return_to_forever

Flat Panel TV and Display World-2....液晶・業界・動向

液晶・有機EL・プラズマ、FPD業界・パネルメーカー・関連企業情報を掲載。当ブログで激しい市場動向に追随!--Since Nov.2004

TCL

3 Apr

パナソニック、三洋の液晶テレビ工場を中国TCLに売却

パナソニック子会社の三洋電機は、「SANYO」ブランドで展開している液晶テレビ事業の工場を中国家電大手のTCL集団に1522万ドル(約15億円)で売却することで合意したことを明らかにした。
3月31日付で合意。TCL子会社のテレビ事業会社TCLマルチメディアが4月30日に、SANYOブランドでテレビを製造しているメキシコ工場を買い取る予定。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


続きを読む »
19 Apr

中国TVブランドTCL、スマートフォンチップ生産予定

中国TVブランドTCLが、スマートフォンや関連TVチップの開発に投資する予定であると、同社会長兼最高経営責任者(CEO)Dongsheng Liが明らかにした。レノボとHUAWEI(華為)、ZTEなどの多くの中華圏携帯電話メーカーは、携帯電話のチップ生産を内製している。サムスン電子やAppleを除く他の多くの携帯電話メーカーは、競合関係になる可能性が強いチップ製造元との共同チップ生産は避けたがっている。携帯電話メーカーによると、中国携帯電話メーカーは、サムスンやAppleが採用した垂直統合戦略によるチップ生産の内製化を期待しており、チップ生産をコントロールしたがっている。
現在、携帯電話チップ市場は、MediaTek、Qualcomm、Intel、Spreadtrum Communications、LeadCoreが占有している。



12 Apr

TCLがCSTO(China Star Opt Tech)の株式30%を取得、1Q13に400万台のFPD TV販売

中国のTCLが、13/1Qに400万台の液晶テレビを販売した。そのうち半数は中国市場の販売だった。なお利益は四半期ベースで6~7倍を計上。
China Star Optoelectronics Technology (CSOT)からの潤沢な液晶パネル供給が支えになった。
なお2012年は液晶テレビの全世界販売でソニーを抜いて世界3位になったという。
また最近になってTCLはCSOTの株式30%を取得したと表明、垂直統合型サプライチェーンをさらに強固にすることを目指す。



続きを読む »
14 Mar

中国TCL董事長「液晶、日本企業と協力」 工場共同設置など

国家電大手、TCL集団(広東省)の李東生董事長は11日、「液晶パネル事業で日本企業と協力したい」と述べ、同事業の採算改善を急ぐ日本メーカーと共同でパネル工場の新設などを探りたい考えを示した。中国国内と海外新興市場で販売が急増する液晶テレビについては「米国でも3年前後でシェア5%を目指したい」と語った。
全国人民代表大会(全人代、国会に相当)に代表として出席中の北京市で日本経済新聞などの取材に語った。同社は液晶テレビの販売が2012年に前年比43%増(台数ベース)と好調。調査会社ディスプレイサーチのデータによると、同年の出荷台数は東芝とパナソニック、シャープを抜き、中国メーカーでは最高の世界4位となった。 


続きを読む »
19 Dec

TCLがソニーを抜いて2012年液晶テレビ販売台数で世界三位となる見通し

TCL_TV_2012Dec
中国TCLが、2012年の年間液晶テレビ販売台数でソニーを抜く見通しのようです。
1月から11月までの実績で約1400万台(前年比50%増)を販売しており12月末での年間目標を1520万台としています。これを達成するとソニーを抜いて液晶テレビ販売台数で世界三位になる見通しとしています。
系列に液晶パネルメーカーCSOT(China Star Optoelectronics Technology)を従えており潤沢な供給を受けている強みがあります。
CSOTの生産能力は月産112Kで歩留は96%を達成しているとしています。



続きを読む »
9 Nov

中国TCL、今年第3四半期中にLCD TVの累積出荷量1,000万台突

中国TCLは今年1月から9月まで1,085万台のLCD TVを販売しており、これは前年同期比51.5%の増加だ。
売上高は486億 RMB(78億USドル)と純利益は7億5,200 RMBを記録した。同社のLCD TV販売増加は、世界最大のTV市場である中国の影響が大きかった。中国政府はLCD TVを含め、エネルギー効率の高い製品のサポートポリシーを実行しており、ほとんどが自国ブランドに限定された。また、TCLは海外成長市場でも販売が増えており、中国市場でのTCL成長と共に大きな貢献をしている。TCL今年全体の販売では、前年度比45.9%の成長を予想している。一方、世界のLCD TV市場は1%成長に留まるものと予想される。
また、中国最大のパネルメーカーの一つであるChina Star Optoelectronics Technology( CSOT)は、ほとんどのパネル生産量をTCLに供給し、他のTVメーカーの注文に対応できずにいる。
来年もTCLは18%増の1,880万台のLCD TVを出荷し、世界LCD TVの成長率7%を大きく上回るものと予想される。




当サイト特集カテゴリー
1.液晶の歩んできた道(第一部)
液晶の黎明期から実用化を果たすまでの過程をわかりやすく解説することを目指して書きました。

2.液晶の歩んできた道(第二部)
液晶が当面の最終目標だった大型テレビに採用され夢の平面テレビが実現した過程を解説していく予定です。(開始時期未定)

3.用語辞典(技術・ビジネス・企業)
管理人特選の最新技術用語やビジネス用語・関連企業を解説しています。時間の許す限りのアップ、今後充実を目指します。
掲載年月から記事を探す



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人へのメッセージ


[FPD関連本] ・フラットパネル資料館


電子ディスプレーメーカー計画総覧(2018年度版)


















カテゴリーごと記事
記事掲載の写真
  • コンピュータ不要でレーザー光線に触って遊べるディスプレイ 香港城市大学が開発
  • JVCケンウッド,30.9型1200万画素カラー液晶モニター「CL-S1200」を発売
  • 中国BOE、液晶首位へ再編 韓国LGDを逆転へ
  • 鴻海、米ウィスコンシンの遊休工場でグーグル向け部品生産
  • 九州大、高効率で高色純度の有機発光材料を開発
  • パナソニック「引き締まった黒」も映す透明有機ELディスプレイ
  • シャープ三重工場のフィリピン人ら一斉解雇 「業務縮小のため」
  • 駅ナカコンビニで有機ELディスプレイを用いたデジタルサイネージ活用実験を開始
  • ドイツ発、視線検知で最適表示する裸眼3Dディスプレイ
  • ジャパンディスプレイ スマホ液晶不振で赤字  売上高3000億円弱でも黒字化できる戦略提示へ
  • TCL、量子ドット“QLED”搭載の4Kテレビ。Vision/Atmosで55型12万円
  • ここまで来た、ハイセンスの有機ELテレビ。圧倒的進化の2020年モデル「X8F」速攻レビュー
  • 紙より薄い有機EL光源 日本触媒が試験生産
  • JDI、非接触で画面操作できるセンサー
  • 東京国立博物館にて8K文化財鑑賞ソリューションの実証実験を実施
  • 7~9月の世界スマートフォン出荷、Samsungが首位返り咲き、Appleは初の4位に
  • 中国BOE、純利益34%増 1~9月 パネル価格上昇
  • LG WING REVIEW: LEARNING TO FLY, FAILING TO SOAR
  • 1万ppiの有機ELディスプレイ、スタンフォード大とSamsungが共同開発
  • シャープ、JDIから工場取得 逆張り投資の勝算は
  • 完全オンラインの「CEATEC 2020」、ニューノーマル対応で史上最高を目指す
  • 【参考記事】「日本企業はトップが弱い」堀場製作所・堀場会長
  • 8Kの普及には、多方面での展開が欠かせない。アストロデザイン 鈴木社長インタビュー:麻倉怜士 レポート38
  • 【参考記事】ファストリ、V字回復 柳井氏「今、国境はない。優れた個人や民間と連携へ」
  • JDI、VR端末装着しサイクリング
  • 米国の注目企業に真っ向勝負を仕掛ける、AI技術で戦う有機ELベンチャー
  • 中国での大型投資に期待がかかるディスプレイ部材市場
  • 約15兆円規模のインドのスマートフォン国内生産計画にアップルのパートナー3社とサムスンが参加
  • Garmin AMOLED Announced (again): Will Garmin Fenix get it too?
  • シャープ, 超高輝度OLEDモジュールを医療用検査装置向けに開発・納入
コメントありがとう