return_to_forever

Flat Panel TV and Display World-2....液晶・業界・動向

液晶・有機EL・プラズマ、FPD業界・パネルメーカー・関連企業情報を掲載。当ブログで激しい市場動向に追随!--Since Nov.2004

トピック別

23 Nov

「TOSHIBA」使用権40年 テレビ事業買収の中国家電大手ハイセンス

toshiba origin_1経営再建中の東芝からテレビ事業を買収する中国家電大手の海信集団(ハイセンス)が、「TOSHIBA」ブランドを40年間、全世界で販売するテレビで使用できる権利を取得することが22日、分かった。東芝の知名度や信用力を生かし、高価格帯製品の販売拡大に弾みをつけたい考えだ。

 日本市場では、引き続き国内電機大手と比べ2~3割程度安い自社ブランド製品の販売に力を入れる。来年2月以降に買収を完了する「東芝映像ソリューション」(青森県三沢市)は「REGZA(レグザ)」ブランドの製品を継続し、価格や機能での違いを明確にする。



23 Nov

サムスン、全部門で技術革新活動 半導体の成功体験をスマホや家電に

韓国サムスン電子は22日、革新的な素材や技術を発掘し実用化する取り組みを社内のすべての事業で始めると発表した。先行して導入した半導体部門で成果がみられるため、スマートフォンと家電の2部門にも成功体験を広げて競争力を高める。
人工知能(AI)専門の研究組織を新設することも決めた。  社内で「ビジネスデベロップメント(BD)」と呼ぶ、急速に進む技術革新と事業領域の多様化に対応するための活動を拡大する。
「オープンイノベーション」が盛んな米国を拠点に、半導体とディスプレーで成果を上げたソン・ヨングォン社長が、今後は全ての事業でBDの指揮をとる。



続きを読む »
23 Nov

液晶パネル、下落止まらず テレビ向け 販売低迷で

 テレビ用大型液晶パネルの値下がりが止まらない。11月の大口価格は前月比1~6%安く、年初に比べ1~2割下がった。2016年後半から続いた高値の影響でパネルを組み込むテレビの価格が下がりにくくなり、米国や中国でテレビの販売が低迷している。パネルの値下がりは来年以降、テレビの店頭価格に反映されそうだ。

  指標品であるオープンセル(バックライトなどがつかない半製品)の32型は、大口価格が1枚67ドル前後と、前月に比べ1%安い。年初比では11%下がっており、1年4カ月ぶりの安値水準だ。「数カ月先を見越した商談は、60ドルを切る話が出ている」(電子部品商社)



続きを読む »
22 Nov

サムスン電子、最高業績に大盤振る舞い役員人事

空前の半導体好況を受けてサムスン電子の業績も絶好調だ。「信賞必罰」で知られるだけに、過去最大規模の役員人事を断行した。韓国は超競争社会だ。サムスングループは「夢の就職先」だ。その中でもサムスン電子は飛び抜けた収益力だ。この会社の役員というのは、だから、サラリーマンの頂点でもある。


続きを読む »
22 Nov

EIZO、内視鏡モニター 4K映像に対応

 EIZOは手術・内視鏡用の31.1型モニター「CuratOR EX3140」を2018年2月1日に発売する。4Kに対応しており精細な映像を表示できるほか、表示できる色の領域もシリーズの中で最も広い。フルHDの映像もより鮮明に表示する機能を搭載。繊細な手術などに取り組みやすくなる。価格はオープン。

続きを読む »
21 Nov

BOE合肥10.5世代8K液晶ライン、前倒しで17年内稼働

パネル大手、中国BOE(京東方)の王東昇・董事長は2017年11月14日、中国湖北省武漢で同社が開いたイベントで、安徽省合肥の第10.5世代液晶(TFT-LCD)生産ラインについて、18年を予定していた本格稼働を17年12月に前倒しすると表明。
「同ラインの稼働で、世界は8K新時代に入る」と述べた。

21 Nov

太陽光の新設容量、17年に初の100GWへ 欧団体公表

欧州の太陽光発電業界団体であるSolarPower Europeは、太陽光発電の新規導入量が2017年にグローバルで初めて100GWの水準に達するとの見通しを17年10月26日に発表した。76.6GWの太陽光が系統連系された16年の水準から30%以上の成長になるという。

 同団体のMichael Schmela参与兼市場情報部長は「政策による後押しが太陽光発電の増加に寄与した。太陽光はクリーンなエネルギーであり、世界のほとんどの国で現在最も低コストの発電技術となっている」と述べている。



続きを読む »
16 Nov

韓国LGが増産 有機ELテレビ世界市場6割拡大へ 18年、280万台に

韓国LGディスプレーは高精細な高級テレビに使う有機ELパネルを2018年に最大280万台分生産する方針を固めた。17年生産見込みに比べ6割増やす。現在、テレビ向け有機ELパネルを独占的に供給するLGの増産により、有機ELテレビの世界市場も同程度拡大する見通しで、普及に弾みがつきそうだ。

LGディスプレーはテレビ向け有機ELパネルの生産量を17年の170万台分から18年は250万~280万台分に増やす。17年中に増産のために前年比約3倍の5000億円程度を投じるもよう。LGの増産により、テレビの世界需要に占める有機ELのシェアは台数ベースで18年に1%程度を占める見込み。テレビメーカーの競争が一段と激化し、価格も下がる公算が大きい。



続きを読む »
15 Nov

船井電機、大型テレビ生産移管 アジアからメキシコに

船井電機は13日、不振が深刻な液晶テレビ事業の構造改革として、2018年内に北米市場向け大型テレビの生産の一部を中国などアジアからメキシコに移管することを明らかにした。
輸送期間を短縮し、液晶パネルの調達価格の変動に強い体制を築く。



続きを読む »
15 Nov

アップル 部品値下げ要請か

アップルがアイフォーンの部品メーカーに値下げを求めたもようです。
台湾の新聞、経済日報によりますと、アップルは「iPhone8(アイフォーンエイト)」と「8プラス」の部品を供給するメーカーに対し、プリント回路基板など関連部品の価格を10%から15%程度引き下げるよう要請したということです。



14 Nov

分子の屈伸運動で円偏光の回転方向制御に成功 3D有機ELディスプレイの製造コスト削減に期待

近畿大学理工学部(大阪府東大阪市)応用化学科の准教授 今井喜胤(いまいよしたね)らの研究グループは、映画館などで3D立体映像を映し出す際に使われる、「円偏光」を発するCPL※1 発光体において、分子の屈伸運動を利用して円偏光の左右回転方向を制御することに世界で初めて成功しました。
このたび、本件に関する論文が、アメリカの学術出版社Wileyが発刊する雑誌「ChemistrySelect」に、平成29年(2017年)11月13日(月)にWEB掲載されました。
※1 CPL…Circular Polarized Luminescence 円偏光発光


続きを読む »
13 Nov

アップルが選択した「緩やかな衰退」 iPhoneの市場シェアは縮小へ

アップルがiPhone Xの価格を1000ドルとしたことは、ティム・クックが描く今後のiPhoneの戦略を物語っている。アップルはiPhone Xを未来のスマートフォンとして売り込もうとしているが、アップルの利益率は維持できたとしても、iPhoneの市場シェアは今後低下するだろう。

調査会社IHS MarkitはiPhone Xを分解し、その製造原価が357ドルであると試算した。iPhone Xの利益率は実に、64%に及んでいる。ここから研究開発コストや製造費用、輸送費用、ディストリビューション費用を差し引くと、iPhone XはアップルにこれまでのiPhoneとほぼ同じ、40%の利益率をもたらすことになる。



続きを読む »
10 Nov

2018年の半導体・ディスプレイ・IT業界はどうなる?

大型パネル市場は、2016年第3四半期から2017年第2四半期にかけて売り手市場だった。しかし、2017年第3四半期から供給が需要を上回り、価格が下落する傾向にある。
有機ELテレビはハイエンド市場で圧倒的な地位を占めるとされており、WitsViewとしても有機ELテレビの世界出荷台数は2017年の150万台から2018年には240万台に増加するとしている。


続きを読む »
9 Nov

JDI、4~9月最終赤字680億円、液晶パネル苦戦

液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)の業績が低迷している。8日発表した2017年4~9月期の連結決算は、最終赤字が680億円(前年同期は167億円の赤字)に拡大した。スマートフォン(スマホ)で有機ELパネルの採用が加速するなか、主力の液晶パネルが苦戦。工場の固定費や在庫の評価損も重荷になった。

 売上高は1%増の3738億円、経常損益は401億円の赤字(前年同期は205億円の赤字)だった。円安などで増収は確保したものの、パネルの価格競争が激化し採算は悪化。韓国勢に比べ出遅れている有機ELパネルの開発費も響いた。



続きを読む »
8 Nov

BOE董事長「技術革新で生き残る」 世界経営者会議

中国の液晶パネル最大手、京東方科技集団(BOE)の王東升董事長は7日、第19回日経フォーラム「世界経営者会議」で講演し、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」で激変するIT(情報技術)市場で生き残るには「技術革新が唯一の道」と指摘した。その中で王氏は「ディスプレー技術を基盤とし、センサーやビッグデータ技術を徐々に積み上げていく」と戦略を語った。

 BOEはスマートフォン(スマホ)やパソコン向けのディスプレー出荷数量で世界一となり、さらに中国国内で大型工場を相次ぎ建設中だ。王氏は「人類は第4次産業革命を迎えている。IoT時代は企業側にとって大きなチャンス」と語りディスプレーの用途が広がるとみる。



続きを読む »
7 Nov

Costs of 55-inch OLED TV display production catch up to LCD TV panels

A major decrease in manufacturing cost gap between organic light-emitting diode (OLED) display and liquid crystal display (LCD) panel is expected to support the expansion of OLED TVs, according to new analysis from IHS Markit (Nasdaq: INFO).

The OLED Display Cost Model analysis estimates that the total manufacturing cost of a 55-inch OLED ultra-high definition (UHD) TV panel — at the larger end for OLED TVs — stood at $582 per unit in the second quarter of 2017, a 55 percent drop from when it was first introduced in the first quarter of 2015. The cost is expected to decline further to $242 by the first quarter of 2021, IHS Markit said.



続きを読む »
2 Nov

サムスン電子副会長「過去最高業績の今が危機の始まり」

サムスン電子の権五鉉(クォン・オヒョン)副会長は1日、同社の創立48周年記念式典で役員・社員に対し「半導体の好況で過去最高の業績を上げている今がむしろサムスン電子の危機」と訴えた。

 権副会長は、京畿道水原市にあるサムスン電子デジタルシティーで行われた記念式典で「困難な環境の中でもわが社が過去最大の業績を達成したのは、役員・社員の皆さんが努力した結果」だとしながらも「一部事業の成長鈍化、新成長動力の確保の遅延など、依然として多くの不安要素を抱えており、1位を達成した今がむしろ危機の始まりかもしれない」と述べた。



続きを読む »
29 Oct

台湾AUO、7~9月は成長鈍化 液晶パネル単価下落で 

AUO-4K-Curved-1台湾の液晶パネル大手、友達光電(AUO)が26日に発表した2017年7~9月期連結決算は、純利益が88億台湾ドル(約330億円)だった。
前年同期に比べ8割増だが、直近の四半期(4~6月期)比では10%の減益だ。昨年後半からは米中で大型テレビ需要が拡大。液晶パネル産業は活況が続いてきたが、変調の兆しが色濃くなってきた。
 AUOの7~9月期の売上高は前年同期比2%増の873億台湾ドル、営業利益は69%増の97億台湾ドルで、業績は絶好調に見える。ただし直近四半期に比べると変調は鮮明だ。売上高は4%増だが、営業利益は17%減少。パネルの単価が下落し採算性が低下した。



保存保存続きを読む »
28 Oct

テスラ車生産にボトルネック、台湾供給網に打撃

電気自動車(EV)世界最大手、米テスラモーターズに減速機(ギアボックス)を供給する和大工業(HOTA)の沈国栄董事長は26日、12月から出荷量を4割減らすようテスラから通知を受けたと明かした。

今年の新モデル「テスラ3」は生産にボトルネックを抱えており、月間生産台数が目標の5分の1以下にとどまっている。同社に製品を供給する台湾の自動車部品・電子部品メーカーの業績に影響が懸念される。27日付経済日報が報じた。
 モデル3は、従来モデルから価格を引き下げたことから予約が殺到。現在50万台の受注を抱えている。一方で7~9月の生産台数は月間260台と目標である1,500台の5分の1以下にとどまっている。

続きを読む »
26 Oct

有機ELパネル、22年に生産能力4倍に IHS予測

英調査会社のIHSマークイットは24日、世界の有機ELパネル生産能力が2022年に17年比4.2倍の5010万平方メートルになるとの予測をまとめた。有機ELは米アップルが11月発売のiPhoneX(テン)に採用するなど普及が進んでいる。成長市場を狙い、韓国や中国のメーカーの増産投資が相次ぐ。

続きを読む »
25 Oct

双葉電子工業が松戸の工場譲渡

有機ELディスプレーや蛍光表示管など電子部品の生産を手掛ける双葉電子工業(千葉県茂原市)は、千葉県松戸市の「松戸精機工場」を譲渡する。経営資源の有効活用により、資産の効率化を図る。

22 Oct

[更新] 液晶パネル価格トレンド (LCD Panel Price Trend)

[更新情報] 2017年10月の価格情報を追加しました。
(2017年10月)
価格下落が継続しており、32"は前月比$1の低下に留まったが、40"以上は約$6の低下となった。
中国テレビメーカーが在庫消化に動いている。価格下落を受けて取引量を増やすか注目される。

f89398ce9e_z【用語辞典 (技術・ビジネス・企業) 】に、(液晶)パネル価格のトレンドウォッチを追加します。
技術開発・市場開拓そして工場投資・サプライチェーンさらに各国の政策などの企業・業界・社会活動の結果とそれに伴う需給関係の変化によって価格が決定されているわけで、大変重要な指標の一つとして見ていきたいと思います。
(なお情報元は調査会社の公開情報になります)



保存保存保存保存保存続きを読む »
22 Oct

[更新] 中国-液晶・有機EL工場+ガラス工場、投資・計画状況一覧 (China LCD Plant Investment Summary List)

[2017.10.22更新]
・AUO昆山LTPS工場、17年10月フル稼働達成 中国スマホ向け好調
(2017.10.22) 内容を反映しました。
・各社工場外観写真を随時最下欄に追加しています。


(過去の更新履歴は最下欄に記載)


BOE 8-11
中国での液晶パネル工場、有機ELパネル工場、そしてガラス工場の投資状況を整理しました。

液晶は中国の基幹戦略事業の一つとして積極投資が続いています。
特に2009年2月に国務院を通過した《電子情報産業調整新興計画》は、「新型ディスプレイとテレビ工業のモデルチェンジ」を六大重点プロジェクトの1つに挙げており、それ以降第 6世代以上の液晶パネル(TFT-LCD)生産ライン建設を明確にサポートし投資の追い風になっています。

LCD KTC 2015Dec都市ごとの投資競争合戦にもなっていて、一例として武漢では「中国のオプティクス・バレー」と銘打って東湖ハイテク産業開発区の整備に力がそそがれています。
しかし、そういう背景はあるものの激しい投資競争が続いていて過剰投資に陥っているのは間違いないですね。

なお最近(2016年12月)のBOE社の学会での発表によりますと中国政府の補助金対象が今までの8世代以上の液晶工場から、11世代以上の液晶工場または有機EL工場に切り替わったそうです。
そのためBOEとしては補助金のもらえないような世代の液晶工場の投資は今後行わないとのことです。

他の中国企業もこの動きに従うことになると思われます。


【液晶工場】
グループ拠点
世代
生産能力
量産開始
投資額
技術
注記
BOE
北京
5G
60
2005

a-Si

BOE
北京
8.5G
130


a-Si

BOE
成都
4.5G
45
2010

a-Si/LTPS
BOE
成都
6G
45
2017/2Q
220億RMB
LTPS
成都京東方光電科技, 記事
BOE
重慶
8.5G
1202015/3Q

aSi/Oxide 重慶市両江新区, 記事
BOE
福州
8.5G
1202017/3Q
300億RMB
aSi/Oxide 記事
BOE
オルドス
5.5G
35


LTPS

BOE
合肥6G
80

aSi
BOE
合肥8.5G
110

aSi/Oxide
BOE
合肥10.5G
902018/2Q
400億RMB
aSi 中国で第10.5G液晶工場建設と発表
CECバンダ
成都
8.5G


280億RMB
aSiChina Electronics Corporation
CECバンダ 南京
6G
83


aSiシャープ亀山6Gを移設
CECバンダ 南京
8.5G
90
2015

aSi 8.6Gに変更?
Century D
深圳
5G
98
2008
15億US$
aSi Century Display, Foxconnグループ
CSOT
武漢
6G
30
2016/4Q
2016/4月
160億RMB
LTPS
華星光電(China Star), TCL子会社、
2016年4月量産開始した
CSOT
深圳
8.5G
20→60
2012

aSi 記事
CSOT
深圳 10.5G

2019/7月
7000億円
aSii 新工場に7000億円(2016/Sep), 11G建設表明(2016/May)三星9.8%出資
HKC
重慶
8.6G

2017
120億RMB
aSi HKCグループ(恵科電子), 記事
HKC
昆明
10.5G

(2019)
400億RMB
aSi HKCグループ(恵科電子), 記事
(鴻海)
河南
貴州
6G



LTPS 河南省蘇州と調印、記事
憶測記事 - Huaweiが出資, 記事
Info Vision
昆山5G
120
2006

aSi 昆山龍騰光電, 記事
Tianma
上海4.5G
40
2008

a-Si
記事
Tianma
成都4.5G
30
2010

a-Si

Tianma
武漢4.5G
40
2010

a-Si

Tianma
上海5G
80
2004

a-Si
SVA-NECとして立ち上げた
Tianma
武漢6G



LTPS
天馬微電子
Tianma
厦門
5.5G
30


LTPSOLED転用?
Tianma
厦門
6G
30

120億RMB
LTPS厦門天馬微電子
Truly
汕尾
2G
50


a-Si広東省
Visionox昆山
5.5G
8
2015

LTPS維信諾
AUO
昆山
6G
30
2016/2H
17億US$
LTPSフル稼働達成(2017/10)記事
CPT
福建
6G


120億RMB
aSi社名:福建華佳彩 拠点:福建省莆田市, 記事
LGD
広州
8.5G
60→120
2014/Sep
40億US$
aSiLGD, Skyworth出資, 記事
Samsung
蘇州
8G
55→(75)
2014/Oct
10億US$
aSiサムソン蘇州LCD(TCLと合弁), 記事
鴻海
広州市
10.5G
90 2019
8千億円
aSi中国に世界最大級の液晶工場、シャープが技術協力記事, 記事着工式記事(17年3月)

注:
・工場の世代の定義の解説は⇒コチラ
・BOEの10.5Gはガラスサイズが3370x2940mm。
・投資計画のHKC / CECパンダの8.5Gは8.6Gに変更を検討中との報道がある
・用語の解説は⇒コチラ



保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存
保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存続きを読む »
20 Oct

[韓国報道] 東レ、2020年までに韓国に1兆ウォン投資

日本の先端素材企業、東レが2020年までに韓国に1兆ウォンを投資する計画だ。

  東レの日覚昭広社長と韓国東レ代表である李泳官(イ・ヨングァン)会長は19日、ソウル中区(チュング)ザ・プラザホテルで懇談会を開き、このような内容の韓国事業への投資拡大計画を明らかにした。

  日覚社長は「韓国の人件費が上昇したが、日本に比べればまだ有利な状況」としながら「特に、東レは高級商品を生産するため、優秀な人材が必要だ」と大規模の投資背景について説明した。



続きを読む »
20 Oct

近畿は6期連続で貿易黒字 29年度上半期、液晶パネル輸出増

大阪税関が19日発表した近畿2府4県の平成29年度上半期(4~9月)の貿易概況によると、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は9903億円の黒字だった。半期ベースの黒字は14年度下半期から6期連続。液晶パネルなどの輸出額が伸びたことが寄与した。

 輸出額は前年同期比11・9%増の8兆1534億円。中国向けのテレビに使う液晶パネルや、スマートフォン用メモリーなどが伸びた。

 輸入額は13・2%増の7兆1630億円。液化天然ガス(LNG)が価格上昇で増えたが、中国からのスマホは減少した。

 同時に発表した9月の貿易収支は2525億円の黒字だった。黒字は8カ月連続。米国向けのゲームソフトの輸出が過去最高額だった一方、ドイツからの医薬品の輸入も大きく増えた。



18 Oct

爆走する中国、新型ディスプレー投資へまい進

ディスプレー関連の国際カンファレンス「Display Innovation CHINA 2017/Beijing Summit」が2017年10月16日に、中国・北京の国家会議中心で開幕した。10月17日まで、2日間にわたり開催される。中国は2年後の2019年、ディスプレー生産の国・地域別シェアで韓国を抜き、世界一になることが確実な状況だ。世界トップを射程に捉えた中国の勢いは止まらない。次のターゲットは、フレキシブル有機ELやAR/VR、8Kなどの“新型ディスプレー”である。国と企業が一体となり、新型ディスプレーの事業化に向けて猛然と走り出した。
世界トップの座が目前の中国。しかし、中国ディスプレーメーカーのトップは冷静だ。「ディスプレー産業には、生産過剰の警告が鳴らされている」と、中国最大手のBOE Technlogy Group社の董事長で中国光学光電子行業協会液晶分会の理事長を務める王東升氏は、DIC 2017の冒頭の主催者挨拶で語った。「ディスプレー産業は新たな岐路に直面している」と、王氏は言う。


続きを読む »
17 Oct

JDI、深まる経営危機…アップルをサムスンに奪われ巨額損失、法的整理も現実味増す

能美工場_joled02
シャープの戴正呉社長は、液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)への支援に関して「日本企業による日の丸連合でないと(国際競争に)負ける。シャープが主導すれば立て直す自信はある」と述べた。
JDIは全社員の3割に当たる3700人の人員削減に加え、石川県能美工場の生産を年内に停止する。能美工場はJDIに統合する前の東芝の工場だった。JOLEDが1000億円の資金を集めて能美工場で独自技術による有機ELの量産を19年に開始するとしているが、まだ先の話だ。1000億円の資金が集まるかどうかもわからない。


続きを読む »
15 Oct

サムスン、7-9月利益が1兆4400億円 ディスプレー・メモリー好調

韓国のサムスン電子の7-9月(第3四半期)営業利益は市場予想を上回った。ディスプレーと半導体メモリー需要が大きく伸びた。同社スマートフォンの最新モデルは年末商戦を前に、アップル製品と競争を繰り広げている。

 13日公表された暫定集計では、営業利益が14兆5000億ウォン(約1兆4400億円)に増加。ブルームバーグが集計したアナリスト予想の平均は14兆3000億ウォンだった。売上高も62兆ウォンに増え、アナリスト予想と一致した。

 コンピューターサーバーや人工知能(AI)搭載機器などあらゆる製品が半導体需要を押し上げ、DRAMとNAND型フラッシュメモリーの価格が上昇。半導体メモリー製造で最大手のサムスンは4-6月(第2四半期)に既に過去最高益を記録していた。同社はスマホメーカーのほか、データセンター運営会社に半導体を供給する。



続きを読む »
13 Oct

フィッチ「イ・ジェヨン副会長の不在、サムスン電子に否定的影響ない」

C49Fkbzx9a国際格付け会社フィッチ・レーティングスがサムスン電子の長期信用格付けを「A+」から「AA-」へと一段階格上げすると明らかにした。イ・ジェヨン副会長の不在が信用格付けを決定するのに否定的な影響を及ぼさないと付け加えた。

 フィッチは12日、サムスン電子の信用格付けの見通しを「安定的」と評価した。フィッチは「サムスン電子の信用度は予測可能な事件に大きく脆弱ではないという我々の信頼を反映したもの」と説明した。フィッチはサムスン電子が半導体部門で強力なリーダーシップを持っており、小型OLED(有機発光ダイオード)ディスプレー市場を事実上独占していると分析した。



続きを読む »
13 Oct

スマホ用有機パネル、19年に値下がりへ 米社予測

米調査会社、ディスプレイサプライチェーンコンサルタンツはスマートフォン(スマホ)に使う中小型有機ELパネルが2019年に値下がりに向かうとの予測を発表した。工場の新設や増強が相次いでおり、需要の伸びを上回る。



続きを読む »
11 Oct

LG電子の7~9月営業益 テレビ・家電好調で82.2%増

韓国のLG電子が10日発表した7~9月期連結決算(速報値)によると、本業のもうけを示す営業利益は5161億ウォン(約511億円)で前年同期比82.2%増加した。7~9月期としては2009年以来の高水準。前期比では22.3%減少した。
 売上高は前年同期比15.2%増の15兆2279億ウォンで7~9月期としては過去最高。四半期ベースでは14年10~12月期に次ぐ高水準となった。



続きを読む »
6 Oct

中国IVO、ボタン一つでのぞき見防止が可能な液晶パネル

中国InfoVision Optoelectronics(Kunshan)社(IVO:昆山龍騰光電)が「CEATEC JAPAN 2017」(2017年10月3~6日、幕張メッセ)で、携帯機器やノートパソコン、タブレット端末に使う中小型液晶パネルを多数出展している。その中で同社の「HVA視角切り替え技術」を用いたTFT液晶パネルは日本初出展となる。



続きを読む »
5 Oct

液晶パネル下落続く 9月大口、テレビ用1~4%安

テレビ向けの大型液晶パネルが一段と値下がりしている。指標となる32型のオープンセル(バックライトなどがつかない半製品)は、9月の大口向け価格が前の月と比べ1.4%安い1枚69ドル前後。北米や中国でテレビメーカーからの需要が低迷するなか、パネルメーカーが値下げで需要開拓に動いている。



続きを読む »
5 Oct

【CEATEC 2017レポート】27型8K HDR/120Hz液晶や量子ドット技術などが参考展示

 シャープブースでは、27型で8K(7,680×4,320ドット)表示に対応したHDR液晶ディスプレイが展示。120Hz駆動にも対応している。
 IGZO液晶を採用し、iPhone 8と同等の326ppiという画素密度を達成。「人の目の識別限界を超えるほどのリアリティな映像を表現」できるとしている。
MiraVision Display HDRは、スマートフォンでHDRコンテンツを表示するさい、ダイナミックレンジをリマッピングして、最適なHDR表示を実現するというもの。


続きを読む »
4 Oct

現実に迫る8Kリアリティ。シャープがCEATECで展開する8K/AIoTワールド

sharp 8k live s03
CEATEC JAPAN 2017開幕前日となる2日、シャープはプレス向けにブースを先行公開し、8K/AIoTを中心とした同社の取り組みを紹介した。メインステージには70型ディスプレイを16枚(4×4枚)つなぎ合わせた8Kマルチディスプレイを配置し、ムービーの上映とともにシャープの事業ビジョンを紹介。
8K関連では、カイロスが開発し、11月頃より医療現場への設置が見込まれる8K硬性内視鏡システムも展示。8Kの高解像度が手術の現場の環境を大きく改善することなどを紹介している。また、ドコモの8K VRソリューションに1,008ppiのHMD用IGZOパネルを提供し、高解像度のVR体験をアピールした。


保存続きを読む »
4 Oct

有機材料混ぜ「光源」開発 九大 レアメタル不要、コスト1/10

九州大最先端有機光エレクトロニクス研究センターは、太陽光や照明の光のエネルギーを蓄えて、ゆっくりと光を放出する有機化合物を開発したと発表した。
非常誘導灯などに用いられ、材料に高価なレアメタル(希少金属)を使っている従来の「蓄光」よりも製造費は格段に抑えられ、医療分野など幅広い用途に活用できる可能性があるという。
安達千波矢センター長は「数年以内に実用化したい」としている。3日、英科学誌ネイチャー電子版に論文が掲載された。

続きを読む »
3 Oct

インタビュー/ジャパンディスプレイ執行役員兼最高マーケティング責任者・伊藤嘉明氏

yoshiaki ito jdi 10376ジャパンディスプレイ(JDI)は、10月1日付で新経営体制を発足した。その中での注目人事が、執行役員兼最高マーケティング責任者(CMO)に招聘(しょうへい)した伊藤嘉明元アクア社長だ。家電など主にBツーC(対消費者)業界で大胆なアイデアと急速な経営改革を実施してきた伊藤氏は、JDIにどんな化学反応をもたらすのか。今後の施策などについて聞いた。

―なぜCMOを引き受けたのですか。

「JDIには世界最高峰の技術が複数あり、組み合わせれば革新的なことを実現できる。我々が知っている以上に潜在性があり、魅力を感じた。外からJDIを見ており、厳しい状況も認識している。引き受ける前は相当考えたが、批評家や評論家にはなりたくなかった。『それなら自分が利益向上に役立とう』と決意した」

―JDIの課題をどうみていますか。

「スピード感と、着実に実行する点が不足している印象を受ける。



続きを読む »
1 Oct

Jディスプレイ 閉鎖予定の工場再稼働検討

ジャパンディスプレイの東入来CEOは、12月に閉鎖する石川県能美工場について、再稼働を目指して検討を始めたことを明らかにした。

ジャパンディスプレイの東入来CEOは、12月に閉鎖する石川県能美工場について、再稼働を目指して検討を始めたことを明らかにした。

 ジャパンディスプレイは抜本的な経営改革を進める中、現在、スマートフォン向け液晶パネルを生産している石川県能美工場を12月に停止する。



続きを読む »
29 Sep

米、中国ネットテレビを調査=シャープが特許侵害訴え

米政府機関の国際貿易委員会(ITC)は27日、中国の電子機器メーカー、ハイセンスがシャープのインターネット接続テレビの特許を侵害している可能性があるとみて調査すると発表した。
 侵害を認定した場合、米国での販売停止などの是正措置を講じる。  調査対象はハイセンスと米国法人など。シャープが8月、無線通信Wi―Fi(ワイファイ)接続テレビや関連電子機器の特許侵害を訴えていた。
 ITCは関税法337条(不当輸入禁止)に基づき調査する。45日以内に調査終了日を設け、是正措置を決めた場合、通商代表部(USTR)に棄却されなければ60日以内に確定する。 

28 Sep

Jディスプレイ、社内カンパニー制に移行 管理職3割減

jdi 北いりき97bde909 経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)は26日、10月1日付で顧客別に事業部を3つに分けた社内カンパニー制に移行すると発表した。420あった管理職ポストを約3割減となる280にして組織階層を削減。本社機能もスリム化して意思決定のスピードを速める。同社は2018年3月期に4期連続の最終赤字になる見通しで、構造改革によって収益回復を急ぐ。

 事業部をスマートフォン(スマホ)向けの「モバイルカンパニー」と車載や産業機器向けの「車載インダストリアルカンパニー」、デジタルサイネージや仮想現実感(VR)機器向けの「ディスプレイソリューションズカンパニー」の3つに分ける。権限を委譲し収益管理を各カンパニーに担わせる。



保存続きを読む »
27 Sep

8月近畿貿易概況、7カ月連続黒字 液晶パネルの輸出好調

大阪税関が20日発表した近畿2府4県の8月の貿易概況(速報値)によると、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は1630億円の黒字だった。黒字は7カ月連続。輸出入の金額はともに増加したが、液晶パネルなどの輸出が好調で黒字に寄与した。



続きを読む »
26 Sep

[台湾報道] iPhone-X部品の調達を6割下方修正、量より「技術力の象徴」

iPhone_X_gestures11月発売の10周年モデルiPhoneXは生産の難易度が高く、部品の調達予定を6割下方修正したとの情報がある。

あるサプライヤーの関係者は、アップルが新モデル発表日の1週間前に、iPhoneXの一部部品の出荷を、従来求めていた量より6割減らすようサプライヤーに通知したと明かした。iPhoneXは生産の難易度が高く、歩留まり率が低いため、たとえ出荷が6割減となっても、サプライヤーはアップルの出荷量の要望に応えるため、生産を急いでいる状況だという。

 関係者は、電子業界では部品不足を回避するため、最終製品メーカーがまず多めに要望するのはよくあることと説明した。ただアップルの場合は他社と異なり、最終的には部品の大部分を使い切ると話した。

 別の業界関係者は、iPhoneXはアップルの技術力をアピールするための存在で、販売台数を追求しているわけでないと分析した。



保存続きを読む »
26 Sep

シャープが振り返る「日の丸ディスプレイ」が敗北した理由(後編)

(前編から続く)
経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)がグローバルパートナーとの出資を含む提携を模索するなか、「今こそ、ディスプレイ事業における『大日の丸連合』の結成が必要だ」と、シャープ 上席常務 ディスプレイデバイスカンパニー社長の桶谷 大亥氏は話す。
桶谷上席常務が理由の一つとして挙げるのが、過去の液晶ディスプレイ産業における失敗だ。台湾、韓国への技術流出が、日本の液晶ディスプレイ事業全体の競争力を弱めた経験から、二の鉄を踏まないことが大切だと話す。そして「大日の丸連合」と呼ぶ言葉には、単にパネルメーカー同士の提携に留まらない大きな意味を込めている。


続きを読む »
21 Sep

有機ELディスプレー市場、22年3倍の4兆6140億円

富士キメラ総研は19日、2022年の有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)ディスプレーの世界市場が16年比約3倍の4兆6140億円となる予測を発表した。テレビ向けの大型パネルが大きく伸びるほか、中小型ではスマートフォンに加えスマートウオッチや車載パネルでの採用が広がる見通しだ。

市場別では22年に大型有機ELパネルが16年比4・7倍の7617億円に、中小型は同年比2・8倍の3兆8523億円になると予測した。



続きを読む »
13 Sep

Apple向け新サプライヤーの謎

Apple社の部材供給業者の本社や工場が集積する台湾や中国では9月に入って連日、これら業者の製造、出荷の状況を伝えている。Apple社のサプライチェーンの動静を伝えるニュースに登場する企業といえば、EMS(電子機器受託製造サービス)世界最大手の台湾Hon Hai Precision Industry社〔鴻海精密工業、通称:Foxconn(フォックスコン)〕や台湾Pegatron社(和碩)、光学レンズの台湾Largan社(大立光電)、筐体の台湾Catcher社(可成)といったところが常連だ。
続きを読む »
12 Sep

新生シャープは真価問われる2年目に突入--「海外拠点との会議は英語化したい」

new sharp ceo8Kはこれまで経験したことのないリアリティと新発見をもたらす   
シャープの代表取締役社長の戴正呉氏は9月8日、「さあ、グローバル市場へ!」と題した社員向けメッセージを、社内イントラネットで配信した。  
冒頭、6月23日~8月21日まで「社長就任1年間の感謝の気持ちを込めて行った」とする株主対象の「謝恩祭」について報告。「『このような施策は、シャープの株主になって初めてであり、心から感謝している』、『より一層、シャープを応援しようと思った』など、多くの激励の言葉をもらった。



続きを読む »
10 Sep

MicrosoftのIFA2017基調講演から - Windows 10 Fall Creators UpdateとWindows Mixed Realty

Microsoftは、ドイツ・ベルリン開催の世界最大級コンシューマーエレクトロニクス展示会「IFA2017」(会期は9月1日~6日)の基調講演で、Windows 10 Fall Creators Updateを10月17日から全世界に向けて提供することを表明。Windows/デバイスグループ担当VPのテリー・マイヤソン氏が明らかにした。
この日からの提供を目指し、早期評価プログラムであるInsider Buildも着々と進み、会期初日の9月1日には最新ビルドとしてBuild 16353が公開されている。Windows 10 Fall Creators Updateは、「想像力と遊び心を刺激する」というアピールで知られる最新のWindowsアップデートで、開発者向けにはコードネームRedstone 3(RS3)として知られる。


続きを読む »
7 Sep

マイクロLED世界市場、2025年には45億ドル超に

サイズが100μm以下と極めて小さく、フレキシブル基板上に実装すると、折り曲げても割れないマイクロLED。その市場調査結果を矢野経済研究所が2017年9月4日に発表した。それによると、2017年のマイクロLED世界市場規模は700万米ドルに達する見込みだ。同社はマイクロLED世界市場規模が2025年には、その約655倍となる45億8300万米ドルに拡大すると予測する。

 矢野経済研究所の市場調査結果によると、マイクロLEDはディスプレイ向けを中心に市場の形成が進んでいる。先導するのはソニーであり、同社はマイクロLEDを採用した高画質ディスプレイシステムの販売を開始した。ソニーの他にはAppleも、2018年~2019年に発売する予定のスマートウォッチ向けとして、マイクロLEDディスプレイの採用を試みている。
 


続きを読む »
5 Sep

多層積層型有機ELの電子の動きを分子レベルで計測

有機EL素子駆動時の内部の電荷の挙動を分子レベルで非破壊的に計測できる新たなオペランド計測技術を、産総研らが開発した。かつて開発した和周波発生分光法(SFG分光法)「電界誘起2重共鳴SFG分光法」と、時間分解という手法を組み合わせている。
多層積層型有機EL素子を高効率化、省エネルギー化、長寿命化するには、発光層までの各有機層における電荷の挙動を、他の有機層の電荷と分離して計測する必要がある。劣化の原因となる酸素や水の影響を防ぐ厳重な封止を解かずに評価することも求められる。


続きを読む »
5 Sep

日亜化学、特許侵害で東芝提訴=液晶テレビ部品、賠償1億円強

東芝は4日、連結子会社の東芝映像ソリューションに対し、日亜化学(徳島県阿南市)が液晶テレビ2製品に搭載している部品が同社の特許を侵害しているとして提訴したと発表した。
東芝によると、部品は他社製だが、日亜化学は部品を搭載したテレビの製造・販売差し止めと、1億3200万円の損害賠償の支払いを求めている。


当サイト特集カテゴリー
1.液晶の歩んできた道(第一部)
液晶の黎明期から実用化を果たすまでの過程をわかりやすく解説することを目指して書きました。

2.液晶の歩んできた道(第二部)
液晶が当面の最終目標だった大型テレビに採用され夢の平面テレビが実現した過程を解説していく予定です。(開始時期未定)

3.用語辞典(技術・ビジネス・企業)
管理人特選の最新技術用語やビジネス用語・関連企業を解説しています。時間の許す限りのアップ、今後充実を目指します。
掲載年月から記事を探す



Twitter プロフィール
Flat Panel TV and Display Worldサイト管理人です。薄型パネルの最新情報を発信しています。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人へのメッセージ


[FPD関連本]

フラットパネル資料館

日本の電機産業 失敗の教訓












カテゴリーごと記事
記事掲載の写真
  •  「TOSHIBA」使用権40年  テレビ事業買収の中国家電大手ハイセンス
  • 鴻海シャープ、謎の中国拡販部隊 テレビ1000万台
  • アップルウォッチが四半期で約400万台の売上、Series 3が高評価
  • SCREEN 歩留まり悪化を防止 有機ELパネル用の塗布現像装置2種
  • 平昌五輪の公式テレビ、三星が供給へ 韓国メーカーの五輪供給は初めて
  • [更新] BOE Technology Group (京東方): 事業概要・生産ライン・技術
  • [更新] BOE Technology Group (京東方): 事業概要・生産ライン・技術
  •  有機ELテレビ、1~2割値下げ 年末商戦後押し 平均価格36万円
  • 「iPhoneX」の部品コスト、「8」を115ドル上回る-IHS
  • 中国液晶パネル最大手BOE ジャパンディスプレイ支援に意欲
  • 大画面で柔軟な有機ELパネル、酸化物半導体で実用化に前進
  • フィルム型ペロブスカイト太陽電池、世界最高性能の変換効率18%に
  • 自腹購入iPhone Xでわかったアップルの思惑と現状の不満点
  • JR東京駅「サイネージ ショーウィンドウ」において8K対応液晶テレビ『AQUOS 8K』の展示を開始
  • [韓国報道] 三星電子、テレビの「プレミアム戦略」に拍車
  • エヌジーシー、LGエレクトロニクス社製の有機EL曲面デジタルサイネージディスプレイを販売開始
  • 台湾AUO、7~9月は成長鈍化 液晶パネル単価下落で 
  • まるで“紙”の4K−シャープ、70型タッチディスプレー
  • [更新] 有機EL(OLED)量産工場・投資予定一覧 (OLED Production Plant Investment Summary)
  • [更新] 有機EL(OLED)量産工場・投資予定一覧 (OLED Production Plant Investment Summary)
  • バックミラーも速度計も液晶に JDI、次世代車に商機
  • ソニーが“クルマ”開発 窓の代わりにディスプレイ
  • 韓国政府、LGディスプレーの中国工場建設に見直し勧告
  • [更新] 液晶パネル価格トレンド (LCD Panel Price Trend)
  • [更新] 中国-液晶・有機EL工場+ガラス工場、投資・計画状況一覧 (China LCD Plant Investment Summary List)
  • [更新] 中国-液晶・有機EL工場+ガラス工場、投資・計画状況一覧 (China LCD Plant Investment Summary List)
  • [更新] 中国-液晶・有機EL工場+ガラス工場、投資・計画状況一覧 (China LCD Plant Investment Summary List)
  • [更新] 中国-液晶・有機EL工場+ガラス工場、投資・計画状況一覧 (China LCD Plant Investment Summary List)
  • [更新] 中国-液晶・有機EL工場+ガラス工場、投資・計画状況一覧 (China LCD Plant Investment Summary List)
  • [更新] 中国-液晶・有機EL工場+ガラス工場、投資・計画状況一覧 (China LCD Plant Investment Summary List)
コメントありがとう