return_to_forever

Flat Panel TV and Display World-2....液晶・業界・動向

液晶・有機EL・プラズマ、FPD業界・パネルメーカー・関連企業情報を掲載。当ブログで激しい市場動向に追随!--Since Nov.2004

K_韓国

29 Dec

住友化、韓国でタッチセンサーパネル生産増強

住友化学は28日、韓国子会社を通じて有機ELパネル向けタッチセンサーパネルの生産を増強すると発表した。
投資額は非公表。同製品の生産能力は現行比で約1.4倍伸びる。2016年10月の量産開始を目指す。 
17 Dec

日韓、メイド・イン・チャイナ・テクノロジーの逆襲に脅威

過去に中国がディスプレー産業育成を始めた時に韓国の人材を引き抜いた。
中国は2003年初めに経営難に陥った液晶パネルメーカーのハイディスの人材を吸収してBOEを育てた。同様に日本のNECの液晶事業部の買収も行った。
現在BOEはディスプレー市場で韓国を猛追撃中だ。
韓国・延世(ヨンセ)大学経済学科のソン・テユン教授は「中国は先進国より遅く技術化を始めたが、あまりに内需市場が大きく、短時間で多様な経験を通じ先進国追撃に出た」と話す。    



続きを読む »
15 Dec

[韓国報道] 製造業の競争力低下に暗鬱な景気予測まで

韓国_144dc3fd-s-680x370「2020年にインドが製造業競争力で韓国を抜いて、米国、中国、ドイツ、日本に続く世界5位になる」。デロイトグローバルと米国競争力委員会が作成した「グローバル製造業競争力指数報告書」の衝撃的な予想だ。なぜ韓国製造業がインドに追い越されることまで心配しなければいけない状況になったのか。

韓国製造業のグローバル競争力を落とす最も決定的な要因に挙げられたのは労働生産性の下落だった。韓国銀行(韓銀)によると、今年上半期基準の韓国製造業の労働生産性上昇率は-2.7%だった。こうした現象は最近表れたわけではない。製造業の労働生産性は2000年代に7.2%となった後、持続的に下落する傾向だ。一方、インドは低賃金を背景に高い労働生産性を謳歌し、現在の11位から2020年には世界5位に上昇するという分析だ。
 

続きを読む »
8 Dec

[韓国報道] 「中国の産業技術力、すでに韓国越えた」29%…日本にも劣勢で「サンドバッグ」に

中国スマホ0-view韓国の産業が中国の低価格攻勢と日本の技術力の間に挟まれた「サンドイッチ」から、さらに深刻な「サンドバッグ」状況に転落するという懸念が出ている。今は中国に技術力でも脅かされ、日本の技術とはさらに格差を感じるということだ。

  全国経済人連合会(全経連)は国内の業種別団体・協会30カ所を対象に「韓日中競争力現況」について調査した結果、こういう結果が出たと6日、発表した。半導体・自動車・機械産業協会などが参加した今回の調査で「中国との技術格差」を尋ねる質問に対し、「すでに追い越された」という回答は29%にのぼった。「1-3年以内に中国の技術が韓国を追い越す」という回答も50%だった。一方、価格の場合、中国企業より「優位にある」という回答は8%にすぎず、技術・価格ともに中国に大きな脅威を感じていた。



続きを読む »
23 Nov

[韓国報道] 韓国にはサムスン電子と現代自動車しかないのか

「韓国の主要30企業グループのうち、営業利益を出しているのはサムスンと現代自動車だけ。SKとLGはかろうじて収支がトントン、残りは深刻な状況です」(金尚祖〈キム・サンジョ〉漢城大貿易学科教授)
 韓国産業界で、いわゆる「電車」と呼ばれるサムスン電子と現代自動車への利益などの偏りが一段と深刻化している。
 企業情報サイトのCEOスコアが18日に発表した今年1-9月の主要30企業グループの投資現況によると、現代自(9兆4051億ウォン=約9960億円)とサムスン(2兆9834億ウォン=約3160億円)の投資額合計は残り28グループの合計よりも3000億ウォン(約320億円)ほど多かった。専門家までもが「韓国の産業界にはサムスンと現代自しかいないのか」と自嘲めいたため息を漏らすほどだ。



続きを読む »
19 Nov

半導体大国・韓国がいよいよ崩壊し始めた…ライバル中国が1兆円工場で攻勢 サムスンら技術者不足も深刻…

人民元
20年以上にわたり韓国経済を支えてきた半導体産業が危機を迎えつつある。将来の最大のライバルになると警戒してきた中国が今月に入って、1兆円超の巨費を投じる半導体工場の建設を発表し、韓国追撃ののろしを上げた。
朝鮮日報日本語版によると、半導体企業グループ「清華紫光集団(チンファ・ユニグループ)」は6日、600億元(約1兆1630億円)をメモリー半導体工場建設に投じる一方、半導体企業のM&A(企業の合併・買収))にも162億1000万元の投じるなど、合計800億元に達する投資計画を発表した。  
清華紫光は中国の名門・清華大学が設立した清華ホールディングスの子会社で、事実上中国政府が経営する国営企業だ。


続きを読む »
16 Nov

[韓国報道] 中国は第11世代工場へ…第8世代で5年間立ち止まった韓国LCD

韓国の主力情報技術(IT)製品の一つ、LCD(液晶表示装置)市場で、韓国企業が中国企業に対して劣勢になっている。中国の大量生産でLCD価格は暴落している。中国企業は来年から韓国企業の第8世代(2200x2500ミリ)ラインより2倍近く大きい第10.5世代(3370×2940ミリ)以上のパネル工場を建設する。この製品が量産される2018年にはLCD市場の覇権を中国に完全に奪われるという見方もある。サムスンの関係者は「半導体では中国の追撃が始まったところだが、LCDではすでに劣勢になり始めている」と話した。

  中国企業のLCD増設ペースが速い。驚くほどだ。業界は今年末の生産量が2014年初めの2倍に達するとみている。来年からはさらに加速する。中国最大LCD企業のBOEは最近、世界で初めて第10.5世代を生産するための投資をすると発表した。来年初めに着工し、早ければ2017年末から量産を始める計画だ。チャイナスター(CSOT)も第11世代投資を準備中という。



続きを読む »
1 Nov

中国液晶メーカー、韓国勢に迫る 大型で競争激化

パソコンや液晶テレビなどには欠かせない部材である液晶パネルの内外の大口取引価格が21型以上の大型品を中心に急落している。中国やインドネシアなどの経済成長が鈍化し需要が伸び悩む一方で、パネルメーカーは中国勢が生産能力を増強し、大幅な供給過剰に陥っているためだ。メーカー各社はより採算が取りやすい大型パネルに生産をシフトして収益を確保してきたが、中国勢の参入でこれらの市場でも販売競争が加速している。パネルの値下がりは液晶テレビの店頭実売価格の下落による一定の需要喚起にはつながるが、メーカー各社の収益悪化は避けられそうにない。
「今はどこのメーカーも32型は採算割れなのでは」――。ある液晶パネルメーカーの営業担当者は苦笑する。



続きを読む »
29 Oct

[お知らせ] IHS Display Korea Forum 2015 Agenda (Nov.11-12開催)

IHS Display Korea Forum - Day 1 (November 11, 2015)が韓国ソウルで開催されます。
そのアジェンダが公表されています。参加された方はぜひ報告をお待ちしております。

7 Oct

[韓国報道] <危機の韓国主力産業>すさまじい中国、恐ろしい日本

韓国輸出の約30%を占める電子・自動車産業が「中国発危機論」に震えている。かつて中国商品の武器は価格競争力だった。今は違う。消費者の目線にかなう技術まで備えたという評価だ。特に韓国の1位の輸出品目である半導体分野でも強大な資金力を前面に出しながら買収合併(M&A)を続けている。競争国である日本は政府の規制改善に後押しされて、ダメな事業を大胆に捨てて新しい主力産業を探している。このままでは現在の主力産業は中国に、未来の産業は日本に奪われるのではないかという懸念が大きくなっている。


続きを読む »
15 Sep

韓国経済に「赤信号」・・・製造業は競争力低下、大企業では労使トラブル=韓国メディア

韓国メディアの亜洲経済の中国語電子版は14日、世界経済の回復が遅れるなか、韓国の大企業が従業員のストライキなど労使トラブルを抱えていることを指摘し、「製造業の競争力の低下が止まらず、内憂外患の韓国経済に赤信号が灯っている」と報じた。
 記事は、韓国の大企業の収益が低迷していることを指摘し、2014年の収益性は08年の金融危機以降としては最低の水準に落ち込んだと指摘。さらに、営業利益と営業利益率は10年をピークに下降しているとし、「約4年で半分の水準となってしまった」と報じた。  



続きを読む »
11 Sep

[韓国報道] アップルiPhone6S、韓国はまた1次発売国から除外

ついに「iPhone6S」と「iPhone6S Plus」が公開された。
  アップルは9日午前(現地時間)、米サンフランシスコのビル・グラハム・シビック・オーディトリウムで開催された新製品公開行事で、新しいiPhoneシリーズ「iPhone6S」と「iPhone6S Plus」を公開した。
  iPhone6Sと6S Plusは前作のiPhone6シリーズと画面の大きさ、デザインが同じ。ただ、従来のゴールド、スペースグレー、シルバーのほか、「ローズゴールド」が追加された。iPhone6Sと6S Plusは前作の人気要因の4.7インチと5.5インチモデルをそのまま維持し、性能をアップグレードした。



続きを読む »
21 Jul

LGの有機ELテレビ 上半期販売1万5千台超=韓国

LG電子は19日、有機ELテレビの今年上半期(1~6月)の韓国での販売台数が1万5000台を突破したと発表した。前年同月に比べ10倍以上の増加となった。
 特にフルハイビジョンの約4倍の解像度を持つ4K対応の有機ELテレビ「ウルトラOLED TV」は、5~6月に有機ELテレビ全体の売り上げの25%に迫るなど好調だ。


続きを読む »
18 Jul

「解雇は日本の本社の指示」韓国の旭硝子下請け労働者が訴え

ガラスメーカー大手「旭硝子」のグループ企業「旭硝子ファインテクノ韓国」で働く下請け労働者らが17日、都内で記者会見を開き、「解雇されたのは日本の旭硝子本社の指示だ。解決のため努力してほしい」などと訴えた。労働者らは14日に来日し、旭硝子本社や工場などを訪問。問題解決を求める書面を手渡すなどの活動をしている。
 訴えによると、韓国・亀尾市にある「旭硝子ファインテクノ韓国(ファインテクノ)」では、3カ所の下請け企業の非正規労働者320人が働いている。しかし、ファインテクノは6月末、下請け企業のひとつである「GTS」に対して、下請け契約を廃止すると通知。170人の非正規労働者が集団解雇された。


続きを読む »
10 Jun

[参考記事] 韓国製よりも安い日本製出現に韓国輸出企業が悲鳴

韓国が世界的な為替戦争で劣勢に立ち、韓国の輸出企業が苦しんでいる。円安にユーロ安も重なり、薄氷のグローバル競争を展開する自動車、造船、鉄鋼分野は相次いで不利な立場に立たされている。
韓国で輸出企業の代表と言える現代自動車と起亜自動車は、今年第1四半期(1-3月)に販売台数が前年同期比それぞれ3.6%、2.7%減少した。トヨタ、ホンダ、ダイムラー、BMW、フォルクスワーゲンを含む主要11メーカーの中ではそれぞれ11位、10位で事実上の最下位だった。さらに深刻なのは収益性の低下だ。

続きを読む »
21 May

[情報告知] Korea Display Conference 2015

6月16-17日にKorea Display Conference 2015が開催されます。 ⇒ Program
9 Apr

【韓国報道】「3年後には中国が韓国を追い越す」 米調査会社が液晶生産能力を予測

韓国の輸出品目5位のフラット・パネル・ディスプレイが早ければ3年後、生産台数ベースで中国に追い越されるという予測が発表された。
財界では、現在世界1位のLGディスプレイと2位の三星(サムソン)ディスプレイが、有機発光ダイオード(OLED)など新技術への投資を急がない限り、繊維や石油化学のように中国勢に主導権を奪われかねないとの懸念の声も上がっている。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
12 Mar

【韓国論評】サムスン電子・現代自動車は忘れなければならない

崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)経済副首相は安倍首相の真似しんぼだ。財政拡大と金利引き下げに続き、「賃金が上がってこそ内需が回復する」と話した。野党の文在寅(ムン・ジェイン)代表も最低賃金引き上げと「所得主導経済成長」に相槌を打つ。問題は実現の可能性だ。月給を引き上げられる大企業・公企業の正規職は全賃金労働者の7%。残りの93%が中小・零細企業の労働者だ。引き上げたくても不可能な現実だ。
  まず憂鬱な統計値から見よう。韓国の中小企業賃金は大企業の56.7%だ。ドイツは85%だ。夜勤・超過勤務など非人間的労働条件も中小企業がもっと深刻だ。就活学生の目に大企業しか見えないのは当然だ。普段はサムスン批判派だったが入社時期にはみんなサムスン称賛派に急変する。現代自動車を「水が漏れるサンタフェ」と笑いながら、入社の関門である歴史エッセイを書くのに余念がない。
  振り返れば韓国も1988年には中小企業賃金が大企業の78.1%ある国だった。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
27 Feb

【台湾報道】中韓FTAの影響予想以下、液晶パネル・石化に安堵感

中国と韓国が25日、自由貿易協定(FTA)に仮署名したことを受け、経済部は同日、台湾の産業界に対する打撃は想定していたほど大きくないとの見方を示した。
昨年11月の実質妥結時点で、台湾製造業に最大6,500億台湾元(約2兆5,000億円)の影響をもたらすと試算していたが、今後1カ月以内にこれを見直す。
韓国と競合関係にある液晶パネル、石油化学、工作機械、自動車業界は、関税率の引き下げ幅や対象品目数が懸念していたほどではなく、撤廃までの期間が長いことから安堵感が広がった。26日付経済日報などが報じた。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
12 Feb

サムスン総帥の長女夫婦 離婚調停決裂=親権めぐり裁判へ

サムスン電子の李健熙(イ・ゴンヒ)会長の長女でホテル新羅社長の李富真(イ・ブジン)氏と、サムスン電機副社長の任佑宰(イム・ウジェ)氏の離婚調停が合意に至らず、親権や養育費をめぐり、法廷で争うことになった。
水原地裁城南支院が10日、明らかにした。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
11 Feb

【韓国報道】韓国「製造業Uターン」いつ始まるのか

  「世界の自動車会社がメキシコに集まっている」。
  先月末にメキシコシティで会ったエドアルド・ソリス・メキシコ自動車協会(AMIA)会長は「昨年、グローバル自動車企業6社のメキシコに対する新規投資規模だけで計100億ドルにのぼる」とし、このように述べた。ソリス会長は「もうメキシコを米国の下請け基地と見なしてはいけない」とし「米国を脅かすほどになっている」と述べた。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
10 Feb

韓国LEDのルーメンス、日本市場進出

韓国のLED(発光ダイオード)大手で世界8位のルーメンスは5日、合弁で日本市場に進出すると発表した。施設照明や自動車、ディスプレー向けなどのLED需要を開拓し今年は5億円、2016年までに20億円規模の事業に育てる狙いだ。
ルーメンスが51%、電気設備メンテナンス事業を行うTNホールディングス(東京)が49%を出資し、LEDを使った照明器具や電子部品を販売するルーメンスジャパン(同)を設立。資本金は2000万円で、5日から営業を始めた。合弁会社には両社が2人ずつ役員を派遣。社長にはTNの永浜健社長が、副社長にルーメンスの金景林取締役が就任した。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


8 Jan

韓国・中央日報--「中国との製造業争い不必要…R&Dで勝ってこそIT強国」

「インターネット名誉の殿堂」を作り、全世界のインターネット形成と普及に寄与した開拓者30人が殿堂入りした。ワールドワイドウェブ(www)を作ったティム・バーナーズ・リー、インターネット通信規約(TCP/IP)を作ったヴィントン・サーフ、リナックスを作ったリーナス・トーバルズら情報技術(IT)の大家たちが名前を上げた。ここに韓国人で唯一肩を並べた人がいる。「大韓民国インターネットの父」と呼ばれる全吉男(チョン・ギルラム)韓国科学技術院(KAIST)名誉教授(71)だ。
日本で生まれ育ち大学まで卒業した後、米国で博士学位をとった全博士は、アメリカ航空宇宙局(NASA)で研究員として働いて1979年2月に帰国した。そして2年3カ月後、世界で2番目にインターネットの構築に成功した。
その博士との対談「中国との製造業争い不必要…R&Dで勝ってこそIT強国」を中央日報が報道している。
Move to full article
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


7 Oct

サムスン、韓国に半導体の新工場 投資額1.6兆円

サムスン電子は6日、ソウル近郊の京畿道平沢(ピョンテク)市に半導体の新工場を建設すると発表した。2015年前半に着工し、17年後半に稼働させる。投資額は15兆6000億ウォン(約1兆6千億円)に上る。サムスンは5月に中国で新工場を稼働させたばかりだが、大量データの解析で未来を予測するビッグデータの普及で半導体メモリーの需要拡大は続くとみて、強気の投資を継続する。
サムスン電子は稼ぎ頭のスマートフォン(スマホ)の販売が減速し、4~6月期の連結決算は9年ぶりの減収減益となった。スマホは中国勢との競争激化でこれまでのような高収益を見込みにくい。潤沢な手元資金を使った大型投資で世界シェア首位の半導体メモリーの収益力を高め、スマホの落ち込みを補う狙いもありそうだ。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
7 Aug

透明ディスプレイの無限の可能性…韓国政府、国策課題に

画面が透明でその上曲げられるようになったら、活用範囲は無尽蔵だ。ハリーポッターが見た「予言者日報」のように紙の重さの新聞を広げれば記事ごとに写真の中の人物が動き出して映像で見ることができる。一般の窓や鏡をディスプレイに変えて「情報窓」として使える。また家や職場でもスクリーンをタッチして容易に情報を利用することができる。
このため産業通商資源部は2012年から透明フレキシブル(Flexible)ディスプレイを「新市場創出型」国策課題に選定した。これが成功すれば2025年には関連売り上げ82兆ウォン、輸出560億ドル、雇用8万4000人などの経済的価値が創出されるものとみている。主管企業のLGディスプレイは最近18インチのフレキシブル有機発光ダイオード(OLED)と18インチの透明OLEDを同時に開発した。この分野の技術としては世界最高水準だ。
Move to full story
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


4 Aug

韓国生産技術研究院(KITECH)、OLED TV用有機発光材料の大量精製技術を開発

韓国生産技術研究院(Korea Institute of Industrial Technology:KITECH)は、光エネルギー融合研究グループのキム・テウォン博士チームが低価格でOLED TV用有機発光材料を大量精製できる源泉技術を開発したと発表した。
従来は有機発光材料が気体化され固体に変わる昇華点の差を利用する「昇華精製法」が多く使われたが、精製歩留り率が低く、工程の完全自動化が不可能という弱点があった。今回キム博士チームは、イオン性液体を用いた新しい概念の精製技術を確保し、従来の課題を一挙に解決した。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
27 Jul

Innolux/AUO、Ultra HD TV用パネルで韓国メーカーと競合

DigiTimesによると、台湾Innoluxと台湾AU Optronics(AUO)は、中国系TVベンダー向けUltra HD TV用パネルの主要サプライヤーであるとともに、中国市場での安価なUltra HD TVの需要増に向け、低コストのRGBWモデルを提案している韓国メーカーとの激しい競合に直面しているという。
韓国メーカーはこれまで、ハイエンドのUltra HD TV用パネルの生産に重点を置いていたが、中国ベンダーからの受注を狙い、エントリーおよびミッドレンジ製品の生産にシフトしている模様。

17 Jul

4K液晶パネル、韓国勢急伸・台湾の優位早くも終わる

台湾液晶パネルメーカーの、超高解像度4K2Kパネル市場での優位が早くも終わりを迎えた。市場調査会社、ウィッツビュー・テクノロジーによると、台湾勢の同市場シェアは昨年の76%から今年第2四半期は43%に急降下。韓国メーカー(49%)に逆転された。韓国勢は製品戦略が奏功し、中国6大テレビブランドのサプライヤー入りを果たして着実にシェアを伸ばしている。16日付工商時報などが報じた。

 昨年の4Kパネル市場規模は310万枚で、このうち群創光電(イノラックス)が200万枚、友達光電(AUO)が40万枚を占め、台湾勢は初期段階の先行メリットを享受した。一方、サムスン電子の昨年出荷枚数は20万枚、LGディスプレイ(LGD)は10万枚で、2社を合計しても市場全体の約10%にとどまっていた。
 しかし、今年は韓国勢が本格的に競争に加わった。韓国勢のシェアは第1四半期に35%、第2四半期に49%へと急上昇し、四半期ベースで初めて首位に立った。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
8 Jun

北朝鮮:中国からの液晶テレビ輸入が大幅に増加

2014年5月26日、韓国貿易協会に発表した統計データによると、2014年4月、中国の北朝鮮に対する液晶テレビ輸出額は482億ドルを突破した。
 1月―4月の輸出総額は1766万ドルに達し、2013年同期と比較して338%の大幅増加になる。
 北朝鮮の液晶テレビ輸入量増加の原因としては、北朝鮮が現在テレビ放送のデジタル化を進めていることがあげられている。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


4 Jun

世界化学大手が相次ぎ韓国進出、理由は「優秀で豊富な人材」

世界的な化学大手、ソルベイ・グループは、2017年までに1200億ウォン(約120億円)を投資し、韓国に面積9万9000平方メートル規模の生産工場を設置することを決めた。
 ソルベイのジャン・ピエール・カラマディユ最高経営責任者(CEO)は2日、ソウル市の梨花女子大産学協力館で開かれた「梨花・ソルベイ研究センター」の開所式で、「工場建設候補地として3カ所を検討している。韓国をアジア市場への前進基地として育成するため、韓国への投資を引き続き増やしていきたい」と語った。
 ソルベイはベルギーの国民的企業で、1863年に設立され、ブリュッセルに本社を置いている。56カ国に進出し、昨年は99億400万ユーロ(約1兆3700億円)を売り上げた。
 ソルベイが3日、梨花女子大産学協力館の1-3階に設置する同研究センターは、グループのアジア地域の研究所4カ所のうち、中国・上海に次ぐ規模を持つ。研究陣はエネルギー貯蔵装置、ディスプレー、太陽光電気素材などを開発する。同じ建物の5階では、ソルベイ・グループの特殊化学品事業グローバル本部が既に業務を行っている。
世界的な化学メーカーによる韓国首都圏への進出が相次いでいる。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
23 May

KAIST、太陽光下でも鮮明なフォトニック結晶ディスプレイ技術を開発

KAIST(韓国科学技術院)は、生命化学工学科の故ヤン・スンマン教授の研究チームが太陽光下でも鮮明に見ることができるフォトニック結晶ディスプレイ技術を開発したと発表した。
フォトニック結晶は、それぞれ異なる透明材料が光の波長程度の空間的周期性を持って格子形状の構造をなす物質だ。特定波長の光だけが反射し、残りを通過させる制御が可能なため、次世代の反射型ディスプレイの核心的な材料として注目されている。
既に生成されていたフォトニック結晶は、塊の形状のため効率が低下し、構造の機械的安定性が低くて実用化が難しかった。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
3 Apr

韓国ディスプレイコンファレンス2014のお知らせ

ソウル(韓国)にて韓国ディスプレイコンファレンス2014が開催されます。ご参考まで

 日 時 : 2014年4月23日(水)~24日(木) 
 場 所 : Grace Hall、El-Tower 6F (ソウル、韓国)
 主 催 : IHS Technology

 KDC2014の主要テーマ:
  - ディスプレイ市場の動向 
  - 次世代ディスプレイ、Wearable Devices 
  - アジアのディスプレイ市場 - 韓国、日本、中国、台湾 
  - COEMA、ZTE, KonkaEの発表による、中国市場のTV、ディスプレイ、モバイル市場動向と事業戦略 
  - Touch技術の最新動向と今後の展望 
  - ディスプレイの注目材料 - Film、Quantum Dot、etc.   

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

にほんブログ村


16 Mar

KAIST、フレキシブル・パッケージング技術を開発

KAIST(韓国科学技術院)は、新素材工学科ベク・ギョンウク教授の研究チームが、特殊な新素材を使って伝導性が高く、自由に曲げられるフレキシブル・パッケージング技術を開発したと発表した。
ウェアラブルコンピュータには、フレキシブル半導体、ディスプレイ、電池と共に、すべての電子部品を組み込めるフレキシブルなパッケージング技術が必要となる。既存のパッケージング技術では、はんだ付けなど半導体?電子部品の電気接続方法が使われ、曲げたり変形させた場合、接続部分に損傷を与え易いという弱点がある。
研究チームは特殊な新素材「異方性導電性フィルム」(ACF、Anisotropic Conductive Film)を開発し、半導体を自由に曲げられるようにした。この素材は、フレキシブル状態で電極と電気的接続を維持できる「微細導電性粒子」が熱によって固められ、電極を包んで曲がるときに柔軟に素子を保護できる「熱硬化性ポリマーフィルム」などで構成されている。
研究チームは、半導体素子を30-50μ厚に薄く切り、基板上にこの素材をパッケージングした。開発された半導体は、直径6㎜レベルまで曲げても柔軟な特性を示し、従来の半導体技術よりも工程が簡単でコストが安いというメリットがある。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


13 Mar

日本の技術関係の記事 ---面白い韓国の反応

STAP細胞に関する韓国の報道です。パクリで業績を拡大してきた韓国ハイテク産業に言われる所以はないとおもうのですか。
しかし最近はマスゴミコミがあっさりだまされたり、話を勝手に面白く盛り上げるケースが多いですね。
まぁオウム真理教のように生死にかかわることはないので罪は軽いと思いますが。
 
8 Mar

コーニングがゴリラガラスの生産を静岡から韓国へ移管、静岡は人員削減へ

コーニングがゴリラガラス(protective cover glass)の生産を静岡工場から韓国のCorning Precision Materials (CPM) に移管すると発表しました。
CPMの低コスト生産ラインを充足することで全社的なメリットが供出されるとしています。
この移管に当たっては、先行きの需要を念入りに把握したうえで踏み切った。
この移管に伴い、静岡では自発的な退職奨励プログラム(voluntary workforce reduction)により人員削減するとしています。
(オリジナル記事↓)

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

にほんブログ村


続きを読む »
27 Jan

コーニング、サムスンコーニングプレシジョンマテリアルズの買収を完了

コーニングは、昨年発表したサムスンコーニングプレシジョンマテリアルズ(SCP)の株式全額取得完了を明らかにした。
買収に伴い、コーニングはサムスンディスプレイに対して額面約19億ドルの新規転換権付優先株を発行し、サムスンディスプレイは、さらに4億ドルの新規転換権付優先株を購入し、コーニングに対する追加投資を行った。
今回の買収は、コーニングが資産をより柔軟に運用する財務的、戦略的メリットをもたらすものと期待される。
新組織は、コーニングプレシジョンマテリアルズコリアという新たな名称の下、旧SCP組織と運営は、段階的な事業統合計画に沿ってコーニングディスプレイテクノロジー部門に合併されることになる。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


19 Jan

再起図るソニー、最新スマホが2年ぶりに韓国上陸

外国製の携帯電話端末は成功しないと言われる韓国のスマートフォン(多機能携帯電話)市場。ソニーが2年3カ月ぶりに再挑戦する。
 ソニーはかつて不動の1位だったテレビ事業でサムスン電子、LG電子に押されて没落。スマートフォン事業でもアップルとサムスン電子に圧倒され、不振に陥った。そんなソニーが再起をかけ、韓国に戻ってこようとしている。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
19 Jan

サムスンが採用方式変更 大学学長推薦制や書類選考導入

サムスングループは15日、新入社員採用制度を全面改編し、韓国に200ある4年制大学の学長に人材推薦権を付与し、優秀な人材は随時採用すると発表した。また、「開かれた採用体制」への転換に伴い1995年に廃止された書類選考を19年ぶりに復活させ、「サムスン職務適性検査(SSAT)」に対する依存度を低くする方針だ。 
 サムソングループ未来戦略室の李仁用(イ・インヨン)社長は同日の記者会見で「開かれた採用と機会均等の精神を生かすために制度を改編した。入社のための私教育市場が形成され、社会的負担が加重されることに対する悩みから出た改編案」と説明した。
 韓国ではSSATの受験者向けの専門予備校が増えているほか、SSAT関連書籍も約50種が出版されている。一部の大学ではSSATの特別授業や模擬試験も実施している。サムスンはSSATの実施のため、試験場の確保などに毎年数十億ウォンをかけている。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
19 Jan

東レ会長「安倍首相、韓中と早く関係正常化を」-(中央日報)

 日本の代表的な経済団体である経団連(韓国の全経連に相当)の新会長に内定した榊原定征東レ会長(70)が14日、安倍晋三首相に韓国・中国との関係改善を注文した。日本経済新聞によれば榊原氏はこの日、記者たちとの席で「安倍首相は韓国・中国の首脳と会って早く正常な関係を構築してほしい」と注文した。 
  2007年から4年間、経団連副会長をつとめた榊原氏は、東レ社長在任当時に航空機事業に使われる炭素繊維を主力事業として育成した。50年前からサムスン・コーロンなど韓国企業とも活発な技術交流をしており、現在は韓国法人の東レ先端素材を運営している。今年6月3日、正式に経団連会長に就任する予定だ。 
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


17 Nov

「先進国になった」という錯覚の沼にはまった大韓民国

2002年までに世界経済成長率の2~3倍成長していた韓国経済はすでに停滞状態だ。類似水準の他国と比較してみても韓国の成長は非常に遅い。先進国は1人当たりの国民所得が2万ドルから3万ドルになるまでに平均9.6年かかった。日本とスウェーデンは5年、ドイツは4年でこの壁を突破した。3万ドルから4万ドルに至っては平均5.6年しかかかっていない。しかし韓国は2007年に2万ドルを越えてから、まるで沼にはまったかのようにいまだ2万ドル前半水準から抜け出せずにいる。 
  このように、韓国はまだ先進国とは言えず、またそちらへ向かっている様子でもない。手遅れになる前に「先進国錯覚症」から抜け出さなければならない。そうしてこそ低成長を当然のように受け入れる「低成長不感症」からも抜け出すことができる。
 こういう冷静なコラムを書けるのですから韓国も底力がありそうですね。 → Move to full article

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

にほんブログ村


18 Oct

日本電気硝子、坡州(パジュ)ガラス製造工場で本格生産開始

日本電気硝子(NEG)は韓国法人を通じて、京畿道坡州の産業団地でLCD/OLED用ガラスの製造工場を竣工させ、本格生産を開始した。
同社は昨年5月、京畿道、坡州市と5億ドルの投資協約を締結後、第一段階として産業団地4万㎡に地上7階、延べ床面積4万7,000 ㎡規模のLCD / OLED用ガラスディスク生産ラインを着工した。今後10億ドルを追加投資し、 第2段階、 第3段階の工場を増設する方針だ。 15億ドルの投資は、外国の単一の企業が韓国に投資した最大規模となる。


続きを読む »
16 Oct

韓国スマートフォン市場が飽和、初のマイナス成長、超先進?…日・中では成長続く

  韓国スマートフォン市場が今年初めてマイナス成長する見込みだ。米国の市場調査会社ストラテジー・アナリティクス(SA)は今年の韓国スマートフォン市場の規模を2630万台と、前年の3070万台に比べ14%減少すると予想された。アップルがiPhoneを初めて公開した2007年以降、韓国スマートフォン市場が縮小するのは今年が初めて。 
韓国スマートフォン市場は2007年、20万台レベルだった。2010年から大幅に成長し、同年は690万台、翌年の2011年は1750万台、昨年は3000万台を超えた。SAはこれまでの爆発的な成長の勢いが弱まり、今年はスマートフォン市場が転換点を迎えると予想した。 
来年から2018年まで韓国スマートフォン市場はまた拡大するが、年間30万-40万台ほどの成長にとどまり、2018年は2830万台規模と推算した。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
29 May

Korea Display Conference 2013 (韓国ディスプレイコンファレンス2013)

□ イベント名:Korea Display Conference 2013 (韓国ディスプレイコンファレンス2013)
□ 日   時:2013年6月12日(水)~13日(木)(現地時間)
□ 場   所:ソウルCOEXコンファレンスルーム(南)401号

----------- ■ KDC2013の概要------------------------
  - 次世代ディスプレイ産業の最新動向と展望
  - TV製品戦略と次世代FPD TV展望
  - デジタル・サイネージの最新動向
  - 中国のディスプレイ、スマートフォン事業の分析と戦略
  - ディスプレイ用光学フィルム、次世代偏光フィルムの技術開発動向
  - タッチパネル技術の最新動向

 ------------------------------------------------------
 ■ KDC2013の特徴
 ------------------------------------------------------
  - ディスプレイ産業の市場・技術動向分析と検証
  - 世界ディスプレイ業界の専門家との情報交流機会の提供
  - 経営戦略・研究開発のための最新情報吸収の機会を提供
7 May

[韓国報道] 液晶パネル大国・韓国、重要部品の国産化率ゼロ

韓国は液晶パネル大国だ。2000年代半ば以降、10年近くにわたり、世界の液晶パネル市場で首位に立っていたのは、サムスン電子かLGディスプレーだった。両社による液晶パネルの輸出額は今年30兆ウォン(約2兆1700億円)を超える見通しだ。

 しかし、その内情を見ると、依然として「砂上の楼閣」だ。サムスン電子、LGディスプレーが生産する液晶パネルの国産化率は70%に届かない。特に一部の重要部品は国産化率がゼロのケースも多い。例えば、液晶は独メルク、日本のチッソなどから全量輸入している。液晶を覆うガラス基板の前後に貼り付ける偏光板は富士フイルム、コニカなど日本企業に頼っている。

 韓国ディスプレー産業協会のチェ・ヨンデ常務は「韓国は15年遅れで液晶パネル産業に参入し、日本に追い付いたが、素材・部品の競争力ではまだ開きが大きい」と指摘した。



続きを読む »
6 May

液晶(LCD)パネル投資、守勢の台湾・攻勢の韓国

台湾液晶パネル大手2社、友達光電(AUO)と群創光電(イノラックス、旧奇美電子)が今年の設備投資額を200億台湾元(約660億円)規模にとどめる一方、韓国勢はLGディスプレイ(LGD)が約1,118億元とその5.5倍の投資を行う。韓国勢は今年から来年にかけての中国での8.5世代工場の稼働のほか、新技術の強化、新サイズパネルの展開に注力しており、赤字続きで守勢に回ったとみられる台湾勢への攻勢をさらに強めている。2日付工商時報が報じた。
AUOは昨年の設備投資額が430億元だったため、今年は半減以下となる。楊本豫同社財務長によると、今年の設備投資は主に製造プロセスの改善やボトルネック除去作業に充てるほか、AHVA広視野角パネル、酸化物半導体TFT(OxideTFT)の生産能力拡大も図る。特にAHVAパネルは、良品率が向上して大手ブランド向けの出荷が増えており、顧客の需要に応じてさらなる投資拡大を検討する可能性もあるという。ボトルネック除去作業などを通じて、今年は第6世代ライン1本分の生産能力拡大を見込む。



続きを読む »
25 Apr

韓国ディスプレイコンファレンス2013

 ---------------------! ---------------------------------
 ■ KDC2013の概要
 ------------------------------------------------------
  - 次世代ディスプレイ産業の最新動向と展望
  - TV製品戦略と次世代FPD TV展望
  - デジタル・サイネージの最新動向
  - 環境配慮型OLED照明と、感性OLED照明の開発動向
  - 中国のディスプレイ、スマートフォン事業の分析と戦略
  - ディスプレイ用光学フィルム、次世代偏光フィルムの技術開発動向
  - タッチパネル技術の最新動向

 ------------------------------------------------------
 ■ KDC2013の特徴
 ------------------------------------------------------
  - ディスプレイ産業の市場・技術動向分析と検証
  - 世界ディスプレイ業界の専門家との情報交流機会の提供
  - 経営戦略・研究開発のための�œ! �新情報吸収の機会を提供
続きを読む »
20 Apr

日韓「有機EL(OLED)競争・戦争」勝敗の行方、「フレキシブル」応用技術に巨大市場

液晶テレビで日本メーカーが、韓国勢に敗北したことは疑いの余地がないが、既存のテレビの概念を大きく変
えるとされる有機ELディスプレーの競争は始まったばかりだ。

LG電子が今年1月から「世界で初めて」となる55型の有機ELテレビの予約販売を始めたが、市場の予想では、予約台数は月に100台程度に過ぎないという。しかも、「予約客の手元に製品が届いたという話を聞いたことがない」(別の韓国アナリスト)と、出荷の実績がほとんどないとの見方もある。有機ELの大型パネルの量産に難航し、歩留り(不良品を除いた製品の比率)を一向に上げることができないのが実態のようだ
有機ELの世界的権威である、山形大学の城戸淳二教授は「有機EL開発はまだ2合目に過ぎない」と指摘する。有機ELパネルを搭載した「テレビ」の発売に出遅れても、主戦場はテレビにあるのではない。既存のテレビの高精細化だけならば、液晶の競争と同じ。有機ELディスプレーは画面がきれいで消費電力が低いだけでなく、数ミリというフィルム状に加工して、ペラペラの薄さで、折り曲げたりロール状に巻き取ることができるといった、「フレキシブル」な応用技術に巨大市場が眠っていると強調する。
あるソニーの幹部は「今の有機ELテレビなら韓国勢に売らせておけばいい。本当の勝負はフレキシブル化にある」と語る。有機EL技術を使っても、55インチや56インチの大型テレビを発売するだけでは、単なるテレビの新商品に過ぎない。技術開発の手を緩めることなく、有機EL技術を使ったあっと驚くような応用製品が出てくることに期待したい。
 Move to Full article "日韓「有機EL競争」勝敗の行方"


12 Apr

北朝鮮の戦争危機、液晶パネルは台湾が恩恵を受ける筆頭に

朝鮮半島情勢の緊迫化を受けて、台湾経済部工業局と工業技術研究院(工研院)産業経済趨勢研究センター(IEK)は9日、北朝鮮が開戦に踏み切った場合の台湾産業への影響をまとめ発表した。電子産業では、液晶パネルなど競合分野で受注増が見込めるものの、発光ダイオード(LED)など韓国市場に製品を供給している分野では受注を失う懸念がある。10日付経済日報などが報じた。
液晶パネルは台湾が恩恵を受ける筆頭に挙げられる。世界最大の液晶テレビ市場である中国は労働節(メーデー、5月1日)連休前の需要期に入っているが、韓国メーカーの出荷に懸念が生じれば、中国テレビメーカーは群創光電(イノラックス・旧奇美電子)、友達光電(AUO)に発注を切り換える可能性が高い。実際、中国の大手システム組み立てメーカー、恵科電子(深セン)は「韓国からの供給が途絶える恐れがあるため、イノラックス、AUOからの調達を増やす」と表明した。



続きを読む »
10 Apr

韓国の第一毛織、ドイツのディスプレイ企業Novaled AG買収を検討

韓国の第一毛織は「ドイツのディスプレイ企業Novaled AG(ノヴァエルイディ)買収を検討中」とし、「未だその内容については確定されていないが、具体的な進捗状況が決定され次第、または、1カ月以内には再発表する」と明らかにした。
第一毛織のNovaled AG買収検討は、サムスン電子事業と密接な関連がある。Novaled AGが電力効率が高い多用途OLEDを開発し、500件以上の関連特許を保有しており、特に高効率の白色OLED関連基盤技術をサムスン電子が採用しているからだ。サムスングループは、サムスンベンチャー投資(SVIC)を通じてNovaled AG株式の10%程度を保有している。



続きを読む »
7 Mar

現実化する円安の恐怖、徐々に失速するMade in Korea

 インドネシアの大手パイプメーカーのスピンドではこのところ逆転した韓国と日本の価格表が話題だ。先月末に契約した東京製鉄の熱延コイル契約価格は1トン当たり660ドル。韓国製はこれより高い1トン当たり680~690ドルで契約した。この契約分は4~5月に供給される。鉄鋼供給を仲介する韓国系商社の支店長は、「インドネシア進出20年で初めて体験すること」と話した。これまで日本製品は韓国製より少なくても1~2%高く売れた。彼は「日本企業が在庫がないと言うので韓国のものを買っているのが実情」とし、「このまま行けば韓国企業は5~6月の船積み分はやむを得ず損して売らなければならないだろう」と予想した。 

  円安の恐怖が現実になった。海外市場では価格逆転現象が起きる品目が現れた。韓国の100大輸出品のうち日本と競合関係にある製品は約半分の49品目に達する。このうち電子・IT業種を除いた相当数は相対的に安い価格が韓国製品の支えとなっていた。 



続きを読む »

当サイト特集カテゴリー
1.液晶の歩んできた道(第一部)
液晶の黎明期から実用化を果たすまでの過程をわかりやすく解説することを目指して書きました。

2.液晶の歩んできた道(第二部)
液晶が当面の最終目標だった大型テレビに採用され夢の平面テレビが実現した過程を解説していく予定です。(開始時期未定)

3.用語辞典(技術・ビジネス・企業)
管理人特選の最新技術用語やビジネス用語・関連企業を解説しています。時間の許す限りのアップ、今後充実を目指します。
掲載年月から記事を探す



Twitter プロフィール
Flat Panel TV and Display Worldサイト管理人です。薄型パネルの最新情報を発信しています。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人へのメッセージ


[FPD関連本]

フラットパネル資料館

日本の電機産業 失敗の教訓












カテゴリーごと記事
記事掲載の写真
  • ソニー、4K HDR 55型有機ELモニター「PVM-X550」に高輝度モード追加。'18年3月
  • Apple、最上位モデル「iPhone X」発表
  • 新生シャープは真価問われる2年目に突入--「海外拠点との会議は英語化したい」
  • 12日のアップル新製品発表、会場のスティーブ・ジョブズ・シアターとは?
  • TVの未来は有機ELではなく「QLED」が握る 米アナリスト予測
  • 豊橋技科大、複屈折性高い液晶材開発 光・電気特性の異方性向上
  • 世界初8K液晶テレビ「AQUOS 8K」登場、70型で約100万円。シャープが8Kをリードする
  • 九大、液晶薄膜中で渦状の秩序構造が自発的に形成されることを実証
  • [更新] 中国-液晶・有機EL工場+ガラス工場、投資・計画状況一覧 (China LCD Plant Investment Summary List)
  • [更新] 中国-液晶・有機EL工場+ガラス工場、投資・計画状況一覧 (China LCD Plant Investment Summary List)
  • [更新] 中国-液晶・有機EL工場+ガラス工場、投資・計画状況一覧 (China LCD Plant Investment Summary List)
  • [更新] 中国-液晶・有機EL工場+ガラス工場、投資・計画状況一覧 (China LCD Plant Investment Summary List)
  • [更新] 中国-液晶・有機EL工場+ガラス工場、投資・計画状況一覧 (China LCD Plant Investment Summary List)
  • [更新] 中国-液晶・有機EL工場+ガラス工場、投資・計画状況一覧 (China LCD Plant Investment Summary List)
  • [更新] 中国-液晶・有機EL工場+ガラス工場、投資・計画状況一覧 (China LCD Plant Investment Summary List)
  • [更新] 中国-液晶・有機EL工場+ガラス工場、投資・計画状況一覧 (China LCD Plant Investment Summary List)
  • 東洋紡 有機EL用フィルム本格生産 ガラス代替
  • インタビュー/JDI・東入来会長兼CEO「これが最後のチャンス」
  • 有機EL 素材で攻める 3兆円市場で日本勢が存在感 三菱ケミ、発光材で大型に照準 製造装置はキヤノン系独走
  • 中国経済界、フォックスコンの米国投資拡大を警戒
  • 世界で一番売れているサムスンのスマホ、なぜ中国では売れないのか
  • シャープ社長、JDI支援に意欲=「黒字化できる」
  • [韓国報道] サムスン電子、日本のスマホ市場で大きく成長…シェア3位
  • 中国パネルメーカーの天馬微電子、JDIに出資提案
  • Apple、iPhoneやMacの画面盗み見を防ぐ技術を開発!液晶の視野角を制御
  • Apple、iPhoneやMacの画面盗み見を防ぐ技術を開発!液晶の視野角を制御
  • ジャパンディスプレイ、「コネクテッドカー」「ADAS」向け車載用LTPS(低温ポリシリコン)液晶ディスプレイの量産出荷開始
  • [更新] 有機EL(OLED)量産工場・投資予定一覧 (OLED Production Plant Investment Summary)
  • [更新] 有機EL(OLED)量産工場・投資予定一覧 (OLED Production Plant Investment Summary)
  • JDI、1000億円 工場集約など改革加速
コメントありがとう