフォン(スマホ)向けなどの中小型パネルに加えて、テレビ向けの大型液晶の工場新設を検討していることが7日、分かった。米国はテレビなど液晶パネルを使う製品の大消費地だが、パネル生産自体はアジアが主体で国内に拠点はない。2拠点でパネルを現地生産し、大型テレビ向けや、自動車、航空など幅広い業種向けの受注獲得を狙う。

 シャープが鴻海傘下に入って約10カ月。今年度は最終損益が黒字化の見込みになるなど業績も回復しており、攻めの戦略が目立ってきた。



続きを読む »
4 Jun

イーロン・マスク氏、トランプ大統領の諮問委員やめる--パリ協定離脱に反発

シリコンバレーの大手テック企業は、Donald Trump大統領による「パリ協定」離脱を阻止しようとしてきた。だが、そうした試みはうまくいかなかった。

 Apple、Facebook、Googleから数回にわたって警告を受けたにもかかわらず、Trump大統領は、地球温暖化対策の国際的枠組みであるパリ協定からの離脱を決めた。

 Trump大統領は米国時間6月1日、ホワイトハウスのローズガーデンで次のように発表した。「米国と国民を守るという厳粛な義務を果たすために、米国はパリ協定から離脱するが、パリ協定への再加入または米国にとって公平な条件の新協定に向けた交渉を開始する」



続きを読む »
4 Jun

アップルのクックCEO、パリ協定離脱決定に失望-従業員向け書簡

アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は1日、気候温暖化対策の新枠組み「パリ協定」離脱をトランプ米大統領が選択したことに失望していると述べた。同日付の従業員向け書簡をブルームバーグ・ニュースが入手した。

クックCEOは書簡の中で、「気候変動は現実であり、われわれ全員にこれに立ち向かう責任がある」と指摘。「ホワイトハウスの決定に失望する私の気持ちにあなた方の多くが共感していることでしょう」と付け加えた。大統領と5月30日に話したとする同CEOは、協定離脱決定でも「アップルの環境保護の取り組みに一切の影響はないことを改めて確認したい」とも記した。



27 May

SID 2017 透明ディスプレーや反射型液晶に熱い視線、JDIの展示

ジャパンディスプレイ(JDI)は米国ロサンゼルスで開催中の学会「Society for Information Display(SID)」(2017年5月21~26日)の展示会で、透明ディスプレーや反射型液晶など最新の先端技術を展示し、来場者を注目を集めている。  

透明ディスプレーは、2017年1月に同社が開催した技術展で一部の招待者に向けて発表したもの(関連記事)。広く一般に公開するのは、今回のSIDが初めて。専門家の評価は高く、主催者のSIDは最も優れた展示として、表彰した。今回は、透明ディスプレーを4枚並べて部屋の窓に見立てた展示も行っている。同社はこの技術の詳細を、現地時間の26日に発表する予定である。



続きを読む »
23 May

アップル新本社のメイン施設は「MacBook Air」そっくり!



アップルが新本社「アップル・パーク(Apple Park)」を建てるため、2006年に土地を購入してからはや10年。建築費約50億ドル(約5700億円 )といわれるアップル・パークに、社員の入居も始まっている。

しかし、次期iPhoneなどの新製品発表や会見に使われると予想されている施設「Steve Jobs Theater(スティーブ・ジョブズ・シアター)」は未完成だ。
apple hq 7af-w1280

スティーブ・ジョブズ・シアターは全面が曲面ガラスで覆われた建物を、カーボンファイバー製の円形の屋根がはみ出るように覆っており、印象的な外観となっている。 そして内部に講堂が造られているようだ。

保存続きを読む »
17 May

太陽光で発電、米テスラが屋根タイルの販売を開始

米電気自動車大手テスラは太陽光発電ができる屋根「ソーラー・ルーフ」の受注開始を発表した。導入費用についてはインターネットで試算が可能だ。

同社のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が思い描いているのは「美しいうえに太陽からエネルギーを生み出す屋根」がそこかしこにある未来だ。ソーラー・ルーフの見た目は、従来からある屋根材とほとんど変わらない。

テスラの試算ではたいていの住宅では屋根の40%程度を太陽光パネルで覆えば十分で、このことがコスト削減につながるという。ただし、電気自動車を所有している家庭では、覆う割合を増やす必要がある。

続きを読む »
10 May

黒字化したシャープだが、トップは社員へのメッセージで引き締めを図る

terry go e318500d29518
 シャープの戴正呉社長は、5月7日に「全社一丸、シャープの真の再生に向けて」と題した社員に向けたメッセージを社内イントラネットで配信した。
そのなかで、4月27、28日の2日間に渡り、鴻海精密工業の郭台銘会長とシャープの戴社長が、米ワシントンD.C.のホワイトハウスに訪問。ホワイトハウス米国革新局(OAI)のメンバーと、米国での投資拡大に関する協議を実施したほか、米ドナルド・トランプ大統領と会談したことを明らかにし、「トランプ大統領からは、『自分はシャープのファンだ。シャープ製品には大きな期待を持っている』との話が聞けた」などとした。


続きを読む »
10 May

船井電機次期社長、復活へテレビ強化 「今期黒字が必達目標」

 船井電機が3年半で4度目の社長交代に踏み切った。同社は8日、船越秀明取締役執行役員(51)が15日付で社長に昇格する人事を発表。
取材に応じた船越氏は「テレビ事業の拡大と強化で、強い船井を取り戻す」と話した。北米のテレビ事業の不振で2017年3月期まで2期連続で最終赤字になったもようだが、「18年3月期の最終黒字は必達だ」と語った。

続きを読む »
9 May

シャープ、米国の拠点投資計画を9月めどにまとめ

シャープは8日、米国で検討中の製造拠点設置について、9月をめどに投資計画をまとめる方針を明らかにした。同社首脳が「米国の六つの州から提案され、すでに一つの州に絞った。
本年度(2018年3月期)上期に決めたい」と述べた。10日に専門チームを作り、候補地の調査を始める。親会社の台湾・鴻海精密工業も同様の投資計画を検討しており、協力して拠点を設置する可能性もある。



続きを読む »
2 May

鴻海郭会長:米国投資大幅拡大を計画-トランプ大統領と会談

米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の組み立て生産を請け負う台湾の鴻海精密工業は28 日、米国投資を大幅に拡大する計画だと発表した。これに先立ち、鴻海の郭台銘(テリー・ゴウ)会長はホワイトハウスを2日連続で訪れ、トランプ大統領らと会談していた。  

 鴻海は発表資料で、「投資を大幅に拡大する当社の進行中の計画に関して、米政府のさまざまなレベルの当局者と協議中だ」と説明した。



[Ref] Taiwanese tech billionaire, who has pledged jobs in U.S., makes quiet visit to White House保存保存保存続きを読む »
28 Apr

LG化学、「2017年北米トップESS企業」に選定

LG化学は、米国デンバーで開かれた「北米電力貯蔵協会(ESA)コンファレンスエキスポ」で「ブラッド・ロバーツ賞」を受賞したと27日明らかにした。
LG化学によると、ブラッド・ロバーツアワードは、北米地域のESS(エネルギー貯蔵装置)産業の発展に最も大きく寄与した企業に贈られる賞で、韓国企業が受賞したのは今回が初めてだ。



続きを読む »
28 Apr

2017 NABショーに103,000人以上の参加者、海外参加者は161カ国から26,000人強

全国放送者協会(NAB:National Association of Broadcasters)によると2017年のNABショーに登録された103,443人。これは事前登録数であり、昨年の2016 NABショーの最終参加者102,513人を超えました。
103,443人のうち海外参加者は161カ国から26,714人、ニュースメディアの出席者は1,518人でした。

続きを読む »
27 Apr

米加州、 太陽光と「恵みの雨」で、卸電力価格「0ドル」下回る

米国カリフォルニア州は、長期間にわたり干ばつに悩まされてきた。だが、一転して昨年末から豪雨と降雪が続き、記録的な降水量となっている。大雨と春先の雪解け水が今まで枯渇していたダムに流れ込み始めた。ダムの貯水量は満タン状態を超え、放水する大量の水で州内の水力発電がフル稼働となっている。
 同州では、空調がなくても過ごしやすい冬の終わりから春先にかけ、昼間の電力需要が年間で最も低い「昼間軽負荷期」となる。一方でこの時期、日が伸びるにつれ太陽光の発電量が伸びてくる。そこに、豊富な水力発電が加わり、電力供給が過剰となっている。こうした需給のゆるみを反映し、卸電力市場の前日市場・リアルタイム市場では、過去3カ月間の中で最も低い価格で取り引きされることになった。


続きを読む »
27 Apr

次世代パネルの投入を前倒しした理由、米ファースト・ソーラー幹部に聞く

米ファースト・ソーラーは、CdTe(カドテル)型化合物系太陽光パネルを供給する世界的なパネルメーカー。2018年から新型パネル「シリーズ6」の生産を開始すると発表した。
同社研究開発担当シニア・バイス・プレジデント ジギッシュ・トリヴェディ(Jigish Trivedi)氏と、日本事業責任者のジェームズ・ビュフォード(James Buford)氏にアジア太平洋地域を中心に事業戦略を聞いた。
――2016年に公表された技術に関する公表資料では、量産レベルの太陽光パネルの変換効率は16.7%となっています。最新の量産品はどこまで効率が上がっていますか。

ファースト・ソーラー(以下:FS) 2016年に技術資料を作成してから量産パネルでの変化効率が向上し、現在、17%に修正しています。マレーシアの工場で量産している太陽光パネルの平均値です。
続きを読む »
28 Mar

Dell、世界初の32型8K液晶ディスプレイを発売

dell 32 8K米Dellは、32型液晶ディスプレイ「UP3218K」を発売した。直販価格は4,999.99ドル。

UP3218Kは、世界初となる31.5型8K(7,680×4,320ドット)パネルを搭載したディスプレイ。

1月の「CES 2017」にて披露された(Dell、世界初の32型8K液晶)製品で、パネル駆動方式はIPS。

リフレッシュレートは60Hz。  色域カバー率はAdobe RGB 100%、sRGB 100%、DCI-P3 98%、Rec.709 100%を謳う。ハードウェアキャリブレーションにも対応する。


保存続きを読む »
10 Mar

サムスン電子副社長、「米国に家電工場設立を検討中」としながらも詳細には触れず

米国政府の保護貿易州の圧迫に苦しめられているサムスン電子が、米国家電工場の設立検討について言葉を濁した。
 サムスン電子生活家電事業部長ソ・ビョンサム副社長は9日、ソウル市内で洗濯機新製品発表のメディアデーで、「米国家電工場の設立は、現在検討中」とし、具体的な言及は避けた。



続きを読む »
2 Mar

アップルCEO、米国生産・部品調達拡大を示唆

アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は28日に開いた定時株主総会で、米国での生産や部品調達を拡大する可能性を示唆した。製造業の米国回帰をテコに雇用の拡大を目指すトランプ政権に配慮した発言とみられる。

 カリフォルニア州クパチーノにある本社で、国内雇用に関する株主の質問に答えた。クック氏は「我々はこの国の役に立つ方法を常に模索している。アップルは米国でしか存在しえないことはわかっている」と述べた。

 同氏によるとアップルは半導体やガラス、接着剤など年間約500億ドル(約5兆6千億円)相当の部品を米国の取引先から調達。コーニングやスリーエム(3M)などで働く数十万人の従業員や、100万人以上のアプリ開発者の生活を支えているという。



続きを読む »
2 Mar

「ユーチューブTV」開始へ 米番組を有料放送

グーグルは28日、米国で地上波などのテレビ番組をインターネットで配信する有料サービス「ユーチューブTV」を始めると発表した。月額35ドル(約3900円)で40チャンネル以上の番組をスマートフォン(スマホ)やタブレットなど端末を問わずに視聴できる。

同様のサービスは米AT&Tやソニーなどが先行しているが、毎月10億人以上が利用するユーチューブの参入で競争が激しくなりそうだ。 数カ月以内に始める。1契約で最大6人が同時に利用でき、グーグルの巨大なクラウドインフラを活用した容量無制限の録画機能も付く。米国以外での展開は未定。



続きを読む »
24 Feb

LG電子が米新社屋着工 330億円投資、グループ会社集約

韓国LG電子は8日、3億ドル(約330億円)を投じて米国法人の新社屋をニュージャージー州に建設すると発表した。現行社屋の2倍近い1千人が勤務可能なビルを2019年に竣工し、同州に点在するグループ会社を集約する。北米はLGの売上高の約3割を占める主要市場。業務の効率化で成長を目指す。

 新社屋(延べ床面積6万3千平方メートル)は、電機大手のLG電子のほか、太陽光発電事業や化粧品事業を手掛けるグループ会社が入居する。7日(米国時間)の起工式に出席した米国法人トップのジョ・ジュワン専務は「新社屋を顧客が羨望するLGブランドを作る契機にしたい」と語った。



続きを読む »
24 Feb

アップル、円環構造の新本社へ4月入居開始 一般向け店舗併設

アップルは22日、4月から宇宙船型の新本社への入居を始めると発表した。半年間に1万2千人以上が移動するという。一部の工事は夏まで続く。観光客向けに一般開放した自社店舗やカフェも併設させる。

 新本社は創業者の故スティーブ・ジョブズ氏が設計構想に深く関わった「遺産」ともいえる存在。約71万平方メートルの広大な敷地の大部分を占める本社ビルは円環構造を覆うガラス張りの壁が特徴。敷地内は地元の草や樹木であふれる。ジョブズ夫人は「スティーブはカリフォルニアの光と開放感にあふれた風土に魅せられていました。存命なら元気づけられたはずです」とのコメントを寄せた。

今年後半から使い始めるイベント会場は「スティーブ・ジョブズ・シアター」と命名された。本社敷地内の小高い丘の上に位置し、1千人を収容できる。本社内の全ての電力は備え付けの太陽光発電などの再生エネルギーで賄う。

[参考] 近未来的なApple新本社「Apple Campus 2」空撮、圧巻の最新映像

23 Feb

アップルの新社屋は「Apple Park」。スティーブ・ジョブズ・シアターも

Appleは22日、広さ175エーカーの新キャンパス「Apple Park」への社員の移転を4月から開始すると発表した。約12,000名の従業員の移転には6カ月以上かかる見込みで、社屋や敷地内の建設も今夏いっぱい行なわれるという。

 円環状の280万平方フィートのメインの建物の外装は、世界最大規模の曲面ガラスですっぽりと覆われる。また、Apple Park内のシアターはSteve Jobs Theater(スティーブ・ジョブズ・シアター)と命名され、2017年後半にオープン予定。席数1,000の大ホールとなり、入口の高さが20フィート、直径165フィートのガラス製の円柱がメタリックカーボンファイバー製の屋根を支える。シアターは、Apple Park内で最も高い丘の上に位置し、キャンパス内の緑地とメインの建物を見下す。



続きを読む »
6 Feb

「サンキュー、サムスン」ツイートで雇用を要求したトランプ大統領

トランプ米大統領が3日未明(現地時間)、ツイッターに「サンキュー、サムスン」というコメントを載せた。サムスン電子が米国で家電工場の建設を検討中という米オンラインメディアの報道に関連し、トランプ大統領が自ら反応を伝えたのだ。
しかしサムスンは米国工場建設についてまだ何も決定していない状態であり、これは一種のハプニングだった。にもかかわらず、このツイートにサムスンだけでなく多くの韓国企業が困惑し、緊張している。米国で生産して売れという米国優先主義を標ぼうした「トランプノミクス」の圧力が本格化する信号と見ているからだ。
  続きを読む »
1 Feb

米テスラの電池革命始まる-巨大バッテリー電力貯蔵設備が稼働へ

米テスラ・モーターズは、大量の小型電池をつなげれば化石燃料に代わる発電装置になり得るという壮大な賭けに打って出た。
このアイデアは強力で、同社がネバダ州リノ近郊に50億ドル(約5700億円)の電池工場「ギガファクトリー」を建設する根拠となった。ただ、これまで電池は数件のグリッド規模の実験プロジェクトにしか使われていなかった。



続きを読む »
24 Jan

鴻海、シャープと米国パネル工場に意欲 70億ドル規模

00foxconn_2鴻海精密工業の郭台銘(テリー・ゴウ)董事長は22日、シャープの液晶パネルの米国生産を検討していると初めて明らかにした。現地時間20日就任したトランプ米国大統領による製造業の米国回帰政策を受け、保護主義の台頭は不可避と指摘。
ペンシルバニア洲が有力候補で、投資規模は70億米ドル、雇用規模は3万~5万人を見込む。
米国テレビ市場は世界で2番目に大きいと期待感を示し、決定は米国側の条件次第だと話した。23日付経済日報などが報じた。

郭董事長は同日の尾牙(忘年会)で、米国にパネル工場はないが、半導体、自動化(インダストリアル・オートメーション)は進んでいると指摘。昨年買収したシャープが成熟したパネル技術を擁している上、テレビの大型化でパネル輸送の難易度が上昇する中、米国でのパネル工場設置はグッドアイデアだと語った。
自動化を整備すれば、米国の作業員が機械を操作するだけで、メードインUSAが可能だと話した。



保存続きを読む »
18 Jan

シリコンバレー~イノベーションを生む気質

mm161020_sv1保存
ハイテク産業の成長においてシリコンバレーがボストンを圧倒した理由は、その「オープン性」にあったという話をした。シリコンバレーは、“外国から来た「移住一世」の人々でも、よいアイデアを持って起業し、頑張れば大成功も夢ではない”という、ユニークな環境なのだ。
かつて、ロナルド・レーガン大統領はこう言ったそうだ。「アメリカ人が日本に引っ越して日本に住むことはできるが、日本人として受け入れられることはあり得ない。フランスに引っ越すこともできるけれど、絶対にフランス人にはなれない。けれども、アメリカに来れば、世界のどこから来ようとも彼らはアメリカ人になることができる」


続きを読む »
18 Jan

Latest drone video shows Tesla’s Gigafactory more than doubling in size

Following our report from last month that revealed 31 new construction permits filed by Tesla for projects that would ultimately double the size of its Gigafactory, a new drone video has surfaced that gives us a look at the rapid pace of construction taking place at the planned multi-level 15 million square foot battery facility in Sparks, Nevada.



Tesla CEO Elon Musk has indicated that the company will eventually build a second Gigafactory somewhere in Europe. But for now, check out the latest 4k drone footage of Tesla’s original Gigafactory 1 taken in December, 2016.

13 Jan

鴻海・シャープ、米で液晶パネル工場検討

tramp son_m台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業と傘下のシャープは、米国に液晶パネル工場を設ける検討に入った。鴻海は提携先のソフトバンクグループの孫正義社長と共同で、トランプ次期米大統領に対して米国で大型投資によって雇用を創出する考えを伝えたもよう。
トランプ氏が製造業の国内回帰を訴えていることも意識し、テレビなどの家電市場が大きい米国で生産を目指す。 。投資負担を抑えられる中国の地方政府のような支援が米国で受けられるかも、投資判断を左右しそうだ。



保存続きを読む »
12 Jan

パナソニック、大型LEDディスプレー 米製造拠点で増員

パナソニックは米国にある大型発光ダイオード(LED)ディスプレー製造拠点の人員を2014年比2倍の約80人に増員した。北米のスポーツスタジアムなどで大型LEDディスプレーの導入が拡大しており、これに応じて技術者を中心に採用を増やした。



続きを読む »
12 Jan

あの鴻海・郭台銘がトランプを意識し始めた

2016年12月14日、「シャープが2017年に韓国サムスンへの液晶パネル供給をストップする」、とのニュースが流れた。シャープに資本参加した鴻海精密工業(HONHAI)とサムスンというライバル企業同士が一触即発に陥った。韓国メディアは”鴻海の奇襲”と見出しを付けて報道した。
市場での需給関係を計算したのち、顧客に対して値上げを宣言、特にサムスンに対しては、従来より2倍の価格を提示した。この顧客は失ってもかまわないと言わんばかりだ。これで郭会長は、市場の主導権を獲得し、業界に衝撃を与えた。


続きを読む »
28 Dec

トランプ、国家通商会議を新設 対中強硬派ナバロ氏選任、FPD業界に影響も

トランプ次期米大統領はホワイトハウス内に「国家通商会議(National Trade Council)」を新設し、トップにエコノミストのピーター・ナバロ氏を指名した。政権移行チームが明らかにした。
 「国家通商会議の創設は、米製造業を再び偉大にし、すべての米国民にきちんとした職で妥当な賃金を得る機会を提供するとの次期大統領の決意をあらためて示している」としている。 ナバロ氏は対中強硬路線を唱えており、関連書籍も執筆している。米政府は「一つの中国」政策への言及を止めるべきとの立場だが、「いたずらにパンダを挑発する必要はない」とし、台湾を国家として認めるべきとまでは主張していない。
 
 

保存保存 保存続きを読む »
10 Dec

鴻海が米国70億ドル投資計画、ソフトバンクと共同で

ソフトバンクの孫正義社長が米国時間6日、トランプ米国次期大統領と会談し、今後4年で500億米ドル投資すると表明したことに関連し、鴻海科技集団(フォックスコン)も70億米ドルを投資するとみられている。鴻海は7日、米国の関係機関と交渉中と認めた。8日付経済日報は、鴻海の米国投資はアップルのスマートフォン、iPhoneに限定せず、▽人工知能(AI)ロボット▽IoT(モノのインターネット)▽テクノロジーベンチャー▽インターネット──分野でハードウエアとソフトウエア統合を計画していると報じた。
 
ソフトバンクの孫社長は、今後4年で5万人の雇用を創出するとも表明した。孫社長が手にしていた投資計画書には、ソフトバンクのロゴと鴻海のロゴが並んでおり、投資額は500億米ドル+70億米ドル、就業機会創出は5万人+5万人と印字されていた。このことから、鴻海が70億米ドルを投資し、5万人を雇用する計画とみられている。

 トランプ次期大統領の選挙公約、製造業の雇用復活に呼応し、米国での大型投資を表明したのは、東アジアのハイテク大手で初めてだ。



続きを読む »
20 Nov

中国、トランプに対決姿勢 「iPhoneが売れなくしてやる」と宣言

 ドナルド・トランプは選挙運動中に様々な主張を米国民にアピールしたが、11月13日にオンエアされた米CBSの番組「60 Minutes」では、その詳細についてあまり多くを語らなかった。

「中国は通貨操作を行なっており、対抗措置として中国製品に45%の関税を課す」という彼の公約が、果たして実行に移されるかどうかは依然不透明なままだ。

しかし、中国政府側はさっそくトランプにクギを刺す動きに出た。「トランプが関税を我が国に課すのであれば、中国政府はiPhoneや米国製自動車や航空機の中国での売上を抑制する手段に出る」と。

中国政府は13日、政府運営の「人民日報」の国際版「環球時報(かんきゅうじほう)」の紙面で、「トランプが中国に関税を課すのなら、iPhoneの売上は打撃を受けることになるだろう」と述べた。

続きを読む »
18 Nov

iPhone生産、鴻海が米へ移管検討 トランプ氏政策に対応

terry go e318500d29518電子機器の受託製造サービス(EMS)世界最大手、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が、米アップルのスマートフォン(スマホ)を米国で生産する検討を始めたことが17日、分かった。
トランプ米次期大統領が掲げる製造業の米国回帰に対応する。ただコストが膨らむ公算が大きく、実現するかどうか流動的な面もある。



続きを読む »
14 Oct

米シナプティクス、ディスプレー駆動ICを製品化へ−有機EL・生体認証・車で

米シナプティクスは13日、都内で事業戦略説明会を開き、有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)ディスプレー、生体認証、自動車関連事業に注力する方針を示した。有機ELディスプレー向けの投資を拡大し、数カ月以内にディスプレー用駆動ICの製品化を目指す。また2年後をめどに、ディスプレー画面上で指紋認証できる技術を実用化する。




続きを読む »
4 Aug

中国TCL集団、ブラジルに液晶TV新工場

中国家電大手のTCL集団は、ブラジルに液晶テレビなどを生産する新工場を建設する。6000万ドル(約64億円)を投じる。現地大手の家電メーカーと設立する合弁会社で工場を運営し、ブラジル市場での販売拡大を目指す。

 TCL集団は、ブラジルの輸入家電製品にかけられる高い関税の回避を狙い現地生産に踏み切る。新工場を近く稼働させ、自社家電製品のコスト競争力を高める。

 TCL集団傘下の液晶テレビを主力事業とする「TCL多媒体(マルチメディア)」と、ブラジル大手の家電メーカー「SEMP」が組み、合弁会社を設立する。TCLマルチメディアが40%、SEMPが60%出資する。
 


続きを読む »
28 Jul

中国・楽視網、米テレビ大手のビジオ買収 2100億円で

中国のインターネット動画配信大手、楽視網信息技術(LeEco)は26日、米テレビ大手のビジオ(カリフォルニア州)を20億ドル(約2100億円)で買収すると発表した。LeEcoは近年、ネット接続機能を備えた自社ブランドのテレビ販売に力を入れている。ビジオ買収を足がかりに、北米のテレビ市場に進出する。

 2002年創業のビジオは電子機器の受託製造サービス(EMS)を活用した格安テレビで急成長。米調査会社IHSによると、15年の北米テレビ市場におけるシェアは17.2%と、韓国サムスン電子に次ぐ2位だ。



続きを読む »
14 May

Inspired by Glass: Transparent Displays for Retail Applications



Corning is helping redefine the shopping experience through transparent display technology. By teaming up with MemoMi on its MemoryMirror™, a digital mirror utilizing Corning® Gorilla® Glass, shoppers can get an instant 360-degree view of their outfit and much more.



続きを読む »
14 Apr

Kindle史上最薄/最軽量の「Kindle Oasis」。付属カバーで「数カ月充電不要」

Amazon.co.jpは13日、電子書籍リーダー「Kindle」の最上位モデル「Kindle Oasis」を発表した。すでに予約受付を開始しており、4月27日より発売する。価格はWi-Fi版が37,800円(税込)で、ロック画面にキャンペーン情報を表示する場合は35,980円(税込)となる。
 Wi-Fi+3G版も発売し、価格は43,190円(税込)。キャンペーンありの場合は41,190円(税込)。



続きを読む »
24 Mar

テスラ製の蓄電池付きメガソーラーがハワイ州の認可を取得、カウアイ島に建設

2015-0819-anaholaカウアイ島の電力事業組合であるKauai Island Utilities Cooperative (KIUC)は22日、米ハワイ州の公益事業委員会(PUC)が同組合による2件の再生可能エネルギー・プロジェクトを認可したと発表した。
 これら2件のプロジェクトにより、同組合は2020年までにカウアイ島の電力の50%を再エネで賄うことを目指している。いずれも発電事業者と同組合との長期にわたる電力購入契約(PPA)に基づく。

 2件の内訳は、定置型蓄電池を併設したメガソーラー(大規模太陽光発電所)と水力発電である。
 メガソーラーのプロジェクトは、SolarCity社が太陽光パネルを設置し、Tesla Energy社の定置型Liイオン蓄電池システム「Tesla Powerpack」を併設する。日没後に数時間もの長時間にわたって蓄電池に貯めた太陽光の電力を供給するメガソーラーは、KIUCによると全米初になるという。



続きを読む »
8 Mar

液晶・OLEDの開発では目立たないアメリカはロボット開発が凄い

こんなにも進んでいるんですね。たぶん日本のロボットよりも進んでいると思います。 誰にも真似されないOnly oneを目指している開発だと思います。
液晶・OLEDの開発では一線を画しているアメリカですが、決めた開発テーマについては猛烈に進める凄さを感じます。

 



25 Jan

IBM、Ustreamを買収を確認―エンタープライズ向けクラウド・ビデオ事業部を新設

IBM はビデオ会議サービスのパイオニア、Ustreamを買収したことを確認した。同時に、IBMはすでに買収ずみの他のクラウド・ビデオ企業数社とUstreamとを合わせて、新しいクラウド・ビデオ・サービス事業部を立ち上げたことも発表した。
IBMのUstream買収の第一報はFortuneで、この記事によれば買収価格は1億3000万ドルだった。 IBMはこの価格については確認していない。
新事業部は買収された4社からなる。今回買収されたUstreamに加えて、IBMが12月に買収したビデオ・マネージメントのClearLeap、10月に買収したビデオ・ストレージのCleversafe、 2013末に買収した.大型ファイル転送ツールのAsperaがクラウド・ビデオ事業部を構成する。



続きを読む »
21 Jan

アップルに米国でコンピュータなどを製造させる--トランプ米大統領候補

donaldtrump2016米大統領選に向けた共和党候補の1人Donald Trump氏が、Appleに対して製造拠点を米国に戻すよう強く求めるとともに、輸入品に対して多額の関税を課す意向であると宣言した。

 Trump氏は新たな演説の中で、自身が大統領になった場合、米国を「かつてないほど強大な」国家にするつもりだと語った。その目標を達成するためのビジョンとして同氏が掲げているのは、軍事支出の増大、不法移民の入国を阻止するための巨大な壁の建設のほか、Appleなどの企業に製造拠点の回帰を求める同氏の要求を拒否できないようにする税制の導入だ。



続きを読む »
12 Jan

主役交代のCES 目玉なく「息切れ」する家電各社

ces 2016 st_huaweipc-17
現地時間6日に米ラスベガスで開幕した世界最大級の国際家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」。会場は早くも人があふれ、例年以上の大盛況だ。その一方で、主役である家電メーカーの展示はますます混迷を深め、次の一手に悩む各社の「息切れ」感が伝わってくる。2016年も、軸がないままの模索が続く迷走状態となりそうな印象を強く抱いた。
数年前まで盛り上がっていたスマートフォン(スマホ)に代わる存在として、2年ほど前から盛り上がりを見せていた「ウエアラブル」は、米グーグルの眼鏡型端末「グーグルグラス」が大コケし、米アップルの「アップルウオッチ」も事前の期待ほどの勢いはない。そんななかで、今年は各社ともウエアラブル向け新製品の勢いはすっかりトーンダウンしてしまった。


続きを読む »
9 Dec

米GE、家電売却を中止

米ゼネラル・エレクトリック(GE)は7日、スウェーデン家電大手エレクトロラックスへの家電事業の売却を中止すると発表した。事業売却をめぐっては、米司法省が独占禁止法違反で計画中止を求め、提訴していた。
GEは2014年9月、冷蔵庫や洗濯機などを手がける家電事業を33億ドル(約4000億円)でエレクトロラックスに売却することで合意。手続きは15年中に終える予定だった。
しかし、米司法省は7月、計画が実現すれば企業間競争の低下で製品価格が引き上げられ、消費者が不利益を被ると主張していた。



続きを読む »
9 Oct

包まれてる感がスゴイ 34型曲面ディスプレイの一体型 PC「ENVY 34 Curved All-in-One」を米HPが発表

HP envy 3434型のウルトラワイドな液晶といえば、2014年に LG や DELL が発売したディスプレイ製品があります。HP ENVY 34 All-in-One はそれらと同じサイズ、解像度 3440 x 1440px のディスプレイに PC 本体も収めました。ディスプレイの画素密度は109ppi、アスペクト比は21:9で、これだけワイドだと正面に座った時の没入感はかなりのものになりそうです。また sRGB 色域カバー率99%、映画業界で使われる Technicolor 認証をクリアした色彩調整がなされています。
オーディオは本体に6基のスピーカーを内蔵し、今年から提携している Bang & Olufsen がサウンドのチューニングを施しています。



続きを読む »
1 Oct

累積20GWを超えた米太陽光市場、2016年末まで毎月1GWの建設ラッシュ

2015年上半期の導入量は2.7GWで、GTM社は2015年の太陽光発電導入量を前年比16%アップの7.7GWと予想している。つまり、2015年下後半期のみで約5GWが設置されることになる。さらに、2016年の市場は、飛躍的に伸び12GWを超えるとも予想している。これは今後、月平均1GW規模の太陽光発電が米国に導入されることを意味する。



続きを読む »
1 Oct

「二酸化炭素」を回収して「燃料」に!夢のリサイクルシステムが2017年に登場する

カナダの企業「Carbon Engineering」が開発したのは、空気をフィルタリングすることで二酸化炭素濃度を削減することができる新しいシステムだ。加えて、純度の高い炭素を抽出し、水素とかけあわせることで「炭化水素」をつくることができる。
炭化水素とは、石油や天然ガスなどの化石燃料の主な成分。つまり、このシステムが機能すれば、大量の二酸化炭素をリサイクルし、燃料として利用できるようになる。
Move to full article
17 Sep

米HP、最大3万人追加削減 会社分割で

米IT(情報技術)大手のヒューレット・パッカード(HP)は15日、2万5000~3万人を追加削減すると発表した。約30万人の従業員の最大1割に相当する。HPは11月にパソコン(PC)・プリンター部門と企業向けIT機器・サービス部門を分割し、2つの上場会社として再出発する。人件費を圧縮し、新会社の競争力を高める。
人員削減は分割後に「ヒューレット・パッカード・エンタープライズ」となる企業向けIT機器・サービス部門が主な対象となる。



続きを読む »

当サイト特集カテゴリー
1.液晶の歩んできた道(第一部)
液晶の黎明期から実用化を果たすまでの過程をわかりやすく解説することを目指して書きました。

2.液晶の歩んできた道(第二部)
液晶が当面の最終目標だった大型テレビに採用され夢の平面テレビが実現した過程を解説していく予定です。(開始時期未定)

3.用語辞典(技術・ビジネス・企業)
管理人特選の最新技術用語やビジネス用語・関連企業を解説しています。時間の許す限りのアップ、今後充実を目指します。
掲載年月から記事を探す



Twitter プロフィール
Flat Panel TV and Display Worldサイト管理人です。薄型パネルの最新情報を発信しています。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人へのメッセージ
カテゴリーごと記事
記事掲載の写真
  • 液晶パネルの勝ち組・日東電工 髙﨑社長、EL時代「今より受注伸ばせる」
  • 77インチのフレキシブル透過型OLEDディスプレー、韓国・LGが開発
  • JDI、タッチスイッチ一体化した車載向け10.2型パネル
  • [更新] 液晶パネル価格トレンド (LCD Panel Price Trend)
  • 有機EL vs TFT液晶 ~ 2017年は中小型ディスプレイ市場の転換点
  • サムスンの新型スマホ「ギャラクシーノート8」 8月下旬に公開
  • 画面とほぼ同サイズのスマホ実現へ。JDIが狭額縁6型ディスプレイ量産開始
  • AUO中科8.5世代工場を拡張、ハイエンド市場で優位維持狙う
  • LGディスプレー 日本の学会で受賞=有機ELパネル技術で
  • 77型の有機ELテレビ、LGが日本で発売
  • シャープ、中国・ハイセンスを提訴 ブランド使用差し止め求める
  • 特集:有機EL・半導体バブル 週刊エコノミスト2017年6月13日号
  • 特集:有機EL・半導体バブル 週刊エコノミスト2017年6月13日号
  • 特集:有機EL・半導体バブル 週刊エコノミスト2017年6月13日号
  • 特集:有機EL・半導体バブル 週刊エコノミスト2017年6月13日号
  • 特集:有機EL・半導体バブル 週刊エコノミスト2017年6月13日号
  • 3Dテレビ時代の終焉。'17年テレビから3D対応機種が無くなった理由
  • 国産有機ELが出荷、まずはサムスンやLGと戦わない分野から
  • 国産有機ELが出荷、まずはサムスンやLGと戦わない分野から
  • 国産有機ELが出荷、まずはサムスンやLGと戦わない分野から
  • 国産有機ELが出荷、まずはサムスンやLGと戦わない分野から
  • 国産有機ELが出荷、まずはサムスンやLGと戦わない分野から
  • ドン・キホーテ、54,800円の4K 50型液晶テレビ。「市場最安値に挑戦」
  • <JDI>有機ELの「JOLED」子会社化を再延期
  • 進むVR向けディスプレイ開発 サムスンは現行世代よりも3.5倍の画素数実現
  • Appleがリリース予定の新型iPhoneやARグラスなどについてFoxconnの内部関係者がリーク
  • 美人コンパニオン&プロゲーマーも体験!COMPUTEXで見たVIVEを使ったVR体験の数々
  • サムスンディスプレイ、OLED新工場の建設に着手
  • パナソニック、モノづくりの聖地で4K有機ELビエラ製造ラインを公開。匠が手がける日本製へのこだわり
  • パナソニック、モノづくりの聖地で4K有機ELビエラ製造ラインを公開。匠が手がける日本製へのこだわり
コメントありがとう