Screenshot 2022-09-14 08.00.37インドの資源大手ベダンタは13日、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業傘下の富士康科技集団(フォックスコン)と計画している半導体・液晶の合弁工場について、印西部グジャラート州に建設すると発表した。同州政府と覚書を交わした。電子機器や自動車向けに高まる需要を取り込む。

ベダンタによると総投資額が1兆5400億ルピー(約2兆7600億円)に上り、10万人程度の雇用創出が見込まれる。両社は2月、インドに合弁会社を設立する方針を発表していた。出資比率はベダンタ側が6割、鴻海側が4割となる見込みで、2年以内の半導体工場設立を検討しているという。





続きを読む