Flat Panel TV and Display World-2....液晶・業界・動向

液晶・有機EL・プラズマ、FPD業界・パネルメーカー・関連企業情報を掲載。当ブログで激しい市場動向に追随!--Since Nov.2004

K_韓国

韓国SK系とトクヤマ 蔚山で半導体洗浄液工場を着工

韓国のSKイノベーション子会社で化学事業を手掛けるSKジオセントリックが1日、日本の化学メーカーのトクヤマ(東京都千代田区)と設立した合弁会社の半導体製造用高純度イソプロピルアルコール(IPA)工場の起工式を韓国南東部の蔚山市で開催したと発表した。
年間生産能力3万トンの新工場は2023年後半に完成、24年から本格的に生産を開始する予定だ。  

SKジオセントリックとトクヤマは半導体製造用高純度IPAの製造販売に向け1200億ウォン(約122億円)を折半出資し、合弁会社の「STAC」を蔚山市に設立した。
新会社は市内の2万平方メートルの用地に高純度IPA工場を建設し、24年に量産に入る。





続きを読む

【韓国報道】車のバッテリー技術は日本が圧倒的1位、韓国は…=韓国ネット「むしろ日本の停滞では」

2022年7月7日、韓国メディア・韓国メディアは「電気自動車(EV)向け次世代バッテリーの開発技術力競争は日本企業が独走しており、韓国企業が追撃している」と伝えた。

記事は日本経済新聞の報道を引用し、同紙と特許調査会社が調べた「2000~22年3月末までに世界で出願された全固体電池関連の特許数」について報じている。1位トヨタ自動車(1331件)、2位パナソニック(445件)、3位出光興産(272件)でトップ3を日本が独占しているほか、5位村田製作所、7位住友電工、8位富士フイルムと、上位10社のうち6社が日本企業となっている。





続きを読む

【韓国】LGの有機ELTV、日本シェア12.6%

LG電子の有機ELテレビは、HiViの「夏のベストバイ2022」の有機ELディスプレー部門で51型以上60型以下と61型以上で1位に選ばれた。
市場調査会社の英オムディアによると、2022年1~3月期の日本の有機ELテレビ市場で韓国のLG電子のシェアは12.6%と、東芝(11.9%)を抜いて4位に浮上した。

LG電子のシェアは21年の7.3%から5.3ポイント上昇して10%の大台を超えた。一方、1~3位のソニー、パナソニック、シャープはいずれもシェアが縮小した。





続きを読む

【韓国報道】韓国製OLEDテレビ、「外国家電の墓」日本でも好調

自国ブランドの人気が高く、「外国製家電の墓」と呼ばれる日本で、韓国の有機発光ダイオード(OLED)テレビが人気を集めている。「OLEDはプレミアム」という公式が日本でも通用しているのだ。

 市場調査会社オムディアによると、今年の日本のテレビ市場ではOLEDテレビのシェア(売上高ベース)で30.6%が見込まれる。これは2018年(14.9%)の2倍の数値だ。日本国内のOLEDテレビシェアは2019年に20%を超えた後、年平均3ポイントずつ高まっている。

 今年の全世界でのOLEDテレビシェアが13.3%であることを考えれば、日本でのOLEDテレビの人気は際立っている。プレミアム市場として挙げられる欧州(20.6%)、北米(17.3%)と比べても、日本のOLEDテレビのシェアは10ポイント以上高い水準だ。





続きを読む

韓国株23日、続落 20年11月以来の安値、ウォン安が重荷

23日の韓国株式市場で総合株価指数(KOSPI)は続落した。終値は前日比28.49ポイント(1.21%)安の2314.32と、2020年11月以来およそ1年7カ月ぶりの安値を付けた。

米金融引き締めが加速するとの観測を背景に韓国の通貨ウォンが対米ドルで下落し、韓国からの投資資金の流出が警戒された。





続きを読む

韓国ディスプレイ産業、中国の安価攻勢で過去最大の危機に?

cjk  maxresdefault2022年6月17日、韓国・アジア経済は「韓国のディスプレイ産業は2004年から宗主国・日本を抑えて世界市場をリードしてきたが、危機的状況に追い込まれている」と伝えた。昨年は国内総生産(GDP)の4.4%を占めるほど韓国を支える産業に成長したディスプレイだが、中国の激しい攻勢で揺らいでいるという。

業界によると、サムスンディスプレイは30年間続けてきたLCD事業を今月で終了する。中国の攻撃的な市場進出・拡大による競争激化、収益性の悪化を理由としている。

サムスンのLCD事業は2000年代の半導体不況を支えた柱で、08~13年には年間輸出額がメモリ半導体を上回った。しかし10年代に入ると、中国メーカーが中国政府による補助金や税制減免に後押しされ急成長。これが韓国LCD産業の縮小をもたらし、その結果、中国のLCD市場シェアは圧倒的水準に成長した。





続きを読む

【韓国報道】液晶パネルの次はテレビ用OLEDに目を向ける中国…シェア99%の韓国に揺さぶり

中国最大のディスプレーメーカー、京東方科技集団(BOEテクノロジーグループ)がスマートフォン用の中小型有機発光ダイオード(OLED)パネルだけでなく、テレビ用OLEDパネル市場に目を向けている。中国がテレビ用OLEDパネル市場で低価格による物量作戦を展開すれば、LGディスプレーなど韓国企業のOLED分野での競争力が揺らぐと懸念されている。

 市場調査会社DSCCはこのほど、BOEがテレビ用大型OLEDパネルの商用化を目指していると指摘した。BOEが商用化を計画しているOLEDパネルのサイズは55インチから95インチまでの5種類だという。テレビ用に販売されている全てのサイズのOLEDパネルを生産することになる。





続きを読む

【韓国報道】企業を踊らせる国=韓国

称賛はクジラも踊らせる。あらゆる場面で人にそのように対応すべきという意味だが、企業も同じだ。いま尹錫悦(ユン・ソクヨル)政府が韓国企業を踊らせている。サムスン、SK、LG、ヒョンデ(現代自動車)、ロッテ、ポスコ、ハンファ、GS、現代重工業、新世界、CJ、コーロンなど国内主要グループが5年間に1080兆ウォン(約112兆円)を投資する。この情報に接した時、過去5年間の暗鬱な企業の雰囲気がまず思い浮かんだ。

企業関係者は会うたびにため息をついていた。グローバル市場で米国・日本企業との競争が厳しいからではない。財閥改革を公言した文在寅(ムン・ジェイン)政権の反企業・反市場政策基調は企業の意欲を挫いた。政権末期には過剰な重大災害処罰法までが通過した。企業は政府を意識して状況を眺めるしかなかった。全国経済人連合会は政府の行事から排除され、主要グループは全経連を脱退した。こうした雰囲気では企業家精神・投資・雇用が一斉に萎縮する。





続きを読む

1-3月期の好実績の韓国半導体・ディスプレイ・スマートフォン…4-6月期に悪化予想も

韓国半導体・ディスプレイ・スマートフォン業界が今週1-3月期の実績を発表する。グローバル・サプライチェーン(供給網)大乱や季節的オフシーズンにも関わらず、ほぼ期待以上の好実績を出すものとみられる。だが、4-6月期以降はマクロ経済の環境悪化と業界の状況不振で苦戦が予想される。

◆今週相次いで実績発表

25日、関連の業界によると、サムスン電子やLGエレクトロニクスをはじめ、SKハイニックス・LGディスプレイ・サムスン電機・LGイノテックなどが今週1-3月期の確定実績を公示する。
サムスン電子はこれに先立ち、今月初めに売上77兆ウォン(約7兆9100億円)、営業利益14兆1000億ウォンの暫定実績を公示して「過去最大」の四半期実績を予告した。LGエレクトロニクスも売上21兆1091億ウォン、営業利益1兆8801億ウォンを記録したと明らかにしている。両社は28日に確定実績と事業部門別の成績表を公開する。サムスン電子は半導体・スマートフォンが、LGエレクトロニクスはプレミアム家電と有機ELテレビなどが実績を牽引(けんいん)したものとみられる。





続きを読む

「脱ロシア」で苦悩する韓国・サムスン電子 シェア約30%のスマホ市場、撤退したら中国の思うツボ

今月8日の日経新聞に「サムスン、ロシアで板挟み」と題する記事があった。韓国最大の企業のサムスン電子がロシア事業をめぐって苦悩しているという内容だ。

サムスン電子はスマートフォンや薄型テレビ、NAND型フラッシュメモリなどの世界シェア第1位。ロシアについてもスマホのシェアは約30%でトップ。かの地に行くと、テレビはほとんどがサムスン製だ。

ロシアのウクライナ侵攻を受け、アップルやテスラ、ナイキ、マクドナルドなどのグローバル企業がロシアへの経済制裁に同調してボイコットをしている中、サムスン電子やLG電子、現代自動車などの韓国企業はまだ公式のボイコット宣言はしていない。





続きを読む

【韓国報道】日本抜いてディスプレイ産業1位になった韓国 17年後、中国に追い越される

韓国ディスプレイ業界の専門家たちは口をそろえて中国のディスプレイ産業の追撃に懸念の声を上げている。韓国は2004年、ディスプレイ宗主国の日本を抜いて史上初めて世界市場で占有率1位に躍り出た。宗主国産業は昨年、韓国の国内総生産(GDP)の4.4%を占めるほど成長した。
半導体の次に大きな比重を占める主軸産業になった。しかし17年が経った今、神話が揺れている。自国政府の物量支援を追い風に中国が昨年、年間基準で初めてディスプレイ産業の売上高で韓国を追い越した。韓国ディスプレイ産業協会などによると昨年、中国は占有率41.5%で、韓国(33.2%)を大差で抜いた。

業界で最も憂慮しているのは中国が液晶表示装置(LCD)だけでなくプレミアムディスプレイの有機発光ダイオード(OLED)でも急速に追撃しているという点だ。中国メディアでは、すでに「OLED屈起」という言葉まで使い始めている。





続きを読む

韓国の“脱日本”が目前に迫る?「最後の難題を解決」と韓国メディア

medical images2022年4月4日、韓国メディア・韓国経済は「日本の輸出管理強化措置をきっかけに進められてきた素材・部品・装備の国産化が最後の難題を解決した」とし、「韓国の”脱日本”が目前に迫っている」と伝えた。

記事は「19年に日本の電撃的な輸出管理強化措置の対象となった半導体・ディスプレイの3素材の国産化が3年ぶりに終止符を打つことになった」としている。
半導体製造用感光液製造会社・東進セミケムのイ・ジュンヒョク代表(副会長)は「ベルギーのグローバル半導体研究所IMECと技術協力を結ぶなど、日本の措置の対象となった素材の国産化に向け持続的に努力している」と述べたという。





続きを読む

中韓の科学技術競争が激化する?―中国人専門家

中国紙・環球時報は、「中韓の科学技術競争が激化する?」と題するオピニオン記事を掲載した。筆者は、技術プロモーションサービス、インターネット情報サービス、ラジオ・テレビ番組の制作などを手掛ける北京軍武科技の創業者で、テクノロジー産業オブザーバーの曽航(ズン・ハン)氏。以下はその概要。

世界のスマートフォン産業で現在、テーブル上に残れる資格がある国は、米国、中国、韓国の3カ国だけだ。液晶ディスプレー(LCD)産業が発展しているのは、中国本土、台湾、日本、韓国だけ。韓国のメモリー半導体は世界シェアトップで、中国は毎年、韓国から大量のメモリチップを輸入する必要がある。だが中国は半導体産業の発展に巨額の資金を投じており、将来的には中国のチップメーカーのいくつかが、世界市場で韓国企業とライバル関係を形成することになるだろう。





続きを読む

韓国、昨年平均年収1億ウォン超えた大企業21社…2年前比2.6倍

全国経済人連合会傘下韓国経済研究院は売上額100大の非金融業上場企業の中で2019~2021年3年間事業報告書が公開された企業85社を対象に調査を実施した結果、職員の平均年収が1億ウォン(約997万円)を超える企業は計21社だったと23日、明らかにした。

2019年8社、2020年10社に比べれば、それぞれ2.6倍、2.1倍増加した数値だ。





続きを読む

【韓国報道】輸出世界1位品目、韓国77個で10位…日本との競争も激化

韓国の液晶ディスプレイ(LCD)パネルに活用される「偏光板」(HS 900120)の輸出額は2020年基準で24億7千万ドルだった。世界1位の記録だ。レーザー機器(HS 901320)輸出も22億4千万ドルで、やはり世界1位だった。  韓国貿易協会の国際貿易通商研究院が分析し、14日に発表した結果によると、2020年基準で韓国製品のうち世界輸出市場でシェア1位を占めた品目は、これを含め77品目だった。シェア1位の品目が最も多い国は中国で1798品目だった。続いてドイツが668品目、米国が479品目、イタリアが201品目、日本が154品目の順だった。韓国はインド(148品目)、オランダ(145品目)、スペイン(103品目)、フランス(99品目)に次ぎ、10位だった。






続きを読む

韓国企業、日本から全量輸入に頼っていた有機EL用FMMを国産化

韓国企業のプンウォン精密が日本製品が独占していた有機EL(OLED)用ファインメタルマスク(FMM)を開発した。

韓国メディア「電子新聞」によると、プンウォン精密は第6世代の半分サイズ(第6世代ハーフ、6GH)有機EL用FMM技術検証に通過して、来月初めにも物量を供給すると6日、明らかにした。6GHは第6世代有機EL基板を半分にカットしたパネルで、スマートフォンなどモバイル用ディスプレイを作ることができる。有機EL用FMMは大日本印刷(DNP)が韓国に独占的に供給してきた。市場規模は5000億ウォン(約480億円)以上と推定される。





続きを読む

半導体やディスプレイ業界に参入するインド大手、サムスンやLGと「協議中」

半導体とディスプレイ製造に参入するために大規模投資を計画しているインドがサムスン、LGなど韓国企業とも関連議論を進めていることが分かった。韓国メディア「アジア経済」が報じた。

日本の日経アジアによると、インドの億万長者アニルアガルワルが率いる英系金属・天然資源大手ベダンタ・グループが、インドで半導体とディスプレイを製造するために150億ドルの投資計画を立て、日本、台湾、韓国企業と合弁企業設立のための議論を始めたとしている。

ディスプレイ部門における合弁会社設立は、韓国のサムスン・LG、日本のシャープ、台湾のイノルックスが議論中の企業として伝えられた。同紙はまた、台湾のTSMC、フォックスコンとも半導体製造のための合弁会社設立のための議論を進行中だと伝えた。





続きを読む

【韓国報道】野口悠紀雄氏、韓国メディアに「日本はサムスンに絶対に追いつけない」

日本の経済学者である野口悠紀雄一橋大学名誉教授が韓国メディアの取材に対し、「日本の半導体メーカーは現在では絶対にサムスンに追いつくことができない」と述べたことが分かった。

 野口名誉教授は10日MBCの人気経済番組「キム・ジョンベの視線集中」のインタビューで、韓国と中国が日本の半導体人材を引き抜いたことが日本半導体産業の競争力弱化につながったという見方について、「そんな話が出たことが確かにあった」としつつ「非常に昔、1980年代の話だと思う」と一蹴した。





続きを読む

【韓国報道】LGディスプレイのスクリーンタッチ技術、政府「グリーン技術認証」獲得

LGディスプレイが独自開発したスクリーンタッチ関連技術がエネルギーと資源の効率性を理由に、国家公認認証を受けた。

LGディスプレイはAIT(Advanced Incell Touch)技術がグリーン技術認証を獲得したと22日、明らかにした。
グリーン技術認証は社会・経済活動の全過程にわたって、エネルギーと資源を節約して効率的に使用し、温室効果ガス・汚染物質の排出を最小化する技術について政府省庁傘下の評価機関の評価を経て付与される。





続きを読む

日本は20年後に経済規模で韓国に追い抜かれる-その残念な理由とは

韓国の賃金は日本より高くなった。様々な指標で、韓国はすでに日本を抜いている。

30年前、日本は世界のトップにいた。90年代末に両国は経済危機に見舞われたが、対応が違った。韓国人は、大学を充実させ英語力をつけて、競争力を向上させた。日本人は何もしなかった。その結果がいま現れている。

OECDのデータによると、2020年における年間平均賃金は、日本が38515ドル。韓国が41960ドルだ。韓国は日本より豊かな国になりつつある。 実際、韓国はすでに日本より強い経済力を持つ国になっている。様々な世界ランキングで、韓国は日本より上位にある。





続きを読む

【韓国報道】日本が独占してきたフォトレジストの国産化成功…OLEDへの初適用に成功

Screenshot 2021-11-11 06.16.53韓国の研究グループがこれまで日本が独占してきたディスプレー工程の重要素材であるフォトレジストを開発し、有機発光ダイオード(OLED)ディスプレーに適用して商用化することに成功した。

 韓国電子通信研究院(ETRI)は100℃以下の工程温度でも3㎛(マイクロメーター)以下のピクセルサイズでフォトレジストを作ることが可能な素材技術を開発し、これをOLEDマイクロディスプレイに適用したと9日、明らかにした。  

ディスプレーは光を受けると化学的特性が変化するフォトレジストという素材を使用して、薄い膜に細かなピクセルを形成して作る。フォトレジストはディスプレーを作るために欠かせない素材だが、素材を作ったり扱う技術が難しいため、これまで主に日本からの輸入に頼ってきた。





続きを読む

韓国サムスン・LG、ベトナムで数千人を追加雇用へ

韓国IT大手のサムスン電子やLGグループが、ベトナムで新規雇用を積極的に進めている。
両社が北部の生産拠点で進める生産能力の増強に合わせて人材の確保が必要なためで、両社の新規雇用はともに数千人規模になる見通しだ。
地元ネットメディアのVNエクスプレスが伝えた。





住友化学、韓国でのフォトレジストなどの生産能力を強化

住友化学は、半導体製造向け材料の生産能力向上に向け、主力の大阪工場における液浸ArFならびにEUVフォトレジストの製造ラインの増設を図るほか、韓国における同社100%子会社である東友ファインケム(Dongwoo Fine Chem)の益山工場に、液浸ArFフォトレジストの製造プラントを新設し、2024年度上期より稼働させる計画であることを明らかにした。

東友ファインケムは、線幅の広い半導体プロセス向けのi線フォトレジストやKrFフォトレジストの製造拠点として、20年以上にわたって生産活動を続けてきたが、今回の取り組みでは、新たに液浸ArFフォトレジストも製造品目に加えることに模様である。住友化学は、韓国の半導体企業の増産計画および住友化学自身の事業継続計画(BCP)の観点も踏まえて、東友ファインケムでの液浸ArF製造プラントの新設を決定したとしている。これにより、大阪工場を含めて住友化学グループ全体の最先端プロセス向けフォトレジストの生産能力は、2024年度に2019年度比で約2.5倍と増大するという。

また住友化学は、日本と韓国で半導体用高純度薬液の製造ラインも増設し、生産能力を強化することも8月末に発表している。愛媛工場の高純度硫酸の生産能力を約2倍に引き上げるほか、韓国の東友ファインケムの益山工場における半導体ウェハ洗浄用高純度アンモニア水の生産能力を約4割増強するとしている。これら新規製造ラインの稼働開始時期について、住友化学では、愛媛工場は2024年度上期を、東友ファインケムは2023年度下期をそれぞれ予定するとしている。






続きを読む

【韓国報道】科学技術革新力、OECD35カ国のうち日本4位、韓国は?

2021090280064_0_thumb昨年の韓国の科学技術分野の革新力が経済協力開発機構(OECD)加盟国・地域のうち8位だった。
 韓国科学技術企画評価院(KISTEP)が最近公開した「2020年国家科学技術革新力量分析」と題する報告書によると、昨年韓国の科学技術革新力量指数は評価対象35カ国・地域のうち8位(12.246点)で、前年に比べ1ランクダウンした。

 国別に見た科学技術革新力を比較する科学技術革新力量指数は、韓国科学技術企画評価院が2006年から毎年算出している数値で、関連政策の方向性を提示する基礎資料として活用されている。





続きを読む

住友化学、韓でフォトレジスト 需要増・BCP対応

住友化学は31日、韓国に半導体用の最先端フォトレジストとして初の海外工場を新設すると発表した。100%子会社の東友ファインケム益山工場に液浸フッ化アルゴン(ArF)レジストの製造プラントを建設し、2024年度上期に稼働する。
大阪工場(大阪市此花区)での生産能力増強と合わせて、24年度に最先端レジストの生産能力を19年度比で約2・5倍とする。





続きを読む

サムスントップ仮釈放へ 韓国法務省、経営復帰は制限

韓国法務省は9日、サムスン電子トップの李在鎔(イ・ジェヨン)副会長を13日に仮釈放すると発表した。罪を免除・軽減する「赦免」とは異なり、経営復帰は一部制限される。李氏を巡っては国民の7割が釈放に賛成するとの世論調査もあり、文在寅(ムン・ジェイン)政権は来春の大統領選への影響を考慮したもようだ。

法務省の仮釈放審査委員会が9日に協議し、仮釈放適格と判断した。同日記者会見した朴範界(パク・ボムゲ)法務相は「新型コロナウイルスの長期化による国内の経済状況、グローバル経済環境を考慮し、李在鎔副会長が対象に含まれた。社会感情、拘置所での態度など様々な要因を考慮して決定した」と説明した。





続きを読む

韓国のサムスン水原事業所で15人の感染を確認、ビルを閉鎖

キョンギド(京畿道)スウォン(水原)市ヨントン(霊通)区所在のサムスン電子水原事業所R5ビルで2日、無線事業部所属の社員1人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けた。これにより同社は建物を閉鎖し、感染防止措置を実施。濃厚接触者約100人を対象に新型コロナウイルス検査を行ったところ、3日午前にR5ビルAタワーの同フロアだけで計12人の感染が追加で確認された。

京畿道は2日午後3時に開催した記者会見において、同日午後1時の時点で水原事業所で15人が陽性判定を受けたことを明らかにした。新型コロナウイルス感染拡大以降、サムス電子の韓国内の同一事業所で、1日に10人以上が感染した事例は今回が初めてとなる。また現在、一部の社員が検査結果を待っている状態であるため、感染者数はより増える可能性がある。





続きを読む

韓国、世界のディスプレー市場で1位の座を中国に奪われる―韓国メディア

中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)は27日、「2004年に日本を抜いた後、17年間も世界のディスプレー市場でシェア1位を守ってきた韓国が、中国に1位の座を奪われた」とする韓国・毎日経済の記事を引用する形で次のように伝えている。

市場調査会社OMDIAが集計した売上高基準のディスプレー市場のシェアを分析した結果、今年第1四半期の液晶ディスプレー(LCD)と有機EL(OLED)を含む全体の売上高シェアで、中国は40%を記録し、33%にとどまった韓国を抜いて世界1位となったことが分かった。

韓国はLCD市場ですでに中国に追い抜かれていたが、OLED市場でも猛追を受けている。





続きを読む

【韓国報道】中国に奪われた主導権…輝かしかった「韓国LCD時代」幕下ろす

液晶84100-1LG化学が液晶パネル(LCD)用偏光板事業を中国の科学素材メーカーの杉杉に売却する。中国企業の低価格攻勢で収益性が大きく悪化したためだ。

サムスンディスプレーとLGディスプレーも人材を減らし装備を売却するなど液晶パネル事業の規模縮小に乗り出している。1990年代後半から20年近く韓国の核心ビジネスに挙げられた液晶パネル産業が次第に歴史の裏側道へと消えているという評価が出ている。





続きを読む

【韓国報道】台湾と日本の「半導体蜜月」、サムスンには毒か薬か

年間500兆ウォンに上る半導体市場は韓国、米国、中国、台湾、日本、欧州の6つの国と大陸が激しく競争する構図だ。日本は1980年代半ばまでは世界1位だったが、1985年の米国とのプラザ合意後に衰退の道を歩んだ。日本の半導体自給率は2019年基準で7%にとどまっている。

最近では雰囲気がくっきりと変わった。韓国と米国、韓国と台湾の間の隙間の攻略に出た。日本経済新聞は3日、加藤勝信官房長官が議長を務める成長戦略会議で半導体などデジタル産業の基盤強化に向けた新戦略報告書が上げられたと報道した。

東京から北東に60キロメートルほど離れた茨城県つくば市が日本の「失われた30年」を回復する拠点に選ばれる。つくばは研究所だけで300カ所以上、研究人材がおよそ3万人に達する「博士都市」だ。韓国で言えば大田市(テジョンシ)の大徳(テドク)研究団地に似ている。





続きを読む

【韓国報道】日本経団連新会長に知韓派…韓日経済関係改善なるか

日本最大の経済団体である日本経済団体連合会の新会長に知韓派が就任し、韓日の経済関係改善の糸口が見いだされるか注目される。その主人公は1日に経団連会長に就任した住友化学の十倉雅和会長だ。

財界関係者は1日、「十倉新会長は2011年の住友化学社長在任当時、サムスングループと大邱(テグ)・城西(ソンソ)工業団地で合弁工場のSSLM設立を主導した人物。こうした縁から日本財界の代表的な知韓派とされ、昨年開かれた韓日経済人会議では日本側の基調演説者として出た」と話した。

SSLMは発光ダイオード(LED)の核心素材であるサファイアウエハー(基板)を生産するために作られた。2000年に商用車事業から撤退したサムスングループが11年ぶりに大邱に工場を作って話題を集めた。住友はサファイアウエハーの主原料である高純度アルミナ部門で世界シェア1位の企業だった。





続きを読む

韓国の大企業が、ここへきて次々とアメリカに「脱出」し始めたワケ

最近、韓国・文政権の労働組合重視の政策にたいして、米国など海外への投資を積極化する韓国の有力企業が目に付く。
その代表例が、韓国経済の大黒柱であるサムスン電子だ。 同社は170億ドル(約1.9兆円)を米国に投じ、半導体工場を建設する予定と報道されている。
また、自動車分野では、2025年までに現代自動車が電気自動車(EV)生産などのために74億ドル(約8066億円)を投じて、米国の生産拠点を拡充するるみこみだ。
そうした動きの背景には、米国は半導体など安全保障にかかわる最先端の生産能力を強化するために有力な企業の誘致に動いていることがある。






続きを読む

韓国:サムスン李健熙氏の相続税は1兆円超えに

「いったいいくらになるのか?」

 他人、特に富豪のおカネは好奇心の的なのか。韓国では、2021年4月末に期限を迎えるサムスングループの李健熙(イ・ゴンヒ)前会長の相続税に対する関心が高い。1兆円を超えるとの見方が多い。  

李健熙会長は、2020年10月25日に死去した。莫大な資産を残したが、それだけに相続方式にも関心が高い。 妻と李在鎔(イ・ジェヨン=1968年生)サムスン電子副会長など3人の子供が遺産相続対象者になる。





続きを読む

Korea Display Spring Conference 2021

The Omdia Korea Display Spring Conference 2021 will be held online on April 21 and 22, 2021. In these information-packed days you’ll get:

  • Exclusive updates on strategy
  • Insights into organisational solutions
  • Thought leadership on key trends that will shape the industry






続きを読む

「日本のテレビが滅びた理由」を韓国メディアが分析=韓国ネット「日本を心配している場合?」

2021年4月1日、韓国・マネーSは「『元祖テレビ王国』の日本はなぜ滅びたのか」と題する記事を掲載した。
記事は「2000年代初めまで日本は、ソニーやパナソニック、シャープなどの電子企業のテレビが世界に広まり、ブラウン管テレビで30年間トップの座を守ってきた。しかし現在の存在感はシェア一けた台と微々たるもので、韓国にトップの座を明け渡して久しく、中国や台湾の激しい追い上げにも押されている状況だ」と伝えている。
また「日本のテレビの人気が揺らぎ始めたのは2000年代に入ってからだった」とし、「ブラウン管時代が終わり、PDP(プラズマディスプレー)やLCD(液晶ディスプレー)など薄型テレビ時代が到来した。





続きを読む

韓国のOLED重要技術、中国に流出懸念…マグナチップ半導体、中国資本に売却

 テレビやスマートフォンに搭載される有機発光ダイオード(OLED)のドライバーICを生産する韓国系中堅半導体メーカー、マグナチップ半導体が中国資本に売却される。一部には液晶パネルに続き、OLEDの重要技術まで中国に流出するのではないかとする懸念が指摘されている。

 ニューヨーク上場のマグナチップは29日、米国本社の全株式を中国系のプライベート・エクイティー・ファンドである智路資本(ワイズロード・キャピタル)などに売却する契約を結んだと発表した。売却額は14億ドル(約1537億円)。  

マグナチップは2004年10月、経営難に苦しんでいたハイニックス半導体(現在のSKハイニックス)が非メモリー事業部を分離して設立された。





続きを読む

【韓国報道】韓国大手企業の平均年収、1位はサムスン電子1220万円

昨年の韓国大手企業の平均年収1位はサムスン電子だった。サムスン電子が23日に明らかにした事業報告書によると、サムスン電子の韓国国内社員10万9490人の昨年の平均年収は1億2700万ウォン(約1220万円)だったとのことだ。

前年の1億800万ウォン(約1030万円)よりも17.6%アップした。2位は1億2100万ウォン(約1160万円)のSKテレコムだった。続いてPOSCO 9800万ウォン(約940万円)、SKハイニックス9357万ウォン(約900万円)、LG化学9300万ウォン(約890万円)、起亜9100万ウォン(約870万円)、KTと現代自動車 各8800万ウォン(約840万円)、LG電子8600万ウォン(約820万円)、LGテレコム7900万ウォン(約760万円)、LGディスプレー7000万ウォン(約670万円)などの順だった。

LGユープラスのみ平均年収が100万ウォン(約9万6000円)減っただけで、そのほかの企業はすべて平均年収が前年を上回った。





続きを読む

起亜自動車、”アップルカー”生産と報道… 「まだ決定ではない、確定後に改めて発表」

韓国の起亜自動車は20日、”アップルカー(Apple Car)生産報道”について「まだ決定していない」と立場を明かした。  

起亜はこの日「自律走行電気自動車事業と関連し、多数の海外企業と協業を検討しているが、まだ決定事項はない」と説明。また「該当内容に関して、確定した時点で1か月以内に再公示する」と伝えた。





続きを読む

【韓国報道】サムスントップに懲役2年6か月の実刑判決 再び収監

韓国前大統領の朴槿恵(パク・クネ)氏らへの贈賄罪などに問われたサムスングループ経営トップのサムスン電子副会長、李在鎔(イ・ジェヨン)被告(52)の差し戻し控訴審で、ソウル高裁は18日、懲役2年6か月(求刑懲役9年)の実刑判決を言い渡した。李被告は法廷で拘束された。

 高裁は「被告は朴前大統領の賄賂要求に便乗して積極的に賄賂を提供し、黙示的ではあるが(グループ経営権の)継承のため、大統領の権限を使うよう求める趣旨の不正な請託をした」と判断した。

 グループに設置した順法監視委員会については、「実効性の基準を満たしたとみることは難しい」として、「被告とサムスンの真摯(しんし)さは肯定的に評価できるが、この事件で量刑条件に酌量することは適切ではないという結論に至った」と説明。





続きを読む

紫外線LEDで空気中のウイルスを99%除去=韓国ソウルバイオシス

光半導体技術の韓国ソウルバイオシスは、同社の紫外線LED技術「Violeds(バイオレッズ)」のウイルス除去効果が、韓国産業技術試験院(KTL)による試験で実証されたと発表した。





続きを読む

【韓国報道】韓国製造業の高齢化、日本より2.9倍速い

出生率低下や平均寿命延長などに伴う高齢化傾向の中、韓国の製造業の人材構造も急速に高齢化していることが分かった。特に「世界で最も年を取っている国」と言われる日本よりも製造業の高齢化が速く進んでおり、「韓国経済の成長潜在力は急速に低下するかもしれない」と懸念の声が上がっている。

 韓国経済研究院が最近20年間(1999-2019年)の「韓国と日本の製造業高齢化推移」を比較した結果、韓国の製造業労働者の平均年齢が1999年の35.5歳から2019年に42.1歳と6.6歳上がったのに対し、日本は40.4歳から42.7歳と2.3歳上昇したとのことだ。





続きを読む

【中国報道】日中の有機ELで協力強化、目標は「打倒韓国」?=韓国ネット「油断大敵」

2020年12月7日、韓国・マネートゥデイは「日本と中国の有機EL協力関係が一段と深まり、韓国をけん制する可能性がある」と伝えた。

関連業界によると、出光興産は来年1月から中国・成都工場で有機EL材料を本格的に生産する。年間生産能力は韓国(坡州8トン)と日本(静岡県2トン)をはるかに上回る12トンに達するという。

出光興産が中国最大規模の生産体制を稼動させるのは「中国の取引先の需要がそれだけ多いという意味」だと記事は指摘している。成都には中国最大のディスプレーメーカー・BOEの中小型有機ELパネル工場(B7)がある。

BOEは最近、iPhone13のパネル供給に失敗したとされているが、モバイル有機EL事業を引き続き増やす考えを示している。出光興産が有機EL材料を安定的に供給することで品質を高め、再びアップルのパネルの供給に挑戦するものとみられている。





続きを読む

JNC 有機EL材料合弁会社、SKマテリアルズと設立

 JNCは24日、有機EL材料事業を新子会社に移管した後、韓国SKマテリアルズ(SKM)との合弁会社に移行すると発表した。JNCは、技術優位性をもつ青色ドーパントおよびその周辺材料の開発を進めており、急成長を続ける有機ELディスプレイ市場の要求に応えるため、SKMとの融合によって意思決定と材料開発のスピードアップを図ることで有機EL材料の事業拡大を目指す。

 今回のスキームとして、JNCは、保有する有機EL材料事業(製造機能を除く)を新会社「SK JNC JAPAN」(SJJ)に移管するとともに、JNCグループが所有する設備をリースする。





続きを読む

【中国報道】韓国で市場シェア70%突破のサムスンスマホ、なぜ中国ではほとんど見かけないのか

中国メディアの海西商界は18日、「韓国で市場シェア70%突破のサムスンスマホ、なぜ中国ではほとんど見かけないのか」とする記事を掲載した。

記事はまず、「コリア・ヘラルドが15日、調査会社Strategy Analyticsのデータを引用して伝えたところによると、韓国サムスン電子のスマートフォンは2020年第3四半期に初めて国内市場シェアが70%を超えた。ライバルである米アップルとLGエレクトロニクスは共にシェアを落とし、アップルは8.9%だった。サムスンの生産台数は340万台で、国内市場の72.3%を占めた」と伝えた。





続きを読む

【韓国報道】日本のスパコンが再び世界トップ、韓国は製作中のスパコンなし

日本が開発したスーパーコンピューター「富岳」が再び世界最速の性能を認められた。新型コロナウイルスや人工知能(AI)の研究で重要インフラに浮上したスーパーコンピューター技術で日本が再びリードした形だ。  

富岳は16日、国際スーパーコンピューター学会(ISC)が発表した「世界上位500台ランキング」で1位となった。ISCは毎年6月と11月に計算能力を基準に上位500台のスーパーコンピューターのランキングを発表している。日本は今年6月、9年ぶりに1位の座を奪還したのに続き、王座を守った。富岳は6月の発表時点で1秒当たり41京5000兆回だった計算速度が今回は44京2000兆回に向上した。  

2-4位はサミット(米国、14京8600兆回)、シエラ(米国、9京4640兆回)、神威・太湖之光(中国、9京3014兆回)の順だった。上位500台のうち国別では中国が212台で最多。以下、米国(113台)、日本(34台)、ドイツ(19台)、フランス(18台)が続いた。





続きを読む

Merckが韓国で有機EL素材製造工場増強に25億円投資、中国でも増産

多国籍大手化学・医薬品メーカーである独Merckは10月28日、韓国京畿道と平澤市との間で、2000万ユーロの先端ディスプレイ用OLED(有機EL)発光素材製造への投資を骨子とする了解覚書(MOU)を締結したと明らかにした。

韓国京畿道平澤市浦升邑にある自社のOLED発光素材製造施設を増強して発光材料を作るのに必要な昇華精製施設を拡充する予定で 設置が容易なモジュール式生産システムを構築する方針だという。並行して中国での自社OLED素材工場でも生産能力を増加させるという。韓国および中国の現地生産能力強化により、両国のパネルメーカー向けの高純度OLED材料の主要サプライヤーとしての同社の地位を強化する狙いだという。





続きを読む

LG化学 営業利益・売上高が過去最高=7~9月

韓国のLG化学が21日発表した7~9月期の連結決算によると、本業のもうけを示す営業利益は前年同期比158.7%増の9021億ウォン(約840億円)、売上高は8.8%増の7兆5073億ウォンとなり、いずれも四半期として過去最高を記録した。前期比では営業利益が57.8%、売上高は8.2%、それぞれ増加した。






続きを読む

韓日「ビジネス関係者迅速入国」施行…あすから日本出張時、2週間の自主隔離免除

韓日両国が「ビジネス関係者の特別入国手続き」に合意し、8日から施行することを明らかにした。これにより、今後、日本を訪問するビジネス関係者は2週間の自主隔離措置なしに現地ですぐにビジネス関連活動を行うことができるようになった。このため、しばらくの間凍りついていた両国間の経済交流が息を吹き返すものとみられる。

 韓国外交部が6日に明らかにしたところによると、両国が今回合意した制度は、短期出張者を対象とする「ビジネストラック」と、駐在員・留学生など長期滞在者を対象とする「レジデンストラック」に分かれる。韓国企業各社はビジネストラックを利用して日本に入国後、14日間の自主隔離を経ずにすぐに活動することができる。

ただし、日本の招請企業が作成した誓約書と活動計画書を駐韓日本大使館に提出し、ビザを取得しなければならない。また、航空機出発の72時間以内に実施した新型コロナウイルス診断陰性確認書を持参し、日本滞在時に適用される民間の医療保険に加入するなど、「特別防疫手順」を守らなければならない。





続きを読む

【韓国報道】菅氏「デジタル庁新設」…韓国情報通信部より25年遅れた

韓国は金泳三(キム・ヨンサム)政府だった1994年12月に情報通信部を発足させた。従来の逓信部を改編して国家社会情報化政策の樹立や超高速情報通信網の構築、通信事業者育成などの業務を担当した。

一歩先のデジタル転換を成し遂げた韓国と違い、日本は2次産業中心の既存システムに安住した。 韓国経済産業研究院のキム・グァンソク経済研究室長は「1990年代末~2000年代初期のデジタル転換は、韓国が経済大国日本に追いつくことができる決定的契機だった」と説明した。

両国のデジタル格差は新型コロナウイルス感染病(新型肺炎)を通じて如実に表れた。韓国はデジタル環境をベースに、全国民を対象に一糸乱れず迅速に災難支援金を支給した。しかし、日本は中央政府と地方自治体の間で住民情報の共有が行われておらず支給が遅れた。





続きを読む

【中国報道】日本からテレビ市場を奪った韓国、「今度は中国が韓国から奪う番だ」

cjk  maxresdefault日本はかつて「テレビ」や「液晶ディスプレー」で圧倒的なシェアと競争力を持っていたが、韓国や台湾の企業に市場を奪われてしまった。そして、現在は中国企業が台頭しつつあると言われているが、日本はテレビでも液晶ディスプレーでも存在感を失って久しい。

 中国メディアの電科技はこのほど、韓国企業が液晶ディスプレー技術を通じて日本企業からテレビ市場を奪い取ったように、「中国企業も韓国から市場を奪うことができるだろうか」と問いかける記事を掲載した。

 記事は、中国のテレビメーカーは中国国内でこそ圧倒的なシェアを獲得しているが、世界市場はまだ「打開」することができていないと指摘し、ディスプレー産業と大きな関わりがあるテレビ市場で最も大きな競争力を持つのは韓国のサムスンとLGであると紹介した。





続きを読む

当サイト特集カテゴリー
1.液晶の歩んできた道(第一部)
液晶の黎明期から実用化を果たすまでの過程をわかりやすく解説することを目指して書きました。

2.液晶の歩んできた道(第二部)
液晶が当面の最終目標だった大型テレビに採用され夢の平面テレビが実現した過程を解説していく予定です。(開始時期未定)

3.用語辞典(技術・ビジネス・企業)
管理人特選の最新技術用語やビジネス用語・関連企業を解説しています。時間の許す限りのアップ、今後充実を目指します。
掲載年月から記事を探す



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人へのメッセージ


[FPD関連本] ・フラットパネル資料館


電子ディスプレーメーカー計画総覧(2018年度版)


















カテゴリーごと記事
記事掲載の写真
  • サムスンが「Galaxy Z Flip4」を発表、バッテリー容量がアップした新モデル
  • クルマの「ディスプレイ」なぜ大型化? テレビ並「最大48インチ」も登場!? 大きさに限界はないのか
  • デル、最大280Hz駆動をサポートした27型フルHDゲーミング液晶
  • DMM、自社ブランド4K液晶ディスプレイに50型モデルを追加
  • 《ペロシ氏訪台》ペロシ米下院議長が訪台、蔡・総統と会談
  • ディスプレイデバイス市場、2021年をピークに減少
  • タブレット端末世界出荷、4~6月は4050万台 ファーウェイはシェア5位
  • サムスンが「Galaxy Z Fold4/Flip4」を8月10日の新製品イベントで発表
  • LG、88型8K有機ELテレビ受注開始。8Kチューナ内蔵で約383万円
  • ゲーム機「アストロシティミニ V」 縦型4.6型液晶モニター搭載
  • 24インチ×2枚のデュアルスクリーン折りたたみディスプレイ登場
  • LGDが2年ぶり最終赤字、4~6月 コロナ特需の収束響く
  • 徐々に縮小する薄型TV市場、しかし大画面化は進行中
  • ゲオからNHKが映らないスマートテレビ登場。50V型4Kで3万8280円、コスパが吠える!
  • 世界のスマホ市場「SamsungとAppleの二強体制」に集約、XiaomiやOppoなど中国メーカーが後退
  • テレビ需要鈍化懸念のなかでも…「QLED・OLED」プレミアムは「成長街道」
  • 窓で太陽光発電を可能にし断熱性能も向上、LIXILがビル向けの新型ブラインド
  • 液晶パネル、小型テレビ向け最安値 在庫になお過剰感
  • EIZO、15型スクエア液晶の新モデル
  • MacBook Airのある生活 日々の時間がこんなに楽しく豊かになる!
  • 曲がる太陽電池、世界初の量産 日本開発も中国新興先行
  • ついに「紙いらない」って思えた:メモ専用タブレットreMarkable 2
  • 「Galaxy Z Fold5/Flip5」の仕様が早くもリーク。バッテリー持ち改善に期待
  • パネル減産、AUO稼働率50%へ
  • 東レエンジ、マイクロLEDディスプレイ生産性向上へ接合材検証
  • 液晶回帰のシャープ、「養子に出した子」は戻ったが… 周囲は不安視
  • メタバース時代に技術でエンタメビジネスを変革する最新事例【テンセント×松竹】
  • シャオミのディスプレイが日本上陸、23.8型フルHDで早割20,800円から
  • 光の「色」で電圧が変化する新現象を発見! 独自の塗布型光電変換デバイスで フィルタを使わず色を見分ける新技術
  • 【自動翻訳記事】世界最速!TCL Huaxing広州t9プロジェクト、予定より3か月早く最初の製品点灯を達成
コメントありがとう