return_to_forever

Flat Panel TV and Display World-2....液晶・業界・動向

液晶・有機EL・プラズマ、FPD業界・パネルメーカー・関連企業情報を掲載。当ブログで激しい市場動向に追随!--Since Nov.2004

A_ASUS

20 Jan

ASUSノートの受託、中国BYDが能力不足露呈

華碩電脳(ASUS)は、昨年初めて中国の比亜迪(BYD)にノートパソコン正規モデルを発注したものの、BYDが現時点で受注量の半分も納品できていないことを受けて、一部の発注を緯創資通(ウィストロン)、広達電脳(クアンタ・コンピュータ)、和碩聯合科技(ペガトロン)などの台湾受託メーカーに戻すことを決めたもようだ。
BYDは台湾メーカーより25%安い受託価格でASUSからの受注に成功したとされるが、組み立て技術やノウハウは依然ASUSを満足させられるレベルにはないようだ。電子時報が報じた。



続きを読む »
13 Nov

ASUSスマホ、16年出荷3千万台へ...沈振来執行長

 華碩電脳(ASUS)の沈振来(ジェリー・シェン)執行長は11日、今年のスマートフォン出荷台数が2,050万台に達するとの予測を示した。前年の2.4倍以上に増え、初めてノートパソコンの通年出荷台数を上回り、台湾最大手ブランドに躍進する見通しだ。来年は前年比46.3%増の3,000万台を目指す。12日付経済日報などが報じた。
ASUSの第3四半期モバイル端末出荷台数は710万台、うちスマホは550万台だった。第4四半期はモバイル端末全体で前期比26.8%増の900万台、うちスマホは27.3%増の700万台を予想する。来年のモバイル端末出荷目標は前年比35%増の3,600万台。うちタブレット端末が600万台で黒字維持を目指す。



続きを読む »
10 Jul

ASUSがノート出荷下方修正、前年割れへ

パソコン最大手ブランド、華碩電脳(ASUS)は8日、今年通年のノートPC出荷目標を従来の2,280万台から2,000万台へと12.3%下方修正したと発表した。昨年実績の2,030万台を下回る数字で、事実上の前年割れ予測だ。マイクロソフトの次期OS(基本ソフト)、ウィンドウズ10の7月末発売前の買い控えで第2四半期のノートPC出荷が予想を下回り、発売後も第3四半期に需要増が見込めないと判断したもようだ。9日付工商時報などが報じた。
今年通年のノートPC出荷目標を下方修正した大手ブランドはASUSが初めてだ。ASUSは今年5月の時点で、通年のノートPC出荷は前年比12.3%増の2,280万台を達成できると表明していた。今回一気に2,000万台に下方修正したが、第4四半期に市況が改善しなければ2,000万台割れもあり得るとの見方が浮上した。


続きを読む »
23 Jun

ASUSスマホ好調、出荷台数初めてノート上回る

パソコン大手ブランド、華碩電脳(ASUS)は第2四半期のスマートフォン出荷台数が500万台を超え、ノートPC出荷台数を初めて上回る見通しだ。高コストパフォーマンスの「ZenFone」シリーズが市場に評価されている。アップルを除くスマホブランドが赤字に苦しむ中、ASUSは5月にスマホ事業で黒字転換を果たしており、通年黒字化も視野に入った。22日付蘋果日報などが報じた。
ASUSは今年3月に発売した「ZenFone2」が、6月に200万台以上の出荷を記録する見通しだ。インテルのCPU(中央演算処理装置)搭載で4GB(ギガバイト)メモリーのハイエンド機種が人気のため、台湾で18日、内蔵メモリー(RAM)4GB、ストレージ容量128GBの超ハイスペック機種を追加投入したところだ。このほか、中国では大規模なキャンペーンを実施。北米では通販サイト、アマゾンのSIMロックフリーのスマホ売れ筋ランキングで、アマゾンの「ファイアフォン」に次ぐ2位を獲得した。


続きを読む »
11 Dec

ASUS、グーグルのネクサス再受注か

 10日付蘋果日報によると、グーグルが来年発売するとみられるタブレット端末、「ネクサス10」は華碩電脳(ASUS)が3回目の提携パートナーとなりそうだ。グーグルは今年11月に宏達国際電子(HTC)と提携で8.9インチ「ネクサス9」を発売したが、399米ドルからのやや高価格で、タブレット市場の成熟期入りもあり、販売が伸び悩んでいる。
グーグルはハードウエア市場撤退のうわさも出ていたが、ASUSの設計力で巻き返しを狙うようだ。
業界の観測では、ネクサス10の本体価格は199米ドル以下、グーグルの最新基本ソフト(OS)「アンドロイド5.0(愛称・ロリポップ)」を搭載する。アンドロイドと「グーグルクロームOS」を統合したユーザーインターフェース(UI)も計画しているとされる。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
22 Aug

ASUSタブレット、台湾トヨタ純正モニターに採用

00toyota 華碩電脳(ASUS)は20日、トヨタ自動車向けの世界初のタブレットパソコンによる取り外し可能な純正車載モニター「トヨタスマート走行システム」を発表した。小売価格3万5,000台湾元(約12万円)を予定し、早ければ第3四半期に発売、第4四半期から大量供給する。
台湾で年間50億元以上の車載モニター市場を開拓する他、世界市場の商機拡大も期待できる。21日付工商時報などが報じた。
トヨタスマート走行システムは、トヨタの台湾総代理店、和泰汽車とASUS子会社の宇碩電子(ユニマックス)が共同開発した。装着するだけでドライブレコーダー、後方撮影機、タイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)のモニター画面となる他、内蔵アプリ「カーモード」が道路情報、車両サービス、救援依頼など事故対応、生活情報などを提供する。音声通話や音楽プレーヤーなどの機能も利用でき、取り外してタブレットPCとしても使用できる。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
21 Apr

ASUSはスマホに準備不足?中国価格を台湾より安く設定し大騒動、謝罪

華碩電脳(ASUS)は17日、先週発表した超低価格スマートフォン「ZenFone」で、台湾での販売価格が中国より高いとの批判が殺到したことを受けて、謝罪会見を行った。本業のパソコンでは市場によって販売価格に差を設けることは常識だが、台湾ブランドでありながら台湾を軽視したとして、同社の姿勢に失望の声が上がっている。18日付工商時報などが報じた。
ZenFoneシリーズは、ASUSがタブレット型PCとの一帯型ではない純粋なスマートフォン市場への再参入を期した機種として、台湾では先週8日に応募によって購入資格を得た1,000人を対象とした体験イベントを開催するとともにインターネットでの予約を開始した。5インチ機種「A500CG」は▽CPU(中央演算処理装置)、2ギガヘルツ(GHz)▽メモリー、2ギガバイト(GB)▽容量、16GB──で本体価格を4,990台湾元(約1万7,000円)に設定した。しかし、3日後の11日に行った中国での発表会では、同スペック機種が台湾価格を約500元下回っていたことから「中国を優遇している」と非難が殺到。予約取り消しは2割に上った。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
9 Jan

ASUSが99ドルスマートホォン、市場開拓の意欲作

zen fone_asusces_02
華碩電脳(ASUS)は7日米国で、本体価格が4インチ版でわずか99米ドルのスマートフォン新機種、「ZenFone」シリーズを発表した。コストパフォーマンスを武器に、スマホのロー~ミドルエンド市場での足場固めを狙う意欲作だ。同社はスマホ市場に参入して既に久しいが、「ZenFone」の売れ行きは事業の成否を占う上で重要な意味を持ちそうだ。8日付工商時報が報じた。
スマートフォンは、ハイエンド市場が飽和する一方、ロー~ミドルエンド市場では中国の北京小米科技が3,999台湾元(約1万4,000円)で販売した「紅米」が品薄になる人気となるなど、コストパフォーマンス次第で十分な開拓余地があるとみられている。
 同日米ラスベガスで開幕した家電見本市、コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)でZenFoneを発表した施崇棠ASUS董事長は、「価格、機能、性能、外観で妥協せずに開発し、ASUSの長年の技術を全て結集した」と強調した。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
20 Nov

ASUSスマホ注力、来年出荷5倍増目指す..沈振来執行長(CEO)

 華碩電脳(ASUS)の沈振来執行長(CEO)は、スマートフォンの来年の目標出荷台数を今年比5倍増の500万台に定めたと宣言した。同社はスマートフォンの販売機種が少なく出遅れているが、タブレット型パソコンにもなる「PadFone」などユニークな製品開発に定評があり、来年投入するスマートフォン「MEMOfone(仮称)」でもその強みを武器に、ハイスペックかつ低価格で攻勢をかける。14日付電子時報などが報じた。
沈執行長は、来年スマートフォン市場で新製品を相次いで投入し、同市場における「キープレーヤー」になることが目標だと述べた。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
16 Oct

「PC全分野・スマホで成長」、ASUSが14年目標策定

 華碩電脳(ASUS)は11日に開いた幹部会議で、来年はノートパソコン、タブレット型PC、デスクトップPC、スマートフォンの4分野で、今年を上回る出荷成長を目標に定めたもようだ。同社の今年のノートPC出荷は前年比約5%減の見通しで、市場縮小の影響により初のマイナス成長が予測されているが、来年は小幅成長の回復に力を入れる。14日付工商時報などが報じた。
同社の今年通年のノートPC出荷台数は1,800万台と、前年割れが見込まれている。市場調査会社のIDCが先日発表した統計でも、第3四半期ノートPC出荷台数は前年同期比3割の大幅減に見舞われた。これについて張偉明ASUS財務長は、比較対象の前年同期はノートPC、低価格ノートPC(ネットブック)の出荷が好調で、今年はネットブック市場から撤退しており単純な比較はできないと指摘。ネットブックを差し引いた場合、ノートPCの第3四半期出荷は450万台で前年比1割減にすぎないと説明した。沈振来執行長は、ノートPC世界市場は今年、前年比10~20%の縮小が予測されているが、来年は1億6,000万~1億7,000万台で1桁台の減少幅にとどまるとの見通しを示し、同社は製品のイノベーションにより成長余地があると説明。来年はシェア回復を目指す考えだ。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
21 Jun

ASUS、タブレット決戦に先手

 華碩電脳(ASUS)の施崇棠董事長は17日、タブレット型パソコンは低価格競争に突入し大決戦の到来が迫っているが、同社は高・低スペック機種の両輪体制で今年1,200万台以上を狙うと表明した。下半期に2代目ネクサス7を投入し、タブレットPCの売上構成比をPC業界最高の3割まで引き上げる。18日付工商時報などが報じた。



続きを読む »
23 Mar

ASUS、電子書籍リーダ向けに7インチタブレット「ASUS MeMO Pad ME172V」

ASUSTeK Computerは3月22日、7インチタブレット「ASUS MeMO Pad ME172V」を発表した。3月23日より販売を開始する。市場想定価格は1万7800円。
7型ワイドTFTカラータッチスクリーン液晶(600×1024ドット)のディスプレイを搭載し、重さは約358g。薄さ1.2mmの薄型軽量ボディを特長とする。OSはAndroid 4.1.1だ。100万画素のウェブカメラ(インカメラ)を内蔵する。プロセッサはVIA WM8950で、メモリは1Gバイト。容量は8Gバイトだ。バッテリ駆動時間は約7時間。
 ASUS MeMO Pad ME172Vは、電子書籍リーダを意識したもので、eBookJapanのブックリーダアプリをプリインストールする。



続きを読む »
31 Oct

ASUS、タブレットに全力投球

 ASUSの沈振来執行長(CEO)は30日の業績説明会で、タブレット型パソコンの来年の目標出荷台数を最低1,000万台とし、ノートPCとタブレットPCの合計台数でアップルに次ぐ世界2位を目指すと表明した。「タブレットは勝者総取りの市場」との認識の下、アンドロイドOS(基本ソフト)機を主力に攻勢をかけていく。31日付電子時報などが報じた。
ASUSはグーグルとのダブルブランドの低価格タブレットPC「ネクサス7」の売れ行きが好調で、今年通年のタブレット出荷台数は630万台と、昨年の180万台から3.5倍へと拡大する見通しだ。来年1,000万台を実現すればタブレット分野で「非アップル陣営」の首位となる。
 タブレットPC市場では11月にグーグルとサムスン電子による10インチ「ネクサス10」、来年第1四半期にマイクロソフトの自社ブランド機「サーフェス」の発売を控えており、さらなる競争激化が予想されている。しかし沈執行長は、「トランスフォーマー」10インチ機種の価格性能比を引き上げて迎え撃つと語った。その上で、グーグルと緊密な協力関係にあり、独自の 研究開発(R&D)設計、販売網の強みを持つため、ライバルがASUSに打ち勝つのは困難だと指摘した。



続きを読む »

当サイト特集カテゴリー
1.液晶の歩んできた道(第一部)
液晶の黎明期から実用化を果たすまでの過程をわかりやすく解説することを目指して書きました。

2.液晶の歩んできた道(第二部)
液晶が当面の最終目標だった大型テレビに採用され夢の平面テレビが実現した過程を解説していく予定です。(開始時期未定)

3.用語辞典(技術・ビジネス・企業)
管理人特選の最新技術用語やビジネス用語・関連企業を解説しています。時間の許す限りのアップ、今後充実を目指します。
掲載年月から記事を探す



Twitter プロフィール
Flat Panel TV and Display Worldサイト管理人です。薄型パネルの最新情報を発信しています。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人へのメッセージ


[FPD関連本]

フラットパネル資料館

日本の電機産業 失敗の教訓












カテゴリーごと記事
記事掲載の写真
  • 透明で曲がる太陽電池シート、東北大が開発
  • シャープが8K液晶テレビの予約を10月2日から開始! 4Kテレビも2機種発表
  • [更新] 液晶パネル価格トレンド (LCD Panel Price Trend)
  • ソニー、4K HDR 55型有機ELモニター「PVM-X550」に高輝度モード追加。'18年3月
  • Apple、最上位モデル「iPhone X」発表
  • 新生シャープは真価問われる2年目に突入--「海外拠点との会議は英語化したい」
  • 12日のアップル新製品発表、会場のスティーブ・ジョブズ・シアターとは?
  • TVの未来は有機ELではなく「QLED」が握る 米アナリスト予測
  • 豊橋技科大、複屈折性高い液晶材開発 光・電気特性の異方性向上
  • 世界初8K液晶テレビ「AQUOS 8K」登場、70型で約100万円。シャープが8Kをリードする
  • 九大、液晶薄膜中で渦状の秩序構造が自発的に形成されることを実証
  • [更新] 中国-液晶・有機EL工場+ガラス工場、投資・計画状況一覧 (China LCD Plant Investment Summary List)
  • [更新] 中国-液晶・有機EL工場+ガラス工場、投資・計画状況一覧 (China LCD Plant Investment Summary List)
  • [更新] 中国-液晶・有機EL工場+ガラス工場、投資・計画状況一覧 (China LCD Plant Investment Summary List)
  • [更新] 中国-液晶・有機EL工場+ガラス工場、投資・計画状況一覧 (China LCD Plant Investment Summary List)
  • [更新] 中国-液晶・有機EL工場+ガラス工場、投資・計画状況一覧 (China LCD Plant Investment Summary List)
  • [更新] 中国-液晶・有機EL工場+ガラス工場、投資・計画状況一覧 (China LCD Plant Investment Summary List)
  • [更新] 中国-液晶・有機EL工場+ガラス工場、投資・計画状況一覧 (China LCD Plant Investment Summary List)
  • [更新] 中国-液晶・有機EL工場+ガラス工場、投資・計画状況一覧 (China LCD Plant Investment Summary List)
  • 東洋紡 有機EL用フィルム本格生産 ガラス代替
  • インタビュー/JDI・東入来会長兼CEO「これが最後のチャンス」
  • 有機EL 素材で攻める 3兆円市場で日本勢が存在感 三菱ケミ、発光材で大型に照準 製造装置はキヤノン系独走
  • 中国経済界、フォックスコンの米国投資拡大を警戒
  • 世界で一番売れているサムスンのスマホ、なぜ中国では売れないのか
  • シャープ社長、JDI支援に意欲=「黒字化できる」
  • [韓国報道] サムスン電子、日本のスマホ市場で大きく成長…シェア3位
  • 中国パネルメーカーの天馬微電子、JDIに出資提案
  • Apple、iPhoneやMacの画面盗み見を防ぐ技術を開発!液晶の視野角を制御
  • Apple、iPhoneやMacの画面盗み見を防ぐ技術を開発!液晶の視野角を制御
  • ジャパンディスプレイ、「コネクテッドカー」「ADAS」向け車載用LTPS(低温ポリシリコン)液晶ディスプレイの量産出荷開始
コメントありがとう