return_to_forever

Flat Panel TV and Display World-2....液晶・業界・動向

液晶・有機EL・プラズマ、FPD業界・パネルメーカー・関連企業情報を掲載。当ブログで激しい市場動向に追随!--Since Nov.2004

韓国

3 Apr

韓国ディスプレイコンファレンス2014のお知らせ

ソウル(韓国)にて韓国ディスプレイコンファレンス2014が開催されます。ご参考まで

 日 時 : 2014年4月23日(水)~24日(木) 
 場 所 : Grace Hall、El-Tower 6F (ソウル、韓国)
 主 催 : IHS Technology

 KDC2014の主要テーマ:
  - ディスプレイ市場の動向 
  - 次世代ディスプレイ、Wearable Devices 
  - アジアのディスプレイ市場 - 韓国、日本、中国、台湾 
  - COEMA、ZTE, KonkaEの発表による、中国市場のTV、ディスプレイ、モバイル市場動向と事業戦略 
  - Touch技術の最新動向と今後の展望 
  - ディスプレイの注目材料 - Film、Quantum Dot、etc.   

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

にほんブログ村


17 Nov

「先進国になった」という錯覚の沼にはまった大韓民国

2002年までに世界経済成長率の2~3倍成長していた韓国経済はすでに停滞状態だ。類似水準の他国と比較してみても韓国の成長は非常に遅い。先進国は1人当たりの国民所得が2万ドルから3万ドルになるまでに平均9.6年かかった。日本とスウェーデンは5年、ドイツは4年でこの壁を突破した。3万ドルから4万ドルに至っては平均5.6年しかかかっていない。しかし韓国は2007年に2万ドルを越えてから、まるで沼にはまったかのようにいまだ2万ドル前半水準から抜け出せずにいる。 
  このように、韓国はまだ先進国とは言えず、またそちらへ向かっている様子でもない。手遅れになる前に「先進国錯覚症」から抜け出さなければならない。そうしてこそ低成長を当然のように受け入れる「低成長不感症」からも抜け出すことができる。
 こういう冷静なコラムを書けるのですから韓国も底力がありそうですね。 → Move to full article

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

にほんブログ村


16 Oct

韓国スマートフォン市場が飽和、初のマイナス成長、超先進?…日・中では成長続く

  韓国スマートフォン市場が今年初めてマイナス成長する見込みだ。米国の市場調査会社ストラテジー・アナリティクス(SA)は今年の韓国スマートフォン市場の規模を2630万台と、前年の3070万台に比べ14%減少すると予想された。アップルがiPhoneを初めて公開した2007年以降、韓国スマートフォン市場が縮小するのは今年が初めて。 
韓国スマートフォン市場は2007年、20万台レベルだった。2010年から大幅に成長し、同年は690万台、翌年の2011年は1750万台、昨年は3000万台を超えた。SAはこれまでの爆発的な成長の勢いが弱まり、今年はスマートフォン市場が転換点を迎えると予想した。 
来年から2018年まで韓国スマートフォン市場はまた拡大するが、年間30万-40万台ほどの成長にとどまり、2018年は2830万台規模と推算した。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
6 May

液晶(LCD)パネル投資、守勢の台湾・攻勢の韓国

台湾液晶パネル大手2社、友達光電(AUO)と群創光電(イノラックス、旧奇美電子)が今年の設備投資額を200億台湾元(約660億円)規模にとどめる一方、韓国勢はLGディスプレイ(LGD)が約1,118億元とその5.5倍の投資を行う。韓国勢は今年から来年にかけての中国での8.5世代工場の稼働のほか、新技術の強化、新サイズパネルの展開に注力しており、赤字続きで守勢に回ったとみられる台湾勢への攻勢をさらに強めている。2日付工商時報が報じた。
AUOは昨年の設備投資額が430億元だったため、今年は半減以下となる。楊本豫同社財務長によると、今年の設備投資は主に製造プロセスの改善やボトルネック除去作業に充てるほか、AHVA広視野角パネル、酸化物半導体TFT(OxideTFT)の生産能力拡大も図る。特にAHVAパネルは、良品率が向上して大手ブランド向けの出荷が増えており、顧客の需要に応じてさらなる投資拡大を検討する可能性もあるという。ボトルネック除去作業などを通じて、今年は第6世代ライン1本分の生産能力拡大を見込む。



続きを読む »
12 Apr

北朝鮮の戦争危機、液晶パネルは台湾が恩恵を受ける筆頭に

朝鮮半島情勢の緊迫化を受けて、台湾経済部工業局と工業技術研究院(工研院)産業経済趨勢研究センター(IEK)は9日、北朝鮮が開戦に踏み切った場合の台湾産業への影響をまとめ発表した。電子産業では、液晶パネルなど競合分野で受注増が見込めるものの、発光ダイオード(LED)など韓国市場に製品を供給している分野では受注を失う懸念がある。10日付経済日報などが報じた。
液晶パネルは台湾が恩恵を受ける筆頭に挙げられる。世界最大の液晶テレビ市場である中国は労働節(メーデー、5月1日)連休前の需要期に入っているが、韓国メーカーの出荷に懸念が生じれば、中国テレビメーカーは群創光電(イノラックス・旧奇美電子)、友達光電(AUO)に発注を切り換える可能性が高い。実際、中国の大手システム組み立てメーカー、恵科電子(深セン)は「韓国からの供給が途絶える恐れがあるため、イノラックス、AUOからの調達を増やす」と表明した。



続きを読む »
16 Feb

【韓国報道】スマートテレビ対決、「映像はサムスン・LG、価格はソニー」

韓国国内で販売中のスマートテレビに対する比較評価が初めて発表された。 

  韓国消費者院は14日、サムスン電子・LG電子・ソニーなどのスマートテレビ6製品に対する比較・分析結果を発表した。 評価製品は、一般家庭で主に使用する40インチ台の発光ダイオード(LED)テレビのうち、3次元(3D)機能があるものを選定した。中国産のソニー製品に比べ、韓国で生産されるサムスン・LGの製品は品質が優れていることが分かった。 サムスン・ソニーは46インチ、LGは47インチ製品だ。 

  消費者院は「デジタルテレビは評価項目が多く、分析に時間がかかるため、比較評価が難しい」とし「昨年3月から10カ月間にわたり専門家10人を含む約30人が分析した結果」と説明した。 

  200万ウォン(約17万円)以上の高価スマートテレビの場合、サムスン・LGがともにソニーを大きく上回った。 サムスンが音質でLGよりやや優れ、LGは3D用メガネがサムスンより使用しやすいという程度の差を除いて、画質など両製品の性能はほぼ同じだった。 



続きを読む »
3 Feb

アベノミクス 韓国経済に大きな打撃=現代経済研究院

韓国の民間シンクタンク、現代経済研究院は3日、日本の安倍政権が掲げる経済政策「アベノミクス」が韓国経済に大きな打撃を与えるという内容のレポートを公開した。

   同シンクタンクのイ・ブヒョン上級研究員による報告書は、日本が無制限な金融緩和を行っても、2%の物価上昇・名目成長率3%達成という目標をクリアするのは困難とした。ただ、円安が日本経済の回復に寄与すると予測した上で、日本と競合分野が多い韓国経済に輸出不振や経常収支の悪化をもたらす恐れがあるとした。

   イ研究員は報告書で、円・ドルの為替レートが日本政府の予想通り7%の円安・ドル高になった場合、韓国の輸出は6%以上減少すると見込んだ。


続きを読む »
30 Jan

マイクロソフト、韓国内の研究開発チームを中国に移転

マイクロソフトが韓国内の研究開発チームを来月末で解散との決定をした。マイクロソフトは、本社所属韓国の研究開発チームを解体した後、中国の北京と米国本社の研究開発組織に再編する模様と業界関係者に伝わっている。韓国内の研究開発チームは、米国以外の地域では最初の研究組織だったが、中国での人材充実とグローバル研究開発組織改編により今回の決定に至ったと見られる。現在、北京の研究開発センターは、すでに230人以上の研究者を有しているが、韓国の研究開発チームに在籍していた研究者のうち、10人は米国本社に、残りの11名はソウルの他部門に移動する予定。



7 Dec

出光、有機EL材料の韓国工場が生産開始

出光興産の100%子会社である韓国Idemitsu Electronic Materials Korea社(韓国京畿道坡州市)は、ソウル近郊の坡州市に新設した有機EL材料の工場で生産を開始すると発表した。
 出光興産は2011年、Idemitsu Electronic Materials Korea社を設立し、2012年3月から京畿道坡州市堂洞工業団地内に有機EL材料工場の建設を進めてきた。2012年9月末に工場建屋が完工し、今回、生産を始める。建屋の床面積は約5600m2。生産能力(計画)は約10t/年。
 生産した材料は、韓国国内だけでなく、日本や台湾、欧州などに供給する。静岡県の御前崎製造所との2拠点化により、供給の安定化を図る。今後、品質検査や生産工程を整えた上で、2013年春には本格的に量産出荷を開始する予定としている。
1 Dec

Hanwha (ハンファ) L&C、忠清北道のタッチパネルクラスタ構築

韓国の資材大手ハンファグループのHanwha L&Cは、来年下半期まで忠清北道の産業団地にある同社の事業所に、TSP( Touch Screen Panel )工程の全てを一箇所に集中させ、最適生産システムを備えたクラスタを構築する計画だと伝えた。
同社は今回のクラスタ構築によってTSP製品関連材料や部品の国産化を先導し、技術力だけでなく生産性も向上させ、韓国製品の競争力を高めると伝え、共同研究開発や製造だけに限らず、共同購入などのマーケティング活動も並行して進める方針だ。




続きを読む »
20 Oct

UDC(米国)とDUKSAN (韓国・徳山) HI-METALが有機EL材料提携

米国の有機EL材料メーカー UDC(Universal Display Corporation) が,韓国の電子材料メーカー DUKSAN (徳山) Hi-Metalとの間で、有機EL材料に関する提携に至ったと発表した。
両社は、韓国の他2社を加えて特許係争中であったが、今回の提携によって係争案件を取り下げ、UDCが韓国に供給している材料の一部はDUKSANに生産委託する。また、米国PPG Industries に委託している燐光発光材料の生産を、DUKSANにも委託して生産能力の増強も計画中としている。




当サイト特集カテゴリー
1.液晶の歩んできた道(第一部)
液晶の黎明期から実用化を果たすまでの過程をわかりやすく解説することを目指して書きました。

2.液晶の歩んできた道(第二部)
液晶が当面の最終目標だった大型テレビに採用され夢の平面テレビが実現した過程を解説していく予定です。(開始時期未定)

3.用語辞典(技術・ビジネス・企業)
管理人特選の最新技術用語やビジネス用語・関連企業を解説しています。時間の許す限りのアップ、今後充実を目指します。
掲載年月から記事を探す



Twitter プロフィール
Flat Panel TV and Display Worldサイト管理人です。薄型パネルの最新情報を発信しています。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人へのメッセージ


[FPD関連本]

フラットパネル資料館

日本の電機産業 失敗の教訓












カテゴリーごと記事
記事掲載の写真
  • iPhone8は9月に発売!ただし最初は台数限定〜J.P. Morgan
  • サムスンのテレビにLGの液晶パネル…電子ビッグ2「呉越同舟」
  • China smartphone vendors ramping a-Si LCD panel orders
  • 裸眼で見られる高精細な立体映像−JDIなど、ディスプレー初披露
  • LG初のHDR対応31.5型4K液晶ディスプレイ。HDR10サポートで114,000円
  • GEヘルスケアの携帯型超音波「Vscan」が“スマホ化”
  • 天皇陛下 「光学フィルム」開発の化学メーカー「日本ゼオン」視察
  • アップル、iPhone3機種で有機EL採用も 18年以降
  • 船井・ドンキ…4K高機能でも格安、テレビ市場に新勢力
  • 出光、LG化学と提携 有機EL材料 特許を相互利用
  • Samsung、韓国に世界最大のOLED工場を建設か〜iPhone需要に応え
  • キングジム、ハイコントラスト液晶を採用した電子メモパッド「BB-9」
  • 大画面と曲面設計対応、車載用フィルムセンサー
  • FPD設備投資動向~装置市場、さらに上方修正
  • 三星Galaxy S8、有機ELディスプレイの画質を徹底チェック!
  • サムスン「ギャラクシーS8」「S8プラス」 MWC上海で受賞
  • LGD8.5世代工場で操業停止、台湾勢に転注か
  • スマート窓、YKK APがAndroid対応の透明有機EL搭載「Window with Intelligence」発表。2020年実用化
  • 液晶パネルの勝ち組・日東電工 髙﨑社長、EL時代「今より受注伸ばせる」
  • 77インチのフレキシブル透過型OLEDディスプレー、韓国・LGが開発
  • JDI、タッチスイッチ一体化した車載向け10.2型パネル
  • [更新] 液晶パネル価格トレンド (LCD Panel Price Trend)
  • 有機EL vs TFT液晶 ~ 2017年は中小型ディスプレイ市場の転換点
  • サムスンの新型スマホ「ギャラクシーノート8」 8月下旬に公開
  • 画面とほぼ同サイズのスマホ実現へ。JDIが狭額縁6型ディスプレイ量産開始
  • AUO中科8.5世代工場を拡張、ハイエンド市場で優位維持狙う
  • LGディスプレー 日本の学会で受賞=有機ELパネル技術で
  • 77型の有機ELテレビ、LGが日本で発売
  • シャープ、中国・ハイセンスを提訴 ブランド使用差し止め求める
  • 特集:有機EL・半導体バブル 週刊エコノミスト2017年6月13日号
コメントありがとう